Catégories:“文学”

Catégories: /

 [amazon]
アルバイト先の染色工場で出会った佐々井と親しくなった「ぼく」。やがて佐々井はそのアルバイトをやめるのですが、ある時、3ヶ月ほど集中的にお金を作る仕事をするので、それを手伝って欲しいと言われ、「ぼく」は手伝うことに... という「スティル・ライフ」と、1人娘のカンナを置いて東北に出張に出た文彦は、帰り道のサービスエリアで木材輸出の会社に勤めるロシア人のクーキンに声をかけられ、東京まで車に乗せていくことになり、それが縁でカンナも交えて時々会うことになるという「ヤー・チャイカ」の2編。

どちらも「ぼく」と佐々井、文彦とクーキンという、ひょんなことで知り合った2人の奇妙な関係と友情を描いた作品。これはもう物語の筋を追うよりも、雰囲気を味わいながら読むべき作品かもしれませんね。もちろん物語としても面白かったんですけど、それ以上にこの雰囲気が好き~。バーで飲んでいる時の星の話、雨崎での雪の降る情景、スケートをしている時の霧の思い出話... とても透明で、静かでひんやりとした空気が流れてます。いつの間にか、自分が空の星の1つになってしまったような気がしてくるような... もしくは宇宙から降ってくる微粒子の1つになってしまったような感覚、かな。音が感じられないのに、星の音がとても豊かに聞こえてくるような気もしたり。(それって一体どんな音? なんとなく硬質なイメージなんですが・笑) そして、紛れもない小説なのに、しかも理系の話題が多いのに(笑)、ものすごく詩的なんです。
ちなみに「ヤー・チャイカ」というのは、「私はカモメ」という意味だそうです。世界で最初の女性飛行士となったテレシコワのコールサインが、この言葉だったのだとか。Wikipediaによると、1963年6月16日にボストーク6号に搭乗したとありました。そんな時代の人だったのか。すごいなあ。(中公文庫)


+既読の池澤夏樹作品の感想+
「南の島のティオ」池澤夏樹
「スティル・ライフ」池澤夏樹
「真昼のプリニウス」池澤夏樹
「夏の朝の成層圏」池澤夏樹
「バビロンに行きて歌え」池澤夏樹
「神々の食」池澤夏樹

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
雪沼の小さなボーリング場、リトルベアーボウル最後の日。午前11時からの営業だというのに、夜9時を回っても誰1人として客がなかったその日、見切りをつけて壁の照明を落とした時に入ってきたのは、トイレを借りたいという若い男女でした... という「スタンス・ドット」他、山間の静かな町である雪沼とその周辺に住む人々を描いた全7編の連作短編集。

堀江敏幸さんの作品を読むのは今回が初めて。今までたらいまわしの時などにお名前を見かけていてずっと気になっていたんですが、ようやく読めました。
いやあ、良かった。解説で池澤夏樹さんも書いてらっしゃるんですけど、読んでいる間、まさに自分も雪沼にいるような気がしてくるような作品群でした。雪沼という場所の空気をそのまま感じることのできるような... 雪が降る時の匂いまで感じられそう。そしてこの雪沼で暮らしている人々。他人から見たら、平凡極まりない人生かもしれないんですけど、それぞれにとってはただ1つのかけがえのない人生を、彼らなりにきちんと向き合って生きてるんですよね。その中でとても強く感じたのは、「死」の存在。それぞれの物語の中では過去の話も多く語られていて、身近な人間の死の思い出も多いんです。それに中心で語られている人物もそれぞれに人生の終盤に差し掛かっていて、そう遠くない将来の「死」を感じさせます。でも落ち着いた筆致で描かれているので、過去の「死」は遠景として眺めることができるし、登場人物たちもそれぞれに自分の遠くない「死」そのことを静かに受け入れている、もしくはその時になればごく当たり前のこととして静かに受け止めそうな感じ。だからこんな静かな力強さが生まれるのかなあ...。読後、しみじみとした余韻が残りました。堀江敏幸さんの作品、他のも読んでみたいです。(新潮文庫)


+既読の堀江敏幸作品の感想+
「雪沼とその周辺」堀江敏幸
「いつか王子駅で」堀江敏幸

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
どこの子なのか、だれひとりとして知らないけれど、そこに確かに存在している「こうちゃん」。そんなこうちゃんのことを書いた絵本。須賀敦子さんが唯一遺したという小さな物語に、酒井駒子さんの画をつけたものです。

