Catégories:“SF”

Catégories: /

[amazon]
3編が収められたアンソロジー。ローマ皇帝の前に現れたのは、ギリシャ人発明家のパノクレス。彼は新発明を皇帝に説明し、実際にどんどん作り上げていくのだが... というウィリアム・ゴールディングの「特命使節」。目が覚めた「わたし」がいたのは、女性だけの世界。周囲の状況も自分が何者なのかも思い出せない「わたし」がパニックに陥る、ジョン・ウィンダムの「蟻に習いて」。少年城主の14歳の誕生日、煩雑な儀式にこれ以上耐えられないと感じた少年は城からの脱出を考え始め... というマーヴィン・ピークの「闇の中の少年」の3作。

いやあ、面白かったです。なんでこの3作の組み合わせになったのかはよく分かりませんが、元々アメリカでアンソロジーとして出版されていた本をそのまま訳して、ハヤカワ文庫FTから出したみたいです。副題は「ファンタジイ傑作集3」。1と2は子供向けのおとぎ話みたいな作品が多かったので、(感想)、3でいきなり大人向けになってびっくり。

最初の「特命使節」は、「蝿の王」で有名なウィリアム・ゴールディングの作品。とは言っても、私は「蝿の王」も他の作品も読んでないんですが...。ローマ時代に圧力鍋だの蒸気船だの大砲だのを考案してしまう発明家の話は、実際にはあり得ないと分かっていても面白いー。パノクレスが発明するのは、後世になれば確かに役に立つ物ばかりだし、皇帝自身もそれらの真価は分かってるんですけど、科学や技術の発展が人間の幸せに直結するとは限らないという話。
ジョン・ウィンダムも有名なSF作家だそうなんですが、私は名前を聞くのも初めて。男性が滅亡した未来の世界では、過去の歴史が微妙に歪んで伝わっていて、みんな女性だけの社会に満足しきってます。だから主人公が、男性の必要性や男性との生活の素晴らしさを説こうとしても、何も伝わらないし、理解もしてもらえません。そういう考えになったのは、男性にそう思い込まされていただけ、とあっさり片付けられちゃう。主人公の女性の歯痒さが伝わってくるんですが、同時に過去や現代の歴史が本当に自分が思ってる通りなのか、改めて考えさせられる作品。
「闇の少年」は、「ゴーメンガースト」の外伝とも原型とも言えそうな作品。ここに登場する少年城主は、名前は出てこないんですけど、きっとタイタスなのでしょう。城から脱出したタイタスが出会うのは、かつて人間だった山羊とハイエナ、そして彼らの主人である子羊。でも子羊といえば、キリスト教ではイエス・キリストにもなぞらえられるような存在なんですよね... きっとそういう前提があってこその話なんじゃないかと思います。この子羊が、限りなく邪悪な存在で、しかも甘美な声の持ち主というのが、何とも言えません...。(ハヤカワ文庫FT)

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
「僕」がかつて見た中で最も美しいマシン、アイビスに出会ったのは、数世紀前ヒトが繁栄していた頃は「新宿」と呼ばれていた、今は無人の寂しい場所。「僕」はアイビスを攻撃しようとするのですが、逆に攻撃を受けて足を脱臼。見知らぬ建物に収容されて怪我の治療を受けることに。そこでアイビスは「僕」に向かって、1つずつ物語を語っていきます。

人間の数はごく少なくなり、意思を持ったロボットが支配する世界が舞台の物語。私にしては珍しくSFの作品なんですけど、これは頂き物なので...。(笑) 読む前は大丈夫かなとちょっとどきどきしてたんですけど、面白かったです~。
アイビスが「僕」に語る物語は全部で7つ。最初はどこかで聞いたような普通の話なんです。インターネットの仮想世界を舞台にした、いかにもありそうな話。でも1つずつ話が進むにつれて、中のAIはどんどん進化していくし、物語自体も深みを増していくような。最初は普通のSF短編集にちょっと外枠をくっつけて繋いでみましたって感じだったのに、最後まで読んでみると、バラバラだった短編同士が繋がっていくように感じられて、しかもおまけっぽかった外枠は、いつしかきちんとメインになっていました。

アイの見せるアンドロイドの姿は、ある意味人間の理想の姿。でも理想ではあっても、人間には決してなることのできない姿。人間が作り出したもののはずなのに、全然違うんです。人間の欠点を認識しつつも、何も言わずに見守る彼らの姿が、とても優しいんですよねえ。それなのに、自分たちの姿を投影し、ありもしないことを思い込み、勝手に疑心暗鬼に陥る人々。これを読んでしまうと、人間が衰退していくのも当然の結末に思えてきちゃう。でも、人間の欠点や愚かさを目の当たりにさせられつつも、どこか幸せな気分になれるのが不思議なところ。暖かい気持ちで読み終えることができました。熱心なSFファンには、これじゃあ物足りないかもしれないし、私自身、どこかもう少し掘り下げて欲しかった気もするんですけど... でもとても面白かったです。
それにしても、「クラートゥ・バラダ・ニクト」って、何なんだろう。どこから出てきた言葉なのかしら? 逆に読んでみても... 意味ないし。と思っていたら、「地球の静止する日」という映画に出てくる秘密の呪文だったんですね。なるほど~。(角川書店)


