Catégories:“絵本・画集”

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
ケーバーン山のふもとのグラインド村に生まれたエルシー・ピドックは、生まれながらのなわとび上手。3歳の時になわとびのつなを作ってもらって以来、一日中なわとびばかり。5つになった頃には誰にも負けないほどになり、6つの時にはエルシー・ピドックの名前はその州に知れ渡り、7つになった頃にはケーバーン山に住む妖精でさえエルシーの名前を知っていました... という「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」。
そして、どんなとこでも寝てしまうネコ。ピアノの上でも窓の棚でも、部屋の真ん中でも、ブランコの上でも、部屋の真ん中でも、ブランコの上でも... という「ねんねんネコのねるとこは」。

ファージョンの絵本2冊。
「エルシー・ピドック~」の方は、「ヒナギク野のマーティン・ピピン」でマーティン・ピピンがシルビアのために語ったお話だけを取り出して絵本にしたものです。このお話そのものも元々大好きなんですが、そのお話にシャーロット・ヴォーグの絵の柔らかい線、淡い緑を基調にした色合いがとてもよく似合っていて素敵~。夢がたっぷり~。で、お話そのものも素敵なんですけど、やっぱり石井桃子さんの訳もとてもいいんですよね。中でも「アンディ・スパンディ、さとうのキャンディ、アマンド入りのあめんぼう! おまえのおっかさんのつくってる晩ごはんは、パンとバターのそれっきり!」というなわとび歌が、子供の頃から大好きなんです。

「ねんねんネコのねるとこは」は、ファージョンの言葉にアン・モーティマーの絵がつけられた絵本。短い言葉に可愛いネコ。どのページにも気持ち良さそうに寝てるネコがいて、その表情が可愛くて、思わず撫でたくなってしまう~。ネコってほんと、いつ見ても幸せそうに寝てますものねえ。そして見開きの左ページと右ページのさりげない繋がりも楽しいのです。すぐ読み終えてしまうような絵本ですが、ネコが大好きというのが伝わってきて楽しい絵本です。(岩波書店・評論社)


+既読のファージョン作品の感想+
「ムギと王さま」「天国を出ていく」ファージョン
「年とったばあやのお話かご」「イタリアののぞきめがね」ファージョン
「町かどのジム」エリノア・ファージョン
「リンゴ畑のマーティン・ピピン」「ヒナギク野のマーティン・ピピン」ファージョン
「銀のシギ」エリナー・ファージョン
「マローンおばさん」エリナー・ファージョン
「ガラスのくつ」エリナー・ファージョン
「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」「ねんねんネコのねるとこは」エリナー・ファージョン

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
そりがお気に入りのウィリー。丘にどっさり雪が降り、ウィリーはそりで勢いよく丘を下り始めるのですが... という「ウィリーのそりのものがたり」。
そして前書き代わりのような「非いま」、アントン・イサアコヴィチが恋人のナターリア・ボリーソヴナに、「もうこれ以上、アントンでいることに耐えられない、アダムになりたいんだ。ナターリア、きみはイヴになれよ」と唐突に言い出す「アダムとイヴ」他、全23編の作品を収めた「ハルムスの小さな船」。

先日読んだ「昨日のように遠い日 少女少年小説選」 (感想)で気に入ったダニイル・ハルムスの本2冊。ダニイル・ハルムスは、ロシアの不条理文学の先駆者といわれる作家なのだそう。

「ウィリーのそりのものがたり」は、ダニイル・ハルムス文、ウラジーミル・ラドゥンスキー絵の絵本。どんどん滑って、どんどんぶつかって、最後はみんなでどっかーん!! なんて楽しい絵本なんでしょう。一瞬の出来事なんですけど、スピード感もたっぷりだし、相手の驚いた顔が目玉に映ってるのがまた楽しいのです♪

