Catégories:“戯曲・詩”

Catégories: / / / /

 [amazon]
岩波文庫か集英社文庫ヘリテージシリーズかと考えていたダンテの「神曲」ですが、overQさんにアドバイス頂いて、河出書房新社の平川祐弘訳を選んでみました。口語訳だし、フォントも普通で読みやすかったです! これから読む人には、私からもオススメ。

ということで、13世紀~14世紀のイタリアの詩人・ダンテによる叙事詩。話は知ってるものの、実際に読むのは初めてです。「地獄篇」「煉獄篇」「天国篇」の3部構成で、深い森の中に迷い込んだダンテを救い出すために、ウェルギリウスが地獄と煉獄を案内していきます。そして天国で案内するのは、ダンテの永遠の恋人・ベアトリーチェ。
通して読んでみると、地獄篇が一番面白かったです。次は煉獄篇。地獄に堕ちた人たちはもう救われる見込みはないけど、煉獄に堕ちた人は天国目指して頑張ってるんですよね。で、一番気が入らなかったのが天国篇。こういうの読んでても、あんまり天国自体には興味がないのに気がついちゃいました。構成とか構造は好きなんですけど、この辺りのキリスト教の教義を今更聞いてもっていうのもあるし、それ以上に、ウェルギリウスは終始丁寧だったのに、天国を案内するベアトリーチェったら終始偉そうで鼻につくんですよねえ(^^;。

それにしても、ホメロスを始めとする詩人たちや、、アリストテレス、ソクラテス、プラトンといった哲学者たち、そしてアエネアス、カエサルといった歴史上有名な人物たちが、洗礼を受けなかったからという理由だけで、地獄の「辺獄(リンボ)」に堕とされていて、しかもまず救われる見込みはないという部分にはびっくりです。そりゃ、洗礼を受けないと天国に行けないというのは知ってましたが、救われる見込みもないなんて。しかもアダムやアベル、ノアやモーセ、ダビデといった旧約聖書の重要な面々ですら、かつてはこの「辺獄」にいたんですって! イスラエルの人々に関しては、その後キリストが救い出して天国に連れていったみたいなんですけど(一旦救われると、随分と高い地位にいるようです)、古代ギリシャの偉人たちはどうするつもり?! なんだかキリスト教徒の驕りを感じてしまいます。(ダンテ自身もこれには納得できなかったらしく、天国篇でそのことについて尋ねることになるんですが) ...そういえば、洗礼を最初に始めたのは、「バプテスマのヨハネ」(サロメに殺される彼です)でいいのかしら? 考えてみたら、神自身が定めた儀式じゃないんですよね、洗礼って。

そして地獄で番人の役割を果たしているのは、主にミノス、ケルベロス、プルートン、メドゥーサ、ケンタウロスなどのギリシャ神話の存在。西洋の古典文学にはほんとギリシャ神話が良く登場しますけど、本来なら一神教のキリスト教にとって多神教は排他するべき敵なのでは...?と改めて不思議になりました。信仰の対象でなければ構わない? モチーフとして絵になるから見逃されるのでしょうか? そしてキリスト教の悪魔の頭領・ルチフェロ(ルシファー)は最下層で氷漬けになってました。キリスト教における「悪」は、とにかく悪魔の誘惑が第1の要因だろうと思っていたんですが... 他にも悪魔は色々といるとはいえ、人間を誘惑するべきルチフェロが氷漬けだったら、あんまり悪いことできないんじゃん。結局、罪は個人の責任ということでいいのかなあ。(笑)

ダンテはそこで出会った色んな人に話を聞くんですけど、聞かれた方もまだ生きてる人間に祈ってもらえると罪が軽減されるので、生者に伝言を頼みたがるし、色んなことを進んでダンテに話すんですよね。それが上手いなあと思ったところ。そして当時の人間がかなり沢山地獄に堕とされてますが、これはどうやら当時のダンテの政敵だったようで... 地獄に堕として意趣返ししてます。なんてこったぃ。(笑)

