Catégories:“絵本・画集”

Catégories: /

 [amazon]
「まっくろネリノ」の家族は、とうさんとかあさん、そして兄さんが4人。でも父さんも母さんも毎日えさ探しに忙しいし、綺麗な色をした兄さんたちは、ぼくとちっとも遊んでくれないんだ。それは、ぼくだけが真っ黒だから。

またしても、「大人のための絵本の本」(感想)で気になった絵本です。だってだって、色がとっても綺麗なんですもん~。紹介されていたのは、この表紙の絵と、中の鮮やかな黄色地のページ。そして図書館で借りてみたら、やっぱりとっても色が綺麗な絵本でした。全体的な色合いは暗めなんですけどね。それだけに、紹介されていた黄色のページがとても鮮やか! 絵本の作者のヘルガ=ガルラーはオーストリア人。本職はデザイナーで、織物や室内装飾、映画のアニメーションの仕事など幅広く活躍している方なのだそうです。まあ、このネリノの一家が何なのかはよく分からないんですが...。お父さんとお母さんを見る限りでは、鳥なのかな? ネリノ自身は、丁度「まっくろくろすけ」みたいな感じです。(笑)
一人ぼっちで寂しかったネリノが、一人ぼっちじゃなくなるお話。自分の真っ黒な色にコンプレックスを感じていたけど、そんなありのままの自分の良さに気付いて、他のひとにもその良さを認めてもらうことができたというお話。そう言ってしまえば、とても単純なものなんだけど、でもこのネリノが自分の真っ黒さを生かす機智なんかも見せてくれて、それもすごく楽しいんです。
なんだかいいな、この絵本。手元に欲しいな。(偕成社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

   [amazon] [amazon]
ハンスが湖のほとりで小舟を浮かべて遊んでいると、木の上から見ていた風さんがさっと地面に飛び降ります。すると小舟はするすると動き出して... 風さんはハンスを連れて野原を突っ切り、りんごの実を揺り落し、色づいた葉っぱを散らし、雲に乗ってぐんぐん飛んでいくのです... という「風さん」。
一人ぼっちで窓辺に座って外を眺めていたマリーレン。お母さんは出かけたきり、なかなか戻ってきません。灰色の空からひらひらと雪が舞い降りてきて、ゆきのこたちが踊り始めます。そしてゆきのこたちに誘われたマリーレンは、一緒にゆきの女王の国へ... という「ゆきのおしろへ」。
遠い遠い遙かな国。赤ちゃんのいもむしたちは、子守りおばさんが見守る中、緑の葉っぱのジュースを飲んだり、よちよちと歩き回ったり。さなぎの子どもは、綺麗な花が咲き乱れ芳しい香りが溢れる夢のお庭で遊んだり、とんぼのお姉さんにダンスを習ったり。そして3月になると、光の使いたちに羽をもらうのです... という「ちょうちょのくに」。

「風さん」は、水色の服と帽子に金髪をなびかせた男の子。ハンスは白と赤の服に、赤と水色の、とんがった先っぽが垂れ下った帽子。(名称が分かりませんー) 訳者あとがきで、「下を向いた頭がいかにも重そうです。頭が大きめの子の中には想像力が一杯で、でも現実をとらえるのはゆっくり...。子どものタイプをそんな風にとらえる観方もあります。」とありました。そして四大元素の風に対して、ハンスは水と土の子、とも。なるほどなあ。最初はどちらかといえば、大人しくて... ちょっぴり愚鈍なイメージで、走るのもちょっとたどたどしかったハンスが、軽やかな「風さん」にひっぱりまわされてるうちに、だんだんやんちゃになっていくのが可愛いのです。下を向いて垂れてた帽子の先っぽも、最後は上を向いてるし!

