Catégories:“ミステリ(翻訳)”

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
ダニエルは6歳の時に母を亡くし、バルセロナの旧市街に古書店を経営している父と2人暮らし。そんなダニエルが初めて父に連れられて「忘れられた本の墓場」を訪れたのは1945年、ダニエルが10歳の時のことでした。見捨てられた宮殿のような建物の中には無数の書棚が迷宮のように入り組んで並んでおり、この建物に初めて来た者は気に入った本を1冊選び、その本を一生守っていくのがきまり。そしてダニエルが選んだ本は、フリアン・カラックスという作家の「風の影」という本でした。家に帰って本を読み始めたダニエルは、その作品にすっかり魅了されます。しかし生粋の古書店主の父も、フリアン・カラックスという名を聞いたことがなかったのです。

12月の扉の檀さんのオススメ。この作品のあらすじを初めて読んだ時、一番惹かれたのは「忘れられた本の墓場」という場所だったんですけど、そして実際読んでみても、やっぱりそこがとても魅力的でした!

内部は蒼い闇につつまれている。大理石の階段と、天使の像や空想動物を描いたフレスコ画の廊下が、ぼんやりうかんで見えた。管理人らしき男のあとについて宮殿なみの長い廊下を進むうちに、父とぼくは、円形の大きなホールにたどりついた。円蓋(ドーム)のしたにひろがる、まさに闇の教会堂(バシリカ)だ。高みからさしこむ幾筋もの光線が、丸天井の闇を切り裂いている。書物で埋まった書棚と通廊が、蜂の巣状に床から最上部までつづき、広い階段、踊り場、渡り廊下やトンネルと交差しながら不思議な幾何学模様をなしていた。その迷宮は見る者に巨大な図書館の全貌を想像させた。(上巻P.14-15)

んんー、やっぱりこの部分かな。
青春・恋愛要素を含んだダニエルの成長物語でありながら、「風の影」とその作者・フリアン・カラックスを巡るミステリ・サスペンスも含んでいて、盛り沢山。でもドキドキわくわくでページをどんどんめくるタイプの作品ではなくて、むしろ静かに進行していく感じなので、詰め込みすぎの煩さはないですね。正直、このミステリ・サスペンス部分にはそれほど惹かれなかったんですけど(でも後半に向けて盛り上がってくると、やっぱり面白い)、ダニエルがフリアンの謎に迫ることによって、2人の人生が交錯し、ダニエルとベアトリスの恋が、謎の作家・フリアンとペネロペの恋との二重写しに見えてくるという構造が良かったです。そしてそんな物語の背景にあるのは、光と影の街・バルセロナ。まさに二重構造にぴったりの舞台ではないですか。物語の各所にこのスペイン内戦の傷跡が感じられるのも物語の深みを増しているようですし、ピカソも通いつめたというクアトロ・ガッツが登場するのも嬉しいところ。ダニエルの周囲の面々も魅力的でしたしね♪


生まれてはじめてほんとうに心にとどいた本ほど、深い痕跡を残すものはない。はじめて心にうかんだあの映像(イメージ)、忘れた過去においてきたと思っていたあの言葉の余韻は、永遠にぼくらのうちに生き、心の奥深くに「城」を彫りきざむ。そして--その先の人生で何冊本を読もうが、どれだけ広い世界を発見しようが、どれほど多くを学び、また、どれほど多くを忘れようが関係なく--ぼくたちは、かならずそこに帰っていくのだ。(上巻P.20)

この部分、グッときませんか~?(笑) (集英社文庫)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
夫のスティーブを事故で亡くし、15歳のマイクを筆頭に13歳のケイト、10歳のトッドという3人の子供を抱えて毎日てんてこ舞いの専業主婦・ジェーンの素人探偵シリーズ。
隣人のシェリイの家で持ち寄りパーティが開かれる日、シェリイが空港に母親に会いに行っている間に、家の掃除をしていた掃除婦が殺されたという「ゴミと罰」、クリスマス間近のジェーンのうちにやって来たのは、昔馴染みのフィリス。でもフィリスと一緒にやって来たのは、フィリスが今の夫と結婚する前に産んで、最近再会したばかりという息子のボビー。これがとんでもない性悪で... という「毛糸よさらば」。

