Catégories:“神話・伝承”

Catégories: /

 [amazon]
シャルルマーニュ(カール大帝)は、その十二勇士と共に、「ロランの歌」を始めとする様々な作品の中で歌われている人物。ここに収められているのは、15~16世紀のルネサンス期にイタリアで作られた3つの詩、プルチの「大モルガンテ」とボイアルドの「恋するオルランド」、アリオスト「狂えるオルランド」、そして「リナルド」「ユオン・ド・ボルドー」「オジエ・ル・ダノワ」というフランスの3つの武勲詩(キリスト教の騎士たちの武勇をものがたった叙事詩... ほとんどのものが作者不明)を元に、ブルフィンチが物語形式に書き上げたもの。サラセン人と呼ばれるイスラム教徒たちとの戦いや、個々の英雄たちの冒険、そしてロマンスが次から次へと描かれていきます。

「ロランの歌」(感想)と「狂えるオルランド」(感想)は既読なんですが、「大モルガンテ」と「恋するオルランド」は未読。それもそのはず、どうやら日本語には訳されてないみたいなんですよね。たとえ物語調に書き直されたものであれ、こういった紹介本があるというのは、やっぱりとてもありがたい! ブルフィンチのこういった物語の編集・再話能力はすごいですね。綺麗にまとまっちゃってます。とはいえ、元々の素材の扱いにくさなのか(特に「狂えるオルランド」はかなり複雑ですし)、それとも訳者の違いなのか、おそらく私自身の知識も足りなかったんでしょう、同じブルフィンチの「ギリシア・ローマ神話」や「中世騎士物語」ほどには読みやすくはなかったのですが。

シャルルマーニュ伝説は神話のように古くないし、シャルルマーニュ自身、実在してると分かってる人物。でも、祖父のシャルル・マルテルはフランスに侵入したサラセン人を撃退しているそうだし、ブルフィンチは何人かの「シャルル」の事蹟が合わさって、現在のシャルルマーニュ伝説ができたのだろうと推測していました... なるほどね。
いろんなところに各地の神話や伝承の影響が感じられて面白かったです。びっくりしたのは、アーサー王伝説のモルガナ(モーガン・ル・フェイ)が登場してるところ! 特に「オジエ・ル・ダノワ」では、オジエ・ル・ダノワがモルガナによってアヴァロンに連れ去られることになるんです。まるでケルト神話で、オシアンが妖精の女王・ニアヴによってティル・ナ・ノグ(常若国)に連れ去られたように。要は浦島太郎伝説と同じで、乙姫さまと暮らしてる間に何百年も過ぎていた... というヤツなんですが、それにしてもなぜモーガン・ル・フェイ? アーサー王と一緒に今もアヴァロンに暮らしてるの? あと、「ファタ・モルガナ」が、蜃気楼を意味する言葉だというのも面白いなあ。
シャルルマーニュには様々な逸話が伝わっているのですが、実際のシャルルマーニュは詩の中のように自分のドラ息子を溺愛して判断を間違えたり、あくどい臣下を贔屓にして挙句の果てに騙されるなんてこともない、非常によく出来た人物だったのこと。物語と歴史が異なっているのはよくあるけど、実物よりも物語のシャルルマーニュの方が情けないというのが、なんか面白いです。(講談社学術文庫)


+既読のトマス・ブルフィンチ作品の感想+
「中世騎士物語」ブルフィンチ
「シャルルマーニュ伝説」トマス・ブルフィンチ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / / /

[amazon] [amazon]
大気の乙女・イルマタルは、波の上へと降り立った時に、澄んだ海の面を吹き渡る風によって身ごもります。しかし赤ん坊は700年もの間生まれようとせず、乙女は水の母として東に西に、北西に南へと泳ぎ続けることに。そしてようやく生まれたワイナミョイネンは、生まれた時から老人の姿をしていました。

