Catégories:“児童書・YA(翻訳)”

Catégories: / /

 [amazon]
多元世界が舞台のファンタジー。同じく多元世界が舞台のクレストマンシーシリーズも面白かったし、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品は、こういうのが一番好きかも♪ イギリスそっくりの異世界の<ブレスト>での魔法使いマーリンを巻き込んだ陰謀を、ブレストのロディという女の子と、地球のニックという青年が2人が暴いていくという物語です。
やっぱりアーサー王伝説やケルト伝説は、こういったファンタジーの作品に良く似合いますね。一見突拍子がなく感じられるダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー世界に、落ち着きと奥行きを出すのに一役買っているような気がします。そしてお話の方は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズらしく、物事や人々が複雑に絡み合ってて、なかなか先が見えてこない展開です。でも、「花の魔法、白いドラゴン」という題名はとても綺麗なんだけど、「花の魔法」も「白いドラゴン」も本筋とはちょっと違うから違和感... 特に「白いドラゴン」は、題名で期待させる割に、最後にほんの少し出てくる程度なのでちょっと残念。

この作品の主役の片割れのニックは、未訳の「Deep Secret」という作品に登場したキャラクターなのだそう。そちらは大人向けの作品で、特にシリーズ物ではなく、独立して楽しめるように描かれている... と訳者あとがきに書かれてたんですけど、もう訳されないのかな? 関連作品があって、しかもそちらが先と聞くと、やっぱり順番通りに読みたかったなあって思っちゃいます。いくらそれぞれ独立して楽しめる作品とはいっても、やっぱりそっちの作品の言動をかなり踏まえてるのが読んでいて分かりますもん。きっと「魔法使いハウルと火の悪魔」(感想)と「アブダラと空飛ぶ絨毯」(感想)みたいな関係なんでしょうね。大人向けだなんて言わずに、ぜひとも翻訳して欲しいものです。(徳間書店)


+シリーズ既刊の感想+
「花の魔法、白のドラゴン」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バビロンまでは何マイル」上下 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

+既読のダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品の感想+
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラの空飛ぶ絨毯」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「デイルマーク王国史」1~4 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「わたしが幽霊だった時」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法使いはだれだ」「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔女と暮らせば」「トニーノの歌う魔法」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
留守中に読んだ本(18冊)(「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」の感想)
「呪われた首環の物語」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「いたずらロバート」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バウンダーズ」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」「海駆ける騎士の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「うちの一階には鬼がいる!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法!魔法!魔法!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ぼくとルークの一週間と一日」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「牢の中の貴婦人」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法の館にやとわれて」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「キャットと魔法の卵」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
Livreに「ダークホルムの闇の君」「グリフィンの年」「九年目の魔法」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
<湿地>を舞台にした人間とドリグ、そして巨人の物語。いつもの畳み掛けるような勢いのあるダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品とは、また全然違う雰囲気でびっくり。
水の中に住み、変身が得意なドリグ、嵐のような音を立てる巨人、そして人間。いざ話してみると、話す言葉はお互いに共通しているのに、お互いに相手のことを良く知らないまま、昔からそうだからというだけで対立してるんですよね。なんだか現代の人種差別みたい。でもドリグの呪われた首環が人間の手に渡り、色んな状況がどんどん悪くなっていったのがきっかけで、3つの種族がお互いをきちんと認識して、呪いを解くために協力し合うことになります。<太陽>、<月>、<大地>の力とは? 呪いを解くために必要な<古き力>、<今の力>、<新しき力>とは? そんなところもワクワクしちゃうし、主人公の男の子の成長物語としても面白いです。
冒頭の雰囲気が好きだったので、途中で実態が分かった時は(ある程度予想していただけに)がっかりしたんですけど、でも最後まで読むとやっぱり良かった。ここに登場する首環は、ケルトのトルクにそっくり。ケルト独特の神秘的な雰囲気もあって素敵でした。(徳間書店)


