Catégories:“児童書・YA(翻訳)”

Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
「大魔法使いクレストマンシー」シリーズの3作目と4作目。でも本当はこの「魔女と暮らせば」が1番最初に、そして「トニーノの歌う魔法」が2番目に書かれたんだそうです。「魔女と暮らせば」は、かつて「魔女集会26番地」という題名で紹介されていた作品の新訳。時系列的には、「クリストファーの魔法の旅」が一番最初で約25年前、「魔女と暮らせば」が比較的最近に起きた話で、「トニーノの歌う魔法」はその半年後、そして「魔法使いはだれだ」が、「たった今起こっていること」とのこと。(結局どこから読んでもいいのね...)
「魔女と暮らせば」は、両親を船の事故で亡くしたグウェンドリンとキャットという姉弟が、クレストマンシーの城に引き取られる話。グウェンドリンは魔法が得意なんですけど、物凄い高慢ちきで自信過剰。クレストマンシーの関心を自分に向けるために、次から次へと悪戯の魔法を繰り返します。この彼女が見ててなんだか痛々しいし、しかも弟のキャットが姉の暴走を止めるどころかすっかり言いなりになってる不甲斐ない男の子。最後は一応ハッピーエンドなんですけど、結構ブラックかなあ。「クリストファーの魔法の旅」と登場人物が一部重なってるので、後日譚的な楽しみもありました。
そして「トニーノの歌う魔法」はイタリアが舞台。ロミオとジュリエットばりの、憎しみ合う2つの家が登場。でもイタリアが舞台のせいか、シリーズの他の作品と随分と雰囲気が違うような~。この2つの家は直接係わり合いのない時はどちらもいい家族だし、大家族でとても暖かいんです。たとえば、魔法使いの家系に生まれてても、魔法が得意じゃない子も当然出てくるわけですが、そういう子がいてもみんな気にしないどころか、失敗した魔法を明るく笑い飛ばしたり、落ち込んでる子を家族中で心配してなぐさめたり。家族の絆が強いんですよね。(だからこそ家同士で憎みあうようなことにもなるんだけど) そしてもう1つイタリアっぽいのが、魔法の呪文の唱え方。普通はまあ言ってみれば詩のように朗読するんだと思うんですけど、ここでは歌のメロディに乗せて呪文を唱えるんです。これが気に入っちゃった。もちろん音が外れたり呪文を間違えたりしたら、何が起こるか分からないのですが...(笑) でも綺麗な歌声がこちらまで響いてくるようで、読んでいてても気持ちの良い物語でした♪(徳間書店)


+シリーズ既刊の感想+
「魔法使いはだれだ」「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔女と暮らせば」「トニーノの歌う魔法」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法の館にやとわれて」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「キャットと魔法の卵」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

+既読のダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品の感想+
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラの空飛ぶ絨毯」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「デイルマーク王国史」1~4 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「わたしが幽霊だった時」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
留守中に読んだ本(18冊)(「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」の感想)
「呪われた首環の物語」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「花の魔法、白のドラゴン」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「いたずらロバート」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バウンダーズ」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バビロンまでは何マイル」上下 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」「海駆ける騎士の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「うちの一階には鬼がいる!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法!魔法!魔法!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ぼくとルークの一週間と一日」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「牢の中の貴婦人」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
Livreに「ダークホルムの闇の君」「グリフィンの年」「九年目の魔法」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
「大魔法使いクレストマンシー」シリーズの2冊。このシリーズは4部作プラス外伝が1作あるんですが、普通の続き物ではなくて、「クレストマンシー」を巡る色々な物語といった感じなんですね。時系列も舞台もバラバラで、どこから先に読んでも大丈夫みたいです。しかも「クレストマンシー」というのは個人の名前ではなくて、力の強い大魔法使いが引き継いでいく1つの役職の名前なんですって。
まず1作目の「魔法使いはだれだ」は、魔法が法律で禁じられていて、魔法使いや魔女は、見つかり次第火あぶりになってしまうという物騒な世界(...でもその魔法以外の面では、この世界とそっくりな世界)が舞台。それなのに、先生が集めたワークブックに紛れ込んでいたのは、「このクラスに魔法使いがいる」というメモ。不思議な出来事もいくつか起きて、クラスの誰が魔法使いなのかという騒ぎが最高潮に達したところで、大魔法使いクレストマンシーが登場... つまりクレストマンシーは主役ではないわけですね。(笑) そして「クリストファーの魔法の旅」の方は、そのクレストマンシーの子供の頃の物語。幼い頃から魔力が強くて、夢の中から色々な別世界へと冒険に出かけていたクリストファーが、その能力を知った伯父に利用されるようになって... という物語です。
「魔法使いは誰だ」も、まあ普通に面白かったんですけど、なかなか学校の生徒たちの区別がつかなくて最初は話に入るのが大変だったんですよね。(登場人物紹介に挿絵までついてるのに...) それに比べて、「クリストファーの魔法の旅」は、最初から最後まで面白かった! クリストファーが学校に入る前の描写は、なんだか「メアリー・ポピンズ」を彷彿とさせるし、別世界に通じる場所の場面では、C.S.ルイスの「魔術師のおい」を思い出したりしてたんですけど(笑)、でもそこからどんどん発展していくし、テンポも良くて楽しかったです。もう一気に読んじゃった。これこれ、こういうのが読みたかったのよねえって感じ。色々な世界の存在の概念も面白かったし、ちょっと変わった魔法の使い方も楽しーい。(特に本が濡れないように、呪文を破りとって包む場面!) これは残りの3冊を読むのも楽しみです。(徳間書店)