絵本と言っても差し支えないとは思うし、こここに書かれている言葉は決して難しいものではないんですけど、やっぱり子供向きの絵本とは言えないですね。ひらがなの多い文章はとても柔らかくて、読んでいる人を包み込んでくれるよう。するっと心の隙間に入り込んで、ひび割れた部分を埋めてくれるような気がします。でも字面を追うのは簡単なんだけど、そこにどんな意味があるのかと考え始めると、ものすごく難しいんですよね。そもそも「こうちゃん」って一体誰なんだろう? ...私には、ふとした瞬間に感じられる明るい光のようなものに思えました。ふとした拍子にするりと逃げ去ってしまうんだれど、確かに存在するもの。日々柔らかな心で暮らしていないと、すぐに見失ってしまうようなもの。
本を見る前からきっと合うだろうとは思っていましたが、酒井駒子さんの絵が素敵。須賀敦子さんの文章にぴったり。でも、須賀敦子さんの文章をそのまま絵にしたという感じではないんですよね。須賀敦子さんの文章から浮かび上がってくる情景と、酒井駒子さんの描く絵が対になって、コラボレーションとなっているみたいです。(河出書房新社)


+既読の須賀敦子作品の感想+
「トリエステの坂道」須賀敦子
「本に読まれて」須賀敦子
「ヴェネツィアの宿」「コルシア書店の仲間たち」須賀敦子
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「須賀敦子全集1」須賀敦子
「須賀敦子全集2」須賀敦子
「須賀敦子全集3」須賀敦子
「須賀敦子全集4」須賀敦子
「須賀敦子全集5」須賀敦子
「須賀敦子全集6」須賀敦子
「須賀敦子全集7」須賀敦子
「須賀敦子全集8」須賀敦子

+既読の須賀敦子翻訳作品の感想+
「インド夜想曲」アントニオ・タブッキ
「なぜ古典を読むのか」イタロ・カルヴィーノ
「ある家族の会話」ナタリア・ギンズブルグ

+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
虎猫のチビが生まれたのは、いい年して未だ独身のあくび先生の家の物置。あくび先生が子供の頃に飼っていた猫によく似ていたことから、チビはそのままあくび先生の家に居つくことになります。美味しいものとお酒に目がなく、食事の誘いを断ったことがないというあくび先生。連れて行ってもらえない時は、「猫爾薀(ねこにおん)」という技を使ってあくび先生を追いかけるチビの目を通してみた美食の人々の物語。

どうやら「食と酒」がライフワーク化している印象の南條竹則さん、この作品は「満漢全席」系の、作者の姿がそのまま出ているようなグルメ小説。実際に、登場人物が重なっているようですね。そんな物語が「我輩は猫である」的に猫のチビの視点から描かれています。
「満漢全席」は、食という意味ではものすごく美味しそう、でも読み物としての面白さは...(えへへ) だったんですよね。今回は、料理も話もそこそこ、だったかな。あ、でも1つものすごく美味しそうな料理がありました。それは「仙人雲遊」というお料理。名前からしてそそるんですが(笑)、これは「大皿の上に、雪のように白い粒々と、水飴みたいな色をした形さだかならぬものとが茫漠たる形姿を描いている。その上にすきとおったゼリー状の膜がかかって、あたかも雲の上から不思議な世界を見下ろしているみたい」な料理。透明な膜は熱いタピオカ、白い粒々は烏賊、飴色のものは白キクラゲなのだそうです。これは食べてみたーい。
基本的に食べたり飲んだりの話ばかりで、ストーリーの展開としては特にないし、せっかくの「猫爾薀」もイマヒトツ生かされてないし、小説としては「酒仙」や「遊仙譜」の方が断然好き!なんですが、あくび先生や同僚の大学の先生たち、出版関係者なんかが集まっての、友人知人の近況や旅行のエピソード、英国詩からいろは歌の解釈までの幅広い話題は結構楽しめました。「満漢全席」が実録小説だったことを考えると、こちらもきっとかなり実話に近いんでしょうね。あくび先生の同僚のオメガ先生がメザシ書房から本を1冊出すたびに豚の丸焼きパーティがあるというのも、果たして元になる実話があるのかな...? (文藝春秋)


+既読の南條竹則作品の感想+
「セレス」南條竹則
「りえちゃんとマーおじさん」南條竹則
「鬼仙」南條竹則
「あくび猫」南條竹則
「魔法探偵」南條竹則
Livreに「酒仙」「満漢全席」「遊仙譜」「ドリトル先生の英国」の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: / / / / /

