Catégories:“児童書・YA”

Catégories: / /

 [amazon]
風待屋のsa-ki さんに教えて頂いた本。「その町へ行くのに 特別な切符や旅券はいらない」という、風町を舞台にした掌編集です。
地球上のどこかに存在しているはず... という井辻朱美さんの「風街」のように、この風町もどこかにきっとあるんだろうな...と、自分も行きたくなってしまうような場所。柏葉幸子さんの「霧のむこうのふしぎな町」で、あの町を必要としている人は、どこからでも一歩踏み出せば行けてしまうように、この本を読む人がたとえどこにいても、風町はそのすぐ隣に存在していそう。

私が特に気に入ったのは、坂の上の閑静なお屋敷町に迷い込んだ時に、偶然結婚式に参会することになった「婚礼」、屋上で大判のスケッチブックを広げ、「大きな青い花びらを押し花にするような具合に」空の色をぴったりと挟み込む「青い空」。アジサイ色の傘を買う「雨が待ってる」。
魔女のような黒い服で夜の散歩をする「月の光」や、月の香りの中で綱渡りをする「星を拾う」のように、印象的な夜が描かれた物語もあるけど、どちらかといえば昼間のイメージ。そして町の名前そのままに「風」も印象的ではあるんですけど、読んでいて印象が強かったのはむしろ水でした。例えば、喫茶店の床を川がいく筋も流れていたり... 夜の間にバケツの水の中に落ちた星くらげ、青一色の部屋で人魚のように泳ぐ伯母さん、アジサイの傘を差している間にすっぽりと水に沈んでしまう街。ライムソーダ色の窓ガラスを通してみる町並みも、水の中の世界のよう。
全体的に、夢の中の話を集めたようなソフトフォーカス感。字が大きめだし、お話も童話風なので、分類としては児童書なのかもしれませんが、これはむしろ大人向けの本のような気がします。飯田和好さんのイラストもこの雰囲気にぴったり。(偕成社)


+既読の竹下文子作品の感想+
「風町通信」竹下文子
「木苺通信」竹下文子
「星とトランペット」竹下文子
「窓のそばで」「星占師のいた街」竹下文子
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
双眼鏡をのぞいた時に目に飛び込んできたのは、木立の間からのぞく、赤茶色の屋根の白い家。翌日、自転車でその家を見に行き、近くに素敵な文具屋まで見つけて浮き立つ爽子。しかしそんな時、父の突然の転勤の知らせが。爽子は中学2年生の2学期が終わるまでは今の学校に行きたいと、それまでの2ヶ月間をその白い家、十一月荘に下宿することになります。

これはまるでジブリの「耳をすませば」ですね! 丘の上の素敵な洋館に素敵な文房具屋、口は悪いけれどかっこいい少年、本が好きで、物語を書きたいと思っている少女、まさにあの映像を思い起こさせるような雰囲気です。でも、「耳をすませば」は好きなんだけど、こっちはイマイチだったかも... 最初はいい感じかと思ったんですけどねえ。
まず、爽子が中学2年生に見えないんですよね。嫌なことがあっても、冷静に自己分析をして理性的に乗り越えてしまう爽子は、どちらかといえば大人っぽい少女。それは全然構わないんですが、この言葉遣いって、一体いつの時代の中2? 高楼方子さん自身がこういう少女だったのかしら? 特に爽子の内面や心の声を描く文章に違和感です。言葉の選び方、間違ってませんか... それだけならまだしも、時々わざと子供っぽさを演出しようと、無理矢理はしゃがせているように感じられてしまったのが更にダメ。そして爽子が書く物語も同様。物語と爽子をめぐる現実が二重写しになっているところは、趣向として面白いと思うんですが、筆達者な中にわざと幼さや拙さを演出してるように見えてしまって、読むのがツラかった...。以前読んだ「時計坂の家」では、そんなこと感じなかったと思うんですけどねえ。いや、感じた部分もあったのかもしれないんですけど、それ以上にとても楽しめたのに。残念です。あ、こっちでも、十一月荘で爽子が出会う女性3人は素敵だったんですけどね。そして毎週英語を習いに来る耿介という少年が、すっかり天沢聖司に脳内変換されてて、気に入ってたんですけど...!(笑)
それにしても、この話はその後どうなるのかしら? 気になるなー。あ、物語の余韻に浸りたい方は、解説を読まない方がいいかもです...。(新潮文庫)


