Catégories:“神話・伝承”

Catégories: / / /

 [amazon]
ロシア民衆の間に口承で伝わってきた英雄叙事詩・ブィリーナ。18世紀以前は放浪楽師(スコモローフ)のような職業的芸能者によってロシア各地で語られ、18~19世紀半ばにその最良の部分が採録されるようになったのだそう。数々のスコモローフたちに語られた数々の物語から、太古の騎士たち、キーエフの勇士たち、ノヴゴロドの英雄たち、勇士群像という4つの章に分けて、21編を紹介していく本。

ブィリーナとは「実際にあったこと」という意味で、19世紀の30年代にサーハロフという学者が命名したものなんだそうです。普通の昔話とは違って史実に基づくもの、特に先日読んだ「イーゴリ遠征物語」(感想)に由来すると言われていたことからの命名。まあ、実際に史実に基づいていたというより「そう考えられていた」というのがポイントなんですけどね。でも、ここに登場する「太陽の君」と呼ばれるウラジーミル公は、プーシキンの「ルスランとリュドミーラ」にも出てくるんですが、このウラジーミル公が誰だったのか、まだ特定されてないんですって。びっくり。歴史上に名を残したキエフ大公国のウラジーミル公は2人いて、1人は「聖公」と呼ばれるウラジーミル1世、もう1人は「ウラジーミルモノマフ」と呼ばれたウラジーミル2世なんだそうです。

「太古の勇士たち」の章に収められているのは、神話的な物語。スヴャトゴールはヘラクレスのような力持ちで世界を持ち上げようとするし、マルファ姫が踏んだ毒蛇が姫の足に巻きついて尾で太ももを打って宿ったというヴォルフは、まるでヘルメスのように成長が早いです。生まれて1時間半もすると話し始めて、おしめの代わりに鎧と兜を要求するんですから。勇ましいヴォリガーと百姓のミクーラの勝負も、今はパッと思い浮かばないけど、いかにも何か似たエピソードがありそう。
「キーエフの勇士たち」の章で中心となるのは、「太陽の君」ウラジーミルと、彼をめぐる勇士たち。その中でもイリヤーとドブルィニャとアリョーシャの3人が代表格。生まれながらに手足が萎えていたイリヤーは3人の老人の力で健康体になり、ロシア一の勇士となるんです。他の勇士たちの物語は大抵1つ、多くても2つなのに、イリヤーにまつわる物語は5つ。それだけ知名度が高くて人気もあったんですね。
そして「ノヴゴロドの英雄たち」で登場するのは、知らないうちに水の王にグースリ弾いていて、お礼に大金持ちにしてもらった商人サドコと、無法者のワシーリイ。「勇士群像」で登場するのは、ウラジーミル公とアプラクシア妃の結婚に一役買ったドゥナイ、富裕な伊達男のチュリーラ、天竺からウラジーミル公の宮廷にやって来た公子デューク、見事賭けに応じるスターヴェルの妻、たった1人でタタール人の軍勢を退けながら法螺吹きと思われたスフマン、ウラジーミル公の姪。ザバーヴシカ姫と結婚したソロヴェイ。

私が一番気に入ったのは、昔話風の「イリヤーの三つの旅」。旅をしていたイリヤーが、道が三つに分かれる辻に不思議な道標を見つける物語です。石の上には「第一の道を行けば、死を得るべし。第二の道を行けば、妻を得るべし。第三の道を行けば、富を得るべし」なんて書かれていて、それだけならよくあるパターンとなりそうなところなんですけど... でもその後の展開は独特なんです。面白いなあ。あと「イリヤーとカーリン帝」では、タタールの軍勢によって窮地に陥ったウラジーミル公を助けるためにイリヤーは12人の勇士たちに助成を頼むんですけど、その時に、助ける助けないと3度のやりとりをするんですね。これが昔ながらの定型って感じでいい感じなんです。やっぱり定型って美しいなって思いますね。(平凡社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
何度もロシアに侵入しては略奪を繰り返していたポーロヴェッツ人。イーゴリ侯はロシアを守るために、ポーロヴェッツ人討伐の遠征をすることに。出陣間際に日蝕という不吉な前兆が起きたにも関わらず、イーゴリは兵士らを鼓舞してポーロヴェッツ人の地を目指します。

