Catégories:“文学(翻訳)”

Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
17世紀の詩人・ジョン・ミルトンによる、イギリス文学史上最も偉大な作品の1つとされる叙事詩。スペンサーの「妖精の女王」を読んでいたら、妙に読み返したくなりました。旧約聖書の「創世記」に題材を取った、神に創られた最初の2人の人間アダムとイーヴ、そして彼らを巡る天使と悪魔の物語。

以前読んだ時は割と素直に読んでたと思うんですが、今回読み返してみて改めて感じたのは、堕天使たちの魅力。ものすごく個性的で、変な話ですが人間味があって(笑)、すごくいい味出してるんです。彼らを前にすると、完全な存在であるはずの神やその御子、天使たちがまるで無個性のつまらない存在に感じられてきちゃう。特にサタン(天上にいた時の名はルシファー)、いいですねえ。神の次の座に位置していたルシファーの反乱の理由は「驕り」であるとも「嫉妬」であるともされてますけど、でもいくつか天使と悪魔の話を読んでるうちに、どうもそれだけとは思えなくなってきました。この「失楽園」でも、サタンの姿にアダムとイーヴの姿が重なるんですが、ミルトンが書いてるほど、楽園追放は「悲劇的」な出来事とは思えないですね。アダムもイーヴも自分たちの罪深さにただ絶望していたわけじゃなくて、最後には喜びや希望も持っていたし... どうも親離れをして自立していく子供のようにも見えます。もちろん神の庇護下にいさえすれば安全で安心なんでしょうけど、案外自立への期待もあったんじゃないでしょうかね? そしてそれこそが、ルシファーの中にもあったもののような...。(なーんて読み方をしてたら怒られそうだな)
「失楽園」の中で最大のポイントと思えるのは、神の「わたしは彼を正しく直き業を用いて、堕ちることも自由だが、毅然として立つにたる力に恵まれた者、として造った。いや、かかる者として、すべての天使を、正しく立てるものをも過ちを犯した者をも共に造っておいた」という言葉。人間はもちろん、ルシファーもまた選択の自由を持った存在だったんですね。でもね、エデンの園に命の木やら知恵の木やら植えておいて、それで食べたらダメだなんて性格悪いですよぅ。いつ切れるか分からない蜘蛛の糸を戯れに垂らしてみるお釈迦さまみたい。...神様ってそんなもの?(笑) (岩波文庫)

次はダンテの「神曲」か...?と思ったんですが、こちらは本を持ってませんでしたー。本屋に探しに行ったんですけど、岩波文庫版しか置いてなくて、そのまま帰って来ちゃった。集英社文庫ヘリテージシリーズと比べてみたかったんですけど... 訳を読み比べた方、いらっしゃいます? オススメの訳があれば、ぜひ教えて下さい!

| | commentaire(8) | trackback(0)
Catégories: / / /

    [amazon]
題名からするとファンタジーっぽいですが、ファンタジーではないです。
16世紀の英国の詩人、エドマンド・スペンサーの代表作となった叙事詩で、当時の女王エリザベス1世に捧げられたという作品。大学時代に英文で読んだことはあるんですけど、翻訳を読むのは初めて。去年ちくま文庫で発刊されたのを知った時から欲しかったんですけど、ちくま文庫って文庫にしては高いですよね。でも以前から出ていたハードカバーが2万円近くしたことを思ったら...! えへへ。

本来なら全12巻になるはずだった作品で、12ある徳を1巻で1つずつ描こうとしていたらしいんですが、結局全6巻ということで、半分しか書かれてません。(この4冊にその全6巻+αが収められています) 1巻は神聖、2巻は節制、3巻は貞節、4巻は友情、5巻は正義、6巻は礼節。これらがアーサー王伝説に題材をとって描かれていきます。でも半分だけなんですが、近年ではこれで完結しているという見方が優勢になってきてるみたいです。「紳士、即ち身分ある人に立派な道徳的訓育を施す」のが一番の目的なだけあって、とってもアレゴリカルな作品。(ジョン・バニヤンの「天路歴程」ほどではないですが ←私が知ってるうちで一番アレゴリカルな物語) こういう部分は、原書で読んだ時の方が楽しめたかも。
アーサー王伝説が題材とはいっても、王になる前のアーサーしか登場しないし、そのままの設定で登場する騎士もいないので、アーサー王自体伝説は知らなくても大丈夫なんですが、聖書とギリシャ・ローマ神話を知らないとちょっとツライかも。ヨーロッパの文学を読むつもりなら聖書とギリシャ神話は必須だと大学に入る時に言われたんですが、こういう作品を読むとその言葉を思い出します。詳しい註釈がついてるので、大丈夫といえば大丈夫なんですが、いちいち註釈を読んでると物語の流れが分断されてしまうんですよね。(それでも註釈を飛ばせない私...) そして他にも色々な古典作品が引き合いに出されていました。ホメロスの「イーリアス」や「オデュッセイア」、ヴェルギリウス「アエネーイス」、マロリー「アーサー王の死」、チョーサー「カンタベリー物語」などなど。そして先日イタロ・カルヴィーノの「宿命の交わる城」読んだ時に読んでみたいと思った「狂えるオルランド」も、かなり大きく出てきました。やっぱり読んでみないといけないですねえ。ちくま文庫か岩波文庫で出してくれたりしませんかね?