そしてこの絵本よりももっと「昨日のように遠い日」に近いのは「ハルムスの小さな船」の方でしょうね。詩のような物語のような楽しい作品集。たとえば「非いま」は詩のようだし、「アダムとイヴ」は4幕物のお芝居風、次の「夢」は不条理系の超短編... といった具合。この中で私が特に気に入ったのは、「誰が一番速いか」。
これはライオンと象、キリン、鹿、だちょう、へらじか、野生の馬、犬のうちで誰が一番速く走れるかと口論になって、実際に湖の周りを走って競争する話。イソップ辺りにありそうな話なんですが、これが本当に楽しいのです~。途中の「立ち止まって、大笑い!」辺りも爆笑物だし、決着がついた後がまた可笑しいんですよねえ。って言っても、ここに書いたこの文章からは、絶対伝わらないだろうな。ぜひ一度見てみて欲しいですー。楽しくて、でもハルムスならではの不思議な雰囲気もあって素敵。
本に使われているフォントも凝ってますし、それぞれの物語には西岡千晶さんの挿絵がたっぷり添えられていて、こちらもとても素敵。この挿絵は、もうこの作品とは切り離しては考えられないほどぴったりの雰囲気ですね。作品としては「アダムとイヴ」なんかも大好きなんですけど、この挿絵を抜きに本文だけ読んだら、果たしてどうだったんだろう?なんて思っちゃうほど。西岡千晶さんご自身が1990年にハルムスの作品に出会って影響を受けてらっしゃるというだけあって、もうほんと見事に一体化しちゃってます。(セーラー出版・長崎出版)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
昔々、バーナビーという名の少年が、1人っきりで旅から旅へと曲芸をして歩いていました。母親は生まれた時に亡くなり、バーナビーはやはり曲芸師だった父親と一緒に各地を歩いて回っていたものの、その父親も10歳の時に亡くなっていたのです。芸の上手なバーナビーはみんなに気に入られ、どこに行ってもうまくいっていました。しかし寒い冬になってくると、広場でバーナビーの芸を見てくれるお客さんはどんどん減っていきます。雪が降ってきた日、ある修道士がバーナビーを見て、家がないのを知ると修道院へと連れて帰ることに。

この本は、フランスで何百年もの間語り継がれてきた「聖母マリアの曲芸師」というお話をバーバラ・クーニーが新たな視点から解釈して、絵を添えたもの。初めてこの話をラジオで聞いた時にとても気に入って、息子が生まれたらバーナビーという名をつけようと思ったほどだっていうんですから、その感銘ぶりが分かりますね。
そしてアナトール・フランスも、この話を元に短編を書いてるそうです。何だろう? と調べていたら、岩波文庫で「聖母と軽業師」という短篇集が出てたみたい。これかな? あとアマゾンにはデータがありませんが、世界文化社・ワンダーおはなし館の「かるわざし」(谷市郎訳)とか、書肆山田の「聖母の曲芸師」(堀口大學訳)とかもあったようですね。岩波文庫版も含め、どれも絶版のようですが...。あ、白水社からアナトール・フランス小説集が出てるんですけど、その7巻にも入ってるようです。そのアナトール・フランスが書いた作品を、作曲家のマスネーがオペラにしたのだとか。

それにしてもなんて美しいお話なんでしょう! 映画の「汚れなき悪戯」を思い出しちゃいました。
今まで見たバーバラ・クーニーの絵本とは絵のタッチが全然違っていて驚いたのだけど... 白と黒が基調で、色がついているのも朱色と青と緑色だけですしね。でもそれがまた中世の雰囲気をよく表していて素敵。なんだかまるでステンドグラスの絵物語を見ているみたい。おごそかで美しくて、そして暖かくて優しくて。絵もとても細かく描きこんであって、広場にいる代書屋(?)とか修道院での写本の風景とか、その辺りが特に気になってしまってじーっと眺めてしまったわ! 何も知らないで今の時期に読んでしまったんだけど、これはクリスマスの前に読むのが良かったかもしれないですね。バーバラ・クーニー自身もクリスマスの贈り物のために描いた本のようですし~。クリスマスプレゼントにも最適の本かと♪(すえもりブックス)


+既読のバーバラ・クーニー作品の感想+
「北の魔女ロウヒ」トニ・デ・ゲレツ文 バーバラ・クーニー絵
「ちいさな曲芸師バーナビー」バーバラ・クーニー

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
お父さんに長いこと仕事がなく、お母さんに仕立物を頼む人もいなくなってしまったので、暮らし向きが良くなるまでのしばらくの間、リディアは町でパン屋をしているおじさんのところに行くことになります。リディアはガーデニングが大好きな女の子。そしておじさんの家に行ったら、パン作りを教わりたいと思っていました。

先日読んだ「エリザベスは本の虫」と同じペアによる絵本。なんでかなと思ったら、このお2人ご夫婦だったんですね! 道理で~。サラ・スチュワートは小さい頃から図書館とお祖母さんのお庭が大好きだったそうで、それでこういう作品ができるというわけなんですね。^^
いつもむっつりしていて、全然「にこり」ともしないおじさんと一緒に暮らすことになるリディア。そんなリディアの手紙だけでできているお話です。おじさんの家に行くまでは、おじさんへの手紙、おじさんの家に行ってからは、お父さんとお母さんとおばあちゃんへの手紙。「エリザベスは本の虫」は、本好きさんの心をむぎゅっと鷲掴みしてくれるような絵本でしたが、今回は園芸好きさんの心を鷲掴みしてくれます。...というより。全部のベクトルが本に向かっちゃってるエリザベスに比べて、リディアはもっとバランスの良い健康的な女の子なので、もっと一般的に好まれるかも。(笑)

