Catégories:“ミステリ”

Catégories: /

 [amazon]
富貴庵の店主・芦辺が陶子に語ったのは、同じ人形が10ヶ月のうちに3度も店に戻ってきたという話。昭和を代表する人形作家・北崎濤声の正真物で、しかも素晴らしい出来の人形だというのですが... という「倣雛心中」他、全4編。

冬狐堂のシリーズ第4弾。このシリーズを読むのも久々です。以前から、魑魅魍魎が跋扈するような古美術・骨董業界の話が面白くも、あまりに救いがなくて、読んでいるとちょっと息苦しくなってしまうようなところがあったんですが、今回もそうでした。相変わらず傷だらけになりながらも、女1人この世界で生き抜いていこうとする陶子の姿が痛々しい...。自分目当ての罠だと分かっていても、毅然とした一歩を踏み出すような女性だし、そんなところが彼女の魅力なんですけどね。
業界内の悪意以外にも、何も知らずに見れば見事な品物が、思いがけない業を潜めていることもあります。大切にされてきた素性の良い品物ならともかく、ここに登場するのは作り手や代々の持ち主のどろどろとした負の思いを引き継いでいそうな品物ばかり。もうほんと、見事に上っ面だけが綺麗な世界ですね。同じように古い品物を扱っていても、先日読んだ畠中恵さんの「つくもがみ貸します」(感想)とは、全然雰囲気が違うなー。
今回は、陶子の旗師生命も危ぶまれる要素が登場。そんな脆さを秘めた陶子を支えていくのが、カメラマンの横尾硝子でした。その硝子が一番クローズアップされるのは、表題作の「瑠璃の契り」。これは薩摩の切り子ガラスの話。表紙にもなってるコレです。...そうか、彼女は名前そのまんまのガラスだったのねー。ということは陶子はやっぱり陶器で、プロフェッサーDは、DOLL...?(笑) その他にも雅蘭堂の越名集治や、博多でカクテルを名物とする屋台を出してる根岸キュータ、池尻大橋や三軒茶屋のバーが登場します。(文春文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「狐罠」「狐闇」「緋友禅」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「瑠璃の契り」北森鴻

+既読の北森鴻作品の感想+
「共犯マジック」北森鴻
「蜻蛉始末」北森鴻
「親不孝通りディテクティブ」北森鴻
「螢坂」北森鴻
「暁の密使」北森鴻
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
天平18年秋8月。備前国から平城京に庸調を納めに行く一行の中にいたのは、采女として後宮で仕えることになっている広虫と吉備真備の娘の由利。男ばかりの一行の中で2人はすぐに意気投合します。そして、京まであと3日というところで拾ったのは、行き倒れていた百世という少年。百世は母を亡くし、丹波笹山から大仏鋳造のタタラで働いている父を探しに来たのです。京に着いた2人は早速吉備真備に葛木連戸主を紹介され、百世の父親探しに乗り出すのですが... という「三笠山」他、全4編の連作短編集。