あれ、あの人はその後どうなったの?って思う部分も多いし、登場人物の名前がなかなか判明しないことも多いし、一旦名前が出てきても「乙女」「騎士」と書かれてるばかりで、少し気を抜くと誰の話なのか分からなくなるし(笑)、あからさまな女王賛美が鼻につく場面も... あ、訳はいいと思うんですが、騎士レッドクロスが「騎士赤十字」って訳されてるというのもーっ。(いや、確かに「赤十字」なんですが) 現代の娯楽作品と比べると、どうしても読みにくいんですが、それでも、やっぱり後世の文学や芸術に影響を与えたというのも納得の大作。久しぶりに読み返せて良かったです。
ちなみにベルギー象徴派のフェルナン・クノップフの絵画にも、この作品に題材をとった作品があるのが有名です。(ちくま文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / /

 [amazon]
フィンランドの叙事詩「カレワラ」を物語の形にしたもの。これは世界三大叙事詩の1つなんだそうです。(他の2つは「イーリアス」と「ラーマーヤナ」) 読むならやっぱり叙事詩の形で読みたかったんですが、手軽に読めるのがこれだけだったので仕方ありません。
他の神話のように、世界の成り立ちも描かれているし、登場するのはフィンランド神話の神々のはずなんですが、神というより普通の人間みたい。最初の1人のヴァイナモイネンなんて、お母さんのおなかに宿ってから700年も経ってようやく生まれるので、生まれた時は既におじいさん。とても賢くて力も強くて、生まれながらの魔術師で、しかも歌も上手くて、神としての素質は十分備えてると思うんですけど、そんな感じはしないです。北欧神話やギリシャ神話なんかとは何かが決定的に違うんですよね... 何だろう? それになんせおじいさんなものだから、結婚したいと思っても相手に嫌がられちゃうんですよね。気の毒。(笑 ←笑っちゃいけません) それにしても、このヴァイナモイネン、お母さんは大気の乙女で、お父さんは大気の乙女が海面を漂っていた時にそこを吹き抜けた風。水も少しは関係してるとはいえ、四大元素の空気ばっかりですか。(笑)
登場する神々は当然お互いに戦ったりもするんですが、その時は腕力よりも魔法がメイン。呪文合戦がよく行われるのが特徴でしょうか。北欧といえばヴァイキングだし、ヴァイキングといえば海賊。武力的なイメージがあるんですけど、調べてみると、ヴァイキングというのは、ノルウェー、スウェーデン、デンマークで、フィンランドは入ってなかったみたいです。それにそういえば、ラップランドって魔女や魔法使いの本拠地と思われてたんでしたっけ。魔法をかけたり、相手の魔法を打ち消すには、物それぞれの「起源の言葉」が必要というのも、面白いところ。博学な人ほど魔法に強いということであって、魔法使いとか魔法とかが特別な存在ではないんですね。
読む前に想像していたほど北欧らしさを強く感じなかったのですが、男性が女性に求婚に行く時に、まずサウナに入るというしきたりは、さすがに北欧ならではでした! サウナに入ることによって目が生き生きと輝き、頬が赤くなり、手足が白くなり、男前に変身するのだそうです。(笑)(春風社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
「森の小道」「二人の姉妹」という中編が2編収められた本です。以前、「水晶他3篇 石さまざま」(感想)を読んだ時にも、その自然描写の美しさや作品自体の清々しさに驚かされたんですけど、今回も素晴らしかったです~。物語としてはどちらも、裕福だけど天涯孤独な男性が、素朴で暖かい人々との出会いを経て、愛や家族の素晴らしさを知るというもの。それほど起伏に富んでるとは言えないし、決して派手ではないんですが、これがとてもいいんです。
自然描写の荘厳さで言えば、「水晶他3篇」の方が上だったかなと思うんですけど、こちらの心が和むような情景も捨てがたい...。「森の小道」で描かれるのは、暗い樅の木や明るい撫の木の立ち並ぶ「黒い森」の、明るく澄んだ柔らかな空気や、まっすぐに降り注ぐ昼の光、心地よい香り... でも自然の厳しさを感じさせるような描写もシュティフターならではなんですよね。一旦主人公が森で迷ってしまうと、和やかだったはずの情景は一変。驚くほど青かった竜胆の花も、恐ろしいような青色へと変化します。この場面が本当に印象的でした。そして「二人の姉妹」は、珍しくウィーンという大都会も描かれているのですが、その美しい描写の真骨頂は南チロル地方の場面にあります。特に印象に残るのは、夜、主人公がヴァイオリンの音に気づく場面。銀色の空には細い月がかかり、聞こえてくるのはヴァイオリンの黄金の音色のみ。
読み終えた瞬間、何とも言えない満ち足りた気分になっちゃいました。やっぱりシュティフターはイイ! 未読の方、特に外国文学系がお好きな方には、ぜひともオススメしたい作品です。(「水晶他3篇」も!...そして私は「晩夏」を読まねばー) ちなみに表紙の風景画は、画家でもあったシュティフター自身の絵です。(岩波文庫)


