Catégories:“児童書・YA”

Catégories: / /

 [amazon]
弥子は異次元だのUFOだののことを考えては、友達の麻紀には「もっと大人になりなよ」なんて言われてる小学校4年生。学校帰りに塾に直行する麻紀と別れると、ついつい人魚亭へと足が向いてしまいます。そこは「お帰りなさい」と迎えてくれて、美味しい紅茶を飲ませてくれる真波さんのお店。そんなある日、街の"いこいの森美術館"に「"ししゅうする少女"という絵を盗むという予告状が届いて、街中が大騒ぎ。予告状の差出人は、昭和20年代から30年代にかけてこの街で活躍していたという怪盗・銀ぎつね。"ししゅうする少女"は、画家もモデルも分からないながらも、街では一番人気の絵なのですが...。

「カフェかもめ亭」(感想)と同じ風早市が舞台の物語。こちらも美味しい紅茶と素敵なマスターがいる喫茶店が中心となっていて、まるでカフェかもめ亭の元となっているような物語なんですねー。違うのは、カフェかもめ亭では訪れるお客さんの話す不思議なことが中心となっていること、こちらは"ししゅうする少女"を巡る昔の恋物語と、風早の街に伝わる様々な言い伝えが中心となっていること、かな。ほんと色んな言い伝えや噂があるんです。近い時代のものでは、昭和の怪盗・銀ぎつねや謎の秘密結社、港を根城にする泥棒組織の噂、昔からの言い伝えでは、風早の民を守る山の女神と竜宮の女神、妙音岳に隠された財宝、そして真奈姫川の伝説など... 風早を巡る色々な歴史が重層的に重なり、それを人魚亭の真波さんの存在が1つにまとめているよう。弥子はこの街に引っ越してきてまだ1年なんですが、きっとこの街に縁の深い人間なんでしょうね。弥子の両親がこの街の出身とか? 戦争も絡んだ暗い歴史も明らかになるんですが、怪盗銀ぎつねや"黒犬団"の登場で、児童書らしい明るく楽しい冒険物語になっています。「かもめ亭」に比べると対象年齢が低めなので、どうしても私には「かもめ亭」の方が上になってしまうのだけど、こういった言い伝えのある場所やその話は大好き。(しかもこういう、ちょっぴり不思議なお店の話も大好き)
この中に登場する学生作家の「潤さん」は、「百年目の秘密」にも登場していて、潤さんが子供の頃に体験した不思議な経験の話が読めるのだそう。ぜひ読んでみようと思いまーす。(小峰書店)


+シリーズ既刊の感想+
「ささやかな魔法の物語 カフェ・かもめ亭」村山早紀
「人魚亭夢物語」村山早紀
「コンビニたそがれ堂」村山早紀
「百年めの秘密」
「やまんば娘、街へゆく」「七日間のスノウ」村山早紀

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
ある寒い11月の日暮れ、きく屋酒店に郵便を持っていった郵便配達は、不思議なおばあさんに菊酒という美味しいお酒をご馳走になり、しかもその菊酒を造る壷を預かることに... という「ハンカチの上の花畑」他、童話風の作品集。「ハンカチの上の花畑」には表題作と「空色のゆりいす」「ライラック通りの帽子屋」の3編、「だれにも見えないベランダ」には、表題作と「緑のスキップ」「海からの贈り物」「カスタネット」「ほたる」「夏の夢」「海からの電話」「小さい金の針」「天窓のある家」「声の森」「日暮れの海の物語」の11編が収録されています。