奈良時代、聖武天皇から称徳天皇までの時代を舞台に、4編でそれぞれ東大寺の大仏建立、正倉院への宝物奉納、藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱、そして道鏡の野心と宇佐八幡の神託が取り上げられていて、この時代の主な出来事を網羅してる連作。風待屋の sa-ki さんに教えて頂いた本です。sa-ki さんから芝田勝茂さんの「サラシナ」(感想)と時代的に結構重なってるとは聞いてたし、確かにそちらとも重なってたんですが、それ以上に高橋克彦さんの「風の陣」(感想)と重なっていてびっくり。「風の陣」は、「立志篇」「大望篇」「天命篇」の3巻を読んだんですが、それぞれ橘奈良麻呂、藤原仲麻呂(恵美押勝)、弓削道鏡を取り上げてるんです。スタートが微妙にズレてはいるけど、もうまるっきり同じ時代の話。でも雰囲気がまるっきり違っていて、それもびっくり~。「風の陣」は、陸奥出身の丸子嶋足という青年を主人公にした正統派の歴史小説なんですが、こちらは広虫と戸主という内裏で共働きをしてる夫婦を中心に据えていて、もっと明るいユーモアたっぷりの作品なんです。味付け程度とは言え、ファンタジーがかった柔らかさもありますし。どちらもそれぞれにそれぞれの作家さんらしさが出てて面白いんですが、同じ歴史的事実を描きながらも書き手によってこれほど違ってしまうとは、両極端~。(笑)
4編の中で一番面白かったのは、2編目の「正倉院」。こんな裏話があったなんて、正倉院の宝物を見る目が変わっちゃうな。あと面白かったのは、吉備真備の長女の設定。これにはびっくり! 言われてみれば、確かに同じ時代ですものねえ。でも、一体どこからこんなアイディアが浮かんだのやら。(笑)(文芸春秋)


+既読の山之口洋作品の感想+
「オルガニスト」山之口洋
「0番目の男」山之口洋
「天平冥所図会」山之口洋

| | commentaire(6) | trackback(1)
Catégories: / / /

 [amazon]
長年大切に扱われてきた器物の中には、百年を経ると妖(あやかし)と化して力を得て、つくも神となるものがあります。お紅と清次の姉弟が切り回している小さな古道具屋兼損料屋・出雲屋には、そんなつくも神となった古道具がいっぱい。そしてそんなつくも神となった品物は売り払われることなく、日々様々な場所に貸し出されているのです... という連作短編集。

お紅と清次の店にあるつくも神は、掛け軸の月夜見(つくよみ)、蝙蝠の形をした根付の野鉄、姫様人形のお姫、鷺の煙管の五位、櫛のうさぎ、金唐革の財布・唐草といった面々。大切にされてきた古い品がつくも神になるという設定はいいと思うし、実際このつくも神たちとなった品々が愛嬌あるんです。お紅と清次もいい感じだし、そこまでは順調。とっても可愛らしい話になりそうでワクワクしちゃう。でも、そこからが... うーん。
肝心のつくも神たちと人間2人の距離が、なんだか中途半端な気がしちゃうんですよねえ。つくも神たちは、お紅と清次を気にせず喋りまくってるけど、2人に話しかけられた時は返事をしないと決めてます。2人が何か知りたいこと、つくも神たちに調べてもらいたいことがある時は、つくも神たちの前でわざとらしく話題にしてから、つくも神たちを関係各所に貸し出すんです。
この話が「しゃばけ」シリーズとはまた違うのは良く分かってるし、これもまた決まりごとの1つだとは思うんだけど...
つくも神たちが「人間とは決して話さない」と決めてる根拠が、イマイチ薄くないですか? なんだかすっきりしないんですよね。お互いのやり取りが遠まわし遠まわしで、どうにも不自然だし...。しかもつくも神たちが期待したほど活躍してくれなくて、結局単に噂集めをしてるだけ。
...というのは、まあ、読んでいるうちにだんだん気にならなくなってくるんですが。

やっぱりこのラスト、あまりにあっさりとしすぎてやいないでしょうかね? あれだけ「蘇芳」「蘇芳」って騒いでいたのに、途中経過の一波乱二波乱もなく、これだけですか? うーん、正直言って拍子抜け。可愛らしい話なんですけどねえ。それだけに、もう一捻り欲しかったなあ。(角川書店)