世界三大叙事詩の1つ、フィンランドの叙事詩「カレワラ」。(他の2つは「イーリアス」と「ラーマーヤナ」) 以前にも読んだことはあるんですが(感想)、それは子供用の物語形式だったので、ちょっと欲求不満状態だったんですよね。ぜひ詩の形で訳されているものを読みたいと思っていたら、ようやく読めました! 嬉しい~。小泉保さん訳のこの本は、大満足。随分前に絶版になっているし、市内の図書館にも置いてなかったので、入手は大変だったんですけどねー。

「カレワラ」で一番面白いのは、魔法のかけ方。関係する事物の起源の呪文を唱えなければならないんです。例えば鉄による傷を治すなら、まず「鉄の起源の呪文」を唱え、続いて「鉄を罵倒する呪文」で鉄を支配。続いて「血止めの呪文」「軟膏の呪文」「守りの呪文」「包帯の呪文」という一連の呪文で治療することになります。しかもこの呪文というのは歌なんです。さっさと血止めをすればいいようなものなのに(笑)、みんな朗々と歌い上げちゃう。カッコいい。でもその事物の起源を知らなければ、傷を治せずに死んでしまうわけです。つまり必要な呪文を次々に唱えられる呪術師こそが、最も強いヒト。...この「カレワラ」の中で、ワイナミョイネンが必要な言葉を求めてアンテロ・ピプネンという巨人の口から身体の中に入ってしまう場面があるんですが、この時ピプネンは正体不明の異物を出してしまいたくて、「駆除の呪文」「不明な危害の根元の呪文」「自然の病気での保護の呪文」「厄病呪病の根元の呪文」「災禍抑制の呪文」「救援の呪文」「生地へ駆逐する呪文」「報復の呪文」「一般魔除けの呪文」「閉じ込めの呪文」「運び出しの呪文」「起動の呪文」「脅迫の呪文」「困惑の呪文」と次々に唱えて、その実力を見せ付けることになります。(結局排除できないんですけどねー・笑)
1~2章で軽く天地創造についても語られてるんですが、こういう呪文の中で新たな創造の一面が分かるのがまた面白いんですよね。

小泉保さんの訳はとても読みやすくて面白いし、解説も勉強になります。ただ、この世界の神々については、あんまり体系的に語られていない... というか、時々話のついでに登場する程度なんですよね。どうやら「カレワラ」こそが神話というわけでもないみたい。神話と重なる部分も多いはずだけど、これはあくまでもフィンランドの伝説に基づく叙事詩。純粋な神話も読みたいんだけど... そういう本はあるのかしら?(岩波文庫)

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
ある晩、自分がグウィネファーと呼ばれる女性になった夢をみたローレル・フェラン。その頃、不眠症治療のために過去世退行セラピーを受けていたこともあり、ローレルはグウィネファーがアーサー王妃グイネヴィアであり、自分の過去世がグイネヴィアその人であることを知ることに。そして数年後、ローレルはグイネヴィアの過去を改めて辿ることになります。その体験の中で知ったグイネヴィアは、思っていたような温和で愛らしい女性ではなく、自尊心の強い、エネルギーが全身にいきわたったような強い女性でした。

アーサー王妃・グイネヴィアの生涯を、自分の過去世として辿ることによって描き出したという異色の物語です。過去世退行セラピーなんていうのも初耳だったし、読み始めた時は、なんかヤバい本買っちゃったかと思いましたが...。(笑)
通常のアーサー王伝説では、グイネヴィアは良くも悪くも女性らしい女性として描かれていて、正直あまり好きじゃないんですが(コイツさえいなければ!と思ってしまうことも多い)、ここに登場するグウィネファーは男まさりの強さと賢さで、自分の中の「女性」を拒否するような女性。指揮官として戦うべく育てられてしまったため、女性としての幸福を知ろうともしません。男性からみたら、ほんと可愛気がなさそうです。でも本当は自分では心の鎧を脱ぐことができなくなってしまっただけの、不器用で真っ直ぐな女性なんですよね。

