Catégories:“神話・伝承”

Catégories: /

 [amazon]
国家や一神教が発生する前の人類は、神話という様式を通して、宇宙の中における人間の位置や、自然の秩序、人生の意味などについて深い哲学的思考を行っており、そこには素朴ではあっても複雑な論理体系が存在していました。ギリシャで作り出された「哲学」の歴史がたかだか2500年なのに比べ、「はじまりの哲学」である神話の歴史は少なく見積もっても3万数千年。そこには人間がその歴史の中で蓄積してきた知恵があるのです。ここでは主に、民話として語られながら神話としての特徴も失っていない稀有な例である「シンデレラ」の物語を素材として、神話について考えていきます。

主に大学で行われた「比較宗教論」の講義の記録が全5冊にまとめられたうちの第1巻。ここでの主題は「神話」。以前あかつき書見台のマオさんのところで見かけて(記事)、面白そうだなとチェックしていた本です。
世界中に似たようなモチーフの神話や民話があるというのは、やっぱり地球上における人類の移動によるものだったのですねー。中石器時代から新石器時代にかけて、マンモスを追って移動する人々と共に急速に世界中に広がっていったようです。もちろん各地の神話は全く一緒ではないですけど、語られ伝えられるうちに自然に、あるいはその民族に合わせて少しずつ変化していくのは当たり前。それでも神話は論理的全体性を備えているので、この変形には一定の規則があるのだそうです。ラヴェルの「ボレロ」のように少しずつ主題を変えて変奏しながら、という中沢氏の言葉がまさにぴったり。
この中で一番興味深かったのは、やっぱりこの本の大半を占めるシンデレラ物語の考察でした。ペローとグリムのシンデレラはよく知られてるし、ここに載ってたロシア~トルコ・ギリシャに伝わるという「毛皮むすめ」も知ってましたが(私が持ってるグリムの本にも、これとそっくりの話がありました) ポルトガルや中国のものは今回が初めて。1つずつ話を比較考察していくうちに、どういった部分が神話からの流れなのか分かってくるのがすごく面白いです。フランスの民間伝承をルイ王の宮廷用に洗練させたペロー版は、神話的にはかなり破綻してるんですけど、それでも骨格は残ってるし、ドイツの民間伝承をかなり忠実に拾ったグリム版は、ペロー版よりも神話の論理が残ってると言えますね。「生」と「死」の仲介がとても綺麗な構造をしていました。神話というのは、実に論理的なモノなのですね~。そして落とした片方の靴のエピソードはオイディプス伝説へと~。
更に面白かったのは、ヨーロッパのシンデレラを聞いた北米のミクマクインディアンが作り出したというシンデレラ。これを読むと、神話の次元がまるで違うことに気づかされます。こういった作品を作り出せるということは、それだけ生活の中に神話が根付いているということなんでしょう。ものすごく核となるものを読んだなあという気がしました。
講義を本にしただけあって読みやすいし、なかなか面白かったので、続きも読んでみようと思います。(講談社選書メチエ)


+シリーズ既刊の感想+
「人類最古の哲学 カイエ・ソバージュI」中沢新一
「熊から王へ カイエ・ソバージュII」中沢新一
「愛と経済のロゴス カイエ・ソバージュIII」中沢新一
「神の発明」「対称性人類学」中沢新一

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: / / /

 [amazon]
夏の終わり。学校に行った妹のリジーとジェニーの帰りを待っていたベッキーが農場の柵戸に腰掛けて空を見上げていると、そこにやって来たのは、荷物を背負って細い杖を持った男性でした。それはレノルズさん。レノルズさんはベッキーたち三姉妹の家に住み込んで父親の仕事を手伝うことになります。姉妹はレイノルズさんが滞在している間、時々不思議な物語をしてもらうことに。