  [amazon] [amazon]
イギリスのヴィクトリア朝の詩人・テニスンと明治時代の文豪・夏目漱石の共通項は、実はアーサー王伝説。テニスンはアーサー王伝説に題材をとって「シャロット姫」「国王牧歌」といった作品を書いていますし、夏目漱石も、マロリーの「アーサー王の死」やテニスンの詩を元に「薤露行(かいろこう)」という作品を書いてるんですね。漱石にこういう作品があったとは知らなかった。

ということで、まずテニスンの「シャロット姫」。
塔に1人で住んでいるシャロット姫は、外を直接見ると呪いがかかると言われているので、日々鏡の中を覗き込み、そこに見える情景を布の中に織り込んでいます。しかしそんなある日、鏡に騎士ランスロットが映り、シャロット姫は思わず窓の方へ... その途端、鏡は割れ、織物は飛び散ります。その後キャメロットに流れ着いたのは、息絶えたシャロット姫の遺体を載せた小船。
この詩には多くの画家も触発されたようで、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス(こんなのこんなの... こんなのもありますね)やウイリアム・ホルマン・ハント(こんなの)など、ラファエル前派の画家によって多く描かれています。こんなページも発見。アガサ・クリスティの「鏡は横にひび割れて」もここから取った題名ですね。「赤毛のアン」のアンも、友達とシャロット姫ごっこをしてますし~。
そしてテニスンの詩に触発されたのは、夏目漱石も同様。
テニスンの「シャロット姫」では、ランスロットに恋し、その恋によって死んで小船で流れ着くのはシャロット姫ただ1人なんですが、漱石の「薤露行」では、塔からランスロットを見て死ぬシャロット姫と、ランスロットに恋して死んで小船でキャメロットへとたどり着くエレーンという2人の女性がいます。この女性のどちらもが、テニスンのシャロット姫とはまたちょっと違うんですねえ。塔のシャロット姫は怖いです。ランスロットを一目見た時、「シャロットの女を殺すものはランスロット。ランスロットを殺すものはシャロットの女。わが末期の呪いを負うて北の方へ走れ」なんてランスロットに呪いをかけた途端、「?(どう)と仆(たお)れ」て死にますし(いきなり...)、ランスロットが北へ向かう途中出会うエレーンは逆に、全然振り向いてくれないランスロットに焦がれながら死ぬんですが、自分を憐れに思って欲しいなんて手紙を書いて、死んだら手に握らせておいてくれと父親に頼んでます。思いが深いというか情が強いという点では共通していますけどね。

どちらの作品もとても美しいです。でも私にとって一読して簡単に理解できるような作品でもないので(こんな浅い記事ですみませんー)、味わいつつ噛み締めつつ、折に触れて読み返すことになりそうです。そうやって読み続ければ、そのうちもっと色々のことが感じ取れてくるでしょう、きっと。
それに対して、テニスンの「国王牧歌」はそれほど難しくないです。これは全12巻1万余行の叙事詩。叙情的な詩に比べると、やっぱり叙事詩は読みやすいー。でも、この詩集に収められているのは、最終巻の「アーサーの死」だけなんです。致命傷を受けたアーサーに頼まれたベデヴィア卿が3度エクスキャリバーを捨てに行く場面と、アーサーを乗せた船が去っていく場面。(こっちも船だ!) この「国王牧歌」が全部読みたいんですけど、どうやら日本語には訳されてないみたいで残念。原書で読むしかないのかなあ...。

「テニスン詩集」にも「倫敦塔・幻影の盾」にも、他にも色んな作品が載ってますし、もちろんそちらも読んでるんですが、今回の注目はアーサー王伝説ということで♪ (岩波文庫・新潮文庫)


+既読の夏目漱石作品の感想+
「夢十夜」「冥途」「猫町」
「明暗」夏目漱石・「続明暗」水村美苗
「対訳 テニスン詩集」「倫敦塔・幻影の盾」夏目漱石

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
新しい町に引っ越したオーリィは、すれ違う人が皆、「3」と1つ白く印刷された茶色い紙袋を持っているのに気づきます。それは近所のサンドイッチ屋の袋。アパートの大家の「なかなかおいしいわよ」の言葉に、ある日買ってみたオーリィは、その美味しさに驚き、それから毎日のようにそのサンドイッチ屋に通いつめ、とうとうそのサンドイッチ屋で働くことに。