今までにないグイネヴィアという面が面白かったし、グイネヴィアの生まれ育ったケルトの文化と、アーサー王のキリスト教文化の慣習の違いが興味深かったです。でも、物語そのものには、実際に自分の目で見たリアルな力強さがあるんですけど(やっぱりそのセラピーで追体験したのかなあ?)、肝心のグウィネファーの造形にはあまり深みを感じられず... ランスロットとモーガンに至ってはまるで魅力が感じられないままに終わってしまいました。やっぱりこの辺りは、本職の小説家じゃないからでしょうかー。残念。
ちなみにグウィネファーとは、従来のケルト語、ブリトン語の発音に基づいた読み方をしたグイネヴィアのこと。ランスロットはランシラス、ガウェインはガルウェインという名前で登場しています。...この本には 「グイネヴィア」と表記されてたのでそれを使いましたが、私としては「グィネヴィア」がしっくりきます。細かい。(笑)(角川文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / / /

[amazon] [amazon]
何不自由なく育った若者・ルキウスが、所用でテッサリアに出かけた時のこと。ルキウスはミロオという男の家に滞在することになります。ミロオの妻のパンフィレエは一流の魔女だという女性。しかもハンサムな若い男に目をつけると、甘い言葉で言い寄り、飽きれば石や羊に変えてしまうという噂。日頃から魔術に興味を持っていたルキウスは、まず侍女のフォーティスに近づき、フォーティスの手引きで、パンフィレエが体中に膏油を塗ってみみずくに変化して飛び立つ様を覗き見することに。ルキウスは自分もやってみたくて膏油を取ってこさせるのですが、フォーティスが持って来たのは違う膏油。ルキウスは、なんとろばになってしまい...?!

ローマ時代の弁論作家・アプレイウスによる小説。同じくローマ時代に書かれたペトロニウスの「サティリコン」と共に、世界で最も古い小説なんだそうです。でも今読んでも十分面白い! 私が読んだのは1956年刊行という古い本なんですけど、呉茂一さんの訳もとてもよくて、すごく楽しかったです。
ろばとなったルキウスは、ろばの目から人間世界の様々な裏表を目の当たりにすることになります。ろばから人間に戻るには薔薇の花を食べればいいと分かってはいるのですが(というのもすごい話だ)、そうそう都合よく薔薇の花は手に入らず、薔薇の花が咲く季節まで、今にも殺されそうになったり去勢されそうになったりと大変な日々を送ることに...。フォーティスと艶っぽい日々を送りながらも一転してろばに身を落とし、苦労を重ねて最後にはイシス女神の導きで人間に戻り、宗教心に目覚めるところは、やっぱり精神的な成長物語と言えるのでしょうかー。
枠物語として沢山の物語が入ってるんですが、その中でもキューピッドとプシュケーの物語は有名。私も色んなところで読んでます。でもこの訳でこの本で読んだのが一番良かったな。「美女と野獣」のような物語も、実はこれが元となっているのかもしれないですねー。(どうもこの話だけでなく、「黄金のろば」自体どこかで読んでいるような気もしますが... 妙に覚えがある場面が色々と)(岩波文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / / /

  [amazon] [amazon]
イギリスのヴィクトリア朝の詩人・テニスンと明治時代の文豪・夏目漱石の共通項は、実はアーサー王伝説。テニスンはアーサー王伝説に題材をとって「シャロット姫」「国王牧歌」といった作品を書いていますし、夏目漱石も、マロリーの「アーサー王の死」やテニスンの詩を元に「薤露行(かいろこう)」という作品を書いてるんですね。漱石にこういう作品があったとは知らなかった。