+既読の高楼方子作品の感想+
留守中に読んだ本(18冊)(「時計坂の家」の感想)
「十一月の扉」高楼方子

| | commentaire(6) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
小学校3年生のりえちゃんは、一番仲良しの正ちゃんと喧嘩をした日、いつもと違う道を通って帰ります。いつもの道だと、途中で正ちゃんの家の前を通らなければならないのです。でも途中、空き地だったはずの場所に御殿のような建物が建っているのを見てびっくり。そこには赤い門がそびえ立ち、食べ物屋が並んでいました。そして、その中でも立派な店の前を通りがかった時に急に大粒の雨が降り出し、りえちゃんは慌ててお店に飛び込みます。

後に有名な中華料理人になったりえちゃんが、子供の頃の体験をファンタジー仕立ての童話にした、という設定。帯にある「おいしくかわいいお料理ファンタジー」という言葉そのまんまの作品。いやー、美味しそうでしたー。そして可愛かったですー。
りえちゃんがマーおじさんのお店のある中華横丁に入り込む辺りは、はっきり言って「千と千尋の神隠し」の場面にそっくり。でも、ここで出会うのはハクじゃなくて名コックのマーおじさん。美味しい中華小説といえば南條竹則さん、と私の中ではすっかりイメージが定着してるんですが、これも本当に美味しそう。ごく普通のはずの卵チャーハンの美味しそうなこと! しかも「八仙過海」だの「菊花乳鴿」だの「千紫万紅」だの「百鳥朝陽」だの「宝塔暁風」だの「蓬莱晩霞」だの、どんどん登場する中華料理の名前だけでもそそるんですよねえ。(もちろんそのそれぞれに、美味しそう~な説明がついてます) さすが満漢全席を食べたことがあるという南條竹則さんならでは。小学生が主人公なので、「酒仙」や「遊仙譜」に比べると、さすがにお酒度は低かったですが...(笑)
猪八戒のパロディの「ブタンバラン」とか、「美食礼讃」のサバラン、洞庭湖の竜王・洞庭君、中国四大美女の1人・王昭君、「神曲」のダンテ・カジキエビ(笑)、清朝の詩人・袁枚、中国の仙人・呂洞賓など古今東西の様々な人物が登場して、しかもダンテとは一緒に煉獄をめぐっちゃうし、公主の御殿では「トロイの悲劇」なんて劇まであって、かなりのドタバタ。でも、ただ美食を追い求めるだけでなく、さりげなく美食に対する教訓も籠められています。(ヴィレッジブックス)


+既読の南條竹則作品の感想+
「セレス」南條竹則
「りえちゃんとマーおじさん」南條竹則
「鬼仙」南條竹則
「あくび猫」南條竹則
「魔法探偵」南條竹則
Livreに「酒仙」「満漢全席」「遊仙譜」「ドリトル先生の英国」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

[amazon] [amazon]
秋のはじめの穏やかに晴れたある日のこと、水晶通りにやって来たのは、マーレンという少女。夏の国で家政婦をしていた彼女は、街に沢山降ってきた「お手伝いさん求む」のちらしに興味を引かれ、ハルメ・ハイネの塔にやって来たのです。ヘルメ・ハイネは、全体に血の気の薄そうな魔法使い。最初はすげなくマーレンを断ろうとするヘルメ・ハイネでしたが、どうやらちらしを出したのは先代のハルメ・ハイネで、100年ほど前のことらしいと分かり、とりあえずマーレンを雇うことに。

上巻は、柔らかい色彩に包まれた物語。ここに描かれているのは、とても風街(感想)っぽい場所で、主人公のマーレンが魔女の箒のような古い箒を持ち歩いているというのも、ハウスキーピングのライセンスが「メアリー・ポピンズ・ライセンス」という名前なのも微笑ましいです。マーレンがいた夏の国というのは、地球上の孤児が集められているという場所で、マーレン自身も孤児なんですが、そこにも全然暗いイメージはなし。むしろ賑やかで楽しそう、なんて思えちゃう。でも、下巻に近づくに連れて、その暖かな色彩がどんどん薄れ、それに連れて体感温度もどんどん下がっていきます。あとがきにも、前半はカラーで描き、後半はモノクロで描くというイメージだったとあり、納得。

下巻に入ると、舞台はトロールの森へと移るのですが、そこは全くの冷たい灰色の世界。時々思い出したかのように、原色に戻ってしまった色彩が飛び散っているのですが、基本的に無彩色。前半の夢のような雰囲気が嘘のような、まるで悪い夢でも見ているような、何とも言えないない世界。でもそれでいてとても強烈な吸引力があるんですよね。終盤は、まさしく井辻さんが「エルガーノの夢」のあとがきに書かれていた、「とほうもなく非合理で、小説のようなちゃんとした構造をもっていなくて、断片的で」「詩のような夢のような、奇形であいまいで、それだから美しいような」叙事詩や伝説の世界。整合性があり、きちんとしているだけが、小説の魅力ではないんですよね。

