Catégories:“青春小説”

Catégories: / /

 [amazon]
宝塚、宝塚南口、逆瀬川(さかせがわ)、小林(おばやし)、仁川(にがわ)、甲東園(こうとうえん)、門戸厄神(もんどやくじん)、西宮北口。片道15分ほどの短い阪急今津線を舞台にした人間模様。

阪急電車の今津線が舞台の作品。以前からともっぺさんにオススメされてたものの、図書館で借りようと思ったら大人気。ようやく読めましたよ。いや、本当は書店に本が並んだ時から気にはなってたんですよね。だって、関西に引っ越して以来、ずっと阪急沿線に住んでる私。途中で何度か引越ししたとはいえ、相も変わらず阪急沿線。そして阪急の今津線といえば、私が中学高校の間毎日のように乗っていた路線なんですもん。今ではほとんど乗ることもないんですけどね。これで気にならない方が嘘でしょう~。でもよく知ってるだけに、本筋とは関係ない妙なとこで突っ込んでしまいそうという不安もあって。オススメされるまでは読むつもりはなかったんです。

で、実際に読んでみて。
いや、もう、懐かしい! 初っ端から清荒神ですか。しかも宝塚中央図書館って! ここが建てられた時のことだって覚えてますよぅ。他にも懐かしくなってしまう風景ばかり。燕が巣を作った駅の「今年もやって参りました。お騒がせしますが、巣立ちまでどうぞ温かく見守ってください」という貼り紙にも見覚えがあるし...。登場する人たちの学校もすぐ分かりますね。あれ、ここが出てるのにあそこは出さないの? とか思ったりもしましたが。
でも、案の定突っ込みたい部分も色々と... まず言葉。大阪と神戸の丁度中間というあの土地の言葉は、大阪とも神戸とも違うものだと私は認識してるんですが...? 西宮北口を「西北」なんて言うのも初耳。私は「北口」としか言わないけど、今はそういう言い方するのかしらん。それに、あのほのぼの和やかな今津線に、あんな下品なオバサンも逆ギレ男もいませんよー、とかね。(競馬のある日だけは、電車の中の雰囲気が変わるんですけどね) でも、あそこの小学校(知る人ぞ知る私立の名門お嬢さん学校)があんな扱いされてるのにはびっくりしたけど(だから外見的な描写が変えられてるのね)、うん、こういうこともあるでしょう、と思うし。それに「えっちゃん」の話も、いかにもありそう! 実話と知って思いっきり納得。(笑)

ま、気になる部分もあったんですが、結局あれですね。そんなの全部を乗り越えて、もう可愛すぎ! 身悶えしてしまうぐらい。(笑) そうでなくても、こんな風に色んな人の人生が交錯していくタイプの話って大好きなんです。普通に見える電車の中に潜む様々なドラマ。おばあちゃんも彼も彼女もいい味出してたし、うふふ、楽しかったです。(幻冬舎)


+既読の有川浩作品の感想+
「海の底」有川浩
「図書館戦争」「図書館内乱」有川浩
「阪急電車」有川浩

| | commentaire(10) | trackback(6)
Catégories: /

 [amazon]
第一回ビール祭は1983年、正吉が小学校6年生の時。参加者は秘密基地の正式メンバーである正吉と広治郎と勇の3人、そして紅一点の薫。3人の男子が密かに恋心を抱いていた茜が引っ越すことになり、薫が仲良しの茜も連れて来ることを期待して、女人禁制の秘密基地に特別に誘ったのです。茜が引っ越すことになったのは、その町から月星ビールが撤退することになったせい。残念ながら茜は不参加でしたが、4人は茜に引越しさせた奴らに復讐と称して缶ビールを飲むことに。

