Catégories:“神話・伝承”

Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
子供部屋にいる4人の子供たちにとって、一番楽しみなのは寝る前のお話。ばあやは穴のあいた子供たちの靴下を繕いながら、その穴の大きさに見合ったお話をしてくれるのです... という「年とったばあやのお話かご」。そして、イタリアのフローレンスの丘の上の屋敷に住むブリジェットを訪ねた「わたし」が、そこでの出来事をもとにお話を語っていく「イタリアののぞきめがね」。

先日「ムギの王さま」を読んで、無性にファージョンが再読したくなっちゃいました。まずはファージョン作品集の1巻と2巻から~。
どちらも枠物語になってるので、基本的には似たような雰囲気。「イタリアののぞきめがね」はどうやらファージョン自身が友達家族の家を訪ねたイタリア旅行が軸になってるようなんですけど、「年とったばあやのお話かご」のばあやが語り手だと言ってもおかしくない感じですしね。でも細かい部分は色々と違っています。
「年とったばあやのお話かご」は、ばあやがこれまで世話をしてきた世界中の子供たちのお話。ばあやの年は一体いくつなんだか、この本での聞き手の4人の子供たちのお母さんも、そのまたお母さんもばあやの世話になってるんですけど、あのグリム兄弟もばあやがお守りをしてて、兄弟はその時に聞いた話を自分たちの童話集に入れたとかいうんですよ! ペルーのインカ王やエジプトのスフィンクスもばあやお守りをしたっていうし、ギリシャ神話のネプチューンだって、ばあやのお友達。お話だけで世界一周気分になっちゃいます。そして大きな穴には大きなお話、小さな穴には小さなお話と穴の大きさに合わせてお話の大きさも変わるんですが、小さい穴でも細かく丁寧にかがらなくてはいけない時は大きなお話になるし、穴が大きすぎる時はいいかげんにくっつけておかなければいけなくて、それほど大きなお話にならない時もあって、そういうのも楽しいです♪
「イタリアののぞきめがね」は、基本的にイタリアのお話ばかり。大人も子供も仮装して通りをかけまわるイタリアでの謝肉祭のお祭りの日には謝肉祭のお祭りのお話、パスタを切らして困ってしまった日には、昔々小麦が取れなくなってパスタが食べられなくなった時のお話、と、「わたし」の身の回りの出来事がお話になってるんです。「年とったばあやのお話かご」を読んでからこっちを読むと、挿入されるお話が少ないので、それがちょっぴり物足りないかな... それでもやっぱり楽しいんですけどね。(岩波書店)


+既読のファージョン作品の感想+
「ムギと王さま」「天国を出ていく」ファージョン
「年とったばあやのお話かご」「イタリアののぞきめがね」ファージョン
「町かどのジム」エリノア・ファージョン
「リンゴ畑のマーティン・ピピン」「ヒナギク野のマーティン・ピピン」ファージョン
「銀のシギ」エリナー・ファージョン
「マローンおばさん」エリナー・ファージョン
「ガラスのくつ」エリナー・ファージョン
「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」「ねんねんネコのねるとこは」エリナー・ファージョン

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
太古の昔から目に見えない言葉の霊力を信じ、文字よりも言葉を大切にして、歴史や物語、詩を何世代にも渡って言葉で伝えてきたアイルランドのケルト人。その後ケルト社会が崩壊し、ゲール語が英語に取って代わられるようになっても、アイルランドには音楽や物語を好む風土が残り、今に至っています。そんなアイルランドのケルト的な無形の文化、歌い手たちや物語の語り手たちに興味を引かれた著者が、それらの人々に会いながらアイルランドを旅する本です。

