Catégories:“ミステリ(翻訳)”

Catégories: /

 [amazon]
ベルヴィル最後の映画館・ゼブラ座の舞台でバンジャマンたち総勢18人が夕食のテーブルを囲んでいた時、ゼブラ座のドアをノックする音が響きます。それは28ヶ月ぶりに帰還したマロセーヌ一家のママ。しかしパストール刑事との28ヶ月にわたる逃避行にも関わらず、ママのおなかはぺったんこだったのです...。

マロセーヌシリーズ第4弾。これが一応シリーズ最終巻となります。
前回は本の話だったんですけど、今回は映画。映画にまつわる話がいっぱい。たとえば「執行吏のラ・エルスは二度ベルを鳴らした。」なんて文章があったんですけど、これって「郵便配達は二度ベルを鳴らす」ですよね。きっともっといっぱいあったんでしょう。私にはあまりよく分からなかったけど。
そして今回はいつも以上に謎がいっぱい。まずは、これまで駆け落ちするたびに1人ずつ赤ん坊を産んできた「ママ」が、今回はおなかがぺったんこのまま帰ってきた謎。一緒に逃避行してたはずのパストール刑事はどうしたのかな? 2人の仲が破局して「ママ」が帰ってきたのか、それとも...? そしてチアン刑事の娘・ジェルヴェーズが世話をしていた売春婦たちが消えた謎。刺青のコレクションと殺人鬼の謎。聖女の妊娠の謎。シリーズ最終巻に相応しく1冊目「人喰い鬼のお愉しみ」からの登場人物が勢揃いで、所狭しと動き回ってます。これまでも血塗れの死体が散乱してたんですけど、今回はさらにすごいし...。時々、さすがにこれはないでしょ!という展開にびっくりしてたら、それはジェレミーが作り出したお話だったりして、一体どこからどこまでが物語の中の真実なのか分からなくなってきちゃう。もうほんとタチが悪いなー。もしかしてこれまで読んできた話は全部ジェレミーの創作だった? なーんて訳が分からなくなりつつも、面白さとしてはこのシリーズの中では1番だったかも。うん。やっぱり面白いです。読みやすいとは言いがたいけど(これは翻訳のせいではないです! これは絶対に原文がはちゃめちゃなんです)、このアクの強さはすっかりクセになっちゃうんですよね。これでシリーズは一応終了なんですが、本国では番外編の小品が3作ほど出ているようですね。またいずれそちらも読めるといいな。(白水社)


+シリーズ既刊の感想+
「人喰い鬼のお愉しみ」D.ぺナック
「人喰い鬼のお愉しみ」「カービン銃の妖精」ダニエル・ぺナック
「散文売りの少女」ダニエル・ぺナック
「ムッシュ・マロセーヌ」ダニエル・ペナック

+既読のダニエル・ぺナック作品の感想+
「片目のオオカミ」ダニエル・ペナック
「カモ少年と謎のペンフレンド」ダニエル・ペナック
「奔放な読書」ダニエル・ぺナック

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
タリオン出版でスケープゴート(身代わりの山羊)の仕事をしていたバンジャマンは、社長の「ザボ女王」に辞表を提出。お気に入りの妹のクララが40歳も年上の刑務所所長と結婚すると言い出して、ショックを受けていたのです。そんなバンジャマンに逆にクビだと言い渡すザボ女王でしたが、2日後には前言撤回。今度は「憎悪」ではなく「愛」の仕事があるというのですが...。そしてバンジャマンは、覆面ベストセラー作家・J・L・B になりすますことに。

バンジャマン・マロセーヌシリーズ第3弾。いやあ、今回も濃かったわー。
他人のミスをかぶって怒鳴りつけられ、激怒している相手の怒りを和らげるのが仕事という職業的スケープゴートのバンジャマン。しかも身の回りであんまり事件が頻発するせいで、警察からは爆弾犯や殺人犯い間違えられて毎回のように大迷惑なんですが、今回の悲惨さはこれまでの比ではありませんでした! ここまできますかー。まさかとは思ったけど、すごい展開にびっくり。こんなのあり得ないでしょ... とは思うんですけど、元々強烈なシリーズですしね。強烈な登場人物や強烈な事件に紛れてしまって、なんとはなしに納得してしまうのがコワイ。でも今回、確かに本がテーマになってるんだけど、「散文売りの少女」という題名はどうなんでしょう。原題のまま訳されてるんし、確かにそういうエピソードはあるんだけど、ちょっと違う気がします。
バンジャマンにはそれぞれに父の違う6人の弟や妹たちがいるんですけど、今回この7人きょうだいが「母親の情熱の果実(パッション・フルーツ)たち」と表現されていたのには笑いました。いかにも! でも1作ごとに1人ずつ増えるのが恒例となってますが、今回増えるのは直接の弟 or 妹ではありませんでした。赤ん坊が増えるのには変わりないんですけどね。そしてその赤ん坊につけられた名前は「天使だね(セ・タン・ナンジュ)」。このネーミングセンス、フランス人がどう受け止めているのか聞いてみたいところです。
そしてこのシリーズ、2作目までは本国フランスのミステリ系の出版社から出てたのが、この3作目から文学系の出版社に移ったのだそう。確かにミステリ(というよりエンタメ系かも)なんですけど、私もなんだか「文学」のカテゴリに入れたい気がしてたんですよね。だからとっても納得。まあ、これが本当に「文学」なのかと言われると、答えに困ってしまうのですが...。(白水社)