+既読の山本弘作品の感想+
「アイの物語」山本弘
Livreに「神は沈黙せず」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
2年前に東尋坊の崖から落ちて死んだ恋人に、ようやく花を手向けに来ることが出来た嵯峨野リョウ。その時リョウの携帯電話に入ったのは、兄が死んだから早く金沢の自宅に戻れという知らせでした。リョウは持っていた花を崖下に投げ込みます。しかしその時、風の乗ったかすれ声が聞こえるのです。リョウは強い眩暈を感じ、岩場で大きくバランスを崩してしまいます。そして次に気付いた時、リョウは金沢市内の見慣れた浅野川のほとりのベンチに横になっていました。訳も分からないまま家に戻るリョウ。しかしそこには見知らぬ女が。それは嵯峨野サキ。リョウはなぜか、自分が生まれていない世界に飛び込んでしまっていたのです。

パラレルワールドストーリー。生まれてなかったはずの姉がいたり、家族関係もちょっと違っていたり、潰れたはずのうどん屋が開いているし、大きな銀杏の木はなく、死んだはずの人間が元気に生きている世界。でも、これまで何度かパラレルワールド物は読んだけど、これほど痛いのは初めてでした。自分の世界とサキの世界の違いというのが、全て自分たちのとった行動の違いの結果だったんですもん...。「あそこでこうしていれば...」と人間誰しも思ったことがあると思いますが、「間違い探し」の中で否応なく突きつけられるのは、自分の取った行動とその結果。いやもう、ほんとものすごく痛いです。でも痛いながらも、とても面白かった! 米澤さんの作品は、最後の最後まで気が抜けないですね。(新潮社)


+既読の米澤穂信作品の感想+
「春期限定いちごタルト事件」米澤穂信
「犬はどこだ」米澤穂信
「クドリャフカの順番 『十文字』事件」米澤穂信
「夏期限定トロピカルパフェ事件」米澤穂信
「ボトルネック」米澤穂信
「遠まわりする雛」米澤穂信
「インシテミル」米澤穂信
Livreに「氷菓」「愚者のエンドロール」「さよなら妖精」の感想があります)

| | commentaire(6) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
ジャンニ・ロダーリは、イタリアの児童文学作家。子供の頃に岩波少年文庫で買ってもらった「チポリーノの冒険」が、ロダーリの作品なんですよね。まだ祖母の家に置いてあるので、近いうちに再読しよう... なんて思っていたら、この本が! ついついこちらを先に読んでしまいました。
一見童話風の物語ばかり16編。でも、このピリリと効いた辛口のスパイスは、子供向けというよりもむしろ大人向けなんでしょうね。昔話を一捻りしたり、奇想天外のアイディアを楽しませてくれる作品ばかり。私が気に入ったのは、アルジェンティーナ広場の鉄柵を乗り越えると猫になってしまう表題作「猫とともに去りぬ」や、シンデレラを一捻りした「ヴィーナスグリーンの瞳のミス・スペースユニバース」。その他にも、ヴェネツィアが水没してしまうと聞いた時、ヴェネツィアから逃げようとするのではなく、いっそのこと魚になって環境に適応してしまおうとする「ヴェネツィアを救え あるいは 魚になるのがいちばんだ」や、マカロニウェスタンかと思いきや、カウボーイが持ち歩くのは拳銃ではなくピアノだった... と意表を突いてくれる「ピアノ・ビルと消えたかかし」など、アイディアが面白い作品が色々と。先日読んだばかりのエウリピデスの悲劇「アルケスティス」(感想)も、一捻りされた「三人の女神が紡ぐのは誰の糸?」になっていて、面白かったです。ほんと、この時に運命の女神たちが紡いでるのは、誰の糸だったんでしょう?(笑)
あとがきを読むと、ロダーリはかなり政治色の強い人だったみたい。確かに「チポリーノの冒険」も、外側こそ楽しい冒険物語なんだけど、結構政治的な匂いが強くて、風刺的だった覚えがあるので、あとがきを読んで納得。野菜と果物の国に横暴なレモン大公がいて、チポリーノ少年のお父さんが無実の罪で捕らえられちゃう、なんて話だったんですよね。ちなみにチポリーノとはたまねぎのこと、と岩波少年文庫のあとがきにありました。(←おお、小学校の頃に読んだっきりなのに、結構覚えてるもんだ) その後、作品に直接的な政治色が出ることはなくなったらしく、この作品にもそういうのは感じなかったけど、風刺は相変わらずたっぷりです。