「ゆきのおしろへ」は、まず白くてまんまるいゆきのこたちが可愛いし、淡い色合いの雪の世界と白いゆきのこたちの中に、全身真赤な服のマリーレンちゃんの姿が鮮烈。こちらにも風の子が出てきましたが、「風さん」のあの男のではなくて、こちらは女の子。そして雪の女王のお城は、アンデルセンの「雪の女王」とはまた全然違う雰囲気。お城は氷でできていて冷たいはずだし、お庭にもガラスのようなお花が咲いてるんですけど、どこか暖かいんですよね。雪の女王の膝の上に女王そっくりの小さなお姫さまが座っていて、その腕の中にはその小さなお姫さまにそっくりの人形が抱かれているからかしら。雪の女王が、まるで聖母マリアのようなイメージです。そして雪のお姫さまの誕生日のパーティで働く雪だるまたちのおじさん臭くて可笑しいことったら。

そして「ちょうちょのくに」は... うーん、この本だけ感想が出てこなくて困ってしまったのだけど... それは、私自身がちょうちょが苦手なせいもあるのかも。いもむしもダメなんだけど、特にあのヒラヒラと飛んでるちょうちょが怖くて仕方ないんですよねー。あ、でも絵本の中のいもむしの赤ちゃんとか、さなぎの子どもとか、絵としてはすごく可愛いです。3月の春の誕生日に、輝く金の槍を持つ光の使いが、さなぎの子どもたちに羽をあげるというのが素敵。

「ゆきのおしろへ」がオルファースの最初の絵本で、「ちょうちょのくに」が最後の絵本なのだそうです。
他の絵本もそうなんですが、絵の枠がまた素敵なんですよね。アールヌーボーの絵によくあるような枠。この「風さん」では木の幹や枝が枠になってます。文章の方も水辺に咲く菖蒲の花だったり、流れる小舟だったり、綿毛を飛ばすたんぽぽだったり... 「ゆきのおしろへ」は、絵の左右が、真っ白い雪割草。そして「ちょうちょのくに」は、再び木の枠。時々枠にちょうちょやトンボの形がくり抜かれてるのがまた可愛いのです。(平凡社)


+既読のジビュレ・フォン・オルファース作品の感想+
「森のおひめさま」「うさぎのくにへ」「ねっこぼっこ」ジビュレ・フォン・オルファース
「風さん」「ゆきのおしろへ」「ちょうちょのくに」ジビュレ・フォン・オルファース

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
暖かくて気持ちの良い午後に庭で昼寝をする女の子のお話「金曜日の砂糖ちゃん」、知らない道を通って帰った男の子が今まで知らなかった場所を発見する「草のオルガン」、そして夜中に目を覚ました女の子の「夜と夜のあいだに」の3つのお話。

まず表紙の女の子の絵が好き。目を閉じたその顔は、ほっぺたも唇もぷっくりしていて、まだまだあどけなくて、頭の上にはお花の冠。そこには鳥やらちょうちょやらがとまっていて、とっても可愛いのです。そしてお話。ノスタルジックな雰囲気を醸し出す絵は相変わらずなんだけど、どのお話も、いつも以上にとても幻想的な雰囲気。表紙の白いイメージとはまた少し違っていて、こちらは夜の気配の濃いお話です。「金曜日の砂糖ちゃん」なんて、お昼寝の話なのにね。

その「金曜日の砂糖ちゃん」の絵は、黒の中の赤がすごく鮮烈です。苺や小鳥の頭、テントウムシ、そしてカマキリの目。女の子が眠りから覚めるお話ではあるんだけど、これ1つが丸ごと夢の中のお話みたい。女の子を抱き起こすお母さんは、実はお母さんではなく... むしろギリシャ神話の夜の女神・ニュクスのイメージがあります。一見ちゃんと起きたように見えても、まだまだ夢が続く気配が濃厚。そして「草のオルガン」は、この中で唯一昼間のイメージも併せ持つお話。(それでもやっぱり、私にとっては夜なんだけど) 子供の頃のちょっとした、でも本人にとってはとっても大きな冒険の時間。そして「夜と夜のあいだに」。これは妙なデジャヴを感じさせるお話。こんなこと、私にもあったような気がする... それも強烈に。読んでいると、ぞくぞくしてきてしまう。