読み始めてすぐ思ったのは、ファージョンの「リンゴ畑のマーティン・ピピン」みたい!ということ。「リンゴ畑のマーティン・ピピン」は、ある日ふらりとやって来たマーティン・ピピンが、6人の年頃の娘たちに1つずつ民話に題材を取ったような物語をしていく話なんですが、その「ふらりとやって来た」と「民話に題材を取ったような」というのが似てるんです。こちらの場合、ベッキーもリジーもジェニーも「年頃」というにはまだ少し早いみたいだから、「ヒナギク野のマーティン・ピピン」でもいいんですけどね。(「ヒナギク野」では6人の女の子たち相手に話をするんですが、その6人の女の子はそれぞれ「リンゴ畑」の6人の娘たちがその後結婚して産んだ娘) で、今回なんでこの本を読んだかといえば、レノルズさんのお話のうちの1つが「タム・リン」だからなんです。昨日読んだ「妖精の騎士タム・リン」(感想)と「タム・リン」繋がり。
元々アン・ローレンスは、民間伝承を素材にした物語を書いていることで有名なのだそうですね。でもここで語られる物語も民話風だし、きっとそういうところに題材を取ってると思うんですけど、出来上がったものはどこか現代風。それぞれの物語に登場する少女たちが、それぞれ自分の力で自分の道を切り開いてるからかな。あと描写もそうなのかも。
でもレノルズさんのお話そのものは面白いんですけど、もう少し枠組みの方に工夫が欲しかったです。三姉妹とレノルズさんのやりとりもあるし、そのうち彼女たちの母親も登場するんですが、どうも単にお話からお話への繋ぎという感じ。せっかくそれぞれの物語に登場する少女が三姉妹に重なるような部分もあるし、特に少女から大人になりつつあるベッキーに重なる部分があるんだから、枠をもう少し膨らましてくれたら、きっともっと魅力的になったのに。それを考えると、題名も「幽霊の恋人たち」なんかよりも、副題の「サマーズ・エンド」の方が断然ぴったり。(原題も「Summer's End」) でも「サマーズ・エンド」なんていきなり書いてあっても、何のことやら意味が通じないですよね... かと言って「夏の終わり」じゃあ、あんまり読みたくならなさそうだし... なんだか勿体ないなー。(偕成社)


+既読のアン・ローレンス作品の感想+
「幽霊の恋人たち サマーズ・エンド」アン・ローレンス
「五月の鷹」アン・ローレンス

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
スコットランドの王女・マーガレットは、お城の塔のてっぺんの部屋で毎日朝から晩まで、貴族の娘たちと一緒に刺繍をする日々にうんざりしていました。娘たちはただお行儀良くおとなしく座って、身分の高いお金持ちの男性が結婚を申し込みにやって来てくれるのを待っているだけなのです。マーガレットはお城の外に出て、わくわくするような冒険をしてみたくて堪りませんでした。そんなある日、ばあやのお説教にうんざりして部屋から走り出たマーガレットは、そのままカーターヘイズの森へ。この森は、若い娘に出会う呪いをかけて戻れなくしてしまうという伝説の妖精の騎士・タム・リンの森。森に着いたマーガレットが赤い薔薇の花を摘んでいると、そこにはタム・リンが現れます。

スコットランドに古くから伝わるバラッド(民間伝承の物語詩)の1つ「妖精の騎士 タム・リン」をスーザン・クーパーが再話、ウォリック・ハットンの絵で絵本にしたもの。物語そのものは、妖精に囚われていた騎士を1人の娘が救い出すというオーソドックスなものなんですけど、マーガレットとタム・リンの出会いの場面がとても素敵でした。

「なぜ、バラをつむのだ、マーガレット。わたしの許しもなしに」
「カーターヘイズの森はスコットランド王の領地、そしてわたしは王の娘。行きたいところに行き、したいことをするのに、だれの許しもいらない。むろん、バラをつむことにも」

ウォリック・ハットンの絵の色彩が淡いだけに、このバラとか、この後マーガレットがタムから渡されるリンゴの赤い色がとても印象的なんです。妖精の女王が全然魅力的じゃなかったので、ちょっとがっかりしたんですけど、この場面があっただけでなんだか満足♪ スーザン・クーパーは、アーサー王絡みの物語も書いてるようなので、いずれ読んでみるつもり。
ちなみにこの物語では、妖精の女王からタム・リンを救い出すのは夏至の夜の騎馬行列でのこと。普通はハロウィーンかと思ってたんですけど、ここでは違うんですね。救い出す娘の名前も、ここでは「マーガレット」ですが、一般的には「ジャネット」みたいです。(小学館)


+既読のスーザン・クーパー作品の感想+
「妖精の騎士タム・リン」スーザン・クーパー再話
「コーンウォールの聖杯」スーザン・クーパー

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
昔々ブリテンの国に、アーサーという王さまがいました。ある日アーサー王は、湖の姫から、魔法の剣エクスカリバーを授かります。これは何でも願い事の叶う魔法の剣。しかしアーサー王の姉モルガナがその剣を盗みだしたのです。

エロール・ル・カインの描いたアーサー王物語。これは27歳の時の作品で、これがデビュー作となって一流の絵本作家として認められるようになったのだそうです。
湖の姫にもらった剣エクスカリバーに魔法の力があるというのはよくある話ですが(私としては、剣そのものよりも、鞘に魔法の力があるという話の方が好きなんだけど)、ここまで分かりやすい魔法の力があるという話は初めて! なんとアーサー王が命じれば、道も教えてくれるし、雨が降れば雨傘代わりにも、日差しが強ければ日よけにもなるし、時には船にもなってくれるんです。そしてなんと宴席では、つまようじに...! エクスカリバーが楊枝代わりに使われてるなんていやーん。(笑)
落ち着いた色調の絵がとても雰囲気を出していて素敵でした。(小学館)