そう考えると、小説ってどこか絵画と似ているような気がします。私は絵だと、例えばクレーやカンディンスキーの抽象画がすごく好きなんですけど(クレーは抽象画家とは言えないかもしれませんが)、小説でも抽象画的な、理屈では説明しきれない部分があるものに惹かれやすいのかなあ、なんて思ったり。
例えば、写真がなかった昔は、肖像画は写真のような意味があったわけで、貴婦人の着ているドレスの襞などをひたすら忠実に写し取ることが重要、という部分もあったと思うんですけど、写真がある今、実物にひたすら忠実な絵というだけではつまらないと思うんですよね。それなら写真を撮ればいいんだし。(もちろん当時だってきっと、実物にひたすら忠実な絵というだけではダメで、画家の個性とか、何かが感じられる絵こそが、今に残ってきていると思うのですが) だけどその写真も、写真を撮る人の個性によって、本当に様々な表情を見せるわけで。で、例えば、ノン・フィクションが好きだという人がいたら、それは絵よりも写真が好きだというようなものなんじゃないかなあ、なんて思ったりしたわけです。
小説と絵画の関係は今ふと思っただけだし、このままでは単なる好みの傾向の話になっちゃうんですが、これはつきつめて考えてみると、ちょっと楽しいかも♪(講談社X文庫)


+既読の井辻朱美作品の感想+
「風街物語 完全版」井辻朱美
「エルガーノの歌」「パルメランの夢」井辻朱美
「幽霊屋敷のコトン」「トヴィウスの森の物語」井辻朱美
「ヘルメ・ハイネの水晶の塔」井辻朱美
「遙かよりくる飛行船」井辻朱美
「ファンタジーの森から」「ファンタジーの魔法空間」井辻朱美
「夢の仕掛け 私のファンタジーめぐり」井辻朱美
「魔法のほうき」井辻朱美
「ファンタジー万華鏡」井辻朱美

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon] [amazon]
「狂えるオルランド」にすっかりパワーを使ってしまったので、もう少し気軽に楽しめるファンタジーを... ということで井辻朱美さん2冊。井辻さんの作品が本当に気軽に楽しめるタイプかと聞かれると、ちょっと違うかなという気はするんですけど...。(笑)

「幽霊屋敷のコトン」は、代々伝わる古い屋敷に、既に亡くなった一族の幽霊たちと一緒に暮らしているコトンの物語。話そのものは、おとぎ話みたいに可愛らしくて(めるへんめーかーさんの挿絵がイメージにぴったり)、深みとしてはちょっと物足りないんですけど、その中で1つとても印象に残ったのが、コトンのおじいさんが亡くなる前にコトンに毎日日記をつけることを約束させて、「いいかい、おまえが書かなければ、一日は枯れた薔薇の花びらのように、くずれてどこにもないものになってしまうのだよ」と言った言葉。
この言葉、読書にも当てはまるなあと思って。私はこの6年半、面白かった本も面白くなかった本も、読んだ本の感想を毎日書き続けているんですけど、それはまず第一に自分のための記録なんですよね。(と、今まで何度も書いてますが) 安心してどんどん読み続けられるのも、ある意味、そうやって感想を書き続けているから。そうでなければ、きっと読んだ本のイメージはとっくの昔に、ぽろぽろほろほろと崩れ去ってしまっているんじゃないかと思います。もちろん、崩れ去った後にも、何かしら残っているものがあるでしょうし、それだけで十分なのかもしれないんですが... 何かしら書いてさえいれば、それを書いた時のことを、書かなかったことも含めて、色々と思い出せるもの。それはやはり自分にとって大きいです。

そしてこの「幽霊屋敷のコトン」は、とても水の匂いの濃い物語なんですが、それと対のようにして書かれたというのが「トヴィウスの森の物語」。とは言っても雰囲気はまるで違っていて、同じように水の匂いは濃くしていても、こちらは本当にファンタジックなファンタジー。
いずれは騎士となるべき少年、美しい妖魔の若者、黒い森、霧の立ち込める黒い大理石の城には魔王、地下の鍛冶場で仕事をしている性悪な小鬼たち... と、いかにもなモチーフが満載なんですが、その使い方、展開のさせ方が、やはり井辻さんの場合独特なんだなあと実感。美しくて詩的なんだけど、どこか非合理。やっぱりこれは井辻さんならではのファンタジーだなあ、ルーツを感じるなあ、と思うのでした。(講談社X文庫・ハヤカワハイ!ブックス)


