Catégories:“恋愛小説”

Catégories: /

 [amazon]
美和と絵梨が、創作ビジューのブランド「クレソプレーズ」を立ち上げて2年。「クレソプレーズ」は細々ながらも順調に業績を伸ばし、固定ファンもつき始めていました。もっぱら絵梨が創作し、美和は納品や事務作業全般の担当。奔放な絵梨と生真面目な美和は、対照的ながらも仲が良く、実は幼稚園以来30年弱の付き合いなのです。そして2人の間にいるのは、まだ少年のミチル。

「月の石」「アクアマリン」「赤瑪瑙」「クレソプレーズ」「真珠」という5つの章に分かれており、それぞれに美和、ミチル、絵梨、ミチル、美和と視点が入れ替わっていく連作短編集。
野中柊さんの本を読むのは初めてです。実は名前も知らなくて、前知識が全然ない状態で読んだんですけど、これがなかなか良かったですー。読み始めた時は、2人の女性が天然石のビーズのアクセサリーを作って販売しているという辺りで、安っぽく感じられてしまったんですが(そんなに書き散らされた設定というわけでもないのに、手垢がつきまくってるような気がしちゃって)、読んでるうちに印象が徐々に変化。例えば、作ったものを「商品」ではなく「作品」と呼ぶ2人に対して、冷ややかな笑みを浮かべる店主もいるというくだりもリアルだし、その双方の気持ちが実感として分るだけに、この作品のビーズやアクセサリーが単なる小道具ではなくなったという感じでしょうか。読み終えてみると、天然石のひんやりとした感触がぴったりくるような、静かな印象の素敵な作品でした。
沢山の死や別れの影がまとわりついていて、それも「静」のイメージを強くしていて、全体的にどこか物哀しい雰囲気なんですけど、その中で美和の存在がとてもふんわりと暖かく感じられて好きでした。彼女は、絵梨のわがままも、ミチルの若さも、難なく受け止めてしまえる包容力を持った存在。彼女自身にも、夫に恋人がいることが分かったり、実は色々とあるんですけどね... 読み終えた後も彼女の部分が読みたくて、なんとなくページを繰り続けてました。この心地よさは何なのかしら。

ただ、「クレソプレーズ」という言葉だけは、どうしても違和感。これは青林檎のような緑色をした天然石のことなんですが、私にとってその石は、あくまでも「クリソプレーズ」であって、「クレソプレーズ」ではあり得ないんですよね。まあ、野中柊さんにとっては、どうしても「クレソプレーズ」だという拘りがあるのかもしれないですが... 新井素子さんの「星に行く船」のシリーズの彼女が「レディ」ではなく「レイディ」であるように、ですね。(角川書店)

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: /

[amazon] [amazon]
フランソワーズ・サガン2冊。どちらも、先日のたらいまわし企画「教えてください!あなたのフランス本」で挙がっていた本です。サガンに関しては、友達が夢中になって読んでたので、私も大学に入った頃に何冊か読んだことがあるんですが、その時は今ひとつピンとこないままだったんですよね。ものすごーく久しぶり。

「ブラームスはお好き」は、きみ駒さんが挙げてらした本。(記事
ディスプレイ・デザイナーとして自立している39歳のポール(女性)が主人公。恋人は、少し年上で浮気性のロジェ。ポールはロジェの浮気が本気ではないことを知ってるし、2人の間では笑い話なんですが、そこに若くて美貌のシモンが登場して、ポールに一目惚れをした時... という物語。
まず、39歳というポールの年齢設定が絶妙。「若い女」から「いつまでも、お若い」と言われる段階に入りつつある彼女の気持ちがすごく伝わってきます。結局ポールがシモンの気持ちに応えられなかったのは、ロジェを愛してるからというより、ポールのこの微妙な年齢のせいなんでしょうね...。今からどんどん男盛りに向かうシモンと、女性としては老いていくばかりのポール。ポールの最後の台詞が痛いです。
でもね、ポールみたいな女性はまだまだ美しくあり続けると思うし、ますます魅力的になると思うんですよ! そりゃロジェを選べば、失うものは少ないでしょうけど、シモンの一途な愛情を信じてみて欲しかったなあ。...きみ駒さんが、ポールとシモンがもし再会したら、と書いてらしたんですが、ほんといつかまた再会して欲しい! シモンのあの一途で純粋な恋心は、もう少し落ち着きをみせるでしょうけど(あんな風に年下の美青年に口説かれてみたいものだ~)、逆に素敵な大人の恋愛になりそうです。

