Catégories:“文学(翻訳)”

Catégories: / / / /

 [amazon]
岩波文庫か集英社文庫ヘリテージシリーズかと考えていたダンテの「神曲」ですが、overQさんにアドバイス頂いて、河出書房新社の平川祐弘訳を選んでみました。口語訳だし、フォントも普通で読みやすかったです! これから読む人には、私からもオススメ。

ということで、13世紀~14世紀のイタリアの詩人・ダンテによる叙事詩。話は知ってるものの、実際に読むのは初めてです。「地獄篇」「煉獄篇」「天国篇」の3部構成で、深い森の中に迷い込んだダンテを救い出すために、ウェルギリウスが地獄と煉獄を案内していきます。そして天国で案内するのは、ダンテの永遠の恋人・ベアトリーチェ。
通して読んでみると、地獄篇が一番面白かったです。次は煉獄篇。地獄に堕ちた人たちはもう救われる見込みはないけど、煉獄に堕ちた人は天国目指して頑張ってるんですよね。で、一番気が入らなかったのが天国篇。こういうの読んでても、あんまり天国自体には興味がないのに気がついちゃいました。構成とか構造は好きなんですけど、この辺りのキリスト教の教義を今更聞いてもっていうのもあるし、それ以上に、ウェルギリウスは終始丁寧だったのに、天国を案内するベアトリーチェったら終始偉そうで鼻につくんですよねえ(^^;。

それにしても、ホメロスを始めとする詩人たちや、、アリストテレス、ソクラテス、プラトンといった哲学者たち、そしてアエネアス、カエサルといった歴史上有名な人物たちが、洗礼を受けなかったからという理由だけで、地獄の「辺獄(リンボ)」に堕とされていて、しかもまず救われる見込みはないという部分にはびっくりです。そりゃ、洗礼を受けないと天国に行けないというのは知ってましたが、救われる見込みもないなんて。しかもアダムやアベル、ノアやモーセ、ダビデといった旧約聖書の重要な面々ですら、かつてはこの「辺獄」にいたんですって! イスラエルの人々に関しては、その後キリストが救い出して天国に連れていったみたいなんですけど(一旦救われると、随分と高い地位にいるようです)、古代ギリシャの偉人たちはどうするつもり?! なんだかキリスト教徒の驕りを感じてしまいます。(ダンテ自身もこれには納得できなかったらしく、天国篇でそのことについて尋ねることになるんですが) ...そういえば、洗礼を最初に始めたのは、「バプテスマのヨハネ」(サロメに殺される彼です)でいいのかしら? 考えてみたら、神自身が定めた儀式じゃないんですよね、洗礼って。

そして地獄で番人の役割を果たしているのは、主にミノス、ケルベロス、プルートン、メドゥーサ、ケンタウロスなどのギリシャ神話の存在。西洋の古典文学にはほんとギリシャ神話が良く登場しますけど、本来なら一神教のキリスト教にとって多神教は排他するべき敵なのでは...?と改めて不思議になりました。信仰の対象でなければ構わない? モチーフとして絵になるから見逃されるのでしょうか? そしてキリスト教の悪魔の頭領・ルチフェロ(ルシファー)は最下層で氷漬けになってました。キリスト教における「悪」は、とにかく悪魔の誘惑が第1の要因だろうと思っていたんですが... 他にも悪魔は色々といるとはいえ、人間を誘惑するべきルチフェロが氷漬けだったら、あんまり悪いことできないんじゃん。結局、罪は個人の責任ということでいいのかなあ。(笑)

ダンテはそこで出会った色んな人に話を聞くんですけど、聞かれた方もまだ生きてる人間に祈ってもらえると罪が軽減されるので、生者に伝言を頼みたがるし、色んなことを進んでダンテに話すんですよね。それが上手いなあと思ったところ。そして当時の人間がかなり沢山地獄に堕とされてますが、これはどうやら当時のダンテの政敵だったようで... 地獄に堕として意趣返ししてます。なんてこったぃ。(笑)