+既読の井辻朱美作品の感想+
「風街物語 完全版」井辻朱美
「エルガーノの歌」「パルメランの夢」井辻朱美
「幽霊屋敷のコトン」「トヴィウスの森の物語」井辻朱美
「ヘルメ・ハイネの水晶の塔」井辻朱美
「遙かよりくる飛行船」井辻朱美
「ファンタジーの森から」「ファンタジーの魔法空間」井辻朱美
「夢の仕掛け 私のファンタジーめぐり」井辻朱美
「魔法のほうき」井辻朱美
「ファンタジー万華鏡」井辻朱美

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
そういえば、うちにもこんな本があったなあと思い出しました。かなり以前に読んだっきり、すっかり忘れてましたよ。(恥)

著者の山室静さんは、北欧文学の研究家。アンデルセンやリンドグレーンの作品の翻訳もしてらっしゃるし、日本にムーミンを紹介した方でもあるのだそう。この「北欧の神話」は、古詩集「古エッダ」と、13世紀のアイスランドの詩人スノリ・ストルルソンの「エッダ」、同じくスノリの書いた北欧古代史「ユングリング家のサガ」、デンマークのサクソの「ゲスタ・ダノルム」(デンマーク人の事跡)を参考に書かれてます。分類としては児童書に属してると思うんですが、児童書と侮るなかれ! ポイントを掴んだ説明がすごく分かりやすいし、案外読み応えがありました。
わー、こんな本だったのか。...って、まるで初めて読んだ本のように書いてるのが情けないんですが...。
多分、私が始めてきちんと読んだ北欧神話の本がこれなんですよね。でも、その頃は自分が読みたいエピソードだけ拾い読みしてて、あまり全体像には関心がなかったのかもしれないです。(いやーん)

先日「エッダ 古代北欧歌謡集」を読んだ時も(感想)、基本となる「古エッダ」だけじゃ足りないなと感じたんですが、これを読んで、やっぱりスノリの「エッダ」に、私好みの面白いエピソードが多そうだと実感。スノリの「エッダ」は「古エッダ」を元に書かれていて、でもスノリ自身の創作も入ってもっとストーリー性があるんですよね。しかも、その後「古エッダ」の方で欠落してしまった部分がいくつかあるらしく、スノリのエッダ側からしか読めない部分もあるのです。
ページ数の関係からか、「ベオウルフ」や「シグルド」などの英雄伝説などは省略されていて、それが少し残念なんですけど、北欧神話入門編としては、結構いけてるんじゃないかと~。「エッダ・グレティルのサガ」「エッダ 古代北欧歌謡集」で、ちょっとパンパンに膨れ上がってた頭の中が、これでいい感じに整理されたような気がします。この本は、全10巻の「世界の神話シリーズ」の8冊目。このシリーズ、他のも読んでみようかしら?(筑摩書房)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
はやみねかおるさんのYA向けシリーズ「都会(まち)のトム&ソーヤ」の4作目。クラスメートが応募する、地元のタウン誌の自主制作映画コンテストの締め切りに間に合わせるために、内人と創也がマラソン大会を抜け出す「大脱走 THE GREAT ESCAPE」、「番外編 栗井栄太は夢をみる。」、究極のゲームを作るための資金作りに、内人と創也がテレビのオバケ屋敷探検番組に出演する「深窓の令嬢の真相」、そして「おまけ 保育士への道 THE WAY OF THE "HOIKUSHI"」。今回も前回同様、ショートショートを挟んで中編2編です。

相変わらずのテンポの良さが楽しいシリーズ。「深窓の令嬢の真相」も、いかにもこのシリーズらしい作品なんですが、今回は「大脱走」が面白かったな。ごく普通の中学校生活に、いかにもあり得そうな感じで馴染んでたので、その辺りが個人的にポイント高かったです。でも、前作はショートショートを挟んだ中編同士が繋がって1つの長編になっていたように思うんですけど、今回はそれぞれに独立した短編となっていたのがちょっと残念。そろそろ読み応えのある長編作品を読みたいなあ。
それにしても、「トム」と「内人」の関係にはびっくり。そして卓也の上司の黒川さんについてもびっくり! はやみねさんご自身が気付いてらっしゃらなかったというのは本当でしょうか!?(講談社YA! ENTERTAINMENT)


+シリーズ既刊の感想+
「都会のトム&ソーヤ1」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「都会のトム&ソーヤ 乱!RUN!ラン!」2 はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ いつになったら作戦(ミッション)終了?」3 はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ4 四重奏(カルテット)」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ5 IN塀戸(VADE)」はやみねかおる
「都会のトム&ソーヤ6 ぼくの家へおいで」はやみねかおる

+既読のはやみねかおる作品の感想+
「虹北恭助のハイスクール・アドベンチャー」「笛吹き男とサクセス塾の秘密」はやみねかおる
「オリエント急行とパンドラの匣」はやみねかおる
「卒業 開かずの教室を開けるとき」はやみねかおる
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.