「エリザベスは本の虫」でも思ってたんですけど、絵がほんと雄弁なんですよねえ。むしろ文章よりも絵の方が語っているかもしれません。絵を見てるだけでもお話の筋は十分分かるはずだし、リディアの笑い声とか街のざわめきとか、聞こえてくるような気がするんですもん。登場人物たちの表情も豊かだし、遊び心も~。という私が一番好きなのは、おうちに帰る場面の絵。これは本当に何度見てもぐっときます。^^

「ガーデニングに終わりなし」という言葉は確かに! ああ、耳が痛いです。(笑)(アスラン書房)


+既読のサラ・スチュワート・デイビッド・スモール作品の感想+
「エリザベスは本の虫」サラ・スチュワート文・デイビッド・スモール絵
「リディアのガーデニング」サラ・スチュワート文・デイビッド・スモール絵

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
パリの植物園に毎日のように来ては絵を描いてる女の子。立ち入り禁止のところにまで入り込んで庭師に睨まれているのですが、ある日勝手に花を抜いたということでとうとう 捕まえられて、植物学者の先生のところに連れて行かれてしまいます。でも先生は怒りません。さえらというその女の子は先生にひまわりの種をもらって、自分で蒔いてみることに。

いせひでこさんの今回の絵本は、やっぱりとても素敵でした。もうね、絵本というよりも画集と言った方が相応しいかも。植物園が舞台なので、木や草花がいっぱい!「ルリユールおじさん」は青が印象的だったし、「絵描き」は黄色なんですが、今回は植物の緑です。もちろん青や黄色も登場しますけどね。さえらが青い背景の中で黄色い花を持って走ってる場面なんて、ほんと印象に残りますし。私が一番好きだったのは雨の日の絵かな。
そして素敵なのは絵だけでなく、お話も。さえらも可愛いし、さえらが出会う植物学者の先生がとっても素敵なんです~。さえらにとってこの植物学者の先生との出会いは一生心に残るはず。でも先生がさえらに一方的に種を蒔いてるんじゃなくて、さえらの中で花開いたものが、また先生に戻っていくようで、それがとても素敵なんです。

あ、ソフィー! 植物図鑑! そうだ、「ルリユールおじさん」にも樹齢400年のアカシアの木が出てきたなあ、なんて思ったら、そちらも無性に読みたくなって本棚から出してきてしまいました。パリには2本の樹齢400年のアカシアがあって、「ルリユールおじさん」と「大きな木のような人」のアカシアはまた別なんですね。(というか、ちゃんと実在するんですね)
んんん、やっぱり「ルリユールおじさん」は素敵です。私にとってはこちらの方がインパクトが強いかも。青だから、というのもあるし、本、というのもあるし、職人への憧れ、というのもあるし。でもやっぱり植物という命あるもの、特に木の持つ長い命や雄大さ、そこに存在する物語というのも捨てがたい。(←別に捨てなくてもいいんですよ!)

人はみな心の中に、1本の木をもっている。

素敵な言葉ですね。
ソフィーにはルリユールおじさんとの出会いがあって、さえらには植物学者の先生との出会いがあって。こうやって世界が広がっていくんですね。さえらは将来、どんな道を選ぶのかしら?(講談社・理論社)


植物繋がりで。
昨日は久々に庭の手入れをしました。ここんとこずっと全然何もできてなくて、すっかりジャングルになってたのです。まだまだすっきりしないんですが、とりあえず枝や葉っぱがゴミ袋5つ分!
今、庭で満開なのは、薔薇のバレリーナ。どんな花なのかは、こちらの記事をどうぞ。百花繚乱のカテゴリは、このところ全然写真が撮れなくて、すっかり止まってますが...。何も世話をしてないのに、今年も綺麗に咲いてくれてほんと嬉しい。次に咲くのは、いつの間にか根付いてしまった南天かな。これは一体どこから来たんだろう? 気がついたらすっかり居座ってました。真っ白い蕾がいっぱいついた房があるので楽しみです。


+既読の伊勢英子作品の感想+
「ルリユールおじさん」「絵描き」いせひでこ
「旅する絵描き パリからの手紙」伊勢英子
「グレイがまってるから」「気分はおすわりの日」伊勢英子
「マキちゃんの絵にっき」「ぶう」伊勢英子
「カザルスへの旅」伊勢英子
「はじまりの記憶」柳田邦男・伊勢英子
「1000の風 1000のチェロ」「雲のてんらん会」いせひでこ
「空のひきだし」いせひでこ
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ
「大きな木のような人」「ルリユールおじさん」いせひでこ
「にいさん」いせひでこ
「ざしき童子のはなし」「よだかの星」「風の又三郎」「水仙月の四日」宮沢賢治・伊勢英子

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: /

 [amazon]
生まれてすぐに字を覚えてて、あっという間に本の虫になったエリザベス。何をするよりも本が好きで、何を買うよりも本を買い、寝る間も惜しんで読んで読んで読みふけります。でもふと気づくと天井まで本の山。これ以上入らないことに気づいたエリザベスは...?

