Catégories:“絵本・画集”

Catégories: /

 [amazon]
ある朝突然、仲良しのことりが死んでしまい、悲しんだくまは綺麗な箱を作って、その中にことりを寝かせて持ち歩きます。ことりは一見眠っているだけのよう。しかし森の友達たちは、箱の中のことりを見るとみな困った顔をして、もう早くことりのことを忘れた方がいいと言うのです。くまはとうとう暗く締め切った部屋に閉じこもってしまい...。

まず、くまとことりの「きょうの朝」の話のところで、心が鷲掴みにされました。

「ねえ、ことり。きょうも『きょうの朝』だね。きのうの朝も、おとといの朝も、『きょうの朝』って思ってたのに、ふしぎだね。あしたになると、また朝がきて、あさってになると、また朝がきて、でもみんな『きょうの朝』になるんだろうな。ぼくたち、いつも『きょうの朝』にいるんだ。ずっとずっといっしょにね」

「そうだよ、くま。ぼくはきのうの朝より、あしたの朝より、きょうの朝がいちばんすきさ」

それなのに、そんなことを言い合える、かけがいのない友達を失ってしまっただなんて。ああ、切ないです。深い悲しみを癒すには、確かに時間が一番の薬なんだけど... くまだってそんなことは薄々は分かってたかもしれないんだけど... でもそんなに簡単に割り切れるはずないですよね。純粋にことりを失った悲しみ、やるせない喪失感はもちろんのこと、死んでいくことりに何もできなかった自分への責めや悔いもあったかもしれない。でも、そんな悲しみの中に溺れそうになった時の出会い。そしてあの一言。ああ、くまはこの一言が欲しかったんだなあって思います。それなのに、森の仲間は誰もこの一言を言ってあげられなかったのか!
モノトーンの絵の中の、ほんの少しの明るいピンク色が、くまの気持ちを表しているんでしょうね。そしてきっとそのうち、もっともっと色が増えていくんでしょう。で、いつか、モノトーンの背景のそこここが綺麗な色で彩られて。そうなったら素敵だな。(河出書房新社)


+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
北の海に住む人魚は、生まれてくる子供に、寂しく冷たい海ではなく、人間の住む美しい町で育って欲しいと考えて、子供を陸で産み落とします。それは人魚の女の子。その女の子を拾ったのは、蝋燭の店をしている子供のいない老夫婦でした。老夫婦は神様に授けられた子供だと考えて、大切に育てるのですが...。

「人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。北の海にも棲んでいたのであります」という始まりがとても美しい小川未明さんの童話。大正10年の作品なんだそうです。でも美しいながらも、暗くて怖くて寂しくて哀しくて、実は子供の頃からずっと苦手だったんですよね。老夫婦が子供を拾う話となると、どうしても桃太郎とかかぐや姫とかそういう話を思い浮かべるんですけど、この物語は全然違うんですもん。なんで、いつの間に、そんなことになってしまったの? と、なんだか裏切られたような気がしてしまって。
でもこの童話に、酒井駒子さんの絵がこの上なくよく似合うのです。酒井駒子さんの絵は、黒がとても印象に残る絵。暗い北の海の中や、そこで暮らす人魚の孤独感。この上なく寂しいんだけど、なんて美しい...!
そんな黒が基調の絵なんですが、海岸の小さな町の描写では背景が白となります。小さいけれど、ちょっと素敵な町。蠟燭の店をやってる、信心深いお爺さんとお婆さん。そんな2人が拾った可愛い女の子の人魚。神様に授けられたこの子を大切に育てようという優しい気持ち。しかしまた徐々に黒くなるのですね。それは拾ったのが普通の女の子ではなく、人魚だと分かった時から始まっていたのでしょうか...。どんどん美しく育っていく人魚の女の子。絵がうまい彼女のおかげで、蝋燭店は繁盛します。でもそれが良くなかったのかも。女の子の真直ぐな気持ちはお爺さんとお婆さんに届かなくなってしまう。優しかったはずの手は、いつしか残酷な手になってしまう。

この物語にはこの絵しかない、とそう思えてしまうほどはまっている酒井駒子さんの絵。闇のような黒と血のような赤が、ただただ印象的。苦手だった物語のはずなのに... もしかしたら、今まで読んだ駒子さんの絵本の中で、これが一番インパクトが強かったかも。(偕成社)


+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
□(しかく)ちゃんという女の子の、8つの小さな情景。「昼間の蒸気機関車」「図書館」「お友達」「12月」「幼稚園」「指しゃぶり」「カミナリ」「スイレン」。