+既読の畠中恵作品の感想+
「ゆめつげ」畠中恵
「とっても不幸な幸運」畠中恵
「おまけのこ」
「アコギなのかリッパなのか」畠中恵
「うそうそ」畠中恵
「みぃつけた」畠中恵
「まんまこと」畠中恵
「つくもがみ貸します」畠中恵
「ちんぷんかん」畠中恵
「こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり」畠中恵
「いっちばん」畠中恵
Livreに「しゃばけ」「ぬしさまへ」「百万の手」「ねこのばば」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
ビストロ・パ・マルは、料理長の三舟、料理人の志村、ソムリエの金子ゆき、ギャルソンの高築智行の4人が切り盛りする小さなフレンチ・レストラン。値段も手頃で、気取らないフランス家庭料理を楽しめる店には常連も多く、カウンター席7つテーブル5つという小さな店は、すぐに予約でいっぱいになってしまうほど。そんなある日やって来たのは、常連客の西田。連れていたのは、最近婚約したという華やかな美女。幸せそうな2人に和やかな雰囲気で食事が進みます。しかしそれから2週間ほど経ったある日、再び現れた西田はどうやら体調が悪いらしくて... という表題作「タルト・タタンの夢」他全7編。小さなビストロが舞台の連作短編集です。

基本的な流れとしては、ビストロにやって来たお客の抱える食べ物絡みの悩みや疑問、問題なんかを、三舟シェフが美味しいお料理と共に鮮やかに解決してしまうというもの。読む前は、近藤史恵さんまでもが今はやりの(?)美味しいミステリを書いてしまうのか...! と、ちょっぴり違和感だったんですけど、これが本当に美味しそうで! フレンチには日頃それほど興味のない私なんですが、強烈にフレンチレストランに行きたくなってしまうほどでした~。しかも近藤史恵さんのお料理に関する薀蓄の入れ方も、いつものことながら、ほんと絶妙なんですよね。
ミステリとしてはあまり派手ではないというか、どちらかといえば地味のような気もするんですけど、でもしっかりとお料理絡みの謎だし、お客さんがシェフの美味しいお料理でおなかもいっぱい、心も満足、となるのが良かったです。きっとそうなんだろうなとは思っても、なぜというところまでは分からない謎も結構あったので、シンプルな謎解きが鮮やかに感じられました。私が好きだったのは、夫婦のことはその夫婦にしか分からないんだなと実感させられた「ロニョン・ド・ヴォーの決意」。謎解きの時のシェフの言葉が好きなんです。そしてトリックに単純にびっくりさせられたのは、「理不尽な酔っぱらい」。まさかそんなことができるとは...!(驚)
読んでるとおなかもすくんですけど、それ以上にシェフ特製のヴァン・ショー(ホットワイン)が飲みたくなっちゃいます。読後感がとても暖かい連作短編集。これはぜひ続きも読みたいです~。(東京創元社)


+シリーズ既刊の感想+
「タルト・タタンの夢」近藤史恵
「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵

+既読の近藤史恵作品の感想+
「モップの精は深夜現れる」近藤史恵
「賢者はベンチで思索する」近藤史恵
「南方署強行犯係 黄泉路の犬」近藤史恵
「にわか大根」近藤史恵
「ふたつめの月」近藤史恵
「モップの魔女は呪文を知ってる」近藤史恵
「サクリファイス」近藤史恵
「寒椿ゆれる」近藤史恵
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(6) | trackback(3)
Catégories: / /

 [amazon]
与次郎が語ったのは、言い伝え通り恵比寿像の顔が赤くなった時、1つの島が滅んだという話。それを聞いて正馬と惣兵衛は非合理な話だと強く否定し、剣之進1人があり得ることだと反論。剣之進は実際にその話の証拠として「豊府紀聞巻四」を見つけてきます。しかしそれでも正馬と惣兵衛は、確かに恵比寿像の顔が赤くなった後に天変地異が起きたのかもしれないが、その2つの出来事の因果関係が証明されたわけではないと言うのです。結局4人は薬研堀のご隠居のところに話を聞いてもらいに行くことに... という「赤えいの魚(うお)」他、全6編の収められた短編集。