光文社古典新訳文庫は、活字離れをとめるために、本当に面白い、いつの時代にも変わらない「本物」の古典作品を、読みやすい新訳で提供するというのがメインコンセプトのライン。(公式サイト) この「猫とともに去りぬ」は今回初邦訳だそうなんですが、同時刊行には、ドストエフスキーやらトゥルゲーネフやらシェイクスピアやらケストナーやら、錚々たる面々が並んでます。
たとえばケストナーだと、私はもう高橋健二さんの訳しか読みたくないし、そういう意味で手に取らない作品もあると思うんですが、まだ読んでない古典や、随分前に読んだっきりの作品に触れるには、いい機会かもしれないですね。(光文社古典新訳文庫)


+既読のジャンニ・ロダーリ作品の感想+
「猫とともに去りぬ」ロダーリ
「チポリーノの冒険」ジャンニ・ロダーリ
「うそつき国のジェルソミーノ」ジャンニ・ロダーリ
「パパの電話を待ちながら」ジャンニ・ロダーリ

| | commentaire(4) | trackback(2)
Catégories: / / / /

 [amazon]
宇宙の成り立ちから太陽系の誕生、そして生物の進化といった壮大な物語が繰り広げられる、12の奇妙な物語。
語り手は、宇宙が出来る前から生き続けているというQfwfq老人。さすがビッグバンの前から知ってるだけあって、老人の物語はちょっと凄いです。とにかく壮大。そしてユーモアたっぷり。だって、ある女性の「ねえ、みなさん、ほんのちょっとだけ空間(スペース)があれば、わたし、みなさんにとてもおいしいスパゲッティをこしらえてあげたいのにって思っているのよ!」という発言がきっかけで、ビッグバンが起きたなんていうんですよ! なぜビッグバンの前に人間が存在していたのか、しかもスパゲッティを作るって... なーんて言ってしまうのは、あまりにも野暮というもの。カルヴィーノはよくこんな荒唐無稽な話を思いつきますねえ。Qfwfq老人は、「二億年待ったものなら、六億年だって待てる」なんて簡単に言ってしまいますし、1億光年離れた星雲と気の長いやりとりを続けていて、時の流れも雄大。子供の頃は、友達と水素原子でビー玉のような遊びをしてるし、友人とは「今日、原子ができるかどうか」という賭け事をしています。しかもこの原子が誕生するかどうかという凄い賭けが、サッカーチームの試合の結果の賭けと同列に並んでるんです。(笑)
この本は、元々はハヤカワ文庫SFに入っていたそうです。SFがちょっと苦手な私は、SF寄りの作品よりも、やっぱり幻想的な情景が描かれてる作品が好きですね。12編の中で一番好きなのは、「月の距離」という作品。水銀のような銀色に輝く海に船を漕ぎ出し、脚榻の上に載って月へ乗り移る描写がとても素敵。あと、月に行って、大きなスプーンと手桶を片手に月のミルクを集めるというのも。この月のミルク、成分を聞いてしまうと実は結構不気味なんですけど、この作品の中で読むとまるで夢のようです。
そして河出文庫から出ている「柔かい月」は、これの続編と言える作品なのだそうです。訳者さんが違うので文章がやや読みにくいらしいのですが、やっぱり気になります。(ハヤカワepi文庫)


+既読のイタロ・カルヴィーノ作品の感想+
「宿命の交わる城」イタロ・カルヴィーノ
「不在の騎士」イタロ・カルヴィーノ
「レ・コスミコミケ」イタロ・カルヴィーノ
「なぜ古典を読むのか」イタロ・カルヴィーノ
「まっぷたつの子爵」「木のぼり男爵」イタロ・カルヴィーノ
「イタリア民話集」上下 カルヴィーノ
「魔法の庭」イタロ・カルヴィーノ
「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ
「マルコヴァルドさんの四季」カルヴィーノ
「冬の夜ひとりの旅人が」イタロ・カルヴィーノ
「柔かい月」イタロ・カルヴィーノ
「カルヴィーノの文学講義」イタロ・カルヴィーノ
「パロマー」カルヴィーノ
「くもの巣の小道」イタロ・カルヴィーノ
「むずかしい愛」カルヴィーノ