+シリーズ既刊の感想+
「魔法使いはだれだ」「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔女と暮らせば」「トニーノの歌う魔法」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法の館にやとわれて」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「キャットと魔法の卵」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

+既読のダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品の感想+
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラの空飛ぶ絨毯」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「デイルマーク王国史」1~4 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「わたしが幽霊だった時」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
留守中に読んだ本(18冊)(「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」の感想)
「呪われた首環の物語」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「花の魔法、白のドラゴン」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「いたずらロバート」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バウンダーズ」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バビロンまでは何マイル」上下 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」「海駆ける騎士の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「うちの一階には鬼がいる!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法!魔法!魔法!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ぼくとルークの一週間と一日」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「牢の中の貴婦人」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
Livreに「ダークホルムの闇の君」「グリフィンの年」「九年目の魔法」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

  [amazon]
左がロアルド・ダールの原作で、右はその映画。ロアルド・ダールといえば、同じく児童書の「チョコレート工場の秘密」や、大人向けの「あなたに似た人」なんかがありますね。「あなたに似た人」のあまりに強烈な毒に、大人向けの作品はもういいや... と思ってしまった私ですが、児童書の毒は比較的柔らかくって、まだ楽しく読めます。(^^ゞ
この「おばけ桃の冒険」は、ダールが4人の子供さんに毎晩お話を聞かせてるうちに、自然に出来上がったお話なんだそう。ダールらしい毒もそれほどじゃありません。事故で両親を亡くして2人の意地悪なおばさんに引き取られた主人公の状況は、ハリー・ポッターも真っ青なんですけどね。で、最初は原作を読むだけのつもりだったんですが、映画は「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」と同じ監督で、同じようにティム・バートンの名前があったので、急遽こちらも。...といいつつ、映画を先に観たんですが(笑)、でも「ナイトメア」に比べるとかなり子供向けって感じで、私にはちょっとツラいものもありました... 主人公のジェームズと一緒に旅するミミズやムカデやクモといった虫たちが人形で登場してるんですけど、私、人形物って苦手なんですよね。だからって、リアルな虫も絶対ダメなんですが...(^^;。でも映画には、「ナイトメア」のジャックもちらっと登場してたのにはニヤリ。(「ナイトメア」は、人形物がダメな私には珍しく全面的にオッケーな映画) 映画の方がストーリー展開に蓋然性があったような気もしますが(本当か?)、でもなんでそういう虫たちと旅をすることになったのかは、本の方が分かりやすいかな。映画にしても原作にしても、大きな桃で海を渡る場面はとても綺麗。(特に夜) 姉御肌のクモも良かったし、意地悪おばさんの突き抜けた意地悪ぶりもなかなかいい感じでした。(評論社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