「BとIとRとD」という題名が「BIRD」をバラバラにしているように、□ちゃんの日常の情景も1つずつバラバラで、全部で8つ。でも、大人の読者にとってはバラバラな情景も、□ちゃんにとっては滑らかに続いているんでしょうね。そして「BとIとRとD」が「BIRD」になるんだろうなあ。
この中で一番身近な情景は「図書館」。私の職場にも、いるいる、こういう女の子! すんごい可愛いんですよね。児童書を配架してる時にいたりすると、思わず本を片付ける手がゆっくりになったりなんかして。(笑) そして私が一番好きなのは「お友達」。ふとした瞬間に夢から醒めたように「足先の縫い目の堅いのが、急に見えてきて」というのが、ものすごくよく分かる... 他のお話でも「分かるなあ」はいっぱいあるんだけど、これに関しては、なんだかもう本当に胸が痛いほど分かってしまいます。という私自身は、お人形ではあまり遊ばなかったのだけど。そしてとっても可愛いのは「カミナリ」。これはお話も可愛いんだけど、絵がいいのです。リンゴの実に落ちてるちっちゃなカミナリ。いいなあ、可愛いなあ。(白泉社)


+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
まずは「こりゃ まてまて」。
公園に行った女の子。チョウやトカゲ、ハトやネコを見つけるたびに「こりゃ まてまて」と追いかけるのですが、みんなすぐ逃げて行ってしまって...。
0歳児~3歳児対象の赤ちゃん絵本。日常の中でよくありそうな場面を切り取ったお話です。いつもながら酒井駒子さんの描く子がとても可愛くて~。特にこのほっぺが絶品! つんつん、すりすりしたい~。
で、この絵本、すごくいいなと思ったのが文字なんです。ちょっぴり擦れてて、微妙に不揃いのハンコ風の字。擦れてるとか不揃いとか言っても、気がつかない人が多いかもって程度なんですけどね。でもやっぱり印刷のための普通の活字とはまた違う表情。他の作品、特に「よるくま クリスマスのまえのよる」を読んだ時に、普通の印刷のフォントだと、この絵にはちょっと無粋な感じがしちゃうなあ、なんて思ってたので(普通のお話部分はまだいいんだけど、字が大きいとことかね)、そういうところに気が配られてるのが素敵。このシリーズっていっぱいあるけど、ほかのもそんな風にフォントに気を配られているのかしら? 今度チェックしてみよう。

そして「ロンパーちゃんとふうせん」。
まちで風船をもらったロンパーちゃん。飛んでいってしまわないように、指にくくってもらって、無事におうちに到着。でもおうちで遊ぼうとしても、風船はすぐに天井にのぼってしまうのです。そんな風船に、お母さんは素敵な工夫をしてくれるのですが...。
ロンパーちゃん、可愛いな~。糸でも浮かんでる風船って、すぐ指からするりと抜けて飛んでいってしまいますね。子供の頃に何度悔しい思いをしたことか... 私の母も指にくくりつけてくれてたはずなんだけど。そしてこの表紙のピンク色からして、お洒落な感じで印象的なんですけど、ロンパーちゃんのお母さんがまるで少し昔のパリっぽいモードでお洒落なんです。風船をくれるお兄さんも日本とはちょっと違う感じだし、このお話の舞台はどこなんだろう? 住んでるところも「アパルトマン」って感じに見えるんですが。

「こりゃ まてまて」の子がもう少し大きくなったら、ロンパーちゃんになるのかな? なんて考えるのも楽しいです。でも「こりゃ まてまて」の子のお父さんはごく普通の日本のお父さんだし、遊んでるのは多摩川の土手って感じだし... ロンパーちゃんのお母さんはパリのモードな人だから...(笑)
ロンパーちゃんも、まだまだぷくぷくほっぺの年代。これがまた可愛いんですよね♪(白泉社・福音館書店)


+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
うさぎのぼうや繋がりの絵本が2冊。

「ゆきがやんだら」の方は、夜中に降り始めた雪がまだ降り続いているため、バスが動かなって園はお休み。でも、飛行機が飛ばないからパパが帰って来られない、そんな日のお話。
雪が降ってる時って、なんだかいつもと違う静けさがありますよね。そして夜の一面の銀世界は、音を全部吸い取ってしまいそう。うさぎのぼうやは、きっと「わーい!」なんて歓声をあげながら走っていってると思うのに、そんな声も雪に吸い込まれてしまったみたい。そういう静けさが、絵からとっても伝わってきます。走り回って足跡をいっぱいつけたり、雪でおだんごを作ったり。そんな風に一心に遊ぶ子供を見つめるお母さんの優しく柔らかい視線がまた素敵で、とっても暖かい気持ちになれる絵本です。

そして「ぼく おかあさんのこと...」は、「ぼく おかあさんのこと...」「キライ。」そんな衝撃的(笑)な台詞で始まるお話。
なぜキライかといえば、日曜日の朝はいつまでも寝ていて、ドラマばっかり見てマンガを見せてくれないし、すぐ怒るし、早く早くとせかすくせに自分はゆっくりしてるし、それからそれから... でもそんなことを言いながらも、本当はお母さんのことが大好きなんですよね。そしてお母さんも「ぼく」のことが大好き。そんな気持ちがいっぱい伝わってくる絵本です。うさぎのぼうやは可愛いし、お母さんの表情も豊かで、すご~く語ってるんだけど、私が一番好きなのは違うところ。「ぼくが おおきく おおきく おおきくなっても」というページが大好き! 何度読んでもここでくすっと笑ってしまいます。素敵素敵♪(学習研究社・文溪堂)