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: /

 [amazon]
メロンマンションと呼ばれるマンションに住む人々と、それらの住人たちにかかってくる無機質な話し方をする男からの電話の物語。12の連作短編集です。

御緩愚霊堂の蛙小僧さんのオススメ。星新一さんの本は中学の頃に結構読んだんですが、この作品は未読。
この作品が書かれたのは1973年なんだそうですが、それが信じられないほど、今読んでも全然古くなくて、もうびっくり。ここに描かれてる人々の生活は、完全にコンピューターに管理されてるんですよね。マンションの部屋には常に清浄な適温の空気が流れ、ドアにはインターフォンとテレビカメラが設置されており、窓には、内側から外は眺められるけれど、外からは薄く曇ったように見える特殊ガラスが嵌め込まれ、キッチンに設置された機械によって、カクテルも料理もワンタッチ。新聞はページ数が増え、雑誌は種類が増え、テレビはチャンネルが増えて、電話線利用のジュークボックスからは好みのBGMが流れます。それだけならまだしも、電話1本で病院も、銀行も、身上相談センターも、情報銀行も、利用可能。例えばお店を経営していたら、電話一本で売れ筋商品やそれらに適したレイアウトもアドバイスしてもらえるんです。
1973年といえば、コンピューターという言葉自体、それほど普及してなかったのでは? 自分とは関係ない世界だと思っていた人も多いはず。「2001年宇宙の旅」だって、公開されたのはこの作品よりも20年も後なんですよー。今のようなネットワーク社会になるなんて、その頃、誰が想像していたんでしょう。しかもこの作品の「声の網」という題名が、また凄いなって思っちゃう。網なんですよ、網。
今読んで違和感を感じたのって、「電話線利用のジュークボックス」という言葉ぐらい。でもこれだって、有線放送を思えば全然おかしくないわけで... 現在あまりに普通に存在してるので、先見の明だとは気づかないまま読み過ごしちゃう部分も多そうです。未来の世界を描いたSFはいくつもあるけれど、ここまで現実に即した未来を描けてる作品ってどれだけあるのでしょう?...と、作品の外側の設定だけでも十分驚かされちゃうんですが、もちろんそれが本題なわけではありません。それ以上のことを、既に星さんは30年以上前に見抜いてらしたんですね。ほんとすごいなあ。

無機質な話し方をする男性の正体は物語が進むにつれて徐々に分ってくることになるんですが、正体が分かる前も、分ってからも、この物語の根底に流れているのは、そこはかとない不安。ホラーというほどではないんですが、これって結構怖いんじゃ... 結構ドキドキしちゃいました。(角川文庫)

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
8年後に小惑星が地球に衝突して世界が滅亡するというニュースが流れて以来、地球上は大混乱。ここ仙台でも、人々はパニックに陥り、秩序は崩壊していました。暴動や殺人、強盗、放火、自殺も日常茶飯事に。...そして5年が経過。多少の落ち着きを取り戻した街に、今なお住む人々は...。地球に残された時間はあと3年。

またまた凄い設定ですねー。伊坂さんらしいです。でも、地球滅亡まであと8年なんて発表されたら、本当に世の中はここまで荒んでしまうんでしょうかねえ。だってまだあと8年もあるんですよ! スーパーに食糧の確保に走るのならまだしも、ここまでタガが外れてしまうなんて。人間、元々明日の命だって分からないじゃないですか。8年後に地球が滅亡するとはいっても、本来はもっと短い寿命かもしれないのに。しかも衝突なんて、結局起きないかもしれないのに。...という私は、おそらく日々の生活を規則正しく続けようとするのではないかと思うんですが... でも、世の中そういうわけにもいかないんでしょうね。たとえ一部の人でも、そういう興奮状態に陥ってしまったら、それが伝染してみんな熱に浮かされたようになってしまうんだろうなあ... そういえば、これって新井素子さんの「ひとめあなたに...」の逆パターンかも。「ひとめあなたに...」は、確か、骨肉腫で右手を切断しなくちゃいけないと分って彼氏が荒れるんですけど(彫刻家か何かを目指していたので、右手切断は死亡宣告と同じだった)、そんな時に1週間後に地球が滅亡すると分って(これも隕石か惑星の衝突)、そんな細かいことがふっとんじゃう話。

でもニュースが発表された直後でもなく、地球が滅亡するまさにその時でもなく、騒ぐだけ騒いで、世の中が少し落ち着いた頃という設定がいいですねえ。残された時間は3年。自暴自棄のまま突っ走るには長丁場すぎるし、そのまま何もしないで終わらせるにも勿体ないような長さ。一時の混乱の中を生き延びた人々の中を流れるのは、かりそめではあるにしても、静かで穏やかな時間。皆それぞれに何かを失いつつも、きちんと前向きに人生と向き合っています。ただ生きるということが、生物の一番の基本だということを改めて感じさせてくれるようです。 (集英社)


+既読の伊坂幸太郎作品の感想+
「死神の精度」伊坂幸太郎
「魔王」伊坂幸太郎
「砂漠」伊坂幸太郎
「終末のフール」伊坂幸太郎
「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(6) | trackback(8)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.