   [amazon]
兄の家に行ったら、姪の本棚にこの3冊が! 丁度掲示板で話題になってたこともあり、思わず読んでしまいましたよー。
いえ、今までにも読んだことはあったんですけど、この3冊は自分では持ってなかったので、図書館で読んだっきりだったんですよね。それにこの本、読む時期をすっかり逸してしまって勿体ないことしちゃったんです。これはやっぱり小学校の1~2年には読んでおいた方がいいですね。平仮名ばかりの本だから、漢字の本を読むようになってから読むのはちょっとツライものが...。やっぱりどんな本でも、読む時期って重要ですね。一番楽しめる時期に読まないと勿体ない!(特に児童書は。)
...とはいえ、今読んでもやっぱり面白かったです。絵も可愛いし、地図を見てるだけでもワクワクするし♪
で、さっきamazonで画像を探しがてらレビューを読んでたんですけど、世の中のお母さんがたは、小さなお子さんにこういう本を読み聞かせしてあげてるんですね。うちの母親、本の読み聞かせなんてほとんどしてくれなかったんです。こんな本を読んでもらえるなんて、羨ましいぞー!(福音館書店)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
「魔法使いハウルと火の悪魔」の姉妹編。今回は前回のインガリーよりもずっと南の国・ラプシュートの絨毯商・アブダラが主人公。ひょんなことから魔法の絨毯を手に入れたアブダラが出会ったのは、スルタンの1人娘「夜咲花」。しかし恋に落ちた2人が駆け落ちしようとした時、巨大なジン(魔神)に夜咲花が攫われて... という話です。そのまんまディズニーの「アラジン」のイメージ。(本家の「アラジンと魔法のランプ」には、空飛ぶ絨毯は出てこないのね) で、確かに姉妹編なんだけど、読み終わってみるとやっぱり続編! ハウルやソフィーたちの出番はあんまり多くないので、前作のファンには物足りないかもしれないんですが、「千夜一夜物語」の世界が大好きな私には、1作目よりもこっちの方が面白かったです。何が面白かったって、いかにもアラビアの商人っぽいアブダラの、心にもない美辞麗句の数々が... でもって、そういう言葉に乗せられて、いい気分になっている絨毯も... って何か違うような気もするのですが...(^^ゞ (徳間書店)


+シリーズ既刊の感想+
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラの空飛ぶ絨毯」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

+既読のダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品の感想+
「デイルマーク王国史」1~4 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「わたしが幽霊だった時」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法使いはだれだ」「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔女と暮らせば」「トニーノの歌う魔法」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
留守中に読んだ本(18冊)(「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」の感想)
「呪われた首環の物語」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「花の魔法、白のドラゴン」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「いたずらロバート」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バウンダーズ」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バビロンまでは何マイル」上下 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」「海駆ける騎士の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「うちの一階には鬼がいる!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法!魔法!魔法!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ぼくとルークの一週間と一日」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「牢の中の貴婦人」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法の館にやとわれて」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「キャットと魔法の卵」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
Livreに「ダークホルムの闇の君」「グリフィンの年」「九年目の魔法」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
あらためて言うまでもないですが、「ハウルの動く城」の原作。2年ぐらい前から気になってたんだけど、ようやく読めました!
インガリーという魔法や魔法使いが普通に存在する世界が舞台で、帽子屋の長女・ソフィーが主人公。冒頭から「七リーグ靴」や「姿隠しのマント」なんかが登場して「おお!」と思っていたら、ソフィーがいきなり拗ねてます。末っ子のマーサには成功が約束されてるけど、長女の自分には可能性がないからなんですって!確かに昔からのおとぎ話だと、いつだって1番上と2番目は失敗して、末っ子が成功するっていうパターン。でもだからって、全部が全部そうだと決め付けなくてもねえ。(笑) そんな風におとぎ話を逆手にとってるのが可笑しいです♪ でも訳者あとがきで書かれていた「太陽の東 月の西」はいいんだけど(私も子供の頃に良く読んでました!)、もう1つ連想できる某ファンタジーのモチーフの方は、ちょっと違和感だったかな...。この作品に出すにはちょっと新しすぎるというか(本当は結構古い作品なんですけどね)、お手軽に見えてしまうというか。どこかバランスがしっくりこない感じがします。(ごくごく個人的な印象です!)
これは映画を観てから読んだら、きっともっと楽しめるんでしょうね。でも映画よりもとりあえず、姉妹作の「アブダラと空飛ぶ絨毯」が読みたいな。...と思ってたら、母から「この人の本は、次に何を読めばいいのかしら」という質問が。なので、とりあえずそれを買うように薦めておきました。(爆)(徳間書店)


+シリーズ既刊の感想+
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラの空飛ぶ絨毯」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

+既読のダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品の感想+
「デイルマーク王国史」1~4 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「わたしが幽霊だった時」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法使いはだれだ」「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔女と暮らせば」「トニーノの歌う魔法」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
留守中に読んだ本(18冊)(「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」の感想)
「呪われた首環の物語」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「花の魔法、白のドラゴン」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「いたずらロバート」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バウンダーズ」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バビロンまでは何マイル」上下 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」「海駆ける騎士の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「うちの一階には鬼がいる!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法!魔法!魔法!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ぼくとルークの一週間と一日」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「牢の中の貴婦人」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法の館にやとわれて」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「キャットと魔法の卵」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
Livreに「ダークホルムの闇の君」「グリフィンの年」「九年目の魔法」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.