「愛は束縛」は、みらくるさんが挙げてらした本。(記事
美貌で資産家のローランスと結婚したヴァンサンの物語。結婚以来7年、芽の出ないピアニストとしてジゴロのような生活をしていたヴァンサン。しかし手掛けた映画音楽が大ヒットして大金が転がりこんだことから、2人の関係は少しずつ変質していき...。
...とは言っても、急にお金が入ってヴァンサンが嫌らしい成金ぶりを発揮するというんじゃなくて(笑)、むしろ自分を取り巻く環境が良く見えてきてしまったという感じなんですけどね。若い頃に読んでたら、ヴァンサンを束縛して、自分の傍に置いておこうとするローランスに嫌悪感を持っただけだったと思うんですけど、今の年齢で読むと、なんだかローランスが痛々しかったです。愛情表現の仕方を間違えてしまっただけで、彼女がヴァンサンのことを愛してたのは確かなんですもん。好きになったのも自分の方からだし、夫がいくら優しくても、いつ自分から離れていくか不安で仕方なかったんでしょうね。ヴァンサンはヴァンサンなりにローランスを愛していたというのに。という私にはローランス的なところは今も昔もないと思うんですが、少しは理解できるようになったのも年の功でしょうか。(笑)

今回読んでみて、こういう作品はやっぱりある程度年齢を重ねないとダメだと再認識。サガンに傾倒していた友達は、きっとこういう作品を深く味わってたんだと思うんですけど、ろくすっぽ恋愛経験もなかったオコサマな私には、ちょっと早すぎたようで...。やっぱりその本に読むのに適した時期ってありますよね。しかもフランス文学って、そういう作品が多そうです。(特に私の場合は、かしら) (新潮文庫)

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
姫野さんの幻のデビュー文庫本「チゴイネルワイゼン」を改題したという作品。洋子と高志という双子の姉弟を中心に、「桜の章」「ライラックの章」「柘榴の章」「羊歯の章」という4つの章に分けて、平成・大正・戦後・未来という4つの時代を背景に綴った恋愛小説。
4つの章で常に中心となるのは洋子と高志で、この双子の姉弟の禁断の愛の物語。エロティックです。しかも常に姉が強いから、尚更妖しい感じが~。そしてこの2人以外の登場人物、洋子の婚約者や高志の相手、友人、仲人なども名前が共通してるし、それぞれの基本的な容貌や性格、嗜好も類似してるみたい。平成の洋子が画材店に勤めていれば、大正や戦後の洋子は絵を描くのを習っているといった具合。でも少しずつずれているので、だんだん「書かれている部分」よりも「書かれていない部分」が気になってくるんですよね。その辺りが面白かったです。1章で話の中に出てくる仲人も池井という人なのかしら... とか。そして全て読み終えてみると、最初の「桜の章」だけがちょっぴり異例な設定だったことに気づきました。「桜の章」のその後が気になるなあ。でも「羊歯の章」はなくても良かったかな。最初の3章だけで良かったのに。(角川文庫)