掲示板でぽぷらさんにオススメされたと思ったら、タイミング良くsa-ki さんも読んでらして、話をしてたんですよね。先日のたらいまわし「オススメ! 子どもの本」にも出してらっしゃいました。
安房直子さんの作品は多分読んだことなくて、でも子供の頃に雑誌で読んだ作品が話に聞く安房さんっぽい雰囲気だなあ... と思いながら読み始めたら、「ハンカチの上の花畑」は読んだことがありました! 「ハンカチの上の花畑」のこの菊酒を作る壷、ハンカチの上でお酒を造る小人さんたち、そしてこのぞわっとする感じ、覚えてる! あのおばあさんは、一体どれだけの人間が壷に振り回されるのを見てきたのかしら...。
少し前の日本のようだったり、昔話風だったりと様々な物語が並んでるんですが、どれもするりと異世界に行ってしまうようなところが共通点。そしてどれも色彩がとても綺麗。空の色をしたベランダで取れた緑の野菜や艶やかな苺、真っ赤な薔薇、薄桃色桜の花と青葉の緑、黒い岩の上に散らばった桜貝... 色彩の対比がとても鮮やかだし、透き通った羽を持つ小さなセミやこぶしの花の銀色の影は幻想的。そして不思議な音がとても印象に残りました。「トットトット」というスキップの足音や、すずかけの木から響くカスタネットの音、耳鳴りのセミの「シーンシーン」という鳴き声という音... 本当にするっと異世界へと連れて行かれてしまいそうになります。
私が特に好きだったのは、「ハンカチの上の花畑」「だれにも見えないベランダ」「夏の夢」かな。「ライラック通りの帽子屋」で出てくる羊の店も好き~。ここのメニューには、「にじのかけら」「ゆうやけぐも」「ごがつのかぜ」「そのほかいろいろ」とあるんですけど、みんな「にじのかけら」しか頼んでないんですよね。これは、ライラックの花の香りがして、甘くてふっくりした、シャーベットのような七色の食べ物。「まるで昔のおもいでを食べているような感じ」です。他のメニューを頼むとどんなものが出てくるのか、知りたくなってしまいます。(講談社文庫)


+既読の安房直子作品の感想+
「ハンカチの上の花畑」「だれにも見えないベランダ」安房直子
「南の島の魔法の話」「鶴の家」「夢の果て」安房直子

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
小学校6年生のたかしと小学校3年生の妹のゆうこは、家の壁にかけてある剥製のトナカイの首を見ているうちに、まるでその首が魔法にかけられているような気がしてきます。そして「この魔法をといてあげたらすごいんだけど!」というゆうこの言葉に、たかしは映画で見たいくつかの場面を思い出しながら、呪いを解くような言葉をできるだけ厳かに唱えてみることに。するとその時、トナカイのガラスの瞳の奥で炎が揺れたのです。炎はたちまち瞳いっぱいに広がり、鼻は火のように熱い息を吐き出します。たかしは咄嗟に持っていたロープを枝角にかけるのですが、トナカイに恐ろしい力で引きずられ、しがみついたゆうこもろとも壁穴に引っ張り込まれてしまい、気がつけば一面の枯野に取り残されていました。