12世紀末にロシアで成立したという作者不明の散文。ロシアでは中世文学を代表する傑作として広く知られているんだそうです。11~12世紀のロシアは東方のテュルク(トルコ)系の遊牧民・ポーロヴェッツの侵入に度々悩まされていて、この作品も1185年春、南ロシアの小都市の候の息子だったイーゴリが行ったポーロヴェッツ人討伐遠征の史実が元となっているのだそう。そしてこれはアレクサンドル・ボロジーンのオペラ「イーゴリ」の元にもなっている作品... と書いてあってもピンと来なかったんですが、ボロジーンというよりボロディンですね! そうそう、「イーゴリ公」といえば「韃靼人の踊り」が有名でした~。右のは歌劇「イーゴリ公」のハイライトのCDなんですけど、これを見ると「Prince Igor」になってますね。Princeなんだ!(驚)
この本の訳ではまるで詩のように行が頻繁に変えられてるんですが、原文は散文作品とのこと。雰囲気としては「ローランの歌」(感想)のような英雄叙事詩に近いです。でもこれを読むとイーゴリ候はとても重要人物のように思えてしまうんですが、実際には弱小領主に過ぎなかったようで... 華々しい戦記ではなくて、最初の不吉な前兆通り、イーゴリ候の軍勢は大敗を喫して、イーゴリ候自身が敵に捕らわれてしまうほど。でも最後はイーゴリ候がロシアに無事帰還してめでたしめでたし。ラストがロシアらしいかな。でも正直、それほど面白くは感じられなかったのが、ちょっと残念。(岩波文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
東京創元社で刊行中のラング童話集の9冊目。今回は全25編で、多かったのはネイティヴ・アメリカンの話、アフリカの話、そしてラップランドの話。なかなか面白いのが多かったです。

特に面白かったのは、ネイティヴ・アメリカンの話。「玉運びと魔物」「玉運び、つとめをはたす」という続き物が入ってるんですけど、これがユニークなんです。
まず男の子がまじない師のおばあさんに攫われるんですね。そして、精霊に知恵と力をさずかるには断食が必要と言われて、断食をすることになるんです。10日ではまだ不足。一旦食事をして、今度は20日の断食。かなりの精霊が訪れるけど、まだ不足。さらに20日断食すると、今度は全ての精霊から知恵と力を授かることができます。男の子はそのおかげで体力的にも強くなるし、目も耳もきくようになるし、変身する力まで身につけちゃう。断食をしてそんな力をつけるなんて話、今まで読んだことなかったわ~。
力をつけると、魔物から金とどこでも渡れる小さな橋を盗み出すように送り出されて、ようやく普通の昔話らしくなるんですが...。無事盗み出して、魔物をやっつけて逃げ出してから、まじない師の家に帰れなくなっちゃうんですね。道を忘れてしまって歩き回るうちに色んな冒険をして(詳細は不明)、結婚までしちゃう。子供も3人。で、なんだかんだとあった後で死んでしまうんですけど、彼が死ぬとようやく、まじない師が再登場。死んでるのを起こして(まあ、なんて簡単な!)、魔物から金と橋を盗んできたか尋ねて、それを彼の脇の下から取り出すと(ずっとそこに隠してたのか?!)、その後の行動がまたびっくり。このまじない師の存在って、一体ー!?
題名の「玉運び」の玉は、まじない師が子供を欲しくなった時に使う玉。まじない師がぽんと玉を放ると、その玉は目当ての子供の家まで転がっていって、子供と出くわした途端にまじない師の家に戻り始めるんです。子供は綺麗な玉が欲しくて、しかもすぐ追いつけそうな気がして追いかけるんだけど絶対につかまえられなくて、まじない師の家まで来ちゃうという仕組み。これ、すごい簡単で確実な方法ですよね。(笑)(東京創元社)


+シリーズ既刊の感想+(東京創元社版)
「あおいろの童話集」「あかいろの童話集」アンドルー・ラング編
「みどりいろの童話集」アンドルー・ラング編
「きいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ももいろの童話集」アンドルー・ラング編
「はいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「むらさきいろの童話集」アンドルー・ラング編
「べにいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ちゃいろの童話集」アンドルー・ラング編
「だいだいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「くさいろの童話集」アンドルー・ラング編

+シリーズ既刊の感想+(偕成社文庫版)
「みどりいろの童話集」「ばらいろの童話集」アンドルー・ラング

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
ロシアでは4番目、世界では10番目の大河・アムール川流域に住むニブヒ(ギリヤーク)、ウデゲ、ナナイ(ゴリド)、ウリチなどの少数種族に伝わる民話をもとに創作されたという物語集。

