Catégories:“文学”

Catégories: / /

4167140020.jpg [amazon]
貞観7年、広州から船で天竺へと旅立った高丘親王。天竺は高丘親王にとって、幼い頃に父・平城帝の寵姫だった藤原薬子に話を聞いて以来の憧れの地、船に乗り込んだ高丘親王は、この時67歳。同行するのは、常に親王の傍で仕えていた安展と円覚という2人の僧、そして出航間際に船に駆け込んできた少年「秋丸」の3人。

澁澤龍彦氏の遺作だという作品。ずいぶん前に、森山さんにオススメ頂いた時から読みたいと思ってたんですけど、その時は本が手に入らなかったんですよね。先日LINさんが読んでらした時(記事)にふとamazonを覗いてみると、なんと「24時間以内に発送」になってるじゃないですか! たらいまわし企画でも何度か登場してたのに、その時は最初から諦めちゃってたんです。いやー、もっと早く気付くべきでした。私のばかばか。
高丘親王という人は実在の人物なんですが、天竺へ向かうこの旅自体は澁澤氏の創作の世界。山海経に登場するような生き物がごく自然に存在している、幻想味の強い物語です。現実世界と幻想世界の境目はもうほとんど感じられなくて、自由気儘に行き来している感覚。これって、一見現実に見えても、実は現実とは言い切れない場面もあるのね... と思っていたら、高橋克彦氏の解説に「一読した限りではなかなか気付かないだろうが、いかにも幻想的な航海記のようでいて、実際はその過半数の物語が親王の夢なのだ」とありました。「親王が現実世界を旅している時は、薬子はたいてい記憶として登場し、親王が夢の中を彷徨っている時は、薬子もまた別の夢となって現れる」とも。そうだったんだ! たとえば最初の大蟻食いの場面とか、これはきっと本当は夢の中の出来事なんだろうなと思っていたんですけど、やっぱりそれで合っていたようです。(よかった) でも読み落としてる部分もありそうなので、もう一度読み返してみなければ~。そしてこの幻想世界と現実世界は、お互いの世界を鏡のように映し合っているかのよう。夢や記憶でしか登場しないはずの薬子の存在感がとても大きくて、まるで薬子を通して様々なものが映し出されてるような感覚も...。
これまで読んだ澁澤氏の作品とは雰囲気がまた少し違っていて、まるで別次元へと昇華してしまったような感じ。おそろしいほどの透明感。途中、高丘親王が欲望を覚えるような場面もあるんですけど、生々しさはまったくなくて、むしろ枯れた味わいです。親王を通して感じられるのは、生への慈しみ。やはりこれは確かに遺作だったんだな... と納得してしまいます。やっぱり高丘親王は、澁澤氏自身ですよね。澁澤氏も、あの真珠を投げたのかしら。今頃、森の中で月の光にあたためられているのでしょうか。澁澤氏が亡くなって19年ですか... 薬子は50年と言ってるし、まだもう少し時間がかかりそうですね。(文春文庫)


+既読の澁澤龍彦作品の感想+
「私のプリニウス」澁澤龍彦
「異端の肖像」澁澤龍彦
「夢のある部屋」澁澤龍彦
「澁澤龍彦初期小説集」澁澤龍彦
「夢のかたち」「オブジェを求めて」「天使から怪物まで」澁澤龍彦
「高丘親王航海記」澁澤龍彦
「東西不思議物語」澁澤龍彦
Livreに「世界悪女物語」「幻想博物誌」「夢の宇宙誌」「フローラ逍遥」の感想があります)

| | commentaire(8) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
「撲滅の賦」「エピクロスの肋骨」「錬金術的コント」「犬狼都市」「陽物神譚」「マドンナの真珠」「サド侯爵の幻想」「哲学小説・エロティック革命-二十一世紀の架空日記」「人形塚」といった、1955年から1962年までに発表された全9編が収められた短編集。