+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
「絵本のつくりかた1」は、「あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語 (みづゑのレシピ) 」という副題。1枚の紙を折り紙のように畳んでみたり、しかけを作ってみたり。大好きなものを集めて繋げてみたり。そんな風に楽しく絵本を作る本。この本に取り上げられているのは酒井駒子さんだけでなく、100%ORANGEさんやあだちなみさん、荒井良二さん、竹内通雅さんなどなど。酒井駒子さんの創作場面が見えてくる「絵本と物語が生まれるところ」はもちろんのこと、絵本携わる色んな人たちの、それぞれの作品の奥にあるものが見えてくるのがまた嬉しいところなんです。色んなアイディアがあるものだなあ、面白いなあ。白紙の本とレシピの2冊セットなので、絵本が大好きな人にも、いつか絵本を作りたい人にもいいかもしれないですね。私なんかだと、絵心なんて全然ないし、使いこなせないままになってしまいそうですが...。
この本は1なので、2もあるんですよね。2は「フランスのアーティスト10名が語る創作のすべて」で、「ぞうのババール」のジャン・ド・ブリュノフや「バーバパパ」のアネット・チゾン&タラス・テイラー 、「リサとガスパール」や「ペネロペ」のアン・グットマン&ゲオルグ・ハレンスレーベンなどが取り上げられてるそうなんです。そちらも見てみたいなあ。フランスの絵本もお洒落で大好き♪ 三つ子ちゃんなんかも入ってるといいなあ。

そして「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」は、全部丸ごと酒井駒子さんの本。日本だけでなく海外にもファンが多いという酒井駒子さんのこれまでの仕事を、総まとめして全て紹介していっちゃうという本です。今ではもう手に入らない貴重な仕事もここで見られますし、この本のために書き下ろされた絵本まであるなんて、スゴイ! それ以外にも、酒井駒子さんのインタビューやコラム、お好きな本の紹介なども。酒井駒子さんがお好きな本、私にとっても思い出の本というのがすごく多くて~。それだけでも嬉しくなっちゃいました。いやでもほんと、絵を見ているだけで幸せになれるというのに、こんな風に一堂に会した絵を見られてしまって、しかもそんな+αがあるなんて、なんて贅沢なんでしょう~! ファン必見、というか、ファン必携ですね。もうほんと、駒子ファンは持ってて損はないと思います。今はもう手にいれることができないグッズを見て、悔しくなっちゃうとは思いますが、そこはそれということで。いやいや、素晴らしいです~。(美術出版社・学習研究社)


+シリーズ既刊の感想+
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「絵本のつくりかた2 みづゑのレシピ」

+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
おやつを食べ終わった時に公園になわとびを忘れて帰ったことに気づいた「あたし」は、弟のけんちゃんと一緒に公園へ。でもかけたはずの木の枝には、何もかかってないのです。その時、風にのって聞こえてきたのは、楽しそうな笑い声。2人は友達が遊んでいるのかと、そちらの方へ行ってみるのですが...。

あまんきみこさんのお話を読むのは、もしかしたら今回が初めてかも? りえちゃんとけんちゃんという姉弟が遭遇する、ちょっぴり不思議な出来事の物語。でも実際に読んでると、あんまり不思議な感じはしなくて、するりんとこの出来事を受け止めてしまうのはなぜなんでしょうね。逆になんだかものすごく身近な感じがします。懐かしい、とでもいうか。2人の表情があんなに楽しそうだからかな? 特にお姉ちゃんの笑顔が素敵。ほんと可愛い。愛しくなってしまうほど可愛い。それに2人はもちろんのこと、きつねたちもとても可愛いんですよね。すごくいい表情をしてる。みんなで一緒に遊んでいる場面なんて、見ていてウキウキしてきてしまうほどなんですもん。
そして「きつねのかみさま」という題名にもなるほど納得です。りえちゃんの「ごちゃごちゃのきもち」、良くわかるな。でもその「ごちゃごちゃのきもち」に色んな理由とか言葉をつけたがるのが大人なんだけど、これはそのままでいいのよね。うん。(ポプラ社)


+既読の酒井駒子作品の感想+
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「よるくま」「よるくま クリスマスのまえのよる」酒井駒子(「リコちゃんのおうち」)
「ビロードのうさぎ」マージェリィ・W・ビアンコ文・酒井駒子絵訳
「きつねのかみさま」あまんきみこ文・酒井駒子絵
「絵本のつくりかた1」「Pooka+ 酒井駒子 小さな世界」
「ゆきがやんだら」「ぼく、おかあさんのこと...」酒井駒子
「こりゃ まてまて」「ロンパーちゃんとふうせん」酒井駒子
「BとIとRとD」酒井駒子
「赤い蝋燭と人魚」小川未明文・酒井駒子絵
「くまとやまねこ」湯本香樹実文・酒井駒子絵
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子
「きかんぼのちいちゃいいもうと」1~3 ドロシー・エドワーズ

| | commentaire(6) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.