アムール川というのは、この本では全長4,350Km、広いところの川幅は10キロあると書かれてるんですが、Wikipediaを見ると全長4,444Kmで世界8位の長さですって。モンゴル高原からロシアと中国との国境を通り、オホーツク海に面したアムール湾に注ぐ大河。中国では黒竜江または黒河と呼ばれているのだそう。
ここに収められた物語は全部で11編。どれもとても素朴な物語で、訳者あとがきを読むまで、創作だとは気がつかなかった... びっくり。それほど元々の民話らしさを生かした物語となっています。「勇敢なアズムーン」のように、不漁に苦しむ人々を見かねたアズムーンが海の老人・タイルナースに会いに行くというまるで神話に連なるのような物語もあれば、「クマとシマリスはどうして仲が悪くなったか」「ふたりの弱いものとひとりの強いもの」のような動物民話もあり、シンデレラ的な「小さなエリガー」あり、「大きな災難」「みなしごのマムブ」みたいに他の民族から攻めてこられた話もあり、バラエティに富んでますねー。
私が特に気に入ったのは、「チョリリとチョリチナイ」と「七つの恐怖」。「チョリリとチョリチナイ」は、親が決めた許婚チョリリとチョリチナイの物語。2人とも親を病気(ペストですって)で亡くして、もう大人になってたチョリリが幼いチョリチナイを家に引き取るんですね。で、結婚できるまで大きくなるのを待ってるんです。でも日に日に美しくなっていくチョリチナイに目を付けた長老・アルルィフが、チョリチナイにまじないをかけてクマにしてしまい... チョリリが作ったナイフや槍があくまでもチョリリを刺そうとしないところも面白いし、アルルィフのまじないを解くためにはアルルィフについている悪魔を殺さなくちゃいけなくて、そう聞いたチョリチナイが冒険する場面が素敵。チョリチナイは山の主のところに行くために九つの川を通り、九つの湖を通り、九つの山脈を越えたところにある、滑らかな岩石を上って主の天幕に向かうんです。悪魔のとこも面白いな。そして「七つの恐怖」は、臆病な心から兄をトラに攫われてしまった弟が、7つの恐怖を超えて救いに行く物語。罠にかかっている動物にすら、兄をなくしたことを罵られて見捨てられるとこが独特。ワシの羽根の助けを得て兄を探しに行けるようになった弟は次々に怖い目に遭うんですが、そのたびに「どうやら、これはまだ恐怖ではないようだ。恐怖は先にあるのだ」と次々に困難に打ち勝っていく場面が頼もしいです。(リブロポート)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
全6章でロシア人にとっての死生観や異界について語っていく本。
第1章 「この世」と「あの世」のしきい ... ロシアの農民への死の予告や死の迎え方、戻ってくる死者について
第2章 家の霊域に棲むもの ... ロシアの家の隅にしつらえられる祭壇やペーチカ、家神・ドモヴォイについて
第3章 ロシア・フォークロアにおける「死」の概念 ... 民族宗教詩や昔話の中の死
第4章 「聖なるロシア」の啓示 ... 民族宗教詩「鳩の書」について
第5章 ロシア的終末論 ... 反キリストについて
第6章 天国と地獄の幻景 ... スラブ神話における宇宙の成り立ち

ロシアの農民たちにとっての死や、ドモヴォイやペーチカについて書かれている最初の2章は具体的なエピソードが多いし、とても興味深いです。こういう土着の習慣や信仰というのは、ロシア文学を理解する上でも重要なポイントになるのかもしれないですね。そして第3章・第4章に出てくる民族宗教詩というのも全然知らなかったので、そういうのもとても勉強になりました。
でも私が個人的に一番読みたかったのは、キリスト教が入ってくる以前の純粋なスラヴ神話に関する第6章。そういう話はあんまり載ってないのかなーとちょっと諦め気味になってたので、これが本当に嬉しかった! 古代スラヴ人がそういった神話を書き残すすべを知らなかったために、その多くは失わせてしまっているというのが、ものすごく残念。でも少なくとも、古代スラヴ人は宇宙を巨大な卵として捉えていたようです。「宇宙卵」を産んだのは、世界を創造したと言われる2羽の「宇宙鳥」。

