Catégories:“ミステリ”

Catégories: /

 [amazon]
大学に入る時に、それまで続けていた陸上競技をやめて自転車のロードレースを始めた白石誓は、今は国産自転車フレームメーカーが母体のチームに所属する選手。チームのエースは33歳のベテラン、石尾。そしてその次の位置につけているのが、誓と同期でまだ23歳の伊庭。誓はエースを狙うほどの実力ではなく、アシストに徹した走り。そして日本で行われる数少ないステージレース、ツール・ド・ジャポンに、誓も出場することになります。しかしその中の南信州での山岳コースで、思いがけず誓が総合トップに踊り出てしまうのです。その時、エースの石尾にまつわる3年前の黒い噂が明るみに出て...。

近藤史恵さんの、久々のノンシリーズ作品。近藤史恵さんにしてはちょっと珍しい雰囲気かな。自転車のロードレースの話です。今まで自転車競技には全然興味も知識も無かった私なんですけど、いやあ、面白かった!

まず、この本で知ったこと。

・自転車のロードレースは、紳士のスポーツとも、この世で最も過酷なスポーツとも呼ばれる。
・集団の先頭を引っ張る選手が空気抵抗を1人で引き受けることになるので、レースの最中でも、相手がライバルだったとしても、順番に先頭交代するのがマナー。(紳士のスポーツたる所以の1つ)
・ロードレースにはエースとアシストという役割分担があり、実際には個人競技というよりも団体競技に近い。
・アシストはチームのために、時にはエースの風除けとなり、時にはエースとは違う場所でレースを作る。エースの自転車にトラブルがあった時は、アシストが自分の自転車を明け渡すこともある。

まあ、ほかにも色々あるんですが(紳士協定的な暗黙の了解がいっぱい)、内容を読む上で重要なのはこのぐらいでしょうか。作品の中には、うちから比較的近い地名も登場してて、確かにそこの道で自転車のトレーニング姿をよく見かけてはいたんですけど、こういうことをやっていたとは、ほんと全然知らなかった。でもこれが素直に面白くて~。本当の自転車レースを見たくなってしまったわ! 自ら1位でゴールするよりも、アシストに徹する方が好きだという主人公の気持ちにも共感してしまったし。でも、アシストに徹したい主人公の思いとは裏腹に、思いがけずエースへの道が開けてしまって、周囲の人間の主人公に対する視線や態度が変わっていくんですね。それにつれて、様々な思惑が交錯して。
でもそんな風にロードレースの魅力とか、それにまつわる人間ドラマを描く作品だったはずなのに、さすが近藤史恵さん。ミステリ作品でもありました。しかもそのミステリ部分がいいんです~。そういう風にミステリが絡むと、思いがけない人間の暗部が見えてきたりするものだし、近藤作品だからこそ尚更そうなりそうなところなんですけど... この解決は良かったな。自転車のロードレースがそれまで以上に理解できたような気がします。...本当にそこまで...?という部分も正直ちょっぴりあるんですけど、でも良かった。ほおおっ。

自転車を扱った作品といえば、竹内真さんの「自転車少年記」もそうですね。この作品とはまたタイプが違いますが、あれもとっても爽やかな青春小説でオススメです~。今度テレビで自転車のロードレースをやってることがあれば、見逃さないようにしようっと。(新潮社)


+既読の近藤史恵作品の感想+
「モップの精は深夜現れる」近藤史恵
「賢者はベンチで思索する」近藤史恵
「南方署強行犯係 黄泉路の犬」近藤史恵
「にわか大根」近藤史恵
「ふたつめの月」近藤史恵
「モップの魔女は呪文を知ってる」近藤史恵
「サクリファイス」近藤史恵
「タルト・タタンの夢」近藤史恵
「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵
「寒椿ゆれる」近藤史恵
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(5) | trackback(3)
Catégories: /

 [amazon]
大学の先輩だった河原崎と一緒に、夜の動物園に入らせてもらった時の話「動物園のエンジン」、人を捜す仕事で小暮村に行った黒澤は、その村に未だに残る風習に驚かされる「サクリファイス」、「僕の勇気が魚だとしたら」という文章で始まるある作品にまつわる、いくつかの物語「フィッシュストーリー」、プロ野球選手の家に泥棒に入っている間に、助けを求める若い女性からの電話が... という「ポテチ」の4編。