のんびりとした主人公を取り囲む、安藤さんやその息子のリツくん、大家のマダム、濃い緑色のベレー帽をかぶった女性... 素敵な人たちがそれぞれに前を向いて進んでいて、それでいて全然あくせくしたりしていなくて、あくまでも自然体。そんな穏やかな空気が流れているのが気持ちの良い作品。彼らは彼ら自身の人生の主役ではあるんですが、主役の華やかさというよりは、脇役的な味わいを持った人々。それが古い日本映画に、ひたすら脇役として登場している「松原あおい」の姿に重なりますし、物語の最後にオーリィ君が作る、主役不在のスープにも重なります。それぞれに主張がありすぎないからこそ、お互いを引き立てあって醸し出した味わいは格別なんですねえ。登場するのは日本人ばかりなのに、パリの街角が思い浮かぶようなお洒落な雰囲気なのが素敵。(表紙のデザインもフランスのお料理本みたい!?) とても暖かくて懐かしい雰囲気で、美味しいスープのほんわかした湯気がとても良く似合います。
「3」のサンドイッチもとても美味しそうだし、オーリィ君のスープも美味しそう。食べてみたーい。そしてあのレシピも素敵ですねえ。ぜひ試してみたいです。あ、でもレシピだけ先に見ようとしちゃダメですよー。(暮らしの手帖社)


+既読の吉田篤弘作品の感想+
「百鼠」吉田篤弘
「78」「十字路のあるところ」吉田篤弘
「という、はなし」吉田篤弘
「空ばかり見ていた」吉田篤弘
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
「小さな男*静かな声」吉田篤弘
Livreに「フィンガーボウルの話のつづき」「つむじ風食堂の夜」「針がとぶ」の感想があります)

+既読のクラフト・エヴィング商會の感想+
「アナ・トレントの鞄」クラフト・エヴィング商會
「犬」「猫」クラフト・エヴィング商會プレゼンツ
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
6作が収められた、森絵都さんには珍しい短編集。6つの作品はそれぞれに趣向が違うものの、何か大切なものを持ち続けている主人公たちが、現在の迷いや悩みを振り切って、未来に向かおうとする姿を描いているのが共通点。
うーん、悪くないし、むしろ粒揃いの短編集なんだろうなとは思うものの... 私にとっては、何かが決定的に足りなかったです。
1作目の「器を探して」では、読み初めから引き込まれて、かなり期待がふくらんだんです。でも途中まではとても面白く読めたのに、最後の詰めが... ええっ、これで終わりですか? 3作目の「守護神」は、思いがけない方向への展開が楽しいんだけど、国文学のレポートがそれほど簡単に代筆できるなんてあり得ないーって思ってしまうし、表題作「風に舞いあがるビニールシート」は、この6作の中で一番ストレートに響いてくる作品だとは思うんですが、それにしても、読み始めた時から予想できていた展開と結末。(予想通りなのは構わないんですけど、「それでも良かった」という何かが欲しいところ)
結果的に一番楽しめたのは、一番肩の力の抜けたような「ジェネレーションX」だったかも。比較的小粒な作品だとは思うんですけど、軽快でまとまりが良くて楽しかったです。主人公にとって、最初は単なる「新人類」だった新入社員の「石津」なんですが、傍迷惑な私用電話から聞こえてくる会話から、だんだんその事情や人となりが見えてきて、印象が変化していくのが楽しかったし、ラストも爽やか。
...でも、そういえばこれって直木賞受賞作品なんですねー。
元々直木賞には関心がないんですけど、ここ数年の受賞作と候補作のリストを改めて眺めてみて、やっぱり自分にはあんまり関係ない賞だなあと思ってしまいます。直木賞って、なんでこんなに反応が鈍いんだろう... 人目を気にしすぎなのよね、きっと。(文藝春秋)


+既読の森絵都作品の感想+
「いつかパラソルの下で」森絵都
「にんきもののひけつ」「にんきもののねがい」「にんきものをめざせ!」「にんきもののはつこい」森絵都
「あいうえおちゃん」「流れ星におねがい」森絵都
「ぼくだけのこと」森絵都
「いちばんめの願いごと」森絵都
「屋久島ジュウソウ」森絵都
「風に舞いあがるビニールシート」森絵都
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森絵都
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(3)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.