+既読の姫野カオルコ作品の感想+
「桃」姫野カオルコ
「受難」姫野カオルコ
「変奏曲」姫野カオルコ
Livreに「ツ、イ、ラ、ク」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
10の作品が入った短編集。どの作品にも食欲とか性欲とかがたっぷりと詰まってて、ものすごく「女」を感じます。でもそんな風にたっぷり「欲」が詰まってる割に、どこか印象が薄いんですよねえ。起承転結があるというより、場面場面のスケッチといった方が相応しい作品群。しかもどの作品もそれぞれに似てるんです。同じような人物が次から次へと登場して、同じような会話を交わして、同じようなことをしているだけ。読んだ端から忘れていってしまいそう...。
こうやって短編集で読むんじゃなくて、アンソロジーや雑誌の掲載で1つずつ読めば、それぞれの作品の印象がもっと強く残ったかもしれないのに、ちょっと勿体なかったかも。山本周五郎賞を受賞してる表題作も、それほど印象に残らなくて残念でした。なんとなく習慣で買ってしまったんだけど、江國さんの本はもういいやって感じ。悪い本じゃあないのですが...。(集英社文庫)


+既読の江國香織作品の感想+
「泣く大人」江國香織
「ウエハースの椅子」江國香織
「泳ぐのに安全でも適切でもありません」江國香織
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
中山可穂さんの本は、これで6冊。常に女性同士の恋愛を核に描いてる方なので、これだけ読むと、いくら設定が違っていても徐々に同じ部分が見えてきちゃいますね。芝居をする女性が出てくると、「猫背の王子」「天使の骨」を思い出してしまうし、しかもこの2冊は、どちらもフリーの女性と主婦との恋愛の物語なんです。恋愛部分の描写では、どちらの作品にも「旦那と寝なかった?」と問い詰める場面があって、家庭を捨てたい主婦が子供をどうするかという悩む場面があって。そこから出てくる結果はまた違うんですけど、ああー、いくら枝葉が違っていても、やっぱり核心部分では一緒になっちゃうんだなあという印象。この「感情教育」と「深爪」は、半年を置いて続けて出版された作品だし、中山可穂さんご自身が、その頃そういう恋愛をしてらしたんでしょうね。もちろん、それぞれに読めば、「感情教育」では2人の女性のそれぞれの生い立ちの話の部分がすごく良かったし、「深爪」では、恋人同士になってしまう女性2人と旦那という3人の視点から描かれているのが面白かったし、特に「深爪」に登場する普通とはちょっと違う感覚を持つ旦那像を、私はかなり気に入ってたのですが。

中山可穂さんの作品は、あんまり沢山読まない方が、1つの作品の印象が強く残りそうな気がしてきました。6冊読んでも、最初に読んだ「サグラダ・ファミリア-聖家族」の印象が一番強烈だったし。...あ、でも続けて読んだのが間違いだっただけなのかもしれないですね。次に読む時は、まとめ読みしないで1冊ずつ読むことにします。(講談社文庫・新潮文庫)


+既読の中山可穂作品の感想+
「白い薔薇の淵まで」中山可穂
「猫背の王子」「天使の骨」中山可穂
「感情教育」「深爪」中山可穂
Livreに「サグラダ・ファミリア-聖家族」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
幼い頃から戒律厳しい修道院で育ち、出た後も清く正しい生活を送る彼女の渾名は「フランチェス子」。そのフランチェス子に、突然できものができます。最初は痣のようだったできものは徐々に盛り上がって人の顔のようになり、人面瘡へと変化。そして、ある日その人面瘡が話し始めたのです。どうやっても追い払えない人面瘡は、なんとフランチェス子の股間に移動。最初は取り乱すフランチェス子でしたが、いつしかうちとけてきて、その人面瘡を「古賀さん」と呼ぶように。

