Catégories:“冒険小説”

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
アフリカと南アメリカの港を巡る1ヶ月のクリスマス・クルーズを終えて、リスボンへと向かっていた巨大客船・ポセイドン号が、海底地震による激しい津波によって転覆。船体はさかさまになり、あちらこちらで犠牲者が続出します。生き残ったのは、ダイニングルームにいた船客たちなどわずか数十名のみ。いつ助けが来るのか、いつまで船は沈まずに耐えられるのか、一切分からない状況の下で、そのまま助けを待っているつもりのない人々は、スコット牧師の先導で、かつて船底だった部分へと上り始めます。

1972年の「ポセイドン・アドベンチャー」、2006年の「ポセイドン」と2度に渡って映画化された作品の原作。私も「ポセイドン・アドベンチャー」はテレビでやってるのを観たことがありますが、あのパニック映画の原作を書いたのが、「ジェニィ」や「トマシーナ」のポール・ギャリコだったとはびっくり! ポール・ギャリコだって、ファンタジー系の作品ばかり書いているというわけではないけれど、でもやっぱりイメージ的には、そっち系なんですよね。でも、ポール・ギャリコ自身は元々はスポーツライターだったのだそう。そしてこの作品も、表面上はパニック物なんですけど、それぞれの人物の描き方・掘り下げ方は、やっぱりポール・ギャリコならではでした。

映画の方は実はあんまり良く覚えてないんですが、でも割とすっきりとした... というのは言葉が変ですが、ストレートなパニック物に作られていたような記憶があります。最後も感動のラストだったような... いかにもハリウッド映画らしい感じですね。皆を先導する牧師は、牧師というにはアウトロー的なところがあって、でもそこが逆に強いリーダーシップを発揮して、皆を先へ先へと導いていたような。でも原作では、ちょっと違ってました。(映画の方の私の記憶が間違ってる可能性も十分にありますが!) 原作のスコット牧師は、プリンストン大学時代からのフットボールの名選手。オリンピックでも2度の金メダルを獲得していた、全米のスター。今までの人生で、何も挫折を知らずにここまで来てしまったような人物なんです。そんなスターが、なんで牧師という職業を選んだのか? まずそこからして興味をそそります。そしてスコットがタイタニック号の転覆という出来事を神からの試練と受け取るのはいいんですけど、そこでまるで神に挑戦するかのような、神に対して取引を申し出ているかのような祈りの言葉を唱えるんです。この部分は、おそらく日本人が読むよりも欧米人が読んだ方がショッキングなんじゃないでしょうか。それ以外にも色々あって、表面上は非の打ち所のない人物なのに、でも実はつかみ所のない不思議な人物なんですよねえ。今まで自信満々で「勝ち組」としての人生を歩んできたスコットと、牧師としてのスコットがどうしても相容れなくて、まさにその部分が彼を自滅させたようにも見えてきます。それだけにラストは映画のような「感動のラスト」ではなくて、ほろ苦いラスト。あ、もちろんスコット牧師だけでなく、他の面々の部分の描き方・掘り下げ方も「ほろ苦さ」に繋がるものなんですよね。パニック部分も面白いんですが、とにかく人間的興味に引かれて読み進めた作品でした。(ハヤカワ文庫NV)


+既読のポール・ギャリコ作品の感想+
「トマシーナ」ポール・ギャリコ
「セシルの魔法の友だち」ポール・ギャリコ
「マチルダ ボクシング・カンガルーの冒険」ポール・ギャリコ
「われらが英雄スクラッフィ」ポール・ギャリコ
「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ
「猫語の教科書」ポール・ギャリコ
「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「ポセイドン」上下 ポール・ギャリコ
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
Livreに「ジェニィ」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
昭和最終年度に成立・施行された、公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化法」。それに対抗して、既存の「図書館の自由に関する宣言」から発展して成立された「図書館の自由法」。そして、それから30年が経過した近未来の日本が舞台。
現在メディア良化委員会に法的に対抗できるのは、唯一図書館のみであり、良化委員会のエスカレートする検閲に対抗するために、図書館も防衛力をアップ。全国の主要な公共図書館は警備隊を持つに至っていました。防衛員配属を第一志望として図書館に採用された笠原郁は、女性ながらも持って生まれた運動神経と陸上部で培った基礎体力で、厳しい新入隊員訓練を乗り切り、エリートと言われる図書館特殊部隊に特殊防衛員として配属されることに。

有川さんの作品は以前「海の底」を読んだだけなんですが、いや、相変わらずなんですね。雰囲気全然変わってないじゃん... というか、そのまんま! やっぱり怪獣特撮映画系の方なのでしょうか。図書館の話なのに、いきなり軍事訓練からなんか始まってびっくり。そしてこの作品が、「図書館の自由に関する宣言」から出来たと知って、さらにびっくり。ある日、図書館に掲げられているこの宣言に気づいて、見ているうちに興味が湧いて、調べ始めたのだそうです。そうそう、「図書館の自由に関する宣言」だの中小レポートだの、私も司書資格を取る時に勉強したよー!