まず印象に残ったのは、歌は語りだから、歌の背景を知らなければ正しく歌うことはできない、という言葉。歌う技術よりも、まず「物語ありき」。この言葉には驚きました。...ちょっと考えてみれば、確かに歌も物語も一緒なのにね。でもやっぱり、歌は耳から入ってくるもの、物語は目から入ってくるものという意識が私の中にはあるんですねえ。それがいいのか悪いのかはともかくとして。
古い神話や伝承、口承で伝わってきたような文学が好きと言いつつ、私は実際にはあまり耳からの情報というのに慣れてないのかも、なんて改めて思います。物心ついた頃には既に本は身の回りに沢山あったけど、どちらかといえば本と一緒に放置されてたという感じで、母に本の読み聞かせなんてやってもらったことないし(母もした覚えがないと言ってました)、おじいちゃんおばあちゃんが面白いお話を沢山してくれるなんてこともなく、ラジオもあんまり聞かなかったですしねえ。私にとって情報とは、まず目から入ってくるものなのかも。例えば何かの曲を聴いていても、私にとって歌は楽器の1つぐらいの位置付け。言葉としての歌詞を聞くことってほとんどないんです。ピアノはずっと習ってたし、音を聞き取るという意味ではある程度訓練されてるはずなのだけど。
でもケルトの文化では、元々文字には重きを置いてなくて、あくまでも言葉が中心。「文字にされれば、物語は死ぬ」なんて言葉を聞くと、ドキッとしてしまいます。

さて、この本に登場するのは現代の語り部たち。名刺大のカードを繰って、どんな話が聞きたいのかとたずね、1つ話が出てくるとその話が次の話へ、そしてまた次の話へと繋がっていくなんて楽しそう! 日本の昔話のような「むかーしむかしあるところに...」のような始まりではなくて、畳み掛けるように言葉が出てくるリズミカルな語りというのもちょっと意外でしたが、身振りや手振りもなく、自分の中にある言葉をどんどん並べていくような語り方みたいです。そしてそんな風に語られた物語が実際にこの本でも紹介されてるのが嬉しいところ。
語り部になるにも人それぞれのきっかけがあるでしょうけど、著者が最初に会った人の場合は、成人して海外で仕事をしていて、久々に帰国した時に見た光景がきっかけだったのだそうです。かつては夜になると家族や近所同士で集まって歌を歌い、楽器を演奏し、踊り、物語を語っていたのに、それが全くなくなっていたのにショックを受けたから。テレビの登場のせいだったんですね。人々はそれぞれ家に閉じこもってテレビを見るばかり... でもだからといって語りの伝統が完全に絶えたわけではなくて、声をかけてたら、まだまだ歌やお話を愛する人々がぞろぞろと出てきて。...こういう集まり(ケイリー)に関しては、チャールズ・デ・リントの「リトル・カントリー」(感想)や、ケイト・トンプソン「時間のない国で」(感想)を読んだ時にも楽しそうだなと思ってたんです。
でもこの人の場合は、まだまだそんな人たちがいっぱいいることが分かったからいいんですが、他の語り部には、もう誰もお話を聞きたい人間などいない、なんて言ってる人もいて... 今の人間は集中力がなくなっていて、20分も静かにしてることができない、もう語りも終わりだ、なんて話を聞くと本当に悲しくなってしまいます。

ちょっと意外だったのは、今は神話はあまり受けなくて、それよりも笑い話に人気があるという辺り。フィン・マックールの話もオシアンの話もクーフリンの話もメイヴの話も、私、大好きなんですけどー。確かに1日中働いて疲れてる時には、ちょっとした笑い話がいいのかもしれませんけどね。こんな時に文字があってやっぱり良かったと思います。文字がなかった頃は、最近の人には受けないから、なーんて言われて消えていった物語も沢山あったんでしょうけど、今はその心配はほとんどないんですものね。(笑)(集英社新書)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / /

[amazon]
小さなマルーシャは、兄さんのワーニャとピーターおじいさん、そして黒猫のウラジミールとエスキモー犬のバーヤンと一緒に、森の中の松の木で作った家に住んでいました。ワーニャとマルーシャの両親は2人が小さい時に亡くなっていたのです。2人の一番のお楽しみは、夜になるとピーターおじいさんが話してくれる物語でした。