全部読み通すのに、ものすごく疲れたんですけど(毎日のように本の感想をアップしてますが、まさかこれを1日で読んだわけじゃないです)、叙事詩はやっぱり大好き。次は何にしようかしら。ウェルギリウス繋がりで、「アエネイス」かなあ。叙事詩は大作が多いので立て続けには読めないんですけど、ぼちぼちと読んで行くつもりです。(河出書房新社)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
17世紀の詩人・ジョン・ミルトンによる、イギリス文学史上最も偉大な作品の1つとされる叙事詩。スペンサーの「妖精の女王」を読んでいたら、妙に読み返したくなりました。旧約聖書の「創世記」に題材を取った、神に創られた最初の2人の人間アダムとイーヴ、そして彼らを巡る天使と悪魔の物語。

以前読んだ時は割と素直に読んでたと思うんですが、今回読み返してみて改めて感じたのは、堕天使たちの魅力。ものすごく個性的で、変な話ですが人間味があって(笑)、すごくいい味出してるんです。彼らを前にすると、完全な存在であるはずの神やその御子、天使たちがまるで無個性のつまらない存在に感じられてきちゃう。特にサタン(天上にいた時の名はルシファー)、いいですねえ。神の次の座に位置していたルシファーの反乱の理由は「驕り」であるとも「嫉妬」であるともされてますけど、でもいくつか天使と悪魔の話を読んでるうちに、どうもそれだけとは思えなくなってきました。この「失楽園」でも、サタンの姿にアダムとイーヴの姿が重なるんですが、ミルトンが書いてるほど、楽園追放は「悲劇的」な出来事とは思えないですね。アダムもイーヴも自分たちの罪深さにただ絶望していたわけじゃなくて、最後には喜びや希望も持っていたし... どうも親離れをして自立していく子供のようにも見えます。もちろん神の庇護下にいさえすれば安全で安心なんでしょうけど、案外自立への期待もあったんじゃないでしょうかね? そしてそれこそが、ルシファーの中にもあったもののような...。(なーんて読み方をしてたら怒られそうだな)
「失楽園」の中で最大のポイントと思えるのは、神の「わたしは彼を正しく直き業を用いて、堕ちることも自由だが、毅然として立つにたる力に恵まれた者、として造った。いや、かかる者として、すべての天使を、正しく立てるものをも過ちを犯した者をも共に造っておいた」という言葉。人間はもちろん、ルシファーもまた選択の自由を持った存在だったんですね。でもね、エデンの園に命の木やら知恵の木やら植えておいて、それで食べたらダメだなんて性格悪いですよぅ。いつ切れるか分からない蜘蛛の糸を戯れに垂らしてみるお釈迦さまみたい。...神様ってそんなもの?(笑) (岩波文庫)

次はダンテの「神曲」か...?と思ったんですが、こちらは本を持ってませんでしたー。本屋に探しに行ったんですけど、岩波文庫版しか置いてなくて、そのまま帰って来ちゃった。集英社文庫ヘリテージシリーズと比べてみたかったんですけど... 訳を読み比べた方、いらっしゃいます? オススメの訳があれば、ぜひ教えて下さい!

| | commentaire(8) | trackback(0)
Catégories: / / /

    [amazon]
題名からするとファンタジーっぽいですが、ファンタジーではないです。
16世紀の英国の詩人、エドマンド・スペンサーの代表作となった叙事詩で、当時の女王エリザベス1世に捧げられたという作品。大学時代に英文で読んだことはあるんですけど、翻訳を読むのは初めて。去年ちくま文庫で発刊されたのを知った時から欲しかったんですけど、ちくま文庫って文庫にしては高いですよね。でも以前から出ていたハードカバーが2万円近くしたことを思ったら...! えへへ。