どれも明治~昭和初期辺りの文豪の作品を思い起こさせたんですが... 「金曜日の砂糖ちゃん」と「草のオルガン」は、そのラストの文章が特に。そんな感じの、どこか懐かしいイメージなのです。でも誰のことなのか何の作品のことなのか、具体的な名称がさっぱり思い出せない自分がカナシイ。なんて思っていたら。ふと、1つ出てきました。私が一番思っていたのとはまた別なんですけど、夏目漱石の「夢十夜」の雰囲気じゃないですか? 3つの話はどれも夢の中の出来事みたいだし。でも起きた後で、「こんな夢を見た」と思い起こすのではなくて、この夢はまだ覚めてなくて現在進行形。果たして無事に現実に戻れるのかどうかは謎。
そして子供の可愛らしさを描きつつも、そこからにじみ出てくるエロティシズム。それもまた、ぞくぞくさせられる一因なのね。(Luna Park Books)


+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
パリのチュイルリー公園の木が若葉をつけた頃。卵からかえったばかりの小さなひなが巣からはみだして、くるくるくる... 落ちていったのは、おじいさんの帽子の上。ことりはおじいさんの帽子にしがみつき、おじいさんは何も知らずに地下鉄の通路へ。やがておじいさんはいつもの場所に腰をおろしてアコーディオンを弾き始め、やがてことりに気付きます。巣に返してやろうにも、地下道のどこにも巣は見つからず、おじいさんはことりにオデットという名前をつけて、一緒に暮らし始めることに。

毎日アコーディオンを奏でているものの、孤独で少し気難しくなっていたおじいさん。そんなおじいさんがオデットと出会い、一緒に暮らすようになるうちに、だんだん楽しい笑顔を取り戻すというお話。リンク先は普通のアマゾンのページですが、画像は洋書のとこから借りてます。どこか懐かしい優しさのあるタッチで、パリの四季を背景に、オデットとおじいさんが描かれていきます。これは... 基本は水彩画なんでしょうね。でもどこかコミック的な絵も混ざってたりして、ことりのオデットの表情はどれもユーモラス。
おじいさんとオデットがまるで本当の親子のようなんですが、じきにオデットはおじいさんから巣立つ日を迎えて... 絵を見てると、おじいさんがだんだんと舞台から退場してしまう感じなのがとっても切ないんだけど... おじいさんの優しさはもちろんなんですが、それ以上に無邪気なオデットの姿に、なんだか救われるような気もして~。とっても素敵な絵本です。(冨山房)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
先日酒井駒子さん絡みで読んだ「絵本のつくりかた」の2です。こちらの副題は「フランスのアーティスト10名が語る創作のすべて」。副題通り、フランスの絵本がいっぱい! 「アーティスト10名が語る」となってますが、もう既に亡くなってる方の絵本も紹介されてるので、絵本作家さんとしては全部で15人。でもその名前だけを出しても、分かりにくいので...(笑) 見つかる限りの本の書影を出してみました。

まずは第1章、「忘れることのできない素敵な昔の絵本たち」。ここで紹介されているのはアンドレ・エレ、ジャン・ド・ブリュノフ、レオポルド・ショヴォー、ナタリー・パラン、フェオドール・ロジャンコフスキー。

   

一番惹かれたアンドレ・エレの絵本の表紙がないのが悲しいですが~。おもちゃ箱の中の人形たちが遊んでいるみたいな、可愛くて賑やかで楽しい雰囲気の絵なんです。ドビュッシーの楽譜に絵をつけたりもしてたみたい。でも邦訳されたのは、どうやら「ノアのはこぶね」という本だけらしく...。図書館に蔵書があるようなので、さっそく予約を入れてみましたが! と思ってたら、こんなページを見つけました。あとこんなのも。改めて見ると、なんだかコミックっぽい絵ですね。
ぞうのババールシリーズは、実際にはほとんど読んだことないんだけど、でも可愛いですよね。どうやらフランス語版は筆記体風の文字になってるようで(手書き?)、その柔らかい雰囲気が絵にぴったり。元々はお母さんが息子のために作ったお話を、画家のお父さんが絵本に仕立てたんだとか。やっぱりそういうのは基本なんだな~。

