Catégories:“恋愛小説”

Catégories: /

 [amazon]
14歳の頃は毎日のように一緒に過ごしていた智史と佑司と花梨も、親の転勤や引越しによって連絡が途絶え、15年後、智史はアクアショップの店長になっていました。今は結婚相談所で知り合った女性とお付き合い中。その彼女に、少年時代の懐かしい話をすることになって... ということで、聖月さんの「2005年版聖月大賞」受賞作品です。(笑) もう聖月さんが読むべし読むべしと何度も言いに来るので仕方なく、というわけではありませんが(笑)、そこまでプッシュされたら、やっぱり読んでみないとね!
で、読んでみて。いやー、あったかい! 男女の愛情とか親子の愛情とか友達同士の愛情とか、そういう暖かい感情がいっぱい詰まった作品でした。人と人との心の繋がりを信じさせてくれるというか、気持ちがちゃんと繋がっていさえすれば離れていても大丈夫ということを教えてくれるというか... で、なんとなく感じたんですけど、ノスタルジックな情景がセピア色じゃなくて透明な印象なんですよね。透明なんだけど、冷たい透明じゃなくて、暖かみのある透明。その透明感にアクアショップの情景が重なってとても綺麗なのです。それに、ウィットが利いた会話が心地よくて。登場人物も、みんなそれぞれにいい味を出してました。不器用で真っ直ぐで、少年の部分を残した主人公も、その一枚上手って感じのお父さんも、バイトの夏目くんとか花梨もすごく好き。ラスト近くの展開にはちょっとびっくりしたし、これだけはちょっと気に食わない部分なんだけど... でも、これはこれで良かったのかもしれないなあ。
ということで、聖月さん大プッシュの理由がよーく分かった作品なのでした。聖月さん、ありがとうございます(^^)。(小学館)


+既読の市川拓司作品の感想+
「そのときは彼によろしく」市川拓司
Livreに「いま、会いにゆきます」の感想があります)

| | commentaire(10) | trackback(9)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
偶然手元に回ってきたものの、実は読もうかどうしようかかなり迷った作品。お正月までには返す約束なので、もうあんまり時間がなかったんだけど、どうも気分が乗らなくて...。本当は気分が乗らない本を読むのって凄く嫌なんですよね。でも図書館でも予約がいっぱい入ってるような本がせっかく手元に来てるのに、読まないで返すのも勿体無い気もするし... と、結局読んでしまったわ。うーん、私ってば貧乏性。(溜息)
...で、実際読んでみて。読みやすいですね。本多孝好さんらしくない、という話も聞いていたんですが、私はこれまで「MISSING」しか読んでないので、それについては何とも。でも、普通... かな。悪くはないし、すいすいと読めるんですけどねー。
でも、いくらそっくりの一卵性双生児でも、親にも恋人にも見分けがつかないなんてことあるのでしょうか? しかもこの2人の場合、見分けるための凄く有効な方法があるのにねえ。それと5分遅れの時計のエピソードは、一体何だったんでしょ。もっと重要なポイントかと思ったのに、それだけはなんだかちょっと拍子抜けでした。(新潮社)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
9編が収められた短編集。私は見てないのですが、表題作は映画化もされましたねー。
先日の「残花亭日暦」で、久しぶりに田辺聖子さんの小説を読みたくなって、積んでた本の中から引っ張り出してきたのですが、でもこれはそれほどでもありませんでした...。以前大好きだった作品では、もっと女性たちに惹き込まれたのに、今回はそれがほとんどなくて。なんで? 短編のせい? それとも自分がトシを取ったせい? でも9編のうち、「恋の棺」だけは、「コレだ!!」と思える作品でした。この話、ダントツで好きだなあ。でもそう思えたのが1編だけとは、やっぱりちょっとサビシイなあ。(角川文庫)