とても楽しいシリーズだとは聞いてたんですけど、読むのはこれが初めて。「ゴミと罰」「毛糸よさらば」という題名は、もちろん有名文学作品の題名のパロディ。このシリーズ、ずっとこんな調子の題名がついてるそうです。訳す方も大変そうですが、さすが浅羽莢子さん、ぴったりの題名になってますねー。
女手1つで子供を育てる主婦が活躍するという意味でも、その主婦が少々おっちょこちょいで、体当たり式に行動するという意味でも、周囲を巻き込みつつ賑やかに展開するところも、主人公の親友がとてもリッチという意味でも、捜査に来た刑事さん(ヴァンダイン刑事ですって!)とロマンスが発展しそうな辺りでも(笑)、ダイアン・デヴィッドソンのクッキング・ママシリーズとかなり雰囲気が似てますね。クッキング・ママシリーズの主人公・ゴルディは料理が大好きなのに対して、ジェーンはあまり好きではなさそうですが。(笑)
ジェーンが「あたし、推理小説をたくさん読んでるから、動機には詳しいの」と言っている割に、それはミステリの定石だろうって部分に気づかなくてアレレと思う部分もあるし、文章にちょっと三人称が揺れる感じがあってちょっと違和感も感じたんですが、でも楽しかったです。コージーミステリが好きな人にオススメの気楽に楽しめるシリーズ。また今度続編も読んでみようっと。(創元推理文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
来週105歳になるというのに、未だに元気なミス・ヒルダ・ホースフォールとその82歳の甥のヘニーの農場には、ここ3ヶ月ほど悪質な嫌がらせが続いていました。そしてとうとう農場の作男・スパージ・ランプキンが命を落とすことに... という「ヴァイキング、ヴァイキング」。
床にモップをかけていたミセス・ローマックスは、下宿人のアングレー教授の赤毛のかつらを猫がくわえているのに気づきます。ミセス・ローマックスは、教授が寝ている間にこっそり部屋に戻そうと考えるのですが、ベッドには人が寝た形跡がなく、教授が裏庭で倒れて死んでいるのを発見して... という「猫が死体を連れてきた」。シャンディ教授シリーズの第3弾と第4弾です。

久しぶりにミステリが続いてますが、これは積読本消化のためもあります。年内にあと何冊読めるでしょうか? でももちろん、消化するためだけに読んでるわけじゃありません。1つ前のドートマンダーシリーズもとっても面白いんですけど、このシリーズも農業の町バラクラヴァを舞台にした、とっても賑やかで楽しいシリーズなのです。
シャンディ教授は50代半ば。周囲の人々もそれなりに年を取っています。3作目の「ヴァイキング、ヴァイキング」では、なんと105歳のミス・ヒルダと、102歳の学長のおじのスヴェンが大活躍! さらに平均年齢が上がってしまいました。でもみんなとってもパワフル。もちろん体力は若者には敵いませんが、気力では年なんて感じさせないですね。そういえば、コリン・ホルト・ソーヤーの「老人たちの生活と推理」のシリーズも、老人ホームが舞台で、おじいちゃんおばあちゃんが沢山登場するんですが、これがまた可愛くてパワフルで、しかも人生を重ねた重みがあるシリーズ。可愛いおじいちゃんおばあちゃん、好きかも♪

最初は偶然事件に巻き込まれていたシャンディ教授ですが、3作目4作目と進むに連れて、どんどん探偵業が板についてきています。3作目まで仲の悪かったオッターモール署長と、4作目では一緒に聞き込みなんてしてるし! でもそうやって一緒にいることで、あんまりよく思ってなかった署長の良さもだんだん分かっていくんですよね。このシリーズの大きな魅力の1つは、バラクラヴァの町の人たちがすごく身近に感じられること。3作目も4作目も、大学の学生たちが機転を利かして頑張ってたのが楽しかったし、スヴェンソン学長はやっぱりかっこよかった。学長はヴァイキングの末裔なんですよね。だから3巻があんな題名になってるんですが、ルーン文字の石碑の呪いの謎なんかもあって、北欧神話好き心も刺激されます。(まあ、それほど本格的なものではないのですが)(創元推理文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「にぎやかな眠り」シャーロット・マクラウド
「蹄鉄ころんだ」シャーロット・マクラウド
「ヴァイキング、ヴァイキング」「猫が死体を連れてきた」シャーロット・マクラウド