ああー、「カレーライフ」のビール版ですね! 小学校の時に出会った正吉、広治郎、勇、薫という4人の人生が、転校や進学、就職などによって近づいたり離れたりしながら、それぞれにビール作りに関わっていくという物語。人生の節目節目、というほどではないですが、何かある時は常にビールを片手にしている彼ら。昨日読んだ「ワンダー・ドッグ」は約10年の物語だったんですが、今回のスパンは約20年。竹内真さんの作品って、考えてみたらこういうのが多いなあ。もちろん「カレーライフ」もそうだったし。
それでも「カレーライフ」みたいにみんなで自分たちのカレーを作り上げたのとはちょっと違っていて、実際にビール作りをするのは正吉だけ。他の面々も大事な仲間ではあるんですが、オーストラリアで正吉が出会ったウィリアムが言ったような「人は、それぞれの場所で闘うものじゃないかな」状態。どうしても「カレーライフ」と無意識のうちに比べてしまうので、実際の作り方で試行錯誤する場面がないのがちょっと物足りなくもあったんだけど... それでも出来上がったビールはやっぱり美味しそうです。ここんとこまた暑い日が続いてますからねえ。そうでなくてもビールが美味しいのに! そこに「がーっと飲むのに向いたビールもあれば、じっくり飲むのに向いたビールもある。俺が造ってんのは、たっぷり時間をかけて味わう価値のあるビールなんだ」という正吉の言葉。いやあ、ほんと正吉が作ってるビールが飲みたくなってきてしまいますー。(東京創元社)


+既読の竹内真作品の感想+
「図書館の水脈」竹内真
「真夏の島の夢」竹内真
「じーさん武勇伝」竹内真
「自転車少年記」竹内真
「笑うカドには お笑い巡礼マルコポーロ」竹内真
「オアシス」竹内真
「ワンダー・ドッグ」竹内真
「ビールボーイズ」竹内真
「シチュエーションパズルの攻防」竹内真
Livreに「粗忽拳銃」「カレーライフ」「風に桜の舞う道で」の感想があります)

| | commentaire(3) | trackback(3)
Catégories: /

 [amazon]
1989年4月6日。空沢高校の入学式に遅刻した甲町源太郎の制服は所々破れて砂埃にまみれ、膝やこめかみの辺りには乾きかけた血の痕が、そして制服の胸元には子犬が...! 遅刻した原因は交通事故。自転車で交差点を渡ろうとした時、左折してきたライトバンとぶつかったのです。幸い大きな怪我もなく、高校まで歩いて来ることになった源太郎が見つけたのは、道端に捨てられていた犬。社宅住まいで犬を飼えない源太郎は、学校が終わった後に早速飼い主探しにとりかかります。そして顔見知りの先輩のアドバイスで、学校の敷地の隅でテントを張っていたワンゲル部に行ってみることに。

「ワンダー・ドッグ」のタイトルからも、犬が登場するんだろうなというのは想像できるんですけど、ここまで犬が中心の話だったとは!
犬につけられた名前は「ワンダー」。約10年間の、ワンダーとワンダーをめぐる人々の物語となっていました。ワンゲル部の努力の甲斐あって学校の犬となったワンダーは、拾い主の甲町源太郎の卒業の時が来て、その時にはもう自宅で犬が飼えるようになってるんですけど、学校に居続けることになるんですよね。既に甲町源太郎個人の犬ではなくなってるんです。そして子犬だったワンダーが大きな成犬となるように、最初3人しかいなかった廃部寸前の弱小部はいつしか空沢高校の顔とも言えるような部に...。最初にワンダーと関わった高校生たちが卒業していっても、また新たな高校生が入学してきて、それぞれにワンゲル部やワンダーと関わっているのがまたいいんですよねえ。
前作の「オアシス」も犬が中心的存在となっていたし、その時も十分感じてましたけど、竹内真さんは犬が本当にお好きなんですねー。しかも犬が好きで可愛がるだけでなくて、きちんと正面から向き合っている姿勢が伺えます。ほんとこのワンダーが可愛くて可愛くて。犬好きさんには堪らない作品かと。そして犬だけでなく、ワンダーを拾った甲町源太郎も、ワンゲル部顧問の大地先生も、憎まれ役の教頭ですらとても魅力的。竹内真さんらしい爽やかな青春物語でした。(新潮社)


+既読の竹内真作品の感想+
「図書館の水脈」竹内真
「真夏の島の夢」竹内真
「じーさん武勇伝」竹内真
「自転車少年記」竹内真
「笑うカドには お笑い巡礼マルコポーロ」竹内真
「オアシス」竹内真
「ワンダー・ドッグ」竹内真
「シチュエーションパズルの攻防」竹内真
「ビールボーイズ」竹内真
Livreに「粗忽拳銃」「カレーライフ」「風に桜の舞う道で」の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: /