+シリーズ既刊の感想+
「人喰い鬼のお愉しみ」D.ペナック
「人喰い鬼のお愉しみ」「カービン銃の妖精」ダニエル・ペナック
「散文売りの少女」ダニエル・ペナック
「ムッシュ・マロセーヌ」ダニエル・ペナック

+既読のダニエル・ぺナック作品の感想+
「片目のオオカミ」ダニエル・ペナック
「カモ少年と謎のペンフレンド」ダニエル・ペナック
「奔放な読書」ダニエル・ぺナック

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
唐の高宗皇帝の時代。33歳の狄仁傑(ディー・レンチエ)判事は山東省の平来(ポンライ)の知事に任命され、腹心の助手・洪亮(ホン・リャン)と共に平来へ。途中襲ってきた義賊の馬栄(マー・ロン)と喬泰(チャオ・タイ)もディー判事の助手となり、4人は平来の町に到着。そこで待っていたのは、前任の判事が密室状態の書斎の中で亡くなっていたという不可解な事件でした。

先日、三省堂版の「中国黄金殺人事件」を読んだんですが、それと訳者さんが違うだけで、同じ作品です。いやー、翻訳ミステリ作品もそこそこ読んでるんですけど、ポケミスを読むのは実は初めてだったりします。(どきどき)
先日読んだ「中国黄金殺人事件」は、訳文がどうもダメで、ポケミス版でリベンジとなったんですが、こちらの方はまずまず。登場人物の名前がカタカナから漢字になったというだけでも、ぐんと読みやすくなりますねー。(翻訳物もよく読んでますが、カタカナの名前は本当はあんまり得意じゃないので) まあ、三省堂版にもいいところがあったので、全体的に比べると一長一短なんですけどね。私はこちらの方が断然楽しめました。

3つの謎を知事が解決するのが伝統だという公案小説の形式に則って、この作品も前任の王知事の殺人事件と、新婚の花嫁の失踪事件、そして平来政庁の役人の失踪事件という3つの事件が絡まりあって、1つの大きな事件となっています。でも1つになってるとは言っても、繋がるところは繋がるし別物のところは別物。その見極めがなかなか難しいんです。これが初の事件となるディー判事、トリックが判明してもそれだけでは犯人までは辿り着けなかったりと苦戦はするんですが、傍目には些細に見えるようなことから着実に手がかりを掴んでいきまます。全然思ってもみなかったところが、後々の伏線になってたりしてびっくり。ちょっとしたこともきちんと生かされてて感心しちゃった。これはシリーズの他の作品も読んでみたいです♪

でね、何が面白かったって髭ですよ髭! うさぎ屋さんが書いてらっしゃるのを読んで(記事)「えー、髭ねえ」なんて思ってたんですけど、今回読みながら色々想像して笑っちゃいました。(ハヤカワ・ミステリ)


+既読のロバート・ファン・ヒューリック作品の感想+
「中国黄金殺人事件」ロバート・ファン・フーリック
「東方の黄金」ロバート・ファン・ヒューリック

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
マロセーヌは、デパートの商品の品質管理係。しかしその実態は苦情処理のためのスケープゴート。怒った客がデパートに怒鳴り込むたびに「お客様ご要望コーナー」に呼び出され、客の前で上司にこっぴどく叱られるのが仕事。マロセーヌは反省して嘆き悲しみ、上司はマロセーヌに弁償するように命じたり首を言い渡します。そして尚もくどくど怒り続けていると、客の態度が一変するのです。客たちは一様にマロセーヌに同情して、逆にマロセーヌが首にならないように上司に喰ってかかり、訴えを引っ込めることになり、結果的にデパートは賠償金を払わずに済むという仕組み。そんなある日、マロセーヌの目の前で爆弾事件が起こります。その爆弾事件は2度3度と続き、そのたびに死人が出ることに。そしてなぜか常に現場近くにいるマロセーヌが疑われることになるのですが... という「人喰い鬼のお愉しみ」と、その続編「カービン銃の妖精」。