本来なら全12巻になるはずだった作品で、12ある徳を1巻で1つずつ描こうとしていたらしいんですが、結局全6巻ということで、半分しか書かれてません。(この4冊にその全6巻+αが収められています) 1巻は神聖、2巻は節制、3巻は貞節、4巻は友情、5巻は正義、6巻は礼節。これらがアーサー王伝説に題材をとって描かれていきます。でも半分だけなんですが、近年ではこれで完結しているという見方が優勢になってきてるみたいです。「紳士、即ち身分ある人に立派な道徳的訓育を施す」のが一番の目的なだけあって、とってもアレゴリカルな作品。(ジョン・バニヤンの「天路歴程」ほどではないですが ←私が知ってるうちで一番アレゴリカルな物語) こういう部分は、原書で読んだ時の方が楽しめたかも。
アーサー王伝説が題材とはいっても、王になる前のアーサーしか登場しないし、そのままの設定で登場する騎士もいないので、アーサー王自体伝説は知らなくても大丈夫なんですが、聖書とギリシャ・ローマ神話を知らないとちょっとツライかも。ヨーロッパの文学を読むつもりなら聖書とギリシャ神話は必須だと大学に入る時に言われたんですが、こういう作品を読むとその言葉を思い出します。詳しい註釈がついてるので、大丈夫といえば大丈夫なんですが、いちいち註釈を読んでると物語の流れが分断されてしまうんですよね。(それでも註釈を飛ばせない私...) そして他にも色々な古典作品が引き合いに出されていました。ホメロスの「イーリアス」や「オデュッセイア」、ヴェルギリウス「アエネーイス」、マロリー「アーサー王の死」、チョーサー「カンタベリー物語」などなど。そして先日イタロ・カルヴィーノの「宿命の交わる城」読んだ時に読んでみたいと思った「狂えるオルランド」も、かなり大きく出てきました。やっぱり読んでみないといけないですねえ。ちくま文庫か岩波文庫で出してくれたりしませんかね?

あれ、あの人はその後どうなったの?って思う部分も多いし、登場人物の名前がなかなか判明しないことも多いし、一旦名前が出てきても「乙女」「騎士」と書かれてるばかりで、少し気を抜くと誰の話なのか分からなくなるし(笑)、あからさまな女王賛美が鼻につく場面も... あ、訳はいいと思うんですが、騎士レッドクロスが「騎士赤十字」って訳されてるというのもーっ。(いや、確かに「赤十字」なんですが) 現代の娯楽作品と比べると、どうしても読みにくいんですが、それでも、やっぱり後世の文学や芸術に影響を与えたというのも納得の大作。久しぶりに読み返せて良かったです。
ちなみにベルギー象徴派のフェルナン・クノップフの絵画にも、この作品に題材をとった作品があるのが有名です。(ちくま文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / /

 [amazon]
フィンランドの叙事詩「カレワラ」を物語の形にしたもの。これは世界三大叙事詩の1つなんだそうです。(他の2つは「イーリアス」と「ラーマーヤナ」) 読むならやっぱり叙事詩の形で読みたかったんですが、手軽に読めるのがこれだけだったので仕方ありません。
他の神話のように、世界の成り立ちも描かれているし、登場するのはフィンランド神話の神々のはずなんですが、神というより普通の人間みたい。最初の1人のヴァイナモイネンなんて、お母さんのおなかに宿ってから700年も経ってようやく生まれるので、生まれた時は既におじいさん。とても賢くて力も強くて、生まれながらの魔術師で、しかも歌も上手くて、神としての素質は十分備えてると思うんですけど、そんな感じはしないです。北欧神話やギリシャ神話なんかとは何かが決定的に違うんですよね... 何だろう? それになんせおじいさんなものだから、結婚したいと思っても相手に嫌がられちゃうんですよね。気の毒。(笑 ←笑っちゃいけません) それにしても、このヴァイナモイネン、お母さんは大気の乙女で、お父さんは大気の乙女が海面を漂っていた時にそこを吹き抜けた風。水も少しは関係してるとはいえ、四大元素の空気ばっかりですか。(笑)
登場する神々は当然お互いに戦ったりもするんですが、その時は腕力よりも魔法がメイン。呪文合戦がよく行われるのが特徴でしょうか。北欧といえばヴァイキングだし、ヴァイキングといえば海賊。武力的なイメージがあるんですけど、調べてみると、ヴァイキングというのは、ノルウェー、スウェーデン、デンマークで、フィンランドは入ってなかったみたいです。それにそういえば、ラップランドって魔女や魔法使いの本拠地と思われてたんでしたっけ。魔法をかけたり、相手の魔法を打ち消すには、物それぞれの「起源の言葉」が必要というのも、面白いところ。博学な人ほど魔法に強いということであって、魔法使いとか魔法とかが特別な存在ではないんですね。
読む前に想像していたほど北欧らしさを強く感じなかったのですが、男性が女性に求婚に行く時に、まずサウナに入るというしきたりは、さすがに北欧ならではでした! サウナに入ることによって目が生き生きと輝き、頬が赤くなり、手足が白くなり、男前に変身するのだそうです。(笑)(春風社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
SukuSukuPu-sanのmort_a_creditさんが、たらいまわし企画「第18回心やすらぐ本」であげてらした本。(記事) 「詩はよくわからないから、と敬遠している人は、これを読んでみて、気に入った詩、三好と意見の合った詩があれば、その詩人の詩集を読んでみる、というところから始めてみるのもいいと思う。」と書いてらっしゃるのを読んで、これはまさに私のことだ!と本を買ってきてしまいました。
紹介されているのは、島崎藤村、薄田泣菫、蒲原有明、北原白秋、伊良子清白、三木露風、高村光太郎、山村暮鳥、千家元麿、村山塊太、中川一政、室生犀星、佐藤惣之助、中野重治、大木惇夫、佐藤一英、萩原朔太郎、堀口大學、丸山薫、竹内郁、田中冬二、津村信夫、立原道造、中原中也、伊東静雄など。もちろん作品を知ってる詩人も含まれていますが、まるで名前を知らなかった人もいれば、名前は知ってても詩を書くなんて知らなかった人もあり、普段ほとんど詩に触れてないだけに、とても新鮮。

この本は少しずつ読んでいったので、すごく時間がかかっちゃったんですけど、やっぱり詩を読むには声に出して読むのが一番いいですね。声を出して読んでみると、目だけで追っているのとはまた違う部分で、どこか気持ちよく感じられるものがあるものだなあと実感。私はどちらかといえば定型詩の方が好きみたいで、その方が読んでいてすっと入ってくるんですが、もちろん口語詩にもふっと気持ち良く感じられる詩があって、そんな詩人の作品はもっと読んでみたくなりました。三好達治さんの文章も、読んでいて心地良かったです。(岩波文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

[amazon]
ちくま文庫20周年復刊フェアで再版された9冊のうちの1冊。(復刊されたのはコチラ) 西条八十や佐藤春夫、三好達治らが愛してやまなかったというデ・ラ・メアの詩集で、「妖精たち」「魔女と魔法」「夢の世界」の3章に分けられて、60編ほどの詩が収められています。出てくる妖精が、丁度イギリスやアイルランドの伝承に見られるような感じで、子供の頃読んだ童話を思い出すような懐かしい雰囲気。英国では「幼な心の詩人」と評されているというのも納得。でも正直なところ、私にはちょっと可愛らしすぎたかも...。それにこういうのは、やっぱり原書で読んでこそだなと思ってしまいました。荒俣宏氏の訳はとても読みやすいし、詩の1編1編にドロシー・P・ラスロップの挿絵がついていてとてもいい雰囲気なんですけど、でもやっぱり日本語に訳してしまうと、原文にあるはずの韻も失われてしまいますしね。
この中で気に入ったのは、「サムの三つの願い、あるいは生の小さな回転木馬」。妖精に3つの願いを叶えてもらうサムの物語。妖精や魔女に願い事を叶えてもらうという話は、大抵願う本人が自滅してしまうものですが、これは一味違います。そしてその願いがエンドレスで繰り返されていくというのも面白いんですよねえ。(ちくま文庫)