澁澤さんのエッセイとか訳本は読んでるんですが、小説を読むのはもしかしたら初めてかもしれません。「撲滅の賦」は、小説家としての澁澤さんの処女作とされている作品なのだそう。処女作にして、後の澁澤龍彦らしさを既に備えているんですね。

ここで書かれているのは異端の性愛の姿ばかりなんですけど、どこか爽やかなのが不思議。エロティックではあるんだけど、またちょっと違う気がする。なんだかあんまりいやらしくないんですよねえ。もしかしたら、そういうのが澁澤龍彦らしさ?
この中で一番印象に残ったのは「犬狼都市」。そして好きだったのは、「エピクロスの肋骨」。コマスケの詩を書いた紙を加えて山羊になった門衛、詩を書いた葡萄パンを食べて少女となった三毛猫。「線香花火のようにきらきら燃え」ながら、その「ふかい目の底には、実は一点毛のさきでついたほどに、半透明の真珠母いろが油の澱みのようによどんで」いるという目の描写も素敵でした。(河出文庫)


+既読の澁澤龍彦作品の感想+
「私のプリニウス」澁澤龍彦
「異端の肖像」澁澤龍彦
「夢のある部屋」澁澤龍彦
「澁澤龍彦初期小説集」澁澤龍彦
「夢のかたち」「オブジェを求めて」「天使から怪物まで」澁澤龍彦
「高丘親王航海記」澁澤龍彦
「東西不思議物語」澁澤龍彦
Livreに「世界悪女物語」「幻想博物誌」「夢の宇宙誌」「フローラ逍遥」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
小学校の頃に父親と行っていた床屋にいたのはホクトさん。高校を出ると理容学校に通い、研修のためにフランスへ。たまたま出会った高名なパントマイミストの舞台に魅せられて弟子入りしてしまうものの、父親が急逝してホクト理容室を継ぐことになったというホクトさん。しかし色んな人の髪を切ってみたいという思いから、じきに床屋を閉じて、放浪の旅に出てしまいます。

流しの床屋・ホクトさんを中心にした12の短編集。店を閉じていなくなってしまった後も、他の物語に、流しの床屋として髪を切っているホクトさんの姿が垣間見えます。でも最初は普通の街の床屋さんとして登場していたホクトさんは、いつの間にか外国の街角にも姿を現すようになり、「ある小さな床屋の冒険」という映画になったり、トナカイの肉と引き換えに見知らぬ男の髪を切った「ノア」になっていたり。繋がっているようで繋がっていないようなこの雰囲気は、吉田篤弘さんならではですねー。
でも確かに床屋さんは、鋏1つあればどこででも商売ができますけど... でも、ずいぶん前に読んだスパイ小説で、床屋には町の噂話が集まりやすいから情報収集に便利、というのがあったのが頭の片隅に残っていたせいか(笑)、流しの床屋というのはとても意外でした。商売道具の鋏の入った鞄を持って旅をするホクトさんの姿はとても想像しやすいんですけどね。でも髪を切ってる場面よりも、鞄を持って去っていく後ろ姿が浮かぶのはなぜかしら。...もしかしたら、この装幀の青い空の色のせいかしら。北斗七星と鋏をあしらったこの装幀がとても美しいです。晴れた空、雨の空、夜の星空など沢山の空が登場しますけど、この物語にはこの色がぴったりですね。(文藝春秋)


+既読の吉田篤弘作品の感想+
「百鼠」吉田篤弘
「78」「十字路のあるところ」吉田篤弘
「という、はなし」吉田篤弘
「空ばかり見ていた」吉田篤弘
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
「小さな男*静かな声」吉田篤弘
Livreに「フィンガーボウルの話のつづき」「つむじ風食堂の夜」「針がとぶ」の感想があります)