子供の頃から気になって何度も手に取ってはいたんです。題名がいかにも私好みそうで。でも表紙や挿絵があまり好みじゃなくて、結局書架に戻してたんですよね。でもどうやらファンタジーを語る時に欠かせない傑作のよう。なので今だにもひとつそそられないままだったんですけど(笑)、読んでみました。
いやあ、とても骨太な作品でびっくりです。端的に言えば、青イヌとトナカイの戦いの物語。でも、きっと無意味な殺戮を繰り返す青イヌは敵側なんだろうな、というのは分かるんですけど、本当にトナカイ側が善で青イヌ側が悪なのかは、読んでいてもなかなか確信が持てないんですよね。読者が確信を持てなければ(って、分かってなかったのは私1人かもしれないんですが)、主人公のたかしやゆうこも当然分からないわけで...。突然知らない世界に放り込まれた2人は、どちらが信じられるのか自分自身で感じなければならなくなります。トナカイにはトナカイの論理があり、青イヌには青イヌの論理があるんです。もしこの物語で2人が最初に出会ったのが青イヌ側だったら、話の展開は全然違ってしまっていたかも。話としてはC.S.ルイスのナルニアに構造的にかなり似てると思うんですけど、善悪二元論にならないところがナルニアと違う... というか、日本の作品らしさなのかな。日本にも善悪二元論の作品は沢山ありますけど、敵にも言い分はあるって話も多いですよね。
文明社会の中で生き抜くのも大変だけど、大自然の中を生き抜くのはそれよりも遥かに過酷なこと。どうしても動植物を問わず他者の命を奪わなければ、自分自身が生きていくことはできないわけです。でも奪った命を尊厳を持って扱うかどうかが問題なわけですね... という部分で中沢新一さんのカイエ・ソバージュシリーズを思い出してしまいました。全5冊のうち、3冊で止まってるんです... 読まなきゃ!
読む前はなんとなくアイヌのイメージを持っていた作品なんですが、作者の神沢利子さんは幼少時代に樺太(サハリン)で暮らしていたのだそう。この雪と氷が果てしなく続く大地のイメージは、そちらのイメージだったんですね。(福音館文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
古い歴史を持つ海辺の町・風早の街の明治時代からの洋館が今も建ち並ぶ辺り、表通りから一歩裏道に入った静かな石畳の道沿いにある、カフェ・かもめ亭。暗い色のオークの木と煉瓦で作られたどっしりとした建物は、その昔帆船やイギリスのパブをモデルに作られたもの。店の真ん中に置かれた小さな自動ピアノがいつも耳に慣れた優しい曲を奏でており、店の扉にはめ込まれた人魚とかもめのステンドグラスからは、どこか魔法めいた色合いの光が差し込んで木の床を染め、店の壁には沢山の絵が飾られています。そんな素敵なお店が舞台の連作短編集。

掲示板でぽぷらさんが教えて下さって読んだ本。なんですが、本を手に取ってみて、あれ? そうそう、この本。sa-kiさんも読んでらっしゃいましたねー。
曽祖父の代から続く店を今受け継いでいるのは、まだマスターになってほんの数年だという広海(ひろみ)。出てくるのはコーヒーだったり、紅茶だったり、ロイヤルミルクティーだったり、時にはお酒をたらしたアイリッシュコーヒーだったり... そしていかにも居心地の良さそうなお店に訪れたお客が広海に向かって語るのは、どこか不思議な物語。ちょっぴり不思議で、ほんのり切なくて、それでも聞いた後に暖かい読後感が残るような物語。人間、幸せなことばかりではないけれど、悪いことばかりでもないよね、そんな気分になります。
私が特に気に入ったのは雑貨の輸入販売をしている寺嶋青年がディンブラのアイスティーを飲みながら語る、今の仕事を始めたきっかけとなった子供の頃の物語「万華鏡の庭」と、久しぶりにやって来たかおるちゃんがエスプレッソを飲みながら語る、小学校の頃に仲良しだった茶とらの猫の「ねこしまさんのお話」。BGMはそれぞれ「シェエラザード」と「ワルツ・フォー・デビー」。大きなスケッチブックを抱えて店に入ってきた高校生の澪子さんが甘いミント・ミルクティーを飲みながら語る、小さい頃からよくみる夢、砂漠を旅する夢の話の「砂漠の花」も良かったなあ。こちらのBGMは「展覧会の絵」。
読んでると、なんだか自分もこのかもめ亭の中でゆったりとお茶を飲んでるような感覚になるんです。素敵でした。久しぶりの日本人作家さんの作品だったので、尚更和んでしまったかも。

「銀の鏡」の真由子と「ねこしまさんのお話」のかおるの話が重なるので気になっていたんですが、あとがきを読んでみると、どうやら村山早紀さん御自身がこういうタイプの女の子だったようですね。「いつも胸の奥に、たくさんのすり傷や切り傷を抱えていて、うつむいて歩」き、自分だけが普通でないような気がして、みんなの中に入って行けなくて悩んでいた女の子。本が友達で、本の世界に入っていくことでやっと息をつくような毎日。「明日、読みかけの本のつづきを読むために、わたしは生きていたのです」という言葉がとても強く印象に残りました。(ポプラ社)