+既読のシュティフター作品の感想+
「水晶 他三篇 石さまざま」シュティフター
「森の小道・二人の姉妹」シュティフター
「晩夏」上下 シュティフター
「ナレンブルク 運命に弄ばれた人々の城」A.シュティフター
「石さまざま」上下 アーダルベルト・シュティフター
「森ゆく人」アーダルベルト・シュティフター
「書き込みのある樅の木」アーダルベルト・シュティフター

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
深い森の中の城に辿り着いた「私」は、同じように城に辿り着いた客たちと共に晩餐の席につくことに。居並ぶ人々は、それぞれに森をくぐり抜けてくるうちに声を出せなくなってしまったらしく、静かに食事が進みます。そして晩餐が終わった時、城主とおぼしき人物が食卓にタロットカードを置き、会食者の1人がそのカードで物語を語り始めるのです。

たらいまわし企画・第18回「心やすらぐ本」(記事)で、タロットカードの絵柄が美しい「ムットーニ おはなしの小部屋」を出した時に、LINさんに教えて頂いた本。カルヴィーノ作品は初挑戦です。

これは実際にタロットカードを並べながら読みたくなりますね。この1冊の中に「宿命の交わる城」と「宿命の交わる酒場」という2編が収められていて、タロットカードだけで語り手たちの人生が語られていくという形は同じなんですが、お城の大広間で使われてるのはヴィスコンティ家のカードで、酒場で使われてるのは、一般に流通してるマルセイユ版のカード。使い分けてるんですね。(笑)
本にも一応その図柄が載ってるんですけど、いかにも簡易版なので、雰囲気しか分からないのがちょっと残念。それでもそれぞれのページに挙げられている図柄とか、その並び方とか、読みながらまじまじと見入ってしまいましたー。これは実物が見てみたいなあ。特にヴィスコンティ家のカード! 美しいんでしょうね。ええと、私もタロットカードは1組持ってるんですが(占いはしないんですけど、絵柄が好きなので) 絵がまた少し違うので、並べてみるのはやめました... それをすると、なんだか物語が変質してしまいそう。
タロットカードは元々寓意性が強くて、占いでもその並び方によって様々な人生模様が表現されていくものですけど(そういう意味では、占い師も一種のストーリーテラーと言えるかもしれないですね)、こんな風に物語になっている作品は初めて。しかも1人1人の物語だけでなく、それぞれの語り手の物語(宿命)は縦横に交錯して、1つの大きな物語絵巻を織り上げていくんです。それがもう見事。緻密に計算されていて、その濃密さにはびっくりです。