全部読み通すのに、ものすごく疲れたんですけど(毎日のように本の感想をアップしてますが、まさかこれを1日で読んだわけじゃないです)、叙事詩はやっぱり大好き。次は何にしようかしら。ウェルギリウス繋がりで、「アエネイス」かなあ。叙事詩は大作が多いので立て続けには読めないんですけど、ぼちぼちと読んで行くつもりです。(河出書房新社)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
18世紀のフランスの啓蒙思想家ヴォルテールの作品。1冊に「バビロンの王女」と「アマベッドの手紙」が収められています。
でも、啓蒙思想家とは言っても別に小難しい作品じゃなくて、特に「バビロンの王女」の方は、「千夜一夜物語」の中でシェエラザードが語りそうな物語。前半は、バビロンの世にも美しいお姫さまと結婚するために、エジプトの国王、インドの帝、スキチヤの太守、そして羊飼いという4人の男性がやって来て力比べだの技比べだのする話。そして後半は、恋に落ちたお姫さまと羊飼いの間に行き違いがあって、お姫さまは彼を追って世界中を旅して回る話。中国からシベリア、ロシア、スカンジナヴィア、ポーランド、オランダ、イギリス、イタリア、フランス... その場面場面で当時の世界諸国の政治や社会、風俗なんかを考察してて、時には批判的だったりするんですけど、でもそれほど痛烈でもないし、むしろこれは当時のことが色々と分かる楽しい漫遊記として読んでしまってもいいような気がします。
でも「アマベッドの手紙」の方は、キリスト教に対する痛烈な批判。ヨーロッパから来たキリスト教宣教師と共に船出してインドからヨーロッパに向かったアマベッドとその妻アダテが、この宣教師に騙されて酷い仕打ちを受けることになる話。非キリスト教のインド人夫婦のめを通してみたキリスト教の姿があからさまに書かれていて、ちょっとびっくり。でもこういう宣教師って結構多かったんだろうなあって思っちゃいました。キリスト教世界を広げようと焦るあまりに、あるいは自分たちの富を蓄えることに気を取られて、大切なはずの教えを見失った人々の姿が浅ましいです。これはローマ法廷によって発売禁止の宣告を受けた作品とのこと。

結構読みやすくて面白かったんだけど、ヴォルテールという人物はあまり見えてこなかったかな...。今度は「カンディード」を読んでみようかしら。あと、この時代は異国に対して興味が強かったようで、「バビロンの王女」のような異国情緒たっぷりな作品が色々あるようなんですよね。そういうの大好き。モンテスキューの「ペルシア人の手紙」も読んでみたい作品です。でも絶版みたいで残念。(岩波文庫)


+既読のヴォルテール作品の感想+
「バビロンの王女・アマベッドの手紙」ヴォルテール
「カンディード」ヴォルテール

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
エドモン・ロスタンはフランスの劇作家。文学系の感想も多い信兵衛さんのところで面白そうだなあと思ったら、先日のたらいまわし企画「教えてください!あなたのフランス本」でも、Izumiさんが挙げてらっしゃいました。(記事
シラノ・ド・ベルジュラックは、色んな作品に引き合いに出されてる人物なので、なんとなく知ったつもりになってたんですけど、そういえば読んだことないんですよねえ。ここで描かれているシラノは、一流の詩人でありながら、ガスコン青年隊一の剣客であり、理学者であり音楽家だという才能豊かな男。エドモン・ロスタンのこの戯曲によってフランス1の人気者になったのだそうです。17世紀の実在の人物なんですが、本物とここに描かれてる彼とは、またちょっと違うのでしょうか。本物のシラノは、「日月両世界旅行記」なんて本も出してます。