+エロール・ル・カイン作品の感想+
「アーサー王の剣」エロール・ル・カイン
「サー・オルフェオ」アンシア・デイビス再話 エロール・ル・カイン絵
「キューピッドとプシケー」エロール・ル・カイン
「イメージの魔術師 エロール・ル・カイン」

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
ようやくサクソン人に対抗する全ブリタニアの同盟ができようとしていた頃。アーサーはかねてから考えていた通り、ランスロットをシルリア王に据え、ポウイスの王女・カイヌインと結婚させようとしていました。一方、マーリンとニムエはブリタニアの13の宝のほとんどを手中に収め、今度はクラズノ・アイジンの大釜を手に入れようとしていました。大釜はドルイド教の聖地・ディウルナハのモン島にあるというのです。

小説アーサー王物語の第2部。
このシリーズが書架に並んでるのを見た時、まず驚いたのは「神の敵アーサー」というこの題名だったんです。一体何をやって、どんな状況になったんだろうってずっと気になってました。この作品の中アーサーは異教徒... というよりむしろ無神論者。前の巻でも軍資金集めのために無理矢理教会から税金を取り立てたりなんかしてたので、それはいずれ問題になるだろうとは思ってましたが... 結局のところ、神の敵というより教会の敵、教会の敵というより1人の野心的な司教の敵って感じですね。この点では、期待してたほどではなかったかな。(何を期待してたんだ、一体) それよりアーサーとグィネヴィアとの関係に対するニムエの言葉がとても興味深かったです。やっぱり才気走ったグィネヴィアには、野心のないアーサーは物足りなかったんですねー。そういう意味では、グィネヴィアとランスロットというのは怖いぐらいぴったり。
この第2部では、トリスタンとイゾルデのエピソードが上手く取り入れられていて、読みながらにやにや。ダーヴェルのエピソードは微笑ましくていいなあ。あと、大釜探しはアーサー王伝説における聖杯探求。やっぱりギャラハッドも参加するのねっ。(ギャラハッドは実は結構お気に入り) そしてダーヴェルが自分の紋章に選んだのは五芒星。五芒星といえば、ガウェインの紋章だと思ったんですが... もしやダーヴェルはガウェインの役どころだったんですか? それがちょっとびっくりでした。(原書房)


+シリーズ既刊の感想+
「エクスカリバーの宝剣」上下 バーナード・コーンウェル
「神の敵アーサー」上下 バーナード・コーンウェル
「エクスカリバー最後の閃光」上下 バーナード・コーンウェル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
かつてはアーサー王に忠誠を誓っていたダーヴェル・カダーンも、今は年老いた修道士。プロフヴァイル王妃・イグレインの命によって神の敵たるアーサーの物語をサクソン語で羊皮紙に綴り始めます。ダーヴェルがまだ少年だった頃。ドゥムノニアの王・ユーサー・ペンドラゴンは正嗣である息子のモードレッドをサクソン人との戦いで失い、遺されたモードレッド妃・ノルウェンナの出産を待ちわびていました。そしてノルウェンナが産んだのは、足萎えの男の赤ん坊。ユーサーはその子に父親の名を取ってモードレッドと名付け、その子こそが、王国の跡継ぎであることを宣言するのですが...。

冒険小説家として有名だというバーナードコーンウェルの書いた、小説アーサー王物語の第1部。
アーサー王伝説を題材にした作品ということで手にした本なんですが、いわゆるアーサー王伝説とはまるで違っていてびっくり。ここには円卓の騎士たちも優雅な乙女たちもいなくて、騎士道なんかもまるでなし。これは相当泥臭い話になってるんですねー。人物設定もその造形も、ほんと伝説とは全然違っててびっくり。アーサーの人好きのする性格というのはイメージ通りだったんですけど、彼はユーサー・ペンドラゴンの庶子で、しかも正嫡のモードレットを殺したとして父親に憎まれてるし、マーリンはマーリンで本当に魔術が使えるというわけではなくて、基本的には全て薬草の効能と手品と演出みたいですね。(それでも迷信深い人々には、十分超自然的なことが起きているように見える) 伝説ではどちらかといえば好々爺っぽいマーリンなのに、「血も涙もない人間」なんて言われたりもしてるし...。特にびっくりしたのはランスロット。伝説では円卓の騎士の中でも一番華やかで高潔な騎士だったはずなのに、ここでのランスロットときたら! ファンが読んだらがっかりすること間違いなしです。(笑) ついでに言えば、石に刺さった剣も存在せず、キャメロットのような美しい都もなくて、それらは語り手であるダーヴェルによって詩人の作りごとだと断じられています。そしてダーヴェルの書き綴る物語もまた、おそらくイグレインの好みに脚色されてしまうのだろうとも。
著者あとがきには、こうありました。