+既読のクラフト・エヴィング商會の感想+
「アナ・トレントの鞄」クラフト・エヴィング商會
「犬」「猫」クラフト・エヴィング商會プレゼンツ
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
筑摩書房のPR誌「ちくま」の表紙に、2年間に渡って掲載されていたフジモトマサル氏のイラストレーションの通しテーマは「読書」。そして描きあがったイラストを受け取った吉田篤弘さんが、文章を添えていたのだそうです。24枚のイラスト全てが動物の絵。そしてその動物が本を読んでいたり、手に持っていたり。そしてそこに添えられた短編小説のような小文には、何かしら心にひっかかり、そのまま残る文章が入っていました。
その中でも一番心に残ったのは、「何ひとつ変わらない空」という話の中で、今の情報過多ぶりを嘆くアンテナ氏の言う、「十年前はこれほどではありませんでした。いま思うと、まだほどよい時代だったんです。ああ、西の空にNHKの『みんなのうた』が飛んでゆくなぁ、とはっきり確認できたんですから」という言葉でしょうか。そして「待ち時間」という話の中の、「死因は、携帯電話による『情報過多死』。」

情報が多すぎる、選択肢が多すぎる、っていうのは、実はあまり幸せなことではないと思ってます。選択肢が沢山あるのは自由なように見えて、実はとても不自由なこと。ある程度限られている方が、却って自分の望むものが見えてきたりするもの。実際、例えばお店の販売員さんがお客さんの前に全部の商品を並べてしまったら、とても選びにくいですよね。お客さんの好みを掴んで2つ3つ出してみた時の方が、売れゆきは遥かに良いはず。でもインターネットというのは、全部の商品を並べられてしまった状態なわけで... 自分である程度遮断しない限り、情報だけがどんどん流れ込んできてしまう... そんなことを思っている時に丁度この本を読んだので、なんだかとてもタイムリーでした。
決して派手ではありませんが、本が好きな人でなければ書けないし、本が好きでないと反応しないだろうと思われる文章。吉田篤弘さんご自身が本がお好きなことがとても伝わって来ます。(筑摩書房)


+既読の吉田篤弘作品の感想+
「百鼠」吉田篤弘
「78」「十字路のあるところ」吉田篤弘
「という、はなし」吉田篤弘
「空ばかり見ていた」吉田篤弘
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
「小さな男*静かな声」吉田篤弘
Livreに「フィンガーボウルの話のつづき」「つむじ風食堂の夜」「針がとぶ」の感想があります)

+既読のクラフト・エヴィング商會の感想+
「アナ・トレントの鞄」クラフト・エヴィング商會
「犬」「猫」クラフト・エヴィング商會プレゼンツ
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
第15回坪田譲治文学賞受賞受賞作だという、阿川佐和子さんの長編小説。中心となっているのは、みよちゃんとウメ子いう幼稚園児。読み始めた時は自叙伝なのかと思ったんですが、あとがきによるとフィクションなのだとのこと。
ある日新しく幼稚園にやって来たウメ子という女の子が個性的で楽しいんですが、いかんせん登場する園児たちがみんな揃って大人すぎ... 幼稚園児でも、集団の中に1人ぐらい年齢よりも大人びた子がいるというのは良くあることだと思うんですが、揃いも揃って幼稚園児とは思えないような子ばかりだとげんなりします。思考回路が論理的すぎるし、行動が首尾一貫しすぎてる! 作中でウメ子と「みよ」の書いた手紙にしても、全部ひらがなながらも、内容が大人すぎて違和感。丁寧に書かれた作品だとは思いますが、私にとってはリアリティゼロ。子供ならではの残酷さなんかも全然感じられなくて、むしろ「子供=天使」に近いかも。幼稚園時代なんて遥か彼方になっちゃった大人が、自分の子供時代の良い部分を思い出して微笑む夢物語という感じでした。(小学館文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
天才少女と言われながら、16歳の時から自殺未遂を繰り返し、とうとう21歳の時に「幾度目かの最期」を3日間で書き上げて鉄道に飛び込み自殺(それも阪急の六甲駅だなんて...!)をしてしまった久坂葉子さんの作品集。私はこの方の名前を全然知らなくて、初めて知ったのがLoveBooksのIzumiさんのところ。たらいまわし企画第7回「20代に読みたい本は?」で「ドミノのお告げ」を挙げてらしたので。(記事
この本には「ドミノのお告げ」自体は入っていませんが、その元となった「落ちてゆく世界」は収録されています。これは当時史上最年少の18歳で芥川賞の候補となったという作品。