で、肝心のこの本なんですが、1640年のパリが舞台。従妹のロクサアヌに恋焦がれながらも、自分の容貌の醜さから打ち明ける勇気が出ないシラノ・ド・ベルジュラックが、他ならぬロクサアヌに、クリスチャン・ド・ヌーヴィレット男爵への橋渡しを頼まれて... という話。
いやー、面白かったです。シラノ、カッコいいですねえ。決闘をしながら八行詩三連の即興のバラッドを作って、それに合わせて剣を繰り出すところも良かったし!
でもびっくりしたのが、この時代の恋愛。クリスチャンは美青年なんだけど、弁才がなくて上手く恋を語れないと悩んでるので、シラノが代わりに口説き文句を考えたり手紙を書いたりするんですよね。で、ロクサアヌはすっかり夢中になっちゃう。でもクリスチャンが、いざ自分の言葉で語ろうとすると、ロクサアヌが実に冷たいんですよ。「愛してる」だけじゃ全然ダメ。あくまでも詩的な言葉を要求して、クリスチャンが言葉に詰まると「あなたが醜くおなりになったかと思われる程厭でございますわ」と突っぱねちゃう。ロクサアヌは「伊達好み」だそうなので、特にそうなのかもしれないけど、クリスチャンも気の毒に... 口さえ良ければ、誰でもいいのか!(笑)
結局自分自身じゃなくてシラノの代筆する手紙が愛されてると悟っちゃうクリスチャンも不幸だし、自分が本当に愛してるのは誰なのか分からないままのロクサアヌも不幸。で、シラノも片想いなんですけど... 実は自分の文章が愛されてると知ってるわけで、もしかしたら十分幸せだったのかな~?
当時の人物が色々と登場してるらしいんですけど、アレクサンドル・デュマの「三銃士」のダルタニァンも、「無双の剣客」としてこの作品の中に登場していました。「リシュリウ閣下」も、ルイ13世の時代のあの枢機卿なんでしょうねー。そういえば同じ時代が舞台だったんだ! ふふふ、ちょっと嬉しいです。(岩波文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
アリステア・マクラウド自身が生まれ育ったというカナダのケープ・ブレトンが舞台となった短編集。このマクラウドは、初めての長編が発表されるまでの31年間、わずか16作の短編しか発表しなかったという寡作な作家なのだそうです。
ケープ・ブレトンは、「赤毛のアン」のプリンス・エドワード島の東隣にあるそうなので、自然環境という意味では「赤毛のアン」とそれほど変わらないんじゃないかと思うんですが、「赤毛のアン」からは想像がつかないほどの厳しい自然が描かれていてびっくり。人間を拒否しているとしか思えないほど厳しいです。これを読むと、「赤毛のアン」が夢物語のような気がしてきちゃうぐらい。そしてそんな土地に根ざして生きている祖父母や両親たちの逞しい生活力と、そんな彼らの姿を冷静に見つめる子供たちの目が対照的。親たちがどれだけ必死に生活していようとも、時代は確実に移り変わっていくんですねえ。今はまだ、かつて住んでいたスコットランドや、そこから追われるようにして出てきた記憶が色濃く残ってるけど、それもすぐに今の生々しさを失ってしまうんでしょうね。
炭坑夫の息子として育ち、子供の頃から勉強や読書が好きだったというマクラウドは、最初の作品「船」の「私」のような存在だったのかな? この8編の中で特に好きなのは、「ランキンズ岬への道」。表題作の「灰色の輝ける贈り物」も良かったです。(新潮クレストブックス)


+既読のアリステア・マクラウド作品の感想+
「灰色の輝ける贈り物」アリステア・マクラウド
「冬の犬」アリステア・マクラウド
「彼方なる歌に耳を澄ませよ」アリステア・マクラウド

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
22歳の青年・コランは、働かなくてもいいだけの資産を持ち、腕の良い料理人を雇っていて、毎週のように友人のシックを夕食に招く生活。シックは、技師としての乏しい給料からジャン・ソオル・パルトルの著作を買うのを楽しむ青年。シックにアリーズという恋人ができ、コランにも、アリーズの友達のクロエという恋人ができて、じきにコランはクロエと結婚。コランは、シックとアリーズの結婚も願って、自分の資産のうちの4分の1をシックに贈るのですが、シックはその金でパルトルの著作を買いあさり始めます。そしてクロエが、睡蓮の花が肺の中に咲くという奇病にかかり...。