もちろんここに描かれている設定は、現実にはあり得ないですよね。一体なんで、こんな武力行使になっちゃったんですか。良化特務機関と図書館が早くから火器を導入していたなんて。さらにはこの両団体の戦闘に関しては超法規的措置がとられていて、人がどんどん死んでも関知されないなんて!
しかも、ここまで言論統制が行われているような世の中なのに、人々の生活自体は今とほとんど変わりないんです。「検閲」「焚書」なんていうと、思想弾圧に直結しているイメージなんですが、全体的にはみんな相変わらずのほほんとしていて、政治には無関心。平和な暮らしのごく一部分的にだけ、まるで戦時下のような状態があって、でもその状態にもすっかり慣れてしまった... というアンバランスさが何とも怖いです。...作品の中に登場する「本を焼く国ではいずれ人を焼く」という言葉は、元はハイネの言葉でしたっけ。

「図書館戦争」はバトル物。ゴレンジャーのノリ。とっても予想しやすい展開なんですけど、楽しいです。ただ、図書館の話なのに図書館での普通の仕事の場面はほとんどないし、主人公以外の登場人物たちの本への思いも全然伝わってこないんですよね。それが残念... と思っていたら、そういうのは続編の「図書館内乱」に描かれていました。こちらはシリーズ化が決定したせいもあってか、キャラ萌え方向に徹していて、さらにラブコメ。現実的なバトルの代わりに、丁々発止の心理戦。ここまで「売れる小説」に徹しているというのも凄いですね。でも、図書館的にはタイムリーな、新聞・雑誌の閲覧制限問題なんかもちゃんと織り込まれていました。
色々と印象的なシーンはあったんですが、その中で私が一番反応してしまったのは、郁の両親が娘の働いてる姿を図書館に見に来ることになって、実は戦闘部署だなんて言えないままだった郁が、シフトを変更してもらって図書館の通常業務をする場面。郁の父親が、なんと郁とその同期の男の子(超優等生)と上司にそれぞれレファレンスを申し込んで、3人の能力を比べる場面があるんです。こんなこと普通する? 自分の親にこんなことされたら...!(と、ついつい郁の身になってしまう私)
そして「図書館内乱」の中に登場していた、「レインツリーの国」という作品も有川さんが書かれて、今月末に新潮社から発売になるそうです。こっちは恋愛小説みたい。さすがにこちらは、今までの有川さんと、全然雰囲気が違うのでしょうか。(メディアワークス)

ちなみに「図書館の自由に関する宣言」とは、以下の通りです。

一、図書館は資料収集の自由を有する
二、図書館は資料提供の自由を有する
三、図書館は利用者の秘密を守る
四、図書館はすべての検閲に反対する
図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。


+既読の有川浩作品の感想+
「海の底」有川浩
「図書館戦争」「図書館内乱」有川浩
「阪急電車」有川浩

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: /

[amazon]
船員たちが全て陸に上がっている間、船室に1人残っていたのは、16歳の水夫・サンディ。そこに現れたのは、すぐに出帆して欲しいというドュロクとエスタンプと名乗る男たちでした。金貨35枚を提示され、かねてから冒険に憧れていたサンディは出帆することを了承します。行き先は、ガーデン岬にあるハヌーヴァーの屋敷。屋敷には当主のハヌーヴァーの他に、美女のジゲ、その兄のハルウェイ、友人のトムソンという客たちが滞在中でした。しかしその晩、部屋をあてがわれたサンディは、ふと入り込んだ図書室で、ハルウェイとジゲが秘密の話をしているのを盗み聞きしてしまいます。そして2人から隠れようとして、偶然隠し通路に入り込むことに。