+既読のダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品の感想+
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラの空飛ぶ絨毯」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「デイルマーク王国史」1~4 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「わたしが幽霊だった時」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法使いはだれだ」「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔女と暮らせば」「トニーノの歌う魔法」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
留守中に読んだ本(18冊)(「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」の感想)
「呪われた首環の物語」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「花の魔法、白のドラゴン」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「いたずらロバート」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バウンダーズ」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バビロンまでは何マイル」上下 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」「海駆ける騎士の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「うちの一階には鬼がいる!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法!魔法!魔法!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ぼくとルークの一週間と一日」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「牢の中の貴婦人」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法の館にやとわれて」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「キャットと魔法の卵」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
Livreに「ダークホルムの闇の君」「グリフィンの年」「九年目の魔法」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
南フランスに住む8歳の女の子・セシルと、てんじくねずみのジャン=ピエールの4つの物語。
セシルとジャン=ピエールはまるで恋人同士のよう。一目合ったその日から、ってヤツですね。もうこの2人の心が通じ合ってる場面は、傍で見ててもドキドキしちゃうぐらい。でもそんな風に心が通じ合っている場面があるのは、1話目だけなんですよね。この1話目はとっても素敵なファンタジーなんですが、それ以降は、比較的普通の話になっちゃうんですよ。それがちょっと残念。まあ、普通とは言っても、世界中を旅することになってしまったり、サーカスに入ってしまったりとワクワクの冒険話なんですが。
そしてジャン=ピエールの視点が減った代わりに、ぐんと増えるのは大人たちの存在。セシルの両親やジャン=ピエールを巡って知り合う人々。セシルの両親を始めとして、ほんと良い人たちばっかりなんですが、4話目で登場するフィリポだけはかなり異色でびっくり。すごい大人の身勝手さを前面に出してきてます。「セシル、ちょっといい子すぎるよ...!」と、読んでいてちょっと辛かったんですが、それでも最後の展開には「ほっ」。あのままいくはずはないと思ったけど、心配しちゃったわ。...1話目が書かれてから4話目まで7年かけて執筆されてるそうなんですが、これはポール・ギャリコの意識の変化ではなく、セシルの年齢に作風を合わせてるってことなんでしょうね。きっと。
ちなみにてんじくねずみは英語で「guinea-pig」。原題で「Kidnapped(誘拐)」という単語が「Pignapped」と変えられているのも楽しいです。(福音館書店)


+既読のポール・ギャリコ作品の感想+
「トマシーナ」ポール・ギャリコ
「セシルの魔法の友だち」ポール・ギャリコ
「マチルダ ボクシング・カンガルーの冒険」ポール・ギャリコ
「われらが英雄スクラッフィ」ポール・ギャリコ
「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ
「猫語の教科書」ポール・ギャリコ
「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「ポセイドン」上下 ポール・ギャリコ
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
Livreに「ジェニィ」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
「ひいひいじいさん」がジプシーから豚を盗んだせいで、子々孫々にいたるまで呪いをかけられてしまったイェルナッツ家。皆揃って運に恵まれず、「まずい時にまずいところに居合わせてしまう」というタチ。それでもお父さんは発明家として芽が出ない程度で済んでるのですが、スタンリーはなんと人気プロ野球プレイヤーのスニーカーを盗んだ容疑で逮捕され、罪を犯した少年たちを集めたグリーン・レイク・キャンプに送り込まれてしまうのです。そして毎日毎日、湖どころか一滴の水もないグリーン・レイクで、直径1.5m深さ1.5mの円筒形の穴を掘ることに。

以前映画が意外と面白くてびっくりしたんですけど、今度は原作を借りてみました。やっぱりこれも面白いー。出版された途端、全米図書賞、ニューベリー賞、クリストファー賞、ホーンブック・ファンファーレなど、価値ある児童文学賞を軒並み攫ったという作品だそうです。
現在のグリーン・レイクを掘る現在の子供たちの情景に、スタンリーの「ひいひいじいさん」のエピソードや、かつて湖があった頃のグリーン・レイクの切ない恋物語などが織り込まれて話が進んでいくんですけど、この過去のエピソードが実は全て伏線。もうほんと全然無駄がないんです。まるでパズルみたい... というか、今どきここまでピタッとハマる快感、ミステリでもなかなか味わえないのでは、なんて思っちゃうほど。映画を観て一通りの話は知ってるのに、またしてもワクワクしてしまいました。
原作もいいし、映画もすごく出来がいいと思うし(クライマックスに関しては映画の方が上かも)、どちらもオススメ。「穴」だなんて変な題名ですけど、騙されたと思って手に取ってみて下さいねー!(講談社)


+シリーズ既刊の感想+
「穴」ルイス・サッカー
「道」ルイス・サッカー
「歩く」ルイス・サッカー

| | commentaire(6) | trackback(3)
Catégories: /

 [amazon]
土曜日の夕方の閉店間際に、大きなスーツケースを持ってスコットレーズ・デパートに来たママとオリビア、アンジェリーンの3人。これまで一度も買い物なんてしたことない高級デパートに、新しいベッドを買いに来たなんて本当? そして閉店5分前にママが言ったのは、「"ベッドの下に隠れろ"ゲームをしましょう」という言葉。その言葉を聞いた途端、リビーは自分たちがここに来た理由が分かります。なんとママは、この週末はスコットレーズに住んでしまおうと考えていたのです。

読み始めて真っ先に思い浮かんだのは、E.L.カニグズバーグの「クローディアの秘密」。そちらはデパートではなくてメトロポリタン美術館なんですけど、こっそり住んでしまおうというワクワク感は一緒ですね。でもこちらは高級デパート! 日用品から食料品からおもちゃから電化製品まで何でも揃っている場所なんです。子供たちにとっては夢の国かも。
...とは言え、能天気なママと無邪気なアンジェリーンに挟まれて、1人しっかりしてしまっているリビーは、能天気なママの言動にヤキモキし通し。うわー、分かる。こういうママがいたら、しっかり常識派に育っちゃいますよね。必要に迫られて、年齢よりも大人になっちゃうはず。しかもハプニング続出で、こんな生活を続けたらほんと神経が参っちゃいそう... とこちらまでドキドキしてしまいます。最初の場面で、リビーが警察官やソーシャルワーカーと話しているのが分かっているだけに、余計に☆