物語には、「ファウスト」、「パルシファル」、「オイディプース」、シェイクスピアの3大悲劇、アリオストの「オルランド狂乱」といった物語も織り込まれていて、この中では「オルランド狂乱」だけ未読なんですよね。これはぜひ読んでみたいなあと思ったんですが... 調べてみたら、12,600円って...! マジですか!?(検索してヒットしたのは「狂えるオルランド」だったんですけど、一緒ですよね? 右の本です) 一体どんな本なんでしょう。市内の図書館にも置いてないみたい。この値段だったら、きっと函入りで美麗な装幀なんでしょうね... てか、そうじゃないとイヤだなあ。(笑)(河出文庫)


+既読のイタロ・カルヴィーノ作品の感想+
「宿命の交わる城」イタロ・カルヴィーノ
「不在の騎士」イタロ・カルヴィーノ
「レ・コスミコミケ」イタロ・カルヴィーノ
「なぜ古典を読むのか」イタロ・カルヴィーノ
「まっぷたつの子爵」「木のぼり男爵」イタロ・カルヴィーノ
「イタリア民話集」上下 カルヴィーノ
「魔法の庭」イタロ・カルヴィーノ
「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ
「マルコヴァルドさんの四季」カルヴィーノ
「冬の夜ひとりの旅人が」イタロ・カルヴィーノ
「柔かい月」イタロ・カルヴィーノ
「カルヴィーノの文学講義」イタロ・カルヴィーノ
「パロマー」カルヴィーノ
「くもの巣の小道」イタロ・カルヴィーノ
「むずかしい愛」カルヴィーノ

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
新潮クレストブックスから出ていた、ドイツ人作家・ベルンハルト・シュリンクの2冊。「朗読者」が長編で、「逃げてゆく愛」が短編。
いいですねえ。読み始めた途端に、なんだかしみじみと染み込んでくる感じでした。
予想もしてなかったのでびっくりだったんですが、「朗読者」にもナチの問題が登場するし、「逃げてゆく愛」でもドイツ人とユダヤ人、あるいはドイツが内包する政治的問題などを絡めて描いた作品が目につきます。戦争を体験した親世代、戦争を直接知らない子供世代。ごく個人的な存在でありながら、社会情勢の変化の影響を受けずにはいられない愛。ドイツ人とユダヤ人の恋愛の難しさなんかも考えさせられちゃいました。(直接的な戦争物は苦手な私なんですが、こういう作品なら読めるんですよね)
どちらが良かったかといえば、長編の「朗読者」なんですが、「逃げてゆく愛」に収められている「もう一人の男」も良かったです。これはナチは全然関係なくて、奥さんが亡くなった後に、奥さん宛てに知らない男から親しそうな手紙が来て... という話。残された2人が何を考えようと、奥さんの本当の気持ちはどうだったのか、もう誰にも分からないんですよねー。

今気がついたんですけど、この2冊、並べると表紙の雰囲気が似ててすごく綺麗ですね。やっぱりクレストブックスは装幀も素敵です♪ (「朗読者」は文庫の表紙を出してますが、若干フォントが違うだけで、バックの絵は一緒です)(新潮文庫・新潮クレストブックス)


+既読のベルンハルト・シュリンク作品の感想+
「朗読者」「逃げてゆく愛」ベルンハルト・シュリンク
「帰郷者」ベルンハルト・シュリンク

| | commentaire(8) | trackback(6)
Catégories: / /

 [amazon]
退行性の病気で痴呆が進み、あっという間に死んでしまったモリーという女性と、かつてその恋人だった3人の男たちの物語。知的で洗練された雰囲気で、大人のための小説といった印象なんですが、男たちの自滅ぶりは実に皮肉な視線で描かれています。かつての恋人たちは、それぞれに高名な作曲家、新聞の編集長、そして外務大臣。そんな世間的に高い地位を築き上げた男性たちでも、一旦歯車が狂い始めてしまったら、崩壊するのは一瞬なんですよね。そこに、このシンプルな文章が効果的。
でも、音楽家が交響楽を作曲するシーンは面白かったし、端正な文章も良かったんですけど、男たちの自滅ぶりがあまりにありきたりに感じられてしまって、あまり楽しめなかったかも...。なんだかタチの悪い冗談みたいで。これが面白かったら、同じマキューアンの「愛の続き」も読もうと思ったんだけど、やっぱりしばらくやめておこう。(新潮文庫)


+既読のイアン・マキューアン作品の感想+
「アムステルダム」イアン・マキューアン
「愛の続き」イアン・マキューアン

| | commentaire(2) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.