先日読んだ「アーサー・ランサムのロシア昔話」の前に出ているのが、この本。ランサム自身がロシアで採取したという昔話全21編を、おじいさんが2人の孫に語り聞かせるという枠物語になってます。 めんどりの足の生えた小屋に住む恐ろしい魔女のバーバ・ヤーガ、火の鳥や魔法の馬といった存在はロシアならではだし、そんな物語で活躍するのは3人兄弟の末のイワンだったり~。それに川に恋する「サトコ」や「雪むすめ」といった物語も、ロシアの風土ならではの物語なんですよね。日本の雪女は怖いんですけど、ロシアの雪むすめはとても可憐。
しかも枠物語って大好きなんです。こういうところにアーサー・ランサムらしさが出てるんですね。とってもあったかくて、おじいさんと2人の孫という3人が、自分たちで物語を作り上げていってる感じです。自然にお話の中に引き込まれちゃう。いいなあ、こんなおじいさん、欲しいー。
プーシキンの本にもあった「金の魚」もあれば、エルショーフの「せむしの小馬」のような物語もあり、ラング世界童話集やアファナーシェフの「ロシア民話集」、「ブィリーナ英雄叙事詩」の中で読んだ物語もあって、全体的にはそれほど目新しくないんですが、それでも既に知っている物語とは展開の仕方や結末が少しずつ違うのが楽しいところ。例えば上で挙げた「雪むすめ」も、私が知っていた物語とは結末は同じでも、その途中経過が違うんですよね。そんな中で、とても新鮮に感じられたのは「銀の小皿とすきとおったリンゴの話」。これは3人姉妹が商人の父親にお土産を頼む物語で、それだけなら「美女と野獣」のバリエーションなんですけど、それとはまた違ってて... しかも「銀の小皿と熟れたリンゴの話」というのもロシア民話にはあるんですが(右の本に入ってます)、それともまたちょっと違ってて面白いんです。父親にその2つをどうするのかと聞かれた娘の答は、「お皿の上でリンゴをまわします」というもの。さてまわすとどうなるのでしょう? それは実際に読んでみてのお楽しみ♪(パピルス)


+既読のアーサー・ランサム作品の感想+
「アーサー・ランサムのロシア昔話」アーサー・ランサム
「ピーターおじいさんの昔話」アーサー・ランサム

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
世界各国の猫のおとぎ話ばかり全部で27編が集められている本です。
例えば「長靴をはいた猫」だけでも4つあるし、猫の王が死んで世代交代する物語は3つ。今まで猫のいなかった地方で猫を売って商人が大儲けした物語も3つ。同じ物語の様々なバリエーションが読めるというのがまず楽しいんですよね。「長靴をはいた猫」といえば、やっぱりシャルル・ペローの童話が有名ですけど、ここではまだ長靴をはくようになる前の猫もいれば、恩知らずな主人に怒る猫も...。もちろん世界に散らばる「長靴をはいた猫」は、この4つだけじゃありません。猫以外の動物が活躍するバージョンもあるし、実際私自身、先日ラング童話集でガゼルが主役の物語を読んだばかりですしね。(「むらさきいろの童話集」だったかと) この「長靴をはいた猫」のオリジナルは、ジャッカルが主人公のインドの物語と考えられているんだそうです。
そして、日本の猫の物語も3つ収められてました。ちょっとびっくり。そのうちの1つは小泉八雲が欧米に伝えたものでした。日本に赴任してた外交官が伝えた話も1つ。そんな風に広まっていくものなんですねー。日本の猫といえば、まず油を舐める化け猫が思い浮かんでしまうんですけど(笑)、そういうおどろおどろしいのじゃなくて、もっと後味のいいお話。そしてこの本で嬉しかったのは、編者がそれぞれの作品に全く手を加えていないということ。例えば「ウォルター・スコット卿の猫」は、ワシントン・アーヴィングの「ウォルター・スコット邸訪問記」のままの一節なんです。先日読んだばかりですよー。(感想
この中で私が一番好きだったのは、ルドヤード・キプリングによる「それでも一人で歩く猫」。世界中の動物たちが人間に飼いならされることになってしまっても、猫だけは自分の決して飼いならされることのない本性を失うことがないというお話。

世界中の全ての猫のおとぎ話を集めたら、一体どのぐらいあるんでしょうねー。手元に集まりながらも収録できなかった物語が沢山あったみたいです。確かにちょっと考えただけでも、鼠に騙されて干支に入り損ねた猫の物語とか、逆に他の動物を騙すずる賢い猫の話なんかもあるし... 猫といえば魔女の使い魔でもあるし、そういう話もいっぱいありそうですよね。でもこの本に登場する猫たちは、程度の差こそあれ主人思いの賢い猫たち。毅然としていて他者に媚びませんが、一度信頼した人物にはとても誠実です。...ま、それもまた猫のもつ1面ということで♪(草思社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
第1部では「天地の創造とそれらが配列され装飾された仕方」、第2部では「世界を三つの部分に区分し、その各部を土地や時代に応じて、起こっては倒れた王国の叙述とともに論じた」という著述の、第3部を収めたのが本書。神聖ローマ帝国のオットー4世に、公務の合間の時間に語り聞かせるために集められた各地方の驚異現象集。