今回も他の作品とのリンクが結構あったんですが、個人的には「ラッシュライフ」の黒澤が登場するのが嬉しかったですね。なので、2作目の「サクリファイス」が一番好み。黒澤登場はもちろんのこと、すでにすっかり形骸化しているかのように思えた不気味な風習が、実は今でも生きていた?!という辺りが~。伊坂作品らしさという意味では、表題作「フィッシュストーリー」が一番かな。20数年前の父親の話、30年前のロックバンドの話、現在のハイジャック犯の話、そして10年後の話。全然関係ないように見える出来事が1つの細い糸でずっと繋がっていて。でも、一般的には「ポテチ」が一番人気かもしれないですね。これは味のある登場人物も多かったし。
でも、悪くはないんだけど... 私自身の気持ちが国内作品から離れ気味のせいもあると思うんですが、どうも物足りなかったです。伊坂作品らしさが、今回薄かったように思うんですよね。薄いとは言っても別路線を打ち出したわけではなくて、これまでの作品と同じようなパターン。比較的最近の作品では、私は「砂漠」や「魔王」が好きなんですけど... 特に「魔王」のインパクトは、今までにない伊坂色を見せてくれたという意味でも凄かったと思うのに...! でも結局また元に戻っちゃったのね、って感じ。うーん。(新潮社)


+既読の伊坂幸太郎作品の感想+
「死神の精度」伊坂幸太郎
「魔王」伊坂幸太郎
「砂漠」伊坂幸太郎
「終末のフール」伊坂幸太郎
「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(6) | trackback(3)
Catégories: /

 [amazon]
御手洗が石岡と共に馬車道に住んでいた頃。散歩に出た2人の前に現れた少女が、近所の老女が老人ホームに入れられそうになっているので助けて欲しいと訴えます。老女はUFOや宇宙人、宇宙戦争を家の前で見たという話をしており、それを知った息子夫婦にボケてしまったと思われているのです... という表題作「UFO大通り」と、ラジオの深夜放送で聞いた、傘を車に轢かせようとしている女性を見たという不思議な話に、退屈していた御手洗は興味を引かれて... という「傘を折る女」。

ものすごーく久しぶりの島田荘司作品。調べてみたら、「ロシア幽霊軍艦事件」を読んで以来、2年半あいてたみたいです。島田荘司作品の読了本は54冊。好きだったんですよねえ、特に御手洗シリーズの初期の作品。傑作とされるデビュー作の「占星術殺人事件」は、実はあんまりだったんですが、「斜め屋敷の犯罪」「御手洗潔の挨拶」「異邦の騎士」「暗闇坂の人喰いの木」辺りが。デビューから1990年までぐらいの作品が一番好き。でも事件の舞台が海外に移るようになってから少し気持ちが離れ始めて(違う意味でスケールが大きすぎて好みじゃなくて)、最近の御手洗は電話での登場とかばっかりだし! 石岡くんと里美が中心になってからは、読む気をすっかり失ってました。
でも、ともっぺさんに、この「UFO大通り」は「四季さんの好きな、馬車道の頃の話ですよ~」とオススメされて読んでみることに。

で、読んでみて。やっぱり馬車道の頃の話は安心しますね。どちらも奇抜な謎を御手洗が鮮やかなに推理するという、御手洗シリーズらしい作品。UFOに乗った宇宙人の地球侵略、それを信じていたかのような小寺青年の死体は、白いシーツを体にぐるぐると巻きつけて、オートバイ用のフルフェイスのヘルメットをかぶってバイザーを閉め、首にはマフラー、両手にはゴムの手袋。部屋の天井からはちぎって貼ったガムテープの切れ端がぎっしり...。そんな謎も見事に解かれてみれば、とても地に足のついた話。へええ。
ただ... 初期の作品のことを思うと、どうしてもどこか弱いような。島田荘司作品のどこが好きかといえば、スケールの大きさとか、衝撃度の強さ、密度の濃さとか、そういうところなんですが、その意味ではちょっぴり物足りなかったです。しばらく読まないでいるうちに、初期の作品群が自分の中で美化されてしまったのかもしれないけど... 同じ馬車道の頃の話なので、どうしても比べてしまうのかも。うーん、なかなか難しいものですねえ。(講談社)


+既読の島田荘司作品の感想+
「ロシア幽霊軍艦事件」島田荘司
「UFO大通り」島田荘司
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
スポーツクラブでフロア・スタッフのバイトをしている殿内亨は、インストラクターの芹香にときめき、遅番の仕事が終わった後、プールで一泳ぎをするのが楽しみな毎日。しかしそんなある日、プールの中で身体に熱いものがかかって火傷をしたという女性が現れて... という「水の中の悪意」他全4編。キリコちゃんのシリーズです。