+シリーズ既刊の感想+
「ささやかな魔法の物語 カフェ・かもめ亭」村山早紀
「人魚亭夢物語」村山早紀
「コンビニたそがれ堂」村山早紀
「百年めの秘密」
「やまんば娘、街へゆく」「七日間のスノウ」村山早紀

| | commentaire(6) | trackback(1)
Catégories: / /

[amazon]
「魔法の鍵」が共通のテーマとなったアンソロジー。ここに収められているのは、「M・J(ミック・ジャガー)笑いの女の子」(大原まり子)、「竜の封印」(大和真也)、「カムデン・マーケット」(小室みつ子)、「博物館」(風見潤)、「スタンスランの青い霧」(久美沙織)、「私はその鍵を、十年間持っていた」(波多野鷹)、「鍵の物語-『風街物語』異聞」(井辻朱美)、「To be a girl」(正本ノン)、「新宿鍵物語(キイストーリー)」(菊地秀行)の9編。

風待屋のsa-ki さんに教えてもらった本です。漫画家のめるへんめーかーさんが、友人の小説家さんたちと一緒になって作ったという本。共通のテーマは「魔法の鍵」。それも、「何でも開くことができるけれど、1度きりしか使えない」という鍵。
この、1度しか使えないというのがいいんですよねえ。登場人物の1人も言ってましたが、本当に開けたいものなんて、そうそう見つからなさそうです。たとえ見つけても、本当にこれでいいの?なんて考え始めたら、もう開けられなくなっちゃいそうですよね。
9人の小説家さんたちは、それぞれにめるへんめーかーさんの絵のイメージで話を作ったんだそうですが、この鍵を使うパターンが予想以上にバラエティに富んでいて、それぞれに面白かったです。特に好きだったのは、大好きな井辻朱美さんの風街シリーズの外伝「鍵の物語」かな。すごく井辻さんらしいお話でした。あと、小室みつ子さんの「カムデン・マーケット」もすごく好き。めるへんめーかーさんの絵にぴったりという意味では、これが一番だと思います。めるへんめーかーさんの単行本に入ってたら、何も疑わずにご本人の作品と思い込んでしまいそうなぐらい、イメージにぴったり~。
そして、今回読んだのは小説ばかりなんですが、この中の4つの作品が実際に漫画化されてるそうなんですよね。そちらも見てみたいなあ。...でもとっくに絶版のはず。こちらのコバルト文庫版もそうですしね。...探してみる?(集英社コバルト文庫)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / / /

   [amazon] [amazon] [amazon]
守り人&旅人シリーズの最終巻。2つのシリーズが再び繋がりました。でも、バルサが主人公の守り人シリーズはまだしも、チャグム皇子が主人公の旅人シリーズは、てっきりあと何冊かあるだろうと思い込んでたので、これで終わりだなんてもうびっくり。でもこの「天と地の守り人」は3冊組だし、そんなものですかね? 最終巻なので、あらすじを書くのはやめておきますね。

大国・タルシュ帝国と新ヨゴ皇国、ロタ王国、カンバル王国、そしてサンガル王国。それぞれの国がそれぞれの国にとって最善だと信じることを行おうとしてるんですけど、その「最善」が誰にとっても最善であるとは限らないところから、争いが生まれてくるんですね。ほとんど八方塞りのように見える状態の中で確実に道を切り開いていくチャグム。いやあ、「精霊の守り人」の時のあの少年が、こんなに立派に成長してしまったとは~。お父さんみたいに外の穢れを知らずに人生を送ることはできなかったし、かといって身分に縛られずに生きることもできなくて不憫なんですけど、いい青年になりました。特にカンバル王国のラダール王に対峙している時がお見事。そしてもちろん、そんなチャグムを支えているのがバルサ。本人は年を取ったと感じてるようなんですが、まだまだその強さは超一流。それに確かに年は取ったかもしれないですけど、それがむしろ人間的な円熟に繋がっているようです。
そして今回は人間たちの世界にナユグ(異世界)が大きく絡んできて、これがまたいいんですよね。ナユグの春と暖かい水の流れ、深い海の情景、そして婚姻。この幻想的なナユグの描写もまた、守り人シリーズの大きな魅力。