どの作品も自伝的で、「死」が目を引きます。早熟で感受性の強い人ほど、死へ衝動を感じてしまうんでしょうね。「死に際」という小文では「生に執着がないことはない」と書いてるんですが...。中でも表題作「幾度目かの最期」での彼女は、もう本当に読んでいて痛々しくて堪らないほど。私はどちらかといえば、あまり不安定だったことがなくて、「早熟」とか「感受性の強さ」という言葉には縁がない方だったんですけど(ツマランヤツダ)、少しでも似たようなものを持っていたら、そして彼女と同じぐらいの年齢だったら、読むのが実につらいのではないかと思います。つらくてつらくて、でも目が離せないんじゃないかと。これは「久坂葉子」としての作品なのでしょうか。それとも本名「川崎澄子」としての叫びだったのでしょうか。

あと、それとは関係ないんですけど、「読書」という小文の中で、「書物には理性を持って読む本と感情を持って読む本とがある」という言葉がとても印象に残りました。今まで考えたことなかったけど、そう言われてみると確かにそう。私はちゃんと読み分けてるのかしら? それとも知らず知らずのうちにどちらかの傾向の本だけを読んでたりしないかしら? なんて、しばらく自分の読書を振り返ってしまいました。名作と言われているのにその良さが自分には分からない本の場合、そういう読み方が間違ってるの可能性もありますね... 気をつけよう。(講談社文芸文庫)

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: / / /

    [amazon]
滝沢馬琴による「南総里見八犬伝」を、浜たかやさんが児童書用に編集したもの。山本タカトさんの表紙絵に惹かれて、ずっと読んでみたかったんですけど、お正月にテレビドラマを見て、いてもたってもいられず読んでしまいましたー。1巻は「妖刀村雨丸」、2巻は「五犬士走る」、3巻は「妖婦三人」、4巻は「八百比丘尼」。

こうやって並べると凄いですね、壮観。実際に手に取ってみても、やはりこの表紙は美しかったです~。表紙だけでなく挿絵も山本タカトさんで、随所に登場人物画が挿入されているのが、またイメージを掴み易くていいんです。
私は子供の頃に他のリライト版を読んだだけで、原作の現代語訳なんてものは読んでないので、他のリライト版に比べてこれがどの程度のレベルなのか良く分からないんですが、解説によると、原作を六分の一から七分の一ほどに縮めてあり、後半部分はかなり思い切って割愛、ストーリーを単純で分かりやすくして、約400人と言われる登場人物も大幅に整理したのだそう。数多い敵役を整理して籠山逸東太に兼ねさせたり、原作にはいない人物を作り出したり、最後の決戦に犬江親兵衛を登場させるなど、エピソードを変えた部分も多々あるのだそうです。でもそういう違いがあっても、読み手がきちんと認識していればいいことですしね。(読者が必ず解説を読むとは限らないけど) おそらく八剣士や他の登場人物たちのそれぞれの性格も、原作よりも分かりやすく強調されているんでしょうね。正義の味方も悪役もそれぞれに個性的で、すごく楽しかったし面白かった! 児童書なので、さすがに字は大きいんですが、これは入門編にぴったりかと。という私もいずれは岩波文庫から出ている全10巻の現代語訳を読破したいなと思ってるのですが、この4冊で一通り満足してしまったので、ちょっと先の話になりそうです。(^^ゞ (偕成社)

| | commentaire(7) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.