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
1000ドルの稼ぎになるはずだった盗みが失敗した翌日にアンディ・ケルプがジョン・ドートマンダーに持ち込んだのは、墓堀りの仕事でした。これはアンディがインターネットで知り合った、ギルダーポストという男に依頼された仕事。墓に埋められている棺桶を他の棺桶にすりかえて、また埋め直すのです。ギルダーポストには、アーウィン、そしてインディアン娘のリトル・フェザーという仲間がおり、今までにも他のちんぴらと組んで悪事を働き、仕事が終わった後は組んだ相手を始末していました。今回も仕事が無事終わった後は、アンディとドートマンダーを始末するつもりでいたのですが...。

伊坂幸太郎さんがお好きなことでも知られている、ドートマンダーシリーズ。本国では10作目だそうですが、日本に訳されたのは9作目。
既にワンパターンになってるとも言えるんですが、相変わらずのノリで安心して読めるシリーズですねー。今回はインディアン経営のカジノの利権をめぐる争い。相変わらずのドートマンダー一味に、小悪党3人組が加わって、でもお互いにいつ裏切られるか分からないというスリリングな状況。ドートマンダーは、相変わらず物事を深く考えてるし、いいところに気がつくんですが、その運のなさも相変わらず。ここまで苦労するぐらいなら、普通の生活を送った方が、いくらかなりとも効率が良いのではないかしら。(笑)
でも帯にも「ドートマンダー登場36周年(笑)記念 史上最も不運な泥棒が ついに完全犯罪に成功! (まったくの嘘ではありません。念のため)とあるんですが、今回はドートマンダーシリーズにしてはものすごーく珍しく、1つの試みがすんなりと成功します。もしやシリーズ初の快挙?! や、このシリーズは一応全部読んでますが、どうも犯罪に関する部分をあまり覚えてないんですよね。むしろ全然関係ない場面が、妙にくっきり印象に残っていたり...。(笑)(ハヤカワ文庫HM)


+シリーズ既刊の感想+
「ホット・ロック」「強盗プロフェッショナル」「ジミー・ザ・キッド」「悪党たちのジャムセッション」「天から降ってきた泥棒 」「逃げだした秘宝 」「最高の悪運」「骨まで盗んで」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「バッド・ニュース」ドナルド・E・ウェストレイク

+既読のドナルド・E・ウェストレイク作品の感想+
「我輩はカモである」ドナルド・E・ウェストレイク

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / / / /

[amazon]
チポリーノは貧しいタマネギの少年。ある時、国の総督であるレモン大公がチポリーノたちの住む木造バラックの辺りを通ることになり、沿道に出ていたチポリーノの父・チポローネは、後ろの群集たちに押されてレモン大公の足をひどく踏みつけてしまいます。チポローネは即刻ちびレモン兵たちに逮捕され、終身刑を言い渡されることに。父親に面会に行ったチポリーノは、世間に出て勉強しろという父親の言葉に、チポッラおじさんに母と弟たちのことを頼むと、1人旅に出ることに。

チポリーノはたまねぎですし、ブドウ親方、レモン大公、トマト騎士、エンドウ豆弁護士、イチ子やサクラン坊やなど、野菜や果物が中心となった物語。児童書ですが、実は政治色が強いんですよね。「冒険」という名目で、レモン大公の独裁政治に革命を起こし、共和制の世の中に変わる様子を描いてるんですから。でも、子供の頃もそういうことは薄々感じていましたが、楽しく読んでましたし、大人になった今読み返しても、やっぱり楽しかったです。ロシア語の訳書からとったというB・スチェエーヴァの挿絵も、相変わらず可愛い~。
それにしても、ロシアでチポリーノの歌が作られたというのは覚えていましたが、それを作ったのが「森は生きている」のマルシャークだったとは...! びっくり。そうだったのか。いや、色々ありそうですね。(岩波少年文庫)


+既読のジャンニ・ロダーリ作品の感想+
「猫とともに去りぬ」ロダーリ
「チポリーノの冒険」ジャンニ・ロダーリ
「うそつき国のジェルソミーノ」ジャンニ・ロダーリ
「パパの電話を待ちながら」ジャンニ・ロダーリ

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
修道士カドフェルシリーズ21冊目。これが本当の最後。「ウッドストックへの道」「光の価値」「目撃者」という短編が収められた1冊。