信兵衛の読書手帖の信兵衛さんに以前教えて頂いた本。最近、本を読む女。改訂版のざれこさんにも再プッシュされてたんですが...
うひゃひゃひゃひゃーっ、これは何なんですか! もう「フランチェス子」という名前からして笑わせてくれるですけど、その友達がアン子、ノン子、ウィズ美、モア代、オリ江、マルとクスの兄弟、朝志、読夫ですよ! しかも身体のどこかに人面瘡が出来るという話は時々ありますけど、なぜ股間に(^^;。フランチェス子はミロのビーナスを思い浮かべさせるような美女で、モデル経験もあるんですが、男性のその気を萎えさせてしまうという特殊体質。これまでもこれからも男性とつきあいそうにないので、どこに人面瘡が住み着いていても別段困るわけではないんですが... 純粋培養な育ちのはずなのに、なぜこんなに放送禁止用語に詳しいんですか! なぜそれを完璧に使いこなしてるんですか!(笑)
でもそれだけすごい表現が氾濫してる割には、全然いやらしくないんですよねえ... 不思議。
「古賀さん」は何かといえばフランチェス子のことをダメ女だって罵倒するし、フランチェス子は何を言われても素直に納得して反省しちゃう。何もそこまで素直に認めなくても... なんですが、「古賀さん」の言葉には確かに説得力があるんですよね。放送禁止用語や上辺の面白さにかまけて読んでいると、ふと深い言葉が飛び込んできて驚かされます。最初はフランチェス子も古賀さんもあまり好きじゃなかったのに、読んでるうちにだんだん可愛く見えてきて楽しかったです。
最後の展開には、結構度肝を抜かれます。この展開は私としてはあまり好みではなかったので、ちょっと残念だったんですが、でもこれだけの話を収拾させようとしたら、これで一番良かったのかもしれないですね。「ツ、イ、ラ、ク」と「桃」は万人にお薦めできるけど、この「受難」は恐る恐るお薦めする感じ... と、ざれこさんが仰ってたのも納得の作品です。(笑) (角川文庫)


+既読の姫野カオルコ作品の感想+
「桃」姫野カオルコ
「受難」姫野カオルコ
「変奏曲」姫野カオルコ
Livreに「ツ、イ、ラ、ク」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(3)
Catégories: /

 [amazon]
冴えない中学教師の久保が祖父の遺品の中から見つけたのは、明治時代に日本を訪れた著名な女流探険家「I・B」との思い出を綴った、とある青年の手記。久保は、その手記を書いたのは明治時代に通訳ガイドとして活躍した伊藤亀吉ではないかと考え、自分が顧問を務める郷土部の唯一の実働部員・赤堀と共に、この文書を読み解いてみようと考えます。しかしその手記は、途中で終わっていたのです。耕平は伊藤亀吉の孫娘と思われる人物に、協力を求める手紙を出すことに。

CROSS-ROADの瑛里さんにオススメされた本。ここに登場する「I・B」とは、「日本奥地紀行」を書いたイザベル・バードで、手記を書いているとされているのは、実在した明治時代の通詞・伊藤鶴吉(作中では亀吉)がモデルのようです。
いやあ、良かったです。何がいいって、まずこの作品に登場する亀吉の手記が! 久保がカタカナ交じりの古い文を現代文に訳したという設定だし、言ってしまえば下手な翻訳文のような感じなんですけど、明治時代の横浜の雰囲気がすっごく伝わってくるんです。そして伝わってくるといえば、「I・B」と旅をするうちに亀吉の中に芽生えてくる感情も。「I・B」は、20歳の亀吉の倍ほどの年だし、最初は西洋人の女性なんて自分と同じ人間とも思ってなかったようだし、自分の気持ちにもずっと気づかないままなんですが、何とかして「I・B」を笑わせようと頑張ってたりする亀吉青年の姿が、微笑ましくも切なくなっちゃうんです。最後の船のシーンもいいんですよねえ。
そして、その亀吉の手記を研究する久保と郷土部の赤堀真、亀吉の孫娘の田中シゲルという、どこかピントのすれた3人の組み合わせも楽しかったです。この3人のやりとりは何ともほのぼのとしていて、亀吉の手記部分とは好対照。そして最後まで読むと、物語の最初と最後に配置された「彼女」の思いもしみじみと伝わってきて。何層にもなった人々の思いが熱く感じられました。(講談社)

| | commentaire(4) | trackback(1)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.