一体いつ以来...? の京極作品。京極堂のシリーズの方だって、あんなに夢中になってたのに、「宴の始末」辺りから気持ちが離れ始めて、結局「邪魅の雫」も読まなかったんですよねえ。でもこの作品はともっぺさんにとても良かったと教えていただいて、読んでみました。「続巷説~」がとても綺麗に閉じていてすごく良かったので、あれ以上一体何を書いたんだろう?って思ってたんですけど、ともっぺさんも読む前は似たようなことを感じてらしたのに、読んでみたらすごく良かった~と仰ってたので。
「憑き物」を落として人を正気に戻す京極堂シリーズに対して、こちらは「憑き物」を利用して人を正気に戻すシリーズ。でも時代は既に明治となっていて、今までの話とはまた趣向が違いました。百介はもうすっかり老人だし、文明開化の時代を生きる4人の若者たちが中心。

最初のうちは、それぞれに確かに面白いんだけど、同じパターンが続くなあ... って感じだったんです。でもね、最後の「風の神」が良かった! きっとこの部分を書きたかったんですね、京極さんは。「彼岸」と「此岸」に関する部分がしみじみと良かった。百介が又市たちと過ごしたのはほんの数年間のこと。その後又市たちは百介の前に姿を現さなくなって、百介自身は又市たちに見捨てられてしまったように感じてるんですが、でもそれはきっと本当は全然違うんですね。大きな愛情が感じられるなあ。もしかすると又市たちにとって、百介は最後の良心だったのかも。江戸から明治へと移り変わった時代の中で、最早妖怪に用などなくなってしまったというのは、どうも寂しいんですが、やっぱりこの境目の時期だからこその話だったんだなあ。(なんて言ったら京極堂のシリーズはどうなんだ?なんですが)
あ、京極堂のシリーズに直接繋がる人物も複数登場してました。結局のところ、全部そっちに流れ込むってことなのね。(笑) (角川文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「巷説百物語」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「続巷説百物語」京極夏彦
「後巷説百物語」京極夏彦

+既読の京極夏彦作品の感想+
「百器徒然袋-風」京極夏彦
Livreに、これ以前の作品の感想があります

| | commentaire(3) | trackback(3)
Catégories: /

 [amazon]
16年ぶりに三軒茶屋を訪れた有坂祐二は、かつての恋人・江上奈津美と歩いた道や一緒に行った店を辿るうちに、香菜里屋という店を見つけ、思わず中に入ることに... という「螢坂」他、全5編の連作短編集。「花の下にて春死なむ」「桜宵」に続く、ビアバー「香菜里屋」シリーズ第3弾です。

今回もとても美味しそうな作品群でした! 美味しいシリーズだというのは頭では分かってても、前もここまで美味しそうだったっけ... と改めて驚いてしまうほど料理は美味しそうだし、香菜里屋という空間はとても居心地が良さそう。もちろんマスターの工藤哲也も相変わらず魅力的です。客の話すどんな小さいことも、どんな小さい出来事も見逃さずに、正しい筋道を見つけてしまうマスター。今回は「死」と密接に結びついている分、謎が解き明かされても救いとはならないこともあって、いつもよりも重めの話が多かったように思うんですが、それでも生々しい傷を負った心が柔らかく揉み解されて、辛い情景が過去の風景へと変わっていくのは、マスターの人柄というものでしょうね。ほろ苦くて切なくて、でも暖かい物語。この中で私が一番好きだったのは「双貌」でした。これは小説家による作中作が登場して、他の4編とはちょっと違う雰囲気の作品です。
「桜宵」から登場している工藤の旧友・香月が、「雪待人」でも意味深な一言をもらしてるし、次は工藤の過去が明かされる内容になるようですね。どんな話になるのかいつも以上に楽しみ~。これは単行本が出たらすぐ読まなくちゃ!(講談社文庫)