「ウッドストックへの道」には、まだ修道院に入っていない、40代そこそこのカドフェルが登場。かつてイーヴシャムの修道士だったという男とのやり取りや、その後の出来事によって、シュルーズベリの大修道院に行くことになるという作品。まさにこの本の題名である「修道士カドフェルの出現」です。人生のどんな転機に対しても、さすがカドフェルは常に自然体なんだなあと思わされる作品。そして、まだこの頃は女帝モードの父であるヘンリー1世が生きてるんですけど、作中で後継とされていたウィリアム王子が海難事故に遭うんですよね。そういう意味でもシリーズに繋がる重要な作品と言えそうです。カドフェルが修道院に入るには、これ以上の年はなかったかも。

3作の中では、やはり「ウッドストックへの道」の印象が一番強かったんですけど、「光の価値」も、シリーズの中に長編としてあってもおかしくないような作品だったし、「目撃者」で、ドジなオズウィン修道士が登場するのも懐かしかったし、やっぱりこのシリーズがもう新作で読めないなんて寂しいですー。でもエリス・ピーターズ自身が、誰にも続編を書いてはいけないと遺言しているそうなので... それでもピーターズは、最初はカドフェルをシリーズ物にする気なんてなかったんですね。彼女自身による序文を読んでびっくりでした。
巻末には「修道士カドフェルシリーズ:ガイド」があって、物語の歴史的な背景やシュルーズベリについて、カドフェル以外の主な修道士や修道院での1日、シリーズに出てくる食べ物や薬草、各巻のあらすじなどがまとめてある小事典となっています。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「聖女の遺骨求む」「死体が多すぎる」「修道士の頭巾」...ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「聖ペテロ祭殺人事件」エリス・ピーターズ
「死を呼ぶ婚礼」エリス・ピーターズ
「氷のなかの処女」エリス・ピーターズ
「聖域の雀」「悪魔の見習い修道士」エリス・ピーターズ
「死者の身代金」「憎しみの巡礼」エリス・ピーターズ
「秘跡」「門前通りのカラス」エリス・ピーターズ
「代価はバラ一輪」エリス・ピーターズ
「アイトン・フォレストの隠者」エリス・ピーターズ
「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ
「異端の徒弟」エリス・ピーターズ
「陶工の畑」「デーン人の夏」エリス・ピーターズ
「聖なる泥棒」「背教者カドフェル」エリス・ピータース
「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
明け方、ジェーヴル伯爵の屋敷に何者かが侵入。居間の物音に気づいて起き出した伯爵の姪・レイモンドと、伯爵令嬢シュザンヌは、外を何者かが大荷物を抱えて歩いていくのを目撃。居間に駆けつけると、2人の目の前で角灯を持った男がバルコニーから姿を消し、居間の隣の伯爵の部屋には、気を失った伯爵と、ナイフで刺された伯爵の秘書が折り重なって倒れていました。レイモンドが咄嗟に撃った弾は逃げていく男に命中。しかし茶色い革のハンチング帽を残して、男は消えうせてしまいます。

子供の頃に愛読したルパンシリーズの中でも、トップ3の面白さだった覚えのある「奇岩城」。子供の頃何度か読んだとはいえ、話の展開はほとんど覚えていなかったので、新鮮な気持ちで読めました。でも今改めて読んでみると、最近再読した「怪盗紳士ルパン」や「カリオストロ伯爵夫人」(感想)に比べて、正直あまり面白くありませんでした... なぜぇ。
ルパンやガニマール主任警部はもちろんのこと、高校生探偵・イジドール・ボードルレ、シャーロック・ホームズも登場して豪華キャストだし、奇妙な暗号がフランスの王室に伝わる秘宝に繋がるという探偵小説的・歴史的な興味もあるはずだったんですけどねえ... 所詮はジュブナイルの甘さ? ルパンにはもっと泰然と構えていて欲しい場面で、ボードルレ少年に案外やりこめられてしまうから? どうもこの作品では、ルパンの器が小さいというか、セコイというか、普段のルパンらしく感じられないのがイヤん。ボードルレ少年の方が遥かにかっこいいです。(ハヤカワ文庫HM)


+シリーズ既刊の感想+
「怪盗紳士ルパン」「カリオストロ伯爵夫人モーリス・ルブラン
「奇岩城」モーリス・ルブラン
「水晶の栓」モーリス・ルブラン

| | commentaire(2) | trackback(0)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.