ティルベリのゲルウァシウスというのは12世紀の聖職者だったという人物。このゲルウァシウスが南仏やスペイン、イタリアやイングランドで直接採集、あるいは友人から仕入れた不思議な話、訪れた土地で実際に体験した不思議な出来事が全部で129話、まことしやかに語られていきます。自分自身で体験しなかったら、自分の目で見なかったら、こんなの到底信じられなかったはず~と言ってみたり、聖書や聖アウグスティヌスの「神の国」など古典的著作を引き合いに出しながら、そういった怪しげな話の真実味を出すやり口がすごく巧みで、それでいて語られる話は突拍子もないものが多いのが面白いんですよね。特に驚いたのは、途中で魔術師として登場するヴェルギリウス。これは古代ローマの詩人のヴェルギリウスと同一人物。「アエネーイス」を書いた偉大な詩人が、一体いつの間に魔術師になってしまったんでしょう! でもこれって、特にイタリアで好まれた逸話なんだそうです。他にもナポリの肉市場には肉を腐らせないような魔術がかけられていたり、どちら側を通るかによって幸運が左右される市門のパロスの頭像があったり、風を変える喇叭をくわえた男の青銅像などなど、奇妙奇天烈な話がいっぱい。
欧米の中世史家の間では人気急上昇中の作品なのだそうです。博物誌系の本が好きな人は楽しめるでしょうね。私は読んでてちょっと疲れたけど。(笑)(講談社学術文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇」ティルベリのゲルウァシウス
「西洋中世奇譚集成 東方の驚異」逸名作家

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
最初はアンデルセンのようなフェアリー・テイルを書きたいと考えていたアーサー・ランサム。しかしその後ロシアの昔話の翻訳書を偶然手にした時、話そのものは楽しいのに、言葉も文体もひどくて子供向きではないことに衝撃を受け、ロシアに行って言葉を学び、自ら昔話を収集して翻訳する決意を固めたのだそう。そして翌年ロシアに向かったランサムはロシア、コーカサス、ウクライナ、トゥルケスタンから昔話を採集し、「ピーターおじさんのロシアの昔話」を書きあげます。この「アーサー・ランサムのロシア昔話」は、その第2弾のために用意していたものの、結局日の目を見なかったという作品を集めた物語集。
「鳥とけものの戦争」「白鳥の王女」「オメリヤとカワカマス」「高価な指輪」「キツネ話」「貧すれば貪するという話」「小さな家畜」「ジプシーと聖ジョージ」「天国のかじや」「兵隊と死神」「二人の兄弟」という全11編。

子供の頃、ツバメ号シリーズを愛読していたので、アーサー・ランサムの名前はお馴染みだったし、この本の存在は知ってたんですけど、なんでアーサー・ランサムがロシア...?と思ってしまって、なんとなく手に取れずにいたんですね。でもその辺りもちゃんと説明されていました。しかも面白かったー。

ロシアの民話にはロシアの民話での常識というのがあるし、それはロシアの人なら教えられなくても既に知ってること。でもそういうのはイギリス人は知らないことですしね。そのまま話を載せても仕方ないと、ランサムは結構苦労して工夫を凝らしたようです。「ピーターおじさんのロシアの昔話」では、ピーターおじさんが毎晩孫のワーニャとマルーシャに物語を語る形式になっていて、その枠の部分にロシアの昔話の理解に必要な説明を挿入。そのことによって昔話そのものもすっきりと面白くできたのだとか。こちらの「アーサー・ランサムのロシア昔話」は遺稿集なので、きちんとした枠物語になってるわけではないんですが、それでも語り手の存在は感じられるように書かれてるので、とても話の中に入りやすいです。
ただ、まえがきに、「全体の傾向は『ピーターおじさん』よりもやや暗鬱だろうが、これもまた、むかしから暗い面を持っているロシア農民世界の真実の姿なのである」とありましたが... それほど暗鬱とは思わなかったんですけど? 確かに「兵隊と死神」は、アファナーシェフの「ロシア民話集」(感想)の方が救われる結末となってましたけど、別に暗鬱とは思わなかったですねえ。むしろそんな風に結末が違うというのが興味深いです。それに例えば、結婚したカエルが最後に若く美しい王子に変わることはなくて(実際にはカエルは登場しませんが、例えばね)、「そんなうその話をしてみてもしょうがない」なんて言われると、逆に楽しくなってしまいますー。でも訳者あとがきを見ると「ピーターおじさん」にはもっとずっとスケールの大きい明るい物語が収められてるみたい。そちらも読んでみたいので、今度また図書館で借りて来ようっと!(きちんとした題名は「ピーターおじいさんの昔話」のようです)(白水社)