そして北森鴻さんといえば、11月24日(土)三重県名張市主催の、「第17回なぞがたりなばり講演会」に出演されることが決定したそうです。テーマは「旅とミステリー ~乱歩と香菜里屋の不思議な邂逅~」。名張市は江戸川乱歩生誕の地ということで、毎年豪華なゲストを招いて講演会を開催してらっしゃるんです。去年は綾辻行人さん、その前は有栖川有栖さん、その前は福井晴敏さん、高村薫さん、真保裕一さん、馳星周さん、北村薫さんと宮部みゆきさん...
乱歩と香菜里屋の不思議な邂逅だなんて、一体どんなお話になるんでしょうね? 美味しいお話もたっぷり聞けるかも? 興味のある方はコチラまでどうぞ~。

あとイベントといえば、11月11日(日)立教大学キャンパスで行われる日本推理作家協会60周年イベント「作家と遊ぼう!ミステリーカレッジ」も面白そうです。参加作家さんが、ものすごーーく豪華だし、企画もそれぞれにとっても楽しそう。全部で6時間ほどのイベントなので、どれに行くか迷ってしまう人も多いかも? 参加作家さんとして名前が挙がっていなくても、ふらりと遊びに来る作家さんも多そうです。詳細はコチラ

ということで、ちょっぴり回し者になってみました。えへ。


+シリーズ既刊の感想+
「花の下にて春死なむ」「桜宵」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「螢坂」北森鴻

+既読の北森鴻作品の感想+
「共犯マジック」北森鴻
「蜻蛉始末」北森鴻
「親不孝通りディテクティブ」北森鴻
「瑠璃の契り」北森鴻
「写楽・考」北森鴻
「暁の密使」北森鴻
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
父の転勤で北九州に引っ越すことになった、小学校5年生の高見森(シン)。東京では腕白のいじめっ子として問題児扱いをされていた森ですが、引越し当日の夜にはこっそり外に抜け出て、パックという少年と一緒に社宅の屋根に上り、翌朝には同じ登校班の子供たちにもすんなりと受け入れられて、今度の学校では楽しくやれそうな予感。しかし、てっきり一緒に学校に通うとばかり思っていたパックの姿が見えないのです。しかも周囲の子供たちに聞いても、みんな口を濁すばかりで...。

講談社ミステリーランドの第13回配本。加納朋子さんらしく、とっても可愛らしいお話でした~。
大人から見れば単なる乱暴者の森なんですが、実は意外と素直な少年。話の合いそうな転校生と友達になりたいと思った時も、おばあさんのアドバイス通りにしてるし... いや、これに関しては、今時の少年が本当にそんなことをするのか?! とも思っちゃうんですけどね。それまで森の周囲にいた子供たちは、森がそんなことをするなんてまさか思わなかったでしょう... 地方によって子供たちに違いがあるなんて書きたくないんですけど、やっぱり大人になるのが早い分、大人の色眼鏡ごしに物事を見てしまいがちなのかも、とか思ってしまうー。それに比べて、北九州の子供たちの可愛いことったら。彼らの話す北九州弁が、またいいんです。これですっかり親しみが湧いてしまいました。...ええと、肝心の謎に関してはそれほどでもなくて、少年たちの冒険譚といった要素の方が強かったんですが、それでも社宅という条件がすごく利いてると思ったし、夢がありながらほろ苦い現実もあるところが良かったです。爽やか~。
「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」と言いつつ、今までは「かつて子どもだったあなた」向けの作品が多かった気がするミステリーランドのラインナップの中では、純粋に「少年少女のため」に近い作品かも。(そしてこの表題の文字が可愛い! 可愛すぎる! こんなPC用フォントがあったら、絶対欲しいー)(講談社ミステリーランド)


+既読の加納朋子作品の感想+
「てるてるあした」加納朋子
「ななつのこものがたり」加納朋子
「モノレールねこ」加納朋子
「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子
Livreに、これ以前の全作品の感想があります。

| | commentaire(4) | trackback(1)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.