話はこれで完結してしまうわけで寂しいんですけど、でもすごく良かった。最後は収まるべきところに綺麗に収まってくれて、正直ほっとしました~。本来なら完全に敵のはずのタルシュ帝国も、皇帝やラウル王子、ハザール王子の視点から描かれてるので、「悪いやつ」では終われないんですよね。ラウル王子とヒュウゴの話をもっと読みたくなっちゃいました。全部で10冊ある中で、今一番読み返したいのは2作目の「闇の守り人」。今年からこのシリーズが新潮文庫で出始めてて、1作目の「精霊の守り人」は3月に出たところなんですよね。早く他のも文庫で出揃って欲しいなあ。(偕成社)


+シリーズ既刊の感想+
「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「虚空の旅人」「神の守り人 来訪編」「神の守り人 帰還編」「蒼路の旅人」上橋菜穂子
「天と地の守り人」1~3 上橋菜穂子
「流れ行く者 守り人短編集」上橋菜穂子
「バルサの食卓」上橋菜穂子・チーム北海道

+既読の上橋菜穂子作品の感想+
「獣の奏者」1・2 上橋菜穂子
Livreに「狐笛のかなた」の感想があります

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
小学校6年生の瑠璃が学校帰りに見つけたのは、レベル21というお店。広い道から少し引っ込んでるところにあるせいか、よく通る道なのに今まで全然気がつかなかったことに瑠璃は驚きます。窓の外から覗くと、テーブルの上にこまごまとした物が並べられているのが見えて、瑠璃は思わず店の中に入ることに。

小学生の女の子・瑠璃と、レベル21というアンティークショップ(?)の店主・アンジュさんの連作短編集。風待屋のsa-ki さんに教えて頂いた本。児童書です。
元々アンティークショップは大好きなんですが、ここに描かれているレベル21というお店もとっても素敵でした。イメージとしては丁度、「耳をすませば」に出てくる地球屋みたいな感じですね。お店にいるのは、あのおじいさんの代わりに、アンジュさんという素敵な女性。並んでいる品物を1つ1つ手に取って見ているだけでも楽しそうなのに、アンジュさんと仲良くなんてなれたら、もうほんと何時間でも過ごせそう。アンジュさんの私室で勝手に本を読んだりしてる瑠璃が羨ましくなっちゃう。そしてお店の存在が地味なので気づく人が少ないけれど、でも必要な人は訪れることになるという部分は、「霧のむこうのふしぎな町」のキチガイ通りを思い出しました。あの通りに並んでいても違和感がなさそう。謎めいたアンジュさんが実はあそこの住人と親戚だったとしても、全然驚かないです、私。(笑)
地球屋が頭にあったせいか、瑠璃を見てると宝石の原石のような女の子だなってほんと思いました。あのエメラルドの原石のような。ただ、どの短編にも心の問題が描かれてるんですけど、どれもあっさりと終わってしまって、あまり掘り下げたりはしないんですよね。この本の対象年齢が低いとはいえ、なんでここで止めてしまったのかしら? あ、でも、この辺りにはちょっと興味があるんですが、逆にそのあっさり加減が疲れ気味の私には心地良かったです。

作中にポール・ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」という絵が引き合いに出されていました。私もテートギャラリーで見ました。(こんな絵) 先日読んだ夏目漱石の「倫敦塔」にも、この場面が登場してましたよ。そういえば以前ルーブルに行った時に、とても気に入ったのに絵葉書がなくて残念だったのが、同じくドラローシュの「若き殉教者」(こんな絵)だったんですよね。今見てもやっぱり素敵。絵葉書でいいから欲しいなあ...。(理論社)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.