レーモン・クノーによると「現代の恋愛小説中もっとも悲痛な小説」、ピエール・マッコルランによると「現代の青春の稀有な書物」という、とても不思議で、美しくて、そして哀しい作品。先日のたらいまわし企画「教えてください!あなたのフランス本」でLINさんが挙げてらした本です。(記事
冒頭から奇妙な描写がいくつも出てきて、おや?とは思ってたんです。コランが鏡を覗き込むと、ニキビは自分たちの姿が拡大鏡に映るのを見てびっくりして皮膚の下に逃げ込むし、バスマットに粗塩をふりかけると小さなシャボン玉が無数にふきだすし、洗面台の蛇口からはパイナップル味のはみがき粉目当てでウナギが顔を出して、それをパイナップルで釣って料理に使ってるし... 演奏をすると本当のカクテルを作るというカクテルピアノも登場。コランとクロエの初デートに登場する小さな薔薇いろの雲は、肉桂入りの砂糖の匂い♪ (ジョルジュ・サンドの作品にも薔薇いろの雲が登場するんですけど、これって慣用句か何かなのでしょうか) それでも最初は、話自体は普通に展開するんだろうと思ってたんです。でもふと気づけば、どんどん思わぬ方向へ... クロエの病気のせいで、コランの家が変容し始める辺りなんて、すっごくシュール。まさかこんな展開になるとは思ってもいませんでしたよー。びっくり。序盤がとても繊細で綺麗なだけに、終盤の痛ましさや残酷さが印象に残ります。もう、読んでいるこちらの精神状態まで左右されてしまいそう。でも、そこまでブラックなのに、やっぱり美しいというのが、また凄いんですよね。いやあ、面白かった。読み終わった途端に、もう一度最初から読みたくなりました。
ちなみにシックが狂信的に入れ込んでいるジャン・ソオル・パルトルは、ジャン・ポール・サルトルのこと。本来の作品名の「嘔吐」も、「はきけ」「へど」などの言葉で置き換えられています。あまり分からなかったけど、他にも 色々とあるんでしょうね。(新潮文庫)


+既読のボリス・ヴィアン作品の感想+
「日々の泡」ボリス・ヴィアン
「心臓抜き」ボリス・ヴィアン
「アンダンの騒乱」「ヴェルコカンとプランクトン」ボリス・ヴィアン

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
昨日に引き続きフランス本。先日のたらいまわし企画「教えてください!あなたのフランス本」でpicoさんが出してらした「地下鉄のザジ」(記事)と、その前にLINさんに教えて頂いていた「文体練習」というレーモン・クノーの2冊。

「地下鉄のザジ」は、初めてパリにやって来た少女ザジが、念願の地下鉄がスト中で乗れずにガッカリ、一悶着起こして... というドタバタコメディ。このザジの口癖が「けつ喰らえ」ということもあって、とっても猥雑な雰囲気だし、他の登場人物たちも一筋縄ではいかない人物ばかり。(というか、最初から最後まで変わらないのって、ザジだけなんですね) ドタバタな展開に翻弄されながら、1950年代のパリの街の雰囲気が堪能できました~。まだまだ戦後間もない、慌しくて、粗雑で、でも生活力に満ちた空気。ザジが行く蚤の市や、実際に東洋の観光客を引き連れてのサント・シャペル寺院やエッフェル塔、サクレクール寺院など、ちょっとした観光気分も味わえます。「(身振り)」「沈黙」などの戯曲のト書きのような表現も楽しいし、言葉遊びも。表紙のイラストがすごく可愛いんですが、この絵が挿絵にも登場。話す人によってフォントが違うという凝り様です♪ ただ、翻訳の文章で気になるところが... 例えば鸚鵡の台詞は元々どんな文章なのかしら? 原語で読んだら、全体的にもっとリズム感がありそうな予感。