ハヤカワ文庫FTなんですが、全然ファンタジーっぽくなかったです。4年前は貧乏だったハヌーヴァーが、偶然黄金の鎖を見つけてからは裕福になったという部分に、まるで鎖が幸運を運んできたような感じはあるんですけど、基本的にはとても現実的な冒険物語。
全体的には、それほど悪くないんですけど... なんでサンディがここまでドゥロクやエスタンプにここまで信頼されるようになったのか、ハヌーヴァーにそれほど気に入られたのか、あまり説明がないんですよね。もしこれが映画だったら、視線のやり方1つでも表現できそうなところなんですが、小説なんだから、その辺りはもう少し文章で説明して欲しいところ。屋敷の使用人にもあっさり受け入れられすぎなのでは? てっきり途中でサンディが、人を見る目のなさから痛い目に遭う場面があるかと思いましたよー。まあ、そういう部分にひっかからなければ、少年のロマンティックな成長物語、冒険物語として楽しめるのではないかと思うのですが。...でも、せっかくハヌーヴァーの屋敷には隠し部屋や隠し通路、自由自在に対話する自動人形といった美味しそうなモチーフが色々とあるのに、あまり効果的に使われているとは思えないんですよね。せっかくなのに、勿体ないなー。(ハヤカワ文庫FT)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / / /

 [amazon]
19世紀初頭のパリ。父の訃報を持ってカナダからフランスに渡ったコリンヌは、祖父であるギイ・ド・ブリクール伯爵に会いに行くのですが、勝手にカナダに出奔して原住民と結婚した息子のことを、伯爵は既に息子とは認めていませんでした。伯爵はコリンヌに、パリの東北東、ライン河岸に立っている古い塔に幽閉されている人物の正体を調べれば、コリンヌを孫娘として認めると言い出します。実は9年前にセント・ヘレナ島で亡くなったというナポレオンが実はまだ生きていて、その塔に幽閉されているという噂があったのです。

「小学校最後の夏休みの冒険譚」みたいなのばかりで、ちょっと飽きがきてたミステリーランドなんですが(失礼)、これはまるで違う西洋史物。しかも冒険活劇。ふわふらのともっぺさんから、「三銃士」や「紅はこべ」が好きならきっと気に入ると教えて頂いたんですが、確かにこれはいい! 楽しかったです。目次からして、第一章「コリンヌは奇妙な命令を受けパリで勇敢な仲間をあつめる」、第二章「コリンヌは東へと馬を走らせ昼も夜も危険な旅をつづける」なんて説明口調。どことなく懐かしくて楽しいし、子供のためのレーベルであるミステリーランドに相応しい良質な作品だと思います。あとがきには、なぜ田中芳樹さんがこういう物語を書こうと思ったのかも書かれていて、その気持ちにもとっても納得。
ナポレオンが生きているという噂は本当か? という大きな謎はもちろん、爵位にも財産にも興味のないコリンヌが、なぜ伯爵の言う通りにするのか、そしてなぜ伯爵がそのようなことをコリンヌにやらせるのかなどちょっとした謎もいくつかあって、それらが全てきちんと解決されるのが気持ち良かったです。そしてコリンヌがパリで見つける3人の仲間も、アレクサンドル・デュマやカリブの海賊、ジャン・ラフィットといった実在の人物なんです。そういう風にきちんとした歴史の中に架空の人物を放り込んで活躍させるような話って大好き。子供には勿論、大人が読んでも十分楽しめる作品です。(講談社ミステリーランド)

| | commentaire(4) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
無実の罪でグリーン・レイク・キャンプに送り込まれてしまったスタンリー・イェルナッツが、そこで過ごした日々を描いた物語が「穴」。この「道」は、そのグリーン・レイク・キャンプを無事に出た後に、スタンリーが書いたエッセイという形式の本です。

「穴」がとても面白かったので、こちらも読んでみました。(七生子さん、教えて下さってありがとうございます♪)「穴」を読んでいる時よりは「原始人」+「ゼロ」+「その他Dテントの面々」という感覚で、なんでいかにも強そうな「脇の下」じゃなくて、「X線」がリーダー的存在なのかが良く分からなかったりしたんですが、でもこれを読んで納得。これまで「その他の面々」だった「イカ」、「ジグザグ」、「磁石」といった面々についても個性が見えてきました。
そしてグリーン・レイク・キャンプで生き延びる術について、さらりと教えてくれるんですけど、これがまたグリーン・レイク・キャンプでしか通用しないようなことじゃなくて、人生における大切なこととって感じ。たとえば人と人との距離感についてとか、今すぐにでも応用できそう。でもって、それが全然説教じみていなところがいいんですよね。そしてユーモアたっぷりのサバイバル・テストなんていうのもあります。
でもやっぱりこれは「穴」を読んでこその本ですね。あくまでも補遺版といった位置付けかと。(講談社)