+既読の田辺聖子作品の感想+
「残花亭日暦」田辺聖子
「ジョゼと虎と魚たち」田辺聖子

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
まるっきり初めての藤堂志津子さん。この間なぜか突然貸してもらった本。よく知らない作家さんだし、借り物でもなかったら、きっと自分からは読まなかっただろうなあと思うんですけど、「ジェーン・エア」を書いたシャーロット・ブロンテ、「嵐が丘」を書いたエミリー・ブロンテ、末っ子のアン・ブロンテ、そしてシャーロットとエミリーの間にいた男の子・ブランウェルという、4人の「ブロンテきょうだい」が重要なモチーフとなっているようだったので、ちょっと楽しみに読み始めました。
...で、読んでみて。
ちょっぴりほろ苦さの残る、恋愛小説でした。肝心のブロンテきょうだいに関しては、それほどでもなかったのが残念でしたが、でもむしろもっとストレートに、主人公の気持ちとか行動がどれも凄く分かるなあって、そっちがなかなか良かったです。(文春文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
「私」は38歳の画家。結婚はしていないのですが、妻子のいる恋人とは6年ごしの付き合い。そんな「私」の日常が淡々と綴られていきます。
一昨日、エッセイの「泣く大人」を読んだばかりのせいか、この作品の主人公が思いっきり江國さんと重なってしまいました。この主人公の気持ち、すっごく良く分かるなあ...。私なら、きっと怖くてなかなか行動には起こせないと思うんだけど、でもそれが逆に溜まってしまって、「いっそのこと...!」になってしまいそうでもあるわけで。自分で作り出したもの、育てあげたものを壊してしまいたい衝動って、いつだってあるんだよね。恋愛に限らず。たとえばこのサイトとかでも。(ハルキ文庫)


+既読の江國香織作品の感想+
「泣く大人」江國香織
「ウエハースの椅子」江國香織
「泳ぐのに安全でも適切でもありません」江國香織
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
12人の女性作家によるアンソロジー。この1冊の中に、色んな「あのころ」が入っていて、どの「あのころ」も切なくて痛くて、でも優しくて、どこか懐かしい感じ。読みながら、やっぱり「今」があるからこそ、「あのころ」があるんだよねえ、としみじみとしてみたり。(あ、本当は、「あのころ」があるからこそ、「今」があるんだよね 笑) この中で私が特に好きだったのは、加納朋子さんの「モノレールねこ」、中山可穂さんの「光の毛布」、光原百合さんの「届いた絵本」の3作かな。「モノレールねこ」の「タカキ」、最高! 「光の毛布」は、主人公の咲もいいけど、この毛布がいいんですよねえ。「届いた絵本」は、最後の最後で決定的に幸せな気持ちになれるのが好き。
近藤史恵さんの「窓の下には」の、あのどこかこわーい雰囲気も近藤さんならではだし、狗飼恭子さんの「町が雪白に覆われたなら」の独特の雰囲気もいい感じだったし、久美沙織さんの「賢者のオークション」も何気に可愛かったし、どれもそれぞれに良かったです。お初の作家さんも5人いて、新しい出会いにもなりました。(ダ・ヴィンチブックス)


+シリーズ既刊の感想+
「ありがと。 あのころの宝もの十二話」ダ・ヴィンチ編集部編
「嘘つき。 やさしい嘘十話」ダ・ヴィンチ編集部編

+既読の光原百合作品の感想+
「ありがと。 あのころの宝もの十二話」ダ・ヴィンチ編集部編(「届いた絵本」)
オール讀物11月号(文藝春秋)(「扉守」)
小説NON 11月号(祥伝社)(「希望の形」)
小説推理・オール讀物・星星峡(「1-1=1」「クリスマスの夜に」「オー・シャンゼリゼ」)
「最後の願い」光原百合
光原百合ベスト3@My Best Books!
「尾道草紙」尾道大学 創作民話の会
「銀の犬」「親切な海賊」光原百合
オール讀物 2007年10月号(「写想家」)
「嘘つき。 やさしい嘘十話」ダ・ヴィンチ編集部編(「木漏れ陽色の酒」)
オール讀物 2008年11月号(「旅の編み人」)
「新・本格推理 不可能犯罪の饗宴」二階堂黎人編・オール讀物 2009年8月号(「花散る夜に」「ピアニシモより小さな祈り」)
「イオニアの風」光原百合
「扉守 潮ノ道の旅人」光原百合
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.