宇宙卵の殻は天、薄皮は雲、白身は水(大海)、黄身は地、である。黄身(地)は白身(水)に囲まれた形で卵の真ん中に浮かんでいる。黄身の上方の部分は人間の住む世界であり、下方は黄泉の国、死者たちの世界である。黄泉の国へ行くには、地を取り囲んでいる大海を越えて行かなければならない。あるいは深い井戸を掘って地を貫いて行かなくてはならない。

地(地上界と地下界を含む)と九つの天は一本の「世界樹」(「宇宙樹」)によって繋がれている

「世界樹(宇宙樹)と」いうのが面白いですね。これは北欧神話と同じ。しかも北欧神話でも、世界の数は全部で9つ。民族が違えば、たとえ住んでいる場所が距離的に近くても、まるで違う世界観を持っている方が普通なのに、この共通点は興味深いです。あと他の章にあったんですが、古代スラヴ人は、死ぬとみな卵とかガラスのようなつるつるとした高い山を登らなければならないと信じてたそうなんですね。そういう話も実際、北欧の民話を集めた「太陽の東 月の西」に載ってたし、思ってる以上に共通点がありそう。ああ、もっとこういう話が読みたいー。(岩波新書)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
東京創元社で刊行中のラング童話集の8冊目。今回多いのはハンガリーの昔話。でも以前読んだ「ハンガリー民話集」(感想)とはまた違う物語が多かったですね。ハンガリーの民話特有の締めくくりの言葉「死んでいなければ今も生きているはずだ」は多かったけど、日本の「むかしむかし、あるところに」にあたる「あったことかなかったことか」というのもなかったし、「ヤーノシュ」もハンガリー王の「マーチャーシュ」もなく... この辺りはラングが物語を英訳する時になくなってしまったのかな? でも話そのものもあまり似てなかったように思うし、何より鳥の足の上で回転するお城が登場しなかったのが残念。イタリアやスペイン、ロシアの昔話が登場する時は聞き覚えのある物語が多いのに、なぜなのかしら~。
とはいえ、今回も挿絵の美しさを堪能したし~。相変わらず楽しかったです。(東京創元社)


+シリーズ既刊の感想+(東京創元社版)
「あおいろの童話集」「あかいろの童話集」アンドルー・ラング編
「みどりいろの童話集」アンドルー・ラング編
「きいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ももいろの童話集」アンドルー・ラング編
「はいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「むらさきいろの童話集」アンドルー・ラング編
「べにいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ちゃいろの童話集」アンドルー・ラング編
「だいだいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「くさいろの童話集」アンドルー・ラング編

+シリーズ既刊の感想+(偕成社文庫版)
「みどりいろの童話集」「ばらいろの童話集」アンドルー・ラング

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
3つの時代に分けられるアイルランドの神話から、代表的な物語を8編を収めた本。神話時代からは「モイテューラの戦い」「リールの子どもたち」、アルスター伝説からは「クーフリンの誕生」「ブリックルーの宴会」「悲しみのディアドラ」、フィアナ伝説からは「フィンと知恵の鮭」「魔法にかけられた鹿」「オシーンと不老不死の楽園」。

純粋なケルト神話の本は久しぶり。元々子供向けに書かれたものだそうなので、全体的にとても読みやすい分かりやすい物語となってます。私自身はケルト神話に関してはある程度読んでるので、既に知ってる物語ばかりでちょっと物足りなかったですけどね... でもまだあまりケルト神話に触れたことのない人には、入門編としてとてもいいかも。
それにしてもこの表紙、以前読んだ「魔術師のたいこ」(感想)と雰囲気が似てる! もしかしてシリーズ?と思ったんですが、特にそういうのはないみたいですね。同じ春風社の本ではあるんだけど。「魔術師のたいこ」はラップランドの先住民族に伝わる民話で、ものすごく素敵なんです。大好き♪ 春風社のサイトを調べてみたんですけど、あとそれっぽいのは「古英語詩を読む ルーン詩からベーオウルフへ」しかありませんでした。これも読んでみたいなあ。「ベーオウルフ」は知ってるけど、「ルーン詩」「マルドンの戦い」「デオール」が収められてるなんて! それ以外に以前読んだ「カレワラ物語 フィンランドの国民叙事詩」(感想)も春風社だったんですけど、こちらは表紙の雰囲気がまた違います。神話関連のシリーズ、作ってくれれば全部読むのになあ。(春風社)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.