+シリーズ既刊の感想+
「穴」ルイス・サッカー
「道」ルイス・サッカー
「歩く」ルイス・サッカー

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
19世紀末のインド。アイルランド人の父とインド人の母の間に生まれ、幼い頃に両親を亡くしたキムは、白人ながらも土地の者と同じぐらい黒く焼け、土地の言葉を使いこなし、ラホールの町を知り尽くして奔放な生活を送っている13歳の少年。そんなキムがある日出会ったのは、チベットから聖なる河を探してやって来たラマ。キム自身、自分を助けてくれるはずの「緑野の赤牛」を探しに行きたいと思っていたこともあり、ラマの弟子となって一緒に旅に出ることに。

先日たらいまわし企画でAZ BLOG::はんなり、あずき色のウェブログのoverQさんが挙げてらした本。(その時の記事はコチラ) 英国人初のノーベル賞文学賞受賞作家となったラドヤード・キプリングの最高傑作と言われる作品なのだそうです。私は未読だけど、「ジャングル・ブック」も書いた人なんですね。キプリング自身、インドで生まれた人だそうで、猥雑でおおらかなインドの雰囲気がたっぷり。インドってほんと独特のパワーがありますよね。
この作品の主人公キムは、そんなインドに溶け込んで育ってきた白人の少年。ラマと旅しているところをイギリス人に見つかり、きちんとした教育を受けて、なんとスパイとして活躍することになっちゃうんです。ということで、スパイ小説としても楽しかったんですが、私が好きなのはむしろ、キムとラマのやりとりとか旅そのもの。この2人がいいんですよー。よくインドまで来られたな、って感じのお師匠さまを、すばしこくて抜け目がないキムがすかさずフォローして... でもキムはいざってところではやっぱりお師匠さまを頼りにしていて、この2人ってなんかすごく好き。お師匠さんは偉いラマなんですけど、でも人間的なんですよね、すごく。overQさんが「孫悟空と三蔵法師を彷彿とさせるものがあります。」と書いてらしたのも、読んでみて納得。ほんとにそんな感じです。
でもって、他のスパイたちも結構好き。特に変な口調で相手を煙に巻くハリー・バーブーがいいなあ。最後にフランス人やロシア人の面倒をみなくてはならなくなったバーブーの姿が、気の毒ながらも可笑しかったです。(晶文社)


+既読のラドヤード・キプリング作品の感想+
「少年キム」ラドヤード・キプリング
「プークが丘の妖精パック」キプリング 「夏の夜の夢・あらし」シェイクスピア
「キプリング短篇集」キプリング

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
売れない芸能エージェント・ビミーを訪ねてきたのは、ボクシングの元ライト級チャンピオン、ビリー・ベイカー。彼はカンガルーのマチルダと組んでサーカスで見世物をやっていたのですが、そのサーカスが潰れてしまったのです。ビミーは早速、マチルダたちを売り込みます。そして迎えた最初の興行。マチルダはなんと匿名で参加したミドル級チャンピオンをノックアウト! その試合を新聞の有名コラムニストが見ていたことから、マチルダは一躍有名カンガルーとなることに。しかしそのノックアウトされたミドル級チャンピオンが、マフィアの影のボスのお抱えだったことから、事態はややこしくなって...。

「ボクシング・カンガルーの冒険」という副題通り、ボクシングをするカンガルーの物語。元々カンガルーは自分の好きな雌を勝ち取るために、雄同士でボクシングのように殴り合いをして闘う習性があるんだそうです。知らなかったー。
マチルダは純粋にボクシングを楽しんでいるだけなのに、周囲の人間のせいで話はどんどん大きくなって、しかもそういった人間たちが自分の思惑のために右往左往しているのが、何とも皮肉で可笑しいです。色んな人の思惑で、事態はあっちにフラフラ、こっちにフラフラ。でも周囲の喧騒なんて知らぬが仏のマチルダ、対戦相手に愛情たっぷりのキス攻勢をしてみたり、ハーシーのチョコレートバーを無邪気に喜んでたり。んんー、可愛い♪ そんなマチルダがあくまでもカンガルーとして描かれてるのがいいし、人間の登場人物たちも、それぞれにユーモアたっぷりに描かれてるのが楽しいんですよねー。しかも最後はあっと驚く結末。まさかまさか、こうくるとは! 夢があって、しかも何とも爽快な作品でした。面白かったなー。(創元推理文庫)


+既読のポール・ギャリコ作品の感想+
「トマシーナ」ポール・ギャリコ
「セシルの魔法の友だち」ポール・ギャリコ
「マチルダ ボクシング・カンガルーの冒険」ポール・ギャリコ
「われらが英雄スクラッフィ」ポール・ギャリコ
「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ
「猫語の教科書」ポール・ギャリコ
「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「ポセイドン」上下 ポール・ギャリコ
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
Livreに「ジェニィ」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
 1  |  2  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.