以前「人喰い鬼のお愉しみ」を読んで、続きを読もうと思ってそのままになってたんですけど、つなさんが読んでらしたのを見て思い出しました。でも前回読んだのは、もう4年も前のこと。人間関係もかなり忘れちゃったし、これは一度復習しておかないといけないなあーと、「カービン銃の妖精」を読むついでに「人喰い鬼のお愉しみ」も再読しておくことに。
いやあ、面白かった。もう前回の苦労が何だったのか全然思い出せないぐらい堪能しました。そうか、こんなに楽しい作品だったのか。やっぱり人間関係が掴めてると、物語そのものに集中できますね。前回は大変だったんですよー。「マロセーヌ」と聞くと女の子の名前かなって思うのに男の人だし、しかもこの「マロセーヌ」というのは苗字! 後で出てくる「バン」とか「バンジャマン」というのが彼のファーストネーム。マロセーヌが苗字だと分からないのは日本人の私には仕方ないとしても、それが「バン」や「バンジャマン」と同じ人間だと分かるまでにも随分かかったし...。しかも彼には父親の違う弟や妹が5人もいて、お母さんは何度目かの駆け落ち中。その辺りの説明もさらっとしてるんですよね。もうほんと読みづらいったら。饒舌すぎるほど饒舌な作品なのに、なんで肝心のその辺りの説明は饒舌じゃないのかしら?(笑)
あーでもこの饒舌ぶり、ニコルソン・ベイカーの「中二階」(感想)に通じるものがあるかもー。なんて思いつつ...。

この家族構成だけでも只者じゃないって感じですが、登場人物がまた1人残らず個性的だし、とにかくユニーク。妙に後を引く面白さがあります。ちょっと説明しづらいんですけどね。読んでるうちにミステリだということをすっかり忘れてしまってましたが、一応ミステリ作品でもあります。そして「カービン銃の妖精」では訳者さんが代わるんですけど、全然違和感がないどころか、さらにパワーアップ。あと2冊出てるし、続きも読むぞ!(白水Uブックス・白水社)


+シリーズ既刊の感想+
「人喰い鬼のお愉しみ」D.ペナック
「人喰い鬼のお愉しみ」「カービン銃の妖精」ダニエル・ペナック
「散文売りの少女」ダニエル・ペナック
「ムッシュ・マロセーヌ」ダニエル・ペナック

+既読のダニエル・ぺナック作品の感想+
「片目のオオカミ」ダニエル・ペナック
「カモ少年と謎のペンフレンド」ダニエル・ペナック
「奔放な読書」ダニエル・ぺナック

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]

唐の高宗皇帝の時代。33歳のディー判事は山東省の平来(ポンライ)の知事に任命され、腹心の助手・ホン・リャンと共に平来へ。途中襲ってきた義賊のマー・ロンとチャオ・タイもディー判事の助手となり、4人は平来の町に到着。そこで待っていたのは、前任の判事が密室状態の書斎の中で亡くなっていたという不可解な事件でした。

先日森福都さんの「肉屏風の密室」を読んだ時に、樽井さんに教えていただいたシリーズ。中国物は大好きなのに、中国を舞台にしたミステリ作品がまだあったなんて、迂闊にも全然知らなかったよ! ということで、先日図書館で借りてきました。そしたら!借りてきた丁度その日に、ちょくちょく覗いてるブログさんでこの本の記事を書いてらしてビックリ。なんてタイミング。正確に言えば、読んでらしたのはこれの新訳の「東方の黄金」だったんですけどね。しかもその日は、別のブログさんでも私が偶然見つけてゲットしてきた他の中国歴史物を読んでらっしゃるし... またまたびっくり。

この作者のロバート・ファン・フーリックという人はオランダ人。十数ヶ国語を自在に操り、駐日大使として日本にいたこともある人なのだそう。中国文学の研究家で、狄仁傑(ディー・レンチェ)という実在の人物が主人公の公案小説(中国独自の探偵小説)を翻訳したことから、その面白さに自分でも書いてしまった... というところらしいです。この本の挿絵までこの人が描いてるんだからびっくり。これがまた雰囲気たっぷりなのです。
でもね、やっぱり新訳を読むべきでした...。話は同じでも、この文章は私には合いませんー。だって「いまの彼女にはちょいと人好きする美しさが欠けてはいなかった。」って、一体? もう気が散って仕方ありませんでしたよ...。おおっと思った部分があっただけに勿体ない。一応最後まで読みましたが、今度ポケミス版でリベンジします!(三省堂)

| | commentaire(8) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
AD76年8月。テベレ川河口の港町オスティアにやって来たファルコ一家。インフォミアという名前で「日報」のゴシップ欄を担当している記者・ディオクレスがオスティアで消息を絶っており、ファルコがその行方を捜す仕事を請け負ったのです。そしてファルコの親友で、ローマ第四警備大隊の隊長を勤めるペトロもまた、オスティア勤務を志願してマイアたちと共にオスティアに来ていました。