このシリーズはキリコも可愛いし、読みやすくて好きなんだけど... 前の2作とはちょっと違ってたかな。事件の方は相変わらず、人間の暗部を覗き込むようなもので、でも最後にはちょっぴり救われて気分が上向きになるというパターン。今回の4編の視点は、全て事件の当事者の視点。そこまではいいんだけど... 謎解きこそキリコがするし、それぞれに意表を突いた結末が待ってるんだけど、キリコはあくまでも脇役って感じなんですよね。それが私としては物足りなかったかも。清掃業というキリコの仕事も、いつもほど生かされている感じがしなかったし。しかもキリコが脇役だから、キリコ側の人たち(大介とか)が全然登場しないんですよねえ。もっとキリコ自身の話を読みたかったので、ちょっと残念。
今回面白かったのは、スポーツクラブに通い始めたキリコの言葉。習い事をしている場合、同じクラスの人と自然に知り合いになって挨拶したり少し話したりするようになるけれど、毎朝駅で顔をあわせる人とは、仲良くなろうとも思わないし、挨拶もしないもの。「スポーツクラブはそれが入り混じっているような気がする」という観察が面白かったです。(ジョイ・ノベルス)


+シリーズ既刊の感想+
「天使はモップを持って」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「モップの精は深夜現れる」近藤史恵
「モップの魔女は呪文を知ってる」近藤史恵

+既読の近藤史恵作品の感想+
「賢者はベンチで思索する」近藤史恵
「南方署強行犯係 黄泉路の犬」近藤史恵
「にわか大根」近藤史恵
「ふたつめの月」近藤史恵
「サクリファイス」近藤史恵
「タルト・タタンの夢」近藤史恵
「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵
「寒椿ゆれる」近藤史恵
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
1年前から契約社員として働いていた服飾雑貨の輸入会社で、念願の正社員に昇格した久里子。しかし2ヶ月も経たないうちに、業務縮小のためリストラされてしまい...。ついこの間、大喜びで報告した手前、クビになったとはなかなか言い出すことができない久里子は、リストラされる前と同じ時間に家を出る日々を送ることに。

「賢者はベンチで思索する」の続編。3編の連作短編集です。てっきりあれで終わりだと思い込んでいただけに、びっくりの続編。あんな終わり方だったのに大丈夫なのかしら、なんて心配したんですけど(と言うほどハッキリ結末を覚えてるわけじゃないんだけど・汗)、いざ読んでみたら、ぜんぜん違和感なく読めました♪(記憶も少し薄れてますが・汗)
今回は3編とも久里子の居場所探しの物語だったような気がします。社会的な居場所と、プライベートな居場所。せっかく正社員になったと思えばリストラされてしまうし、昼間ひたすら暇つぶしをする久里子。ようやく見つかった仕事は、服飾とはまるで関係ない職場だし(服飾の専門学校卒なので)、これでいいのかと悩みは尽きません。そしてもう1つのプライベートな自分の居場所は、前回いい雰囲気になりかけてた彼ですね。でもなんと彼、修業のためにイタリアに行ってしまっていたんです...! ここで彼を兄のように慕う美少女なんかも登場して、その辺りはちょっとベタ。でも感情の揺れの1つ1つが丁寧に描きこまれていて、とてもいい感じでした。
いくら直属の上司に言い渡されたとはいっても、そんなにあっさりと納得しちゃうものなの? なんて納得できない部分もあるんですが... 私だったら、最初に昇格の話を持ってきてくれた部長に相談するけどなー。でもその後の久里子の行動が本当に久里子らしくて、それはそれで良かったかな、なんて思ってしまったりするのも近藤マジックなのでしょうか。(笑)
そして赤坂老人の言葉には、相変わらず含蓄がありました。今回特に印象に残ったのは、怒りや憎しみといった心の働きと冷静な判断を下す頭の働きは別物で、どちらを優先させてもいけないという部分。あとは「今、日本では人を殺す人よりも、自分を殺す人の方がずっとずっと多いんだ」かな。色々問題はあるようですけど、やっぱり素敵な人でした♪(文藝春秋)