 [amazon]
学生の多い東京の西の近郊の町にある古道具屋・中野商店。店主は25年ほど前に脱サラして店を始めたという中野さんで、店には昭和を思わせる雑多な生活用品が並んでいます。アルバイトはタケオとヒトミの2人。タケオは引き取り要員で、午後になると中野さんとトラックで依頼のあったお客の荷物を引き取りに行き、ヒトミは午前に引き続き店番をするという役割分担。そして店には中野さんの姉のマサヨさんもよく顔を出すのです。

店主の中野さんの人柄なのか、どこか不思議な雰囲気を漂わせている中野商店での日々を、アルバイトのヒトミの視点から描いた長編。店に深く関わっている4人も、ここにやってくる客も、中野さんの愛人だというサキ子も、みーんなみんなマイペース。平凡な日々の中にもそれなりに波があり、それを淡々と描き出しているような感じの作品です。古い写真を眺めながら、こういうこともあったなあ、と思い出に浸っているという印象でしょうか。ええと、今の私にはあまりインパクトが感じられなくてさらっと読み流してしまったのだけど、こういうのが好きな人には堪らない作品かもしれないですねえ。(新潮文庫)


+既読の川上弘美作品の感想+
「古道具中野商店」川上弘美
「大好きな本 川上弘美書評集」川上弘美
Livreに「神様」「なんとなくな日々」「センセイの鞄」「パレード」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
神山高校に入学して1ヶ月。まるで進まない「入学一ヶ月の実態と今後の抱負」という作文を前に、折木奉太郎が福部里志から学校の怪しい噂を聞かされることになる「やるべきことなら手短」他、全7編の短編集。

古典部シリーズ4作目は、シリーズ初の短編集。ホータローたちの高校入学1ヵ月後の話から始まるので驚いたんですが、7編が2年生目前の春休みまでの時系列順に並んでました。今までの3作の合間合間を埋める作品の集まりとなってるんですねえ。
どの作品も、中心になっているのはホータローと千反田える。7編の中でちょっとおおっと思ったのは、「心あたりのある者は」ですね、やっぱり。これはハリイ・ケメルマンの名作「九マイルは遠すぎる」の古典部版。本家の「九マイル」ほどの迫力はないと思うし(あれは衝撃的でした...!)、本当にそれが正解なの?なんて思っちゃったりもするんですけど、ホータローの謎解きとしてはぴったりだし、ものすごく古典部らしさが出てるような~。そして最後の「遠まわりする雛」のラストでは、思いがけない余韻が! 今まで千反田えるといえば、「私、気になります」の一言でホータローを行動に移させる役割に徹していたように思うんですが、今後はその存在も少しずつ変化していくかも? 楽しみです。(角川書店)


+シリーズ既刊の感想+
「氷菓」「愚者のエンドロール」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「クドリャフカの順番 『十文字』事件」米澤穂信
「遠まわりする雛」米澤穂信

+既読の米澤穂信作品の感想+
「春期限定いちごタルト事件」米澤穂信
「犬はどこだ」米澤穂信
「夏期限定トロピカルパフェ事件」米澤穂信
「ボトルネック」米澤穂信
「インシテミル」米澤穂信
Livreに「さよなら妖精」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
「太陽がいっぱい」ドラゴン怒りの鉄拳」「恋のためらい/フランキーとジョニーもしくはトゥルー・ロマンス」「ペイルライダー」「愛の泉」という、映画の題名のついた短編5編。「太陽がいっぱい」には在日朝鮮人の少年たちが登場して、これまでの金城一紀さんの作品にかなり近いんですけど(最初、実話かと思いました...)、2作目以降の作風はハードボイルドタッチだったり、ハートウォーミングだったりと様々。でも全ての話に、8月31日に区民会館で上演の「ローマの休日」が共通していて、それぞれの物語の登場人物たちが、それぞれの想いを胸に「ローマの休日」を同じスクリーンで観ることになりますし、他にもちょこちょことリンクしてる部分がある、ゆるいくくりの連作短編集。