ということで、まずテニスンの「シャロット姫」。
塔に1人で住んでいるシャロット姫は、外を直接見ると呪いがかかると言われているので、日々鏡の中を覗き込み、そこに見える情景を布の中に織り込んでいます。しかしそんなある日、鏡に騎士ランスロットが映り、シャロット姫は思わず窓の方へ... その途端、鏡は割れ、織物は飛び散ります。その後キャメロットに流れ着いたのは、息絶えたシャロット姫の遺体を載せた小船。
この詩には多くの画家も触発されたようで、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス(こんなのこんなの... こんなのもありますね)やウイリアム・ホルマン・ハント(こんなの)など、ラファエル前派の画家によって多く描かれています。こんなページも発見。アガサ・クリスティの「鏡は横にひび割れて」もここから取った題名ですね。「赤毛のアン」のアンも、友達とシャロット姫ごっこをしてますし~。
そしてテニスンの詩に触発されたのは、夏目漱石も同様。
テニスンの「シャロット姫」では、ランスロットに恋し、その恋によって死んで小船で流れ着くのはシャロット姫ただ1人なんですが、漱石の「薤露行」では、塔からランスロットを見て死ぬシャロット姫と、ランスロットに恋して死んで小船でキャメロットへとたどり着くエレーンという2人の女性がいます。この女性のどちらもが、テニスンのシャロット姫とはまたちょっと違うんですねえ。塔のシャロット姫は怖いです。ランスロットを一目見た時、「シャロットの女を殺すものはランスロット。ランスロットを殺すものはシャロットの女。わが末期の呪いを負うて北の方へ走れ」なんてランスロットに呪いをかけた途端、「?(どう)と仆(たお)れ」て死にますし(いきなり...)、ランスロットが北へ向かう途中出会うエレーンは逆に、全然振り向いてくれないランスロットに焦がれながら死ぬんですが、自分を憐れに思って欲しいなんて手紙を書いて、死んだら手に握らせておいてくれと父親に頼んでます。思いが深いというか情が強いという点では共通していますけどね。

どちらの作品もとても美しいです。でも私にとって一読して簡単に理解できるような作品でもないので(こんな浅い記事ですみませんー)、味わいつつ噛み締めつつ、折に触れて読み返すことになりそうです。そうやって読み続ければ、そのうちもっと色々のことが感じ取れてくるでしょう、きっと。
それに対して、テニスンの「国王牧歌」はそれほど難しくないです。これは全12巻1万余行の叙事詩。叙情的な詩に比べると、やっぱり叙事詩は読みやすいー。でも、この詩集に収められているのは、最終巻の「アーサーの死」だけなんです。致命傷を受けたアーサーに頼まれたベデヴィア卿が3度エクスキャリバーを捨てに行く場面と、アーサーを乗せた船が去っていく場面。(こっちも船だ!) この「国王牧歌」が全部読みたいんですけど、どうやら日本語には訳されてないみたいで残念。原書で読むしかないのかなあ...。

「テニスン詩集」にも「倫敦塔・幻影の盾」にも、他にも色んな作品が載ってますし、もちろんそちらも読んでるんですが、今回の注目はアーサー王伝説ということで♪ (岩波文庫・新潮文庫)


+既読の夏目漱石作品の感想+
「夢十夜」「冥途」「猫町」
「明暗」夏目漱石・「続明暗」水村美苗
「対訳 テニスン詩集」「倫敦塔・幻影の盾」夏目漱石

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
子供の頃から「ギリシア・ローマ神話」でお馴染みだったブルフィンチ。神話関係で有名な人なので、ずっとイギリス人か、そうでなくてもヨーロッパの人なんだろうと思っていたんですけど、実はアメリカ人だったんですねー。「ギリシア・ローマ神話」「中世騎士物語」、あと「シャルルマーニュ伝説」(近々読む予定)の3冊は、どうやらイギリス文学を読もうと考えているアメリカ人のために書かれた本のようです。必要な知識を手っ取り早く得るための本だったのか。道理で、幅広く分かりやすく網羅しているはずです。確かにヨーロッパの文学を読む時は、神話とか英雄伝説といった基礎知識があった方が絶対いいですものね。あと聖書も。...本書の訳者の野上弥生子さんも、この本や「ギリシア・ローマ神話」を訳したのは、「西欧の芸術文化を理解するにあたって、なくてはならない知識を一般に与えたいためであった」と書かれていました。確かに騎士道物語や英国における英雄伝説に関する幅広い知識が得られる本書は、入門編にぴったり。