+シリーズ既刊の感想+
「賢者はベンチで思索する」近藤史恵
「ふたつめの月」近藤史恵

+既読の近藤史恵作品の感想+
「モップの精は深夜現れる」近藤史恵
「南方署強行犯係 黄泉路の犬」近藤史恵
「にわか大根」近藤史恵
「モップの魔女は呪文を知ってる」近藤史恵
「サクリファイス」近藤史恵
「タルト・タタンの夢」近藤史恵
「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵
「寒椿ゆれる」近藤史恵
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
神田の古名主、高橋宗右衛門の自慢の息子・麻之助は、16歳になった途端に生真面目で勤勉な青年から、お気楽な若者へと変貌してしまったという青年。そんな麻之助も22歳。ある日、悪友の八木清十郎に男色の仲だと宣言して欲しいと言われ、さすがの麻之助も驚きます... という表題作「まんまこと」他、全6編の連作短編集。

畠中恵さんの新シリーズ。やっぱりこの方の作品には、江戸の雰囲気がよく似合いますね。今度のシリーズ中心となるのは、主人公の高橋麻之助と、女好きの八木清十郎、堅物の相馬吉五郎という3人組。とは言っても、それほど一緒に行動するわけじゃないんですけどね。基本的には名主のところに持ち込まれた麻之助絡みの揉め事を、麻之助が友人たちの助けを借りて調べて、人情味たっぷりに解決するという流れです。八方丸く収まって読後感が良いところは、さすが畠中恵さん。でもまだシリーズ最初の作品のせいか、まだどこか定まりきっていない印象もあるんですよね。麻之助の機転がきくところはいいんだけど、どうしても若旦那と重なっちゃうし... そうなると妖(あやかし)がいない分、こちらはやや部が悪い気も。麻之助が16歳でお気楽になってしまった理由に早々に見当がついてしまったのも、ちょっと残念でした。ただ、「しゃばけ」シリーズでは常時登場して活躍する女性がいないので、今後のお寿ずの活躍に期待かな。(文芸春秋)


+既読の畠中恵作品の感想+
「ゆめつげ」畠中恵
「とっても不幸な幸運」畠中恵
「おまけのこ」
「アコギなのかリッパなのか」畠中恵
「うそうそ」畠中恵
「みぃつけた」畠中恵
「まんまこと」畠中恵
「つくもがみ貸します」畠中恵
「ちんぷんかん」畠中恵
「こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり」畠中恵
「いっちばん」畠中恵
Livreに「しゃばけ」「ぬしさまへ」「百万の手」「ねこのばば」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(2)
Catégories: /

 [amazon]
学生時代から夢だった絵本作家になり、「パパといっしょに」という作品で賞を取るものの、それから2年もの間絵本を描けないでいるまま、フリーライターの仕事がすっかり本業となってしまっている、40歳の新藤宏が主人公の連作短編集。
せっかくいい絵本を出した作家なのに、物語が始まった時は既に絵本を描く気もなく、自分のことを「絵本作家」ではなく「元絵本作家」だと自嘲的に考えている進藤。自分の作品を知ってる人間がいると、逆に尻込みしてしまうような覇気のなさ。最初はなんでそんなことになったのか分からないのですが、短編が進むに連れて徐々に分かってくるという構成。

昨日と同じくお初の作家さん。そして同じく頂き物です。ありがとうございます。
評判はとてもいいのに、なぜこれまで重松作品を読んでなかったかといえば、なぜか読むのがツラそうな感じをひしひしと感じていたから。要するに、読まず嫌いですね。でもこれは読みやすかった。「ツラそう」は単なる私の思い込みで、他の作品も同じように読みやすいのかな? いや、まだ油断はできないぞ、なんて思いつつ。(笑)

各章でそれぞれ新しい人物が出てきて、それは大抵進藤がフリーライターとして会う相手なんですけど、その人物がそれぞれに一癖も二癖もあって、しかも既に絶頂期は過ぎてしまったような人物ばかりなんですよね。特に「マジックミラーの国のアリス」の田上幸司や「鋼のように、ガラスの如く」のヒロミ、「虹の見つけ方」の新井裕介は、それぞれの世界でかつて頂点を極めた人々。いかにもモデルがいそうで、そういうのを考えるのも楽しいところ。...それにしても、絵本を作り出すというのは、他の物作りの作業以上に、周囲の物や人間に関心がないとできない作業なんじゃないかと思いますね。色んな出会いによって、進藤は少しずつ刺激を受け、同時にフリーライターとして流されている自分に向かい合うことになります。そして最後は絵本を描けそうな予感なんですが... あれがどんな絵本になるんだろう? 進藤はどんな風に仕上げるつもりなんだろう? すごく不思議。そこんとこがちょっと覗いてみたいなあ。(角川文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.