「ローマの休日」以外のリンクから浮かび上がってくるのは、結構重いドラマだったりするんですけど、5つの物語を締めくくる「愛の泉」がとても暖かいので、幸せな読後感。最後まで読んで、最初の「ローマの休日」上映会のポスターに戻ると感慨深いものが~。その後が気になる話もあるんですけど、これはトム・リプリーが逮捕されない「太陽がいっぱい」ということなのかな。この中だとやっぱり「愛の泉」がいい、という人が多いと思うんですけど、ちょっぴり冗長な感じもあったので(浜石教授の口癖「easy come, easy go」が効いてるのかも)、私は「ドラゴン怒りの鉄拳」が好きでした。これは、夫がある日突然自殺してしまって、戸惑う妻の物語。ゾンビーズシリーズのようにページをめくる手が止まらないという感じではなくて、読んでる途中で何度も前に戻ったりして、私としては読むのにとても時間がかかった作品だったかも。すっと読めば、それほど長くないんですけどね。

そしてこの作品、とにかく映画が沢山登場します。公式サイトによると、なんと全部で96本の題名が挙がっているのだとか。私は、今でこそほとんど映画をを観なくなってしまったんですけど、高校から大学にかけて白黒映画を中心に古い名画を観るのが好きだった時期があるので、懐かしい作品が色々ありました。「太陽がいっぱい」を観たのもその頃。フランス映画にもいいのがいっぱいあると思うのに、金城さんがお好きなフランス映画ってこれだけなのかな...。そうそう、フランス映画といえば、この作品の中で何度も登場するのに題名が一度も書かれていなくて、すごく気になった映画が1つあったんです。金持ちでインテリの主婦がアラブ系の労働者階級の若者と不倫して、やがてアラブ系の若者は差別のために殺されてしまうという話だそうなんですが... なんだろう? カンヌか何かの国際的な映画賞を取っていて、著名人や文化人が好きな映画としてよく名前を挙げるという映画なんですって。「トップガン」(日本では1986年公開)と同時期に日本で公開しているようだったので、1985~1986年を中心に、カンヌだけじゃなくてヴェネチアの方もちょっと見てみたんですが、それらしいのは見当たらなかったです。残念。(集英社)


+既読の金城一紀作品の感想+
「GO」金城一紀
「レヴォリューションNo.3」「フライ、ダディ、フライ」金城一紀
「SPEED」金城一紀
「対話篇」金城一紀
「映画篇」金城一紀

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: /

 [amazon]
5月の終わり。大学のクラブのOBの結婚パーティに出席した「私」は、ひそかに想いを寄せる後輩の乙女が二次会に出ないのを見て、その後をつけていき...という「夜は短し歩けよ乙女」、以下「深海魚たち」「ご都合主義者かく語りき」「魔風邪恋風邪」といった連作短編集。

クラブの後輩である黒髪の乙女に一目惚れした冴えない大学生が、「なるべく彼女の目にとまる作戦」、略して「ナカメ作戦」を駆使しつつ、ひたすら彼女を追いかけるという話。要するにストーカー一歩手前の話です。(なんて書くと身も蓋もないけど...)
先輩のことなど一顧だにしない乙女に自分の存在を認識させるべく、彼は悪戦苦闘するんですけど、当の乙女はどこ吹く風。次から次へと「オモチロイ」ことに興味を持ってふらふらと行ってしまうんですねー。そしてその黒髪の乙女が実はすんごい酒豪で、相当の天然ボケ... というよりもむしろ、あまりにも純真無垢なので楽しいのです。他方、追いかける先輩大学生は妄想炸裂だし、2人の周囲には奇怪至極としか言いようのない強烈な個性の持ち主がこれでもかっていうほどいっぱい。レトロな語り口も相まって、こんな摩訶不思議な空間が生まれるわけですね。(笑)

この黒髪の乙女も先輩も名前が出てこないんですね。感想を書きにくいったらありゃしないんですが、それがまたポイントのような気がするー。そして彼女のお姉さんがまた味のある人物のようで、冒頭で彼女に「おともだちパンチ」なんてものを伝授したことが書かれてるんですけど、これだけでも掴みはオッケー。このお姉さんの話もぜひ読んでみたい! 一体どんな姉妹なんでしょう? おともだちパンチ、思わず自分でも手を握って確かめてしまいましたよ。(笑)(角川書店)


+既読の森見登美彦作品の感想+
「太陽の塔」森見登美彦
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

| | commentaire(3) | trackback(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.