可愛いらしい作品でしたが、「魔法があるなら」というタイトルだけは全然似合わないですね。魔法が出てくるようなお話かと思ってたので、そういう意味ではちょっとがっかり。原題通り「世界で一番素敵な場所」でも良かったと思うのになあ。(PHP研究所)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
世界中でただ1人、お化けの姿が見えるペギー・スー。体を守る強い魔法がかけられているものの、お化けたちはぞっとするほど意地悪。ペギー・スーがやりたくもないことを次々とやらせ、そのせいでペギー・スーは常に「変人」として孤立、学校も次々に退学になってしまう始末。でも、そんなペギー・スーの一家が新たに落ち着くことになった小さな町には、お化けたちはいなかった? 生まれて初めて親友が出来て喜ぶペギー・スー。しかしある朝、空には青い奇妙な太陽が現れます。その光の中で日光浴をしていた親友のソニアは、あっと驚く天才になるのですが...。

作者のセルジュ・ブリュソロは「フランスのスティーブン・キング」とも言われるほどの人気作家で、この作品はそのブリュソロの初めての子供向けファンタジーなのだそうです。ペギー・スーは、「ハリー・ポッターの妹」とも言われてるとか。...と書きつつ、そういう予備知識は全然持たずに読み始めたのですが... さすがスティーブン・キングと称されるだけあって怖い... ひえぇ、ブラック。
ペギー・スーに対するお化けの仕打ちが、ほんと容赦ないんですよね。ここまでする? しかも結構あっさり人が死んじゃうし... てか、こんな死に方って! ...海外の児童書って日本のに比べて容赦がないな、と思うことは多々ありますけど、そういうのとはまた違うような。逆境でも頑張るペギー・スーは、確かに女版ハリー・ポッターかもしれないんですけど...。
でもこれは単行本では既に6冊目まで出てるシリーズ物。この1巻ではほとんど孤立無援なペギー・スーなんですが、1巻の最後に強力な味方になってくれそうな存在が登場するんです。これは2巻目以降の方が、ブラックなな中にも救いができて、いい感じに展開してくれそうです。(角川文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「ペギー・スーi  魔法の瞳をもつ少女」セルジュ・ブリュソロ
「ペギー・スーii  蜃気楼の国へ飛ぶ」セルジュ・ブリュソロ
「ペギー・スーiii 幸福を運ぶ魔法の蝶」セルジュ・ブリュソロ
「ペギー・スーiv 魔法にかけられた動物園」「ペギー・スーv 黒い城の恐ろしい謎」セルジュ・ブリュソロ

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
ケストナーは子供の頃から大好き。中でも一番好きなのは「飛ぶ教室」なのですが、この「点子ちゃんとアントン」も大好き。あと「五月三十五日」みたいな作品も大好き。とにかくハズレがない作家さんですね。この作品は、元気でやんちゃなお金持ちの少女・点子と、性格が良くて勇気のある貧乏な少年・アントンの物語。ケストナーの作品の登場人物って、かなり類型的ではあるんですけど、でもやっぱりいいんですよね。人間として大切にしなくちゃいけないことがいっぱい詰まっていて。
実は、森谷明子さんの「れんげ野原のまんなかで」(感想)に登場する能勢夫人の言ってる本はこれかも、と思って読んでみたんです。でもやっぱり違ったみたい。ケストナーが書きそうな文章だなあって思ったんですけどねえ。能勢夫人は「富豪」「女性」と言ってたし、「富豪」というのも「女性」というのも、点子とはまたちょっと違うんだけど...(富豪なのかもしれないけど、まだまだ女の子だし) 他の作品にも富豪の女性なんて出てこなかったと思うし、やっぱりケストナーではないのかしら。(あと富豪といって思い出すのは、「小公女」ぐらい... 「あしながおじさん」のジュディの友達・ジューリアも富豪のはずだけど、彼女はそういうタイプじゃないしねえ)

これは一応岩波少年文庫再読計画の第8弾のつもりだったのですが、実は私が読んだのは岩波少年文庫版じゃなくて、ケストナー少年文学全集の方。同じ岩波書店だからきっと同じだと思っていたのに、なんと訳者が違ってました! 私が読んだのは高橋健二さん訳で、岩波少年文庫の方は池田香代子さん訳。うわー、迂闊。どんな風に違うんだろう。子供の頃から全集の方を何度も読み返してるし、高橋健二さんの訳にすっかり馴染んでるから、今更他の人の訳に馴染めるとは思えないんだけど、でもやっぱり気になります。まさかそのせいで能勢夫人の覚えているようなクダリがなくなってるわけではないでしょうけれど...。(岩波書店)


+既読のエーリヒ・ケストナー作品の感想+
「点子ちゃんとアントン」エーリヒ・ケストナー
「ケストナーの『ほらふき男爵』」E・ケストナー
Livreに「雪の中の三人男・ガス屋クニッテル」「消え失せた密画」「一杯の珈琲から」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(2)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.