どんなに徹底的に調べても、史料から確実に類推できることは限られている。おそらく五世紀から六世紀にかけてアーサーという人物は実在したに違いない。その人物は王にはならなかったにしても傑出した将軍で、憎むべきサクソンの侵入軍相手に赫々たる戦火をあげたらしいーーそれ以上のことは闇に包まれている。

確かにこの辺りの出来事に歴史的な裏づけを取るのは困難。そこに工夫を凝らすことは十分可能。とは言っても、ここまで大胆に作ってしまうとはー。
でもその分、歴史的背景や当時の風俗に関しては徹底的に調べてあるんでしょうね。その描写にはものすごくリアルな重みがありました。ローマ帝国風の洗練された都市もあるんですけど、ここに描かれているほとんどは、まだ洗練には程遠い暮らしをしていたブリテンの人々の暮らし。その対比が強烈なんです。戦いと強奪による血なまぐさと、あとは糞尿の臭いが漂ってきそうな... でも実際はこんなものだったのかもしれないなあと素直に納得させられてしまう力がありました。これは先行きどうなるんだろう? 予測ができません。続きも借りてこなくっちゃ。(原書房)


+シリーズ既刊の感想+
「エクスカリバーの宝剣」上下 バーナード・コーンウェル
「神の敵アーサー」上下 バーナード・コーンウェル
「エクスカリバー最後の閃光」上下 バーナード・コーンウェル

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
研究を進めていくと、人類学や民俗学、深層心理学、諸芸術の想像力の根元など、様々なことが多様かつ複雑に絡まっていることを気付かされることになる「妖精」の存在。現代の「美しく、可愛らしく、小さい」という妖精のイメージはシェイクスピアが作り上げたイメージが定着したものであり、それ以前の妖精とは、悪魔と同一視され、邪悪な存在として畏怖されていた超自然界の生き物だったのです...
これまでの井村君江さんの著作を元に、「妖精学」という観点から妖精を概観できるようにまとめられたという本2冊。別に妖精そのものを突き詰めたいわけじゃないんですが、私の今年の隠れテーマであるケルト神話の一環で。(別に隠さなくてもいいんだけど・笑)

「妖精学入門」の方は、題名通りの入門編。1章「妖精はどこから生まれたのか」の真面目な妖精論は面白かったんですが、2章以降はちょっと物足りなかったかな。幅広い事象を取り上げて系統だって紹介するといった意味では、限られたページ数でとてもよくまとまっていると思うんですが、あまり目新しい部分はありませんでした。ある程度知識を持っている人間には物足りないかも。かといって、妖精といえばディズニーのティンカーベルを思い浮かべる人はちょっと戸惑いそうだし...。イエイツが収集したような民間伝承の妖精物語を少し齧っていて、しかもそこに現れる多様な妖精の姿に惹かれた人が一番楽しめるでしょうね。それでもカラーやモノクロの図版が多く使われているので、その辺りは見ているだけでも楽しいです。

「ケルト妖精学」の方は、「妖精学入門」と内容的かなり重なってるんですけど(第1章に関してはほとんど同じ)、もう一歩踏み込んだ内容となっています。こちらは妖精伝承と物語詩、英国文学、そして児童文学の中に見る妖精の姿。アーサー王伝説を始めとして、チョーサーの「カンタベリー物語、スペンサーの「妖精の女王」、シェイクスピア、そして18世紀のポープ、ブレイク、コールリッジ、W.スコット、キーツ、シェリーなどの詩人の作品を年代を追って取り上げているのがとても参考になりました。丁度、こういう風に系統だって英文学を眺めたかったんですよねー。「妖精学入門」では、未知の本を紹介されていても正直読みたい気持ちにまではならなかったんですけど、こちらでは読みたくなっちゃう本がいっぱい。そして児童文学を取り上げた第3章には、有名なファンタジーを取り上げながら、読者としての子供の存在と児童文学の発祥という、児童文学論と言えるような部分もあって面白かったです。それにしても、アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」のシリーズの「女海賊の島」が妖精文学として取り上げられているのにはびっくり。でも説明を読んで納得。なるほどねえ。(講談社現代新書・ちくま文庫)


+既読の井村君江作品の感想+
「ケルトの神話」「妖精とその仲間たち」井村君江
「妖精学入門」「ケルト妖精学」井村君江
Livreに「アーサー王ロマンス」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.