+既読のウォルター・デ・ラ・メア作品の感想+
「妖精詩集」W.デ・ラ・メア
「ムルガーのはるかな旅」ウォルター・デ・ラ・メア

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / / /

 [amazon]
色んなところに何度も書いてるので「もういい」と言われそうですが(^^;、私が小学校の頃大好きだった作家のベスト3は、「ナルニア」シリーズのC.S.ルイスと「指輪物語」のJ.R.R.トールキン、そしてエーリッヒ・ケストナー。でもケストナーは全部の作品を読みたいと思ったし、実際に全集を愛読していたのに、C.S.ルイスとトールキンに関しては「ナルニア」と「指輪物語」だけで、他の作品に手を伸ばそうと思ったことがなかったんですよね。あんなに好きで何度も何度も繰り返し読んでたのになぜなのかしらー、なんて今頃になって思ったりします。指輪物語の前段階の物語「ホビットの冒険」を読んだのも高校になってからぐらいだったし、それもそれほど積極的ではなかったような。
ということで、この短編集も初読みです。「農夫ジャイルズの冒険」「星をのんだかじや」「ニグルの木の葉」「トム・ボンバディルの冒険」が収録されています。「農夫ジャイルズの冒険」は、まるでヨーロッパに伝わる民話の1つのような物語。ユーモラスで風刺もたっぷり。「星をのんだかじや」はとても幻想的で美しい物語。「ニグルの木の葉」はキリスト教的な寓話。そして「トム・ボンバディルの冒険」は詩集。

ええと、それぞれに楽しかったんですが... やっぱり「指輪物語」とはスケールが違いますね。ってあんな長編と比べちゃダメですね。でも小粒な感じは否めませんが、やっぱり読んで良かったです。トム・ボンバディルと川の娘・ゴールドベリの馴れ初めの話も読めたし! 映画ではすっぱりと切り落とされてたんですが、実はトム・ボンバディルはお気に入りなので~。(これで訳者が瀬田貞二さんだったら言うことなかったのに) あとは、「星をのんだかじや」も好み。読んでいるとエルフたちの住むロスロリエンが蘇ってくるようだったし、ちょっぴり切ないラストでは最後の船出を思い出しました。そしてこの本、ナルニアシリーズの挿絵でも有名なポーリン・ダイアナ・ベインズの挿絵も素敵なんです。この人の絵の場合、カラーよりも白黒の方が雰囲気があって好き♪

やっぱりトールキンとルイスの作品は、今からでも一通り読んでみようっと。...もしかしたら、「指輪物語」も「ナルニア」も、自分の中でそれぞれが完璧な形として確立されてしまっていたから、あえて他の作品を読もうとは思わなかったのかもしれないなあ。なんて自己分析してみても... 今更?(笑) (評論社)


+既読のJ.R.R.トールキン作品の感想+
「農夫ジャイルズの冒険 トールキン小品集」J.R.R.トールキン
「妖精物語の国へ」「妖精物語について」J.R.R.トールキン
「シルマリルの物語」上下 J.R.R.トールキン
「ビルボの別れの歌」「指輪物語『中つ国』のうた」J.R.R.トールキン
「ブリスさん」「サンタ・クロースからの手紙」J.R.R.トールキン
「仔犬のローヴァーの冒険」J.R.R.トールキン
「ホビットの冒険」上下 J.R.R.トールキン
「指輪物語」J.R.R.トールキン
「サー・ガウェインと緑の騎士」J.R.R.トールキン
「終わらざりし物語」上下 J.R.R.トールキン

+既読の指輪物語関連作品の感想+
「トールキン神話の世界」赤井敏夫
「トールキンによる『指輪物語』の図像世界」W.G.ハモンド/C.スカル
「トールキン指輪物語事典」デヴィッド・デイ
「図説 トールキンの指輪物語世界 神話からファンタジーへ」デイヴィッド・デイ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.