以前、同じブルフィンチの「新訳アーサー王物語」を読んだ時は、その浅さに正直がっくりきたんですが、これはなかなか面白かったです。まず冒頭には、中世英国の歴史。社会的な状況や当時の騎士に関する簡単な説明があって、シェイクスピアで有名なリア王なども登場。次はアーサー王伝説。これが本書の中心ですね。明らかにマロリーの「アーサー王の死」を元にしたと思われます。そして、アーサー王伝説も登場する中世ウェールズの叙事詩「マビノジョン」。「アーサー王の死」はもちろん、「マビノジョン」も去年読んでいるので(記事)、特に目新しい部分はなかったんですが、それでも楽しめました。そして最後に「英国民族の英雄伝説」の章では、「ベイオウルフ」「アイルランドの勇士キュクレイン」「油断のないヘレワード」「ロビン・フッド」という4人が簡単に取り上げられています。この章に関してはごくごく簡単な取り上げ方なので、特にどうということもないのですが... ウォルター・スコットの「アイヴァンホー」にロビン・フッドが登場してると知ってびっくり。そうだったんだ! 迂闊にも全然知りませんでした。うわー、ロビン・フッド大好きなんです。これはぜひとも!読んでみたいと思います。(岩波文庫)


+既読のトマス・ブルフィンチ作品の感想+
「中世騎士物語」ブルフィンチ
「シャルルマーニュ伝説」トマス・ブルフィンチ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon] [amazon]
紀元前1500年ミノア時代の後期、大森林に逃げ込んだ海賊を討伐しに行っていたクレタ王国のミノス王の弟・アイアコスは、数年間の行方不明ののち、耳の先が尖り、緑がかった褐色の髪をしている子供を2人連れて帰ってきます。姉のテアが16歳、弟のイカロスが15歳になった時、2人が暮らす宮殿にアカイアの侵略軍が入り込み、2人は翼のついた魚に乗って宮殿から脱出。しかし行き着いたのは、父からは行ってはいけないと言われた「けものの国」だったのです... という「ミノタウロスの森」と、その前日譚の「幻獣の森」。

「薔薇の荘園」(感想)がものすごく素敵だったトマス・バーネット・スワン。「ミノタウロスの森は」はスワンの処女長編なのだそう。「薔薇の荘園」の詩的な雰囲気に比べると、こちらはちょっと物足りないかなと思うんですが、それでも幻の獣たちが暮らす森林の情景はなかなかでした。ここから「薔薇の荘園」のあの雰囲気に繋がっていくんでしょうね。
ギリシャ神話に登場するミノタウロスは、牛頭人身の怪物。ミノス王の妻と牛の間に生まれたミノタウロスは迷宮に閉じ込められて、アリアドネの糸を使ったテセウスに退治されたというエピソードがあります。でもここに登場するミノタウロスのユーノストスは、神話のミノタウロスと同じ牛頭人身の獣ながらも、「気は優しくて力持ち」。戦闘時には獰猛果敢になるんですけど、普段はごくごく穏やかな存在。こういう作品を読んでると、元々はこういう存在だったのに、こんなことがあったからギリシャ神話のエピソードが生まれてきたのかな、なんて思えるのが楽しいところです。(迷宮を作ったダイダロスがちゃんと存在してるらしいのが、また面白い)

「幻獣の森」は、「ミノタウロスの森」にも登場した木の精(ドリュアス)のゾーイが回想する、ユーノストスとドリュアスのコーラ、そしてクレタの王子アイアコスの物語。「ミノタウロスの森」で、ユーノストスがテアとイカロスにその両親のことを一通り語っているので大筋では一緒なんですが、年齢その他の設定に色々と食い違いが! これはもしやユーノストスが姉弟に生々しい話を聞かせたくなくて脚色したのかしら?と思ったんですが... 著者あとがきによると、そういう意図はなかったようです。
いずれにせよ、もっと人間の王子とドリュアスの素直な悲恋物かと思っていたのですが、実はあまり気持ちのよくない物語でした... 恋に恋するコーラの身勝手な話だったのか! とはいえ、「ミノタウロスの森」では、あまり上品とは言えない年寄り女だったゾーイが、こっちではすごく魅力的で良かったです。哀しいんですけどね。 (ハヤカワ文庫FT)


+既読のトマス・バーネット・スワン作品の感想+
「薔薇の荘園」トマス・バーネット・スワン
「ミノタウロスの森」「幻獣の森」トマス・バーネット・スワン

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.