+既読のアーサー・ランサム作品の感想+
「アーサー・ランサムのロシア昔話」アーサー・ランサム
「ピーターおじいさんの昔話」アーサー・ランサム

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / / /

 [amazon]
イアソンが自分の破滅の原因となると知った王ぺリアスは、イアソンが大海や外国で命を落として戻って来ないことを願い、危険に満ちた航海の冒険を彼に課すことに。それは黒海の東の果てにあるコルキスへ金の羊毛を求めに行くというもの。イアソンはギリシャじゅうの英雄を集めてアルゴ船に乗り込むことに。集まったのはオルペウス、双子のカストルとポリュデウケス、ヘラクレスら50人ほどでした。

文庫なのにアマゾンの中古に8000円なんて高値がついててびっくりしたこの本、市内の図書館に蔵書がないので、他のところから借りてもらっちゃいました。でも文庫なのに8000円ってどういうことよ? 1997年発行でそれほど古い本でもないのに。さっき見たら7500円ぐらいまで下がってたけど、まだまだ買える値段じゃありません。講談社の方、こういう本はぜひ復刊してくださーい。「メタモルフォーシス ギリシア変身物語集」の方は、今でも新品が手に入るのに! しかもきちんとした「アルゴナウティカ」の邦訳ってこの本だけなのに!
と思いつつ。
読みましたよー。ギリシャ神話関連の本で話は何度も読んでるんですが、きちんとした訳はこれが初めてです。ちゃんと叙事詩の形式で訳されているのがすごく嬉しいー。話そのものはそれほど好きではないんですが、古代ローマ時代の詩人、ウェルギリウスやオウィディウスにも大きな影響を与えてる作品ですしね。もう少し後のガイウス・ウァレリウス・フラックスもこの作品に触発されて、新たな「アルゴナウティカ」という作品を書いてます。

エウリピデスのギリシャ悲劇「メデイア」(感想)では既に鬼女のようになってしまっているメデイアですが、イアソンと出会った頃はまだまだ初々しい乙女。後々の激しさの片鱗は見え隠れしていますが、まだまだ純真です。愛するイアソンと父との間で板ばさみになって苦しんでます。...この物語でイアソンの恋の相手となるのはこのメデイアと、その前にレムノス島で出会うヒュプシピュレの2人なんですが、2人の造形がすごく対照的なんですよね。つつましく優しく、男に無理なことを求めない(都合のいい女とも言える)ヒュプシピュレと、激しい恋に燃えるメデイアと。イアソンが結局そのどちらとも添い遂げずに終わったというのが面白いなー。そして対照的といえば、この冒険に参加するヘラクレスも主人公のイアソンと対照的。いかにも英雄といった風情のヘラクレスと、気弱というほどではないんだけど、何かあるたびに思い悩んだり嘆いたりするイアソン。まあ、ヘラクレスは頭の中も筋肉でできてるような人だし、そんな人と比べれば誰でも人間的に見える気もするんですけど。
そのヘラクレスなんですが、結構早いうちにミュシアという土地に誤って置き去りにされてしまうんです。そしてその後合流することもなく「こんな時にヘラクレスがいたらなあ」ってすっかり回想の中の人になってしまうことに。で、びっくりしたのは、その間にヘラに課せられた12の冒険をしていること。しかもその冒険の中で行ったことが、後にイアソンたちの助けになってるんです。こういうの、すごく面白い! しかも解説によると、この物語はもともとは古い民話で、主人公に協力するのは動物だったんだそうです。なんだか桃太郎みたいだわー。なんて、我ながら枝葉の部分ばかり楽しんでるような気がしないでもないですが~。(講談社学芸文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.