密偵ファルコのシリーズ16冊目。今回、海賊~♪ ということでちょっぴり期待して読み始めたのですが... うーん、期待したほどではなかったかな。というか、私の気合不足だったのかもしれないですが... 最近小説以外の本がすごい勢いで増えてて(と、他人事のように書いているけど、買ってるのは私だ!)、そっちにすっかり気を取られてしまってるせいもあるのかも。そうなると読むのにちょっと時間がかかってしまって、しかも自分のペースで読まないと、本来の面白さを十分堪能できないままに終わってしまうという悪循環があるんですよねえ。
...と、感想を書こうとして前の方のページを繰っていたら、本筋とはあまり関係ないんだけど1つ伏線を発見! これって笑い所じゃないですか。集中して読まないと、そういうのが頭から零れ落ちてしまうのも問題ですね。もう一回読み直したら、笑い所が満載だったりするのかもしれないなあ。あ、でも、身体の一部を改変したかった伯父さん絡みのエピソードは面白かったな。この頃でも本当にそういうことをしてた人っていたのかしら?!(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「密偵ファルコ 白銀の誓い」「密偵ファルコ 青銅の翳り」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ 錆色の女神」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ 鋼鉄の軍神」「密偵ファルコ 海神の黄金」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ 砂漠の守護神」「密偵ファルコ 新たな旅立ち」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ オリーブの真実」「密偵ファルコ 水路の連続殺人」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ 獅子の目覚め」「密偵ファルコ 聖なる灯を守れ」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ 亡者を哀れむ詩」「密偵ファルコ 疑惑の王宮建設」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ 娘に語る神話」「密偵ファルコ 一人きりの法廷」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ 地中海の海賊」リンゼイ・デイヴィス
「密偵ファルコ 最後の神託」リンゼイ・デイヴィス

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
1377年、エドワード3世が崩御し、まだ10歳のリチャード・オブ・ボルドーがリチャード2世として即位した頃。王侯・貴族相手の金貸しをしていた貿易商のスプリンガル卿が自室で死んでいるのが発見されます。死因はゴブレットのワインに入っていた毒。容疑者は、そのワインを前夜スプリンガル卿の部屋に運んだ執事のブランプトン。ブランプトンは屋根裏部屋で首を吊って死んでいるのが発見されていました。首席裁判官のフォーテスキュー卿は、検死官のジョン・クランストン卿とその書記を務めるアセルスタン修道士をスプリンガル卿の屋敷へとやることに。

14世紀、中世のイギリスを舞台にした歴史ミステリシリーズ第1弾。以前2作目の「赤き死の訪れ」を先に読んでしまったんですけど、ようやく1作目が読めましたー。
前回も、微妙に私の好みから外れるような気がしてたんですが、こっちを読んでみてもやっぱり微妙でした... 中世のイギリスとか歴史ミステリとか、好きな要素は揃ってるはずなんですけどねえ。でも今回面白かったのは、この作品の原題ともなっている「小夜鳴鳥の廊下(ナイティンゲール・ギャラリー)」。これは丁度京都の二条城や知恩院のような鴬張りの廊下なんです。スプリンガル卿の屋敷はとても古いもので、ジョン王の時代には司令官の1人がこの屋敷を本部として使用していたこともあるんですけど、その司令官が他人を誰1人信用できなかったため、特別なイチイの板で張り替えさせたというもの。実際にアセルスタン修道士が足を踏み入れると、どこに立っても一足ごとに「一ダースもの弓の弦を同時に弾いたような」「弦楽器めいた深い音を生じ」て、この廊下に面した部屋にいる人間に分かるようになってるんです。京都の鴬張りの廊下を歩いても弦楽器的な音を連想したことはないんですが... どんな音でしたっけ。今度また行ってみなくちゃ! そしてこの鴬張りの廊下が密室殺人に一役買っているんですねー。
事件自体はそれほど複雑なものではないしし、ミステリ慣れしている読者ならある程度は想像がついてしまうかも。それよりも当時のロンドンの情景がこれでもかというほど詳細に描きこまれていて... 多少詳細過ぎる気もするんですけど...(しかもあまり綺麗とは言えない描写が多いんだな) そういった意味でもとても興味深い作品となっています。(創元推理文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「毒杯の囀り」ポール・ドハティ
「赤き死の訪れ」ポール・ドハティ
「神の家の災い」ポール・ドハティ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.