「文体練習」の方は、"混雑したバスの中で見かけた首の長い青年が、隣の乗客に喧嘩をふっかけてると思ったら、空いた座席にすかさず座り、2時間後にまた見かけると、連れの男性に何やら服装のアドバイスをされていた" という趣旨の文章を、「メモ」「複式記述」「控え目に」「隠喩を用いて」「遡行」「びっくり」「夢」「予言」などなど、99通りの書き方で表現している本。いやー、これは面白い! 読みながら、もう何度も笑っちゃいました。文章って、本当はただの文字の順列組み合わせのはずなのに、こんなに表現力があるものなんですね。同じ情景を描写しながらも、そこに見えてくるのは99通りの違う情景。シンプルだけど、ものすご~く粋です♪
でも訳者の方は大変だったでしょうね。解説によると、原書の「ギリシャ語法」は枕草子風の「古典的」に、「イタリアなまり」は「いんちき関西弁」に、「ラテン語もどき」は「ちんぷん漢文」にしたとのこと。ここまできたら、レーモン・クノーだけでなくて、役者の朝比奈弘さんの作品とも言えそうです。そして私のお気に入りは、「荘重体」「歌の調べ」「ちんぷん漢文」。様々な文体で書かれてるので、フランス語を学ぶ外国人の教科書として使われることもあるのだそうです。ほんとこれはぜひ原文を読んでみたい~。装幀もとても美しい、非常に凝った本なので、ちょっと高いけど買う価値アリです!(こういうのが好きな方は、ね) (中公文庫・朝日出版社)

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: / / / /

 [amazon]
ショパンの恋人だったことでも有名な男装の麗人・ジョルジュサンドの作品。フランス文学が気になってることもあって、ちょっと読み返したくなりました。今回読んだ「愛の妖精」は新しい本なんですけど(篠沢教授訳ですって!)、「ばらいろの雲」はとっくに絶版になってる本。子供の頃から持ってる岩波少年文庫です。古すぎてamazonにもデータがないよーと思ったら、BK1にはありました。コチラ

「愛の妖精」は、一卵性双子の兄弟シルヴィネとランドリ、そして「こおろぎ」と呼ばれる不器量な野生児・ファデットの3人の物語。双子、それも一卵性双子って、これまでほとんど身近にいなかったせいもあって、惹かれるんですよねえ。片方が怪我をすると、もう片方も痛みを感じるとか色々言いますよね。自分ともう1人って、どんな感じがするんでしょう。
産婆のサジェットばあさんは、お互いに相手が分かるようになったらすぐに引き離し気味に育てるようにと忠告するんですが、なかなかそういうわけにもいかず、結局いつも2人だけでべったり一緒にいることになっちゃうんですよね。でも2人が大きくなると、家の都合で1人が奉公に出されることになって... 奉公に出ることになったランドリは仕事が忙しいこともあって、だんだん兄弟の関係から自立していくんですが、家に残されたシルヴィネが悲惨。暇だから色々と考えちゃう。そしてそこに登場するのが、ファデットという少女。...とは言ってもシルヴィネがファデットに恋してランドリを忘れるとかそういう話じゃなくて、彼女のせいで事態がややこしくなるんですが。
フランスの農村地帯が舞台のせいか、美しい自然と素朴な人々に囲まれて、とても柔らかく、それでいて地に足が着いた力強さもありました。ランドリやシルヴィネ、そしてファデットがその中で色んな経験をしながら成長していく様子が、濃やかに描かれていて美しいです~。良いことばかりが起きるわけじゃないのに、なんだかずっと柔らかい日差しに包み込まれているような印象。とっても分かりやすい展開だし、違和感を感じる部分もあるのですが(特に財産の件!)、すごく暖かな読後感。

そして「ばらいろの雲」には、「ものをいうカシの木」「ばらいろの雲」「ピクトルデュの館」の3編が収められています。こちらも美しい田園地帯を舞台にした作品。晩年のサンドが孫のために作った童話なのだそうですが、今読み返してみると、あまり子供っぽくなかったです。3編の中で一番好きだったのは、子供の頃と変わらず「ピクトルデュの館」。誰も見たことはないけれど、ヴェールをかぶった女性が招いた人間だけが入れるという荒れ果てた館、主人公のディアーヌが体験する、立像や絵画から抜け出した神々や水の精たちが舞い踊る幻想的な情景... そして話が幻想的なだけじゃなくて、現実的な部分とも綺麗に絡み合っているのがまたいいんですよね。(中公文庫・岩波少年文庫)


+既読のジョルジュ・サンド作品の感想+
「愛の妖精」「ばらいろの雲」ジョルジュ・サンド
「フランス田園伝説集」ジョルジュ・サンド

| | commentaire(4) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.