本に対する愛情がいーーーっぱい詰まった絵本。私も自分で相当の本好きだと思ってるんですが、エリザベスには負けますねえ。寝る間も惜しんで本を読んで育ったけど、ここまで本オンリーの生活は送ってなかったですもん。共通点はかなりありますけどね! あーでも、本を小さな積み木代わりにさせるのはいいけど(でもなるべくならしてほしくない)、本の上にお茶を置いたりはできないなー。あと、うちは私だけでなく両親も祖父母も筋金入りの本好きなので、本はとにかくいっぱいあって、エリザベスのとった方法を冗談半分に勧められることもありますが... 迷わず実行に移しちゃうエリザベスってば素敵! 男前!(笑)
よく見ると、「実在のメアリー・エリザベス・ブラウン 図書館員、読書家、友人 1920-1991 に捧げる」という言葉がありました。なんと実在の女性だったのですかーっ。素晴らしい。というか、エリザベス、ちゃんと素敵なお友達がいたのですねー。もう、友達そっちのけで読書をしていたのかと... いえ、ちゃんといたことは作中でも分かってたんですけどね。となると、やっぱり本読み友達? エリザベスはそのお友達と、読んだ本の感想とか言い合うことはあったのかしら...? なあんて、すっかり実在のエリザベスと作中のエリザベスを混同しちゃってますけど。(笑)
絵も可愛くてとっても好きです、この絵本♪(アスラン書房)


+既読のサラ・スチュワート・デイビッド・スモール作品の感想+
「エリザベスは本の虫」サラ・スチュワート文・デイビッド・スモール絵
「リディアのガーデニング」サラ・スチュワート文・デイビッド・スモール絵

| | commentaire(8) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
スペイン出身の女性シュールレアリストの画家・レメディオス・バロの書いた散文や自作解説を集めた本。みたい夢を見るためのレシピや、実際に見た夢のこと、自動記述などの「夢のレシピ」、擬似学術論文や創作した手紙、物語や劇の断片の「魔女のテクスト」、バロ自身によるバロ展「イメージの実験室」、インタビューや書簡を集めた「地球の想い出」、バロ自身の生い立ちやレオノーラ・キャリントンとの交友を綴る訳者・野中雅代による「メキシコの魔法の庭」の全5章。1999年のレメディオス・バロ展の開催記念として出版された本。

寓話的で幻想的な絵画の多いレメディオス・バロ。私が知ったのは、小森香折さんの「ニコルの塔」(感想)を読んだ時で、それでものすごく好きになっちゃったんですよね。レメディオス・バロ関係の本がどれも入手できなくて、洋書で画集を買ってしまったぐらい。ガルシア・マルケスの「百年の孤独」(感想)や、トンマーゾ・ランドルフィの「月ノ石」(感想)もバロの絵が表紙に使われていたし、サンリオ文庫版のトマス・ピンチョンの「競売ナンバー49の叫び」もそうみたい。

この本に収録されているバロの絵は全て白黒なので、作品自体は画集などで見るのがお勧めなんですが、バロ自身による作品解説があるのがとても興味深いんです。それに楽しそうなお遊びも色々と。全体的には、正直あまり文才があるようには感じられないんですが(失礼)、それでもバロの絵の1枚1枚の背後に確かに存在する物語を感じることができるような1冊。バロの自由な精神とその遊び心、どこか抑圧された不安定さ、などなど。
面白かったのは、「エロティックな夢をかきたてるレシピ」。これはブルトンを中心にパリのシュールレアリストたちがよくしたというゲームで、社会の常識をブラック・ユーモアで覆し、同時に想像力を解放するというものなのだそう。バロはメキシコに行った後もレオノーラ・キャリントンらの友人とこのゲームをしているんですね。この「エロティックな夢をかきたてるレシピ」もその1つ。本当の料理本のように、まことしやかに作り上げられたレシピは、時にブラックユーモアを交えながらも明るい遊び心たっぷり。
親友だったというレオノーラ・キャリントンのことにも頻繁に触れられていました。彼女もシュールレアリストの画家。「耳ラッパ」「恐怖の館」などが刊行されてるので、こちらも近いうちに読むつもり。


バロの絵が表紙になってる本を集めるとこんな感じ。右2冊は洋書で、私が持ってるのは右から2番目。

    

アマゾンの和書ではバロの本は2冊しか見つからなかったんですけど、そのうちの1冊が今回読んだ「夢魔のレシピ」で、もう1冊はリブロポートから出ている「予期せぬさすらい」。これが私の持っている「Remedios Varo: Unexpected Journey」の日本語訳みたいです。(工作舎)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.