そして第2章、「絵本が生まれるところ」。ここで紹介されているのは、アネット・チゾン&タラス・テイラー、アン・グッドマン&ゲオルグ・ハレンスレーベン、リリ・スクラッチィ、ジョエル・ジョリヴェ、アンドレ・フランソワ。リリ・スクラッチィの邦訳絵本は見つかりませんでしたが...。

   

この中で一番好きなのは、バーバパパシリーズ。最初はペンと水彩画で描いていたけど、印刷すると黒い線が鮮明に出ないので、黒いふちどり線を描いたら一旦それを透明なシートにプリントしておいて、別の紙に彩色した絵に重ねて完成、という手間のかかる作業をしてるんだそうです。そして最初にバーバパパを描いたその日にたまたま赤鉛筆しか持ってなかったから、バーバパパはピンクになったんですって。(笑)
リサとガスパールも可愛いですね。でも私、この2人のことをずーっとウサギだとばかり思ってたんですけどーーー。リサとガスパールは何の動物なのかという質問に、「いたち? うーん、犬でもないし...」だなんて! うわあ、衝撃的事実だ。
それにしても、緻密に計算されているバーバパパシリーズに、大胆な勢いで描かれてるリサガスシリーズ。なんだかとっても対照的です。実際、絵のタッチも全然違うしね。

そして最後の第3章は「もっと深く絵本を知る」。リオネル・コクラン、ポール・コックス、エマニュエル・ピエール、グレゴワール・ソロタレフ、トミ・ウンゲラーの5人。

    

エマニュエル・ピエールの絵本は見つかりませんでしたが、「すてきな三にんぐみ」は有名ですね。このトミ・ウンゲラーが、結構アダルト~なものにも携わってると知ってびっくり。でも、この辺りのアーティストたちは、私はあんまり馴染みがないので、なんとも... えへへ。(美術出版社)


+シリーズ既刊の感想+
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「絵本のつくりかた2 みづゑのレシピ」

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
森の中に住んでいた小さなおひめさま。窓から外を眺めているおひめさまに、まず朝の風がお手伝いの「つゆのこ」を送ってきて、髪を梳かしたり服を着せたり。そして次は「こけのぼうや」たちが、朝ごはんの用意をするのです... という「森のおひめさま」。
森番をしているおとうさんが、森の中できのこをとっているうちにいなくなってしまった「むくむくちゃんとぷくぷくちゃん」。2人が森の中で途方にくれているのを見て、通りがかったかあさんうさぎが、自分の家に連れて帰ったのです... という「うさぎのくにへ」。
春になるとねっこぼっこたちは大地のかあさんに起こされて、春の用意を始めます。女の子たちは春の着物を自分たちで縫い、男の子たちは絵の具で色んな虫の頭を塗ってあげるのです... という「ねっこぼっこ」。

こちらも1つ前の記事の「わたしの庭のバラの花」同様、先日読んだ「大人のための絵本の本」(感想)を読んで読みたくなった絵本。紹介されていたのは「森のおひめさま」と「風さん」の2冊なんですが、ジビュレ・フォン・オルファースは34歳で世を去るまでに8冊しか絵本を残していなくて、そのどれもがドイツの古典絵本の名作とされてるそうなんです。絵もとても上品で綺麗。なので、とりあえず図書館にあった3冊借りてきました。どれも自然を描いた物語。

「森のおひめさま」は、おひめさまの1日を描いた絵本。森のおひめさまの世話をするのは「つゆのこ」に「こけのぼうや」、そして「きのこぼっこ」に「星のこども」。このおひめさまは何者なんでしょう。「つゆのこ」や「こけのぼうや」たちも妖精のようなんだけど、おひめさまもそうなのかな? 森を統べる妖精の女王? 立派なお城に一人っきりで住んでるようなので、ちょっと寂しそうだな、と思ったんですけど、外に一歩出れば世話をしてくれる「つゆのこ」たちもいるし、身支度も外なら、朝ごはんも外で食べてるし、からすの先制に勉強を教わるのも外。勉強が終われば動物たちや「きのこぼっこ」と外で遊んで、夜になると「星のこども」たちにお城まで送ってもらうのです。お城はほんと寝に帰るだけの場所みたい。(笑)

そして「うさぎのくにへ」は、「ぷくぷくちゃん」と「むくむくちゃん」がうさぎの家族の中に紛れ込んだお話。この「ぷくぷくちゃん」と「むくむくちゃん」という名前がまず可愛い! 原書ではどんな言葉だったのかしら。「ぷくぷくちゃん」と「むくむくちゃん」だなんて、すごく素敵な訳ですよね。そして2人を家に連れて帰るかあさんうさぎがまたいいんです。そうでなくても子沢山なんだけど、その愛情は、人間の子供にも分けてあげられるほどたっぷり。夜なべして、2人に素敵なうさぎ服を縫ってあげてるし! この服のおかげで2人は凍えないで済むし、子うさぎたちも、外見が一緒になった2人を自然に迎え入れてあげられるというわけです。まあ、最後は2人は戻るべきところに戻ることになるんですが、でもこのうさぎの国での体験は、いつまでも暖かい思い出となって残りそう。

最後に「ねっこぼっこ」。このねっこぼっこたちも妖精なのかな? 冬中寝てるんだけど、春になると起こされて色んな準備を整えて、そのまま地上へ。そして夏と秋を過ごして、寒くなるとまたかあさんのもとへと戻って、冬の間は寝て過ごすという1年のお話。こんな風に春を作りだすお話は他にも読んだことがあるんですけど、やっぱりこういうことを考えるのが素敵。大好き。で、冬の間寝ているぼっこたち、みんな目を覚ました時は土の色の服なんですけど、起きたらまず色とりどりの服を作って、その服の色はどうやらその子が司る植物の色みたいなんですよね。緑の服のぼっこは緑の草、白い服のぼっこは白い花、黄色の服のぼっこは黄色の花、そして青い服のぼっこは青い花。寒くなって戻ってきた時もその色の服なんだけど... 寝る前に着替えるのかな? それとも寝てる間に土の色になってしまうのかな? ふふふ、夢がたっぷりの物語です。(平凡社)


+既読のジビュレ・フォン・オルファース作品の感想+
「森のおひめさま」「うさぎのくにへ」「ねっこぼっこ」ジビュレ・フォン・オルファース
「風さん」「ゆきのおしろへ」「ちょうちょのくに」ジビュレ・フォン・オルファース

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
「これはわたしの庭のバラの花」
「これはわたしの庭の、バラの花でねむるハチ」
「これはわたしの庭のバラの花でねむる、ハチに日かげをつくっている、すっとのびたタチアオイ」
「これはわたしの庭のバラの花でねむる、ハチに日かげをつくっている、すっとのびたタチアオイのわきの、まるいオレンジいろのきんせんか。」
...という風に、言葉と絵がどんどん積み重なっていく絵本。

先日読んだ「大人のための絵本の本」(感想)を読んで読みたくなった絵本。絵が全然違うので、借りるまで気がつかなかったんですが、アーノルド・ノーベルって「ふたりはともだち」「ふたりはいっしょ」なんかの、かえるくんとがまくんのシリーズの人だったんですね! このシリーズ、大好きなんです。そうかー、そうだったのかー。そして絵を描いたアニタ・ローベルは、アーノルド・ローベルの奥さま。絵そのものは、アーノルド・ローベル自身が描いてるかえるくんシリーズの方が好きなタッチなんですけどね。でもこちらも味わいのある、表情が豊かな絵です。

穏やかな昼下がりの庭のイメージ。そんな庭で、花も言葉もどんどん積み重ねられていきます。バラ、タチアオイ、きんせんか、百日草、ひなぎく、つりがねそう、ゆり、ぼたん... でもあることをきっかけに、その静寂さが破れた時...! 最後の左右のページの対比が可笑しいのです。バラの花は、何もなかったように澄ましかえってるし。ふふふ。(セーラー出版)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.