Catégories:“紀行”

Catégories: /

[amazon]
1985年の春から秋にかけてトルコのカッパドキア地方に滞在していた新藤悦子さんは、目的の絨毯織りも完成し、滞在許可の期限も切れるため、一旦国を出ることに。再入国すればまた3ヶ月いられるのです。トルコの西隣のギリシャへはもう何度も行ったことがあるし、査証が必要なブルガリアやソ連、シリアは手続きをする時間がないこともあって却下。丁度絨毯に興味を覚えた時で、ペルシャ絨毯の産地も訪ねてみたいと、新藤さんは東側の国境を越えてイランに入国することに。

イランもトルコと同じように、国民の大多数がイスラム教徒。でも1979年のイスラム革命以来、イスラム法が国の法律となったイランで味わうことになる不自由さは、政教分離で自由な雰囲気のトルコとは大違い。イランでは旅行者でもお酒を飲むことは禁止されているし、女性はチャドル着用が義務。たとえばカメラのような高額品を売り払ったりしないようにパスポートにナンバーが控えられるし、音楽テープやファッション雑誌など反イスラム的なものは国境で没収されちゃう。新藤さんもバスの運転手の後ろの一番前の座席に座っていただけで、革命警備隊に言いがかりをつけられたり(女性が近くにいると、運転手の気が散るから!)、父親か夫の同伴なしではホテルにもなかなか泊まれないという現実に直面することになります。テヘランでは、チャドル代わりのイスラミックコートを着ていても、ボタンを外して羽織っているだけで革命警備隊が飛んでくる始末。いやー、イランって想像以上にすごい状態だったのね。と読んでる私まで圧倒されちゃう。
それでもそんな状態に徐々に慣れてくるにつれて、イランという国がだんだんとはっきりと見えてくることになります。イランでも色んな出会いがあって、それぞれがとても印象的だったんだけど、共通して考えさせられるのは祖国と自分との繋がりかな。イラン・イラク戦争の間に外国に出てしまった人は多いし、戦争が終わってからも出たがってる人は沢山いるんです。でも敢えて国から出ないで留まる人もいれば、戻ってくる人もいる。たとえば、芸術家たちのほとんどがイランを出ても、イランを出たら絵が描けなくなると留まり続けた画家のキャランタリー氏。彼の語る、イラン人の持つ「ヘリテージ」の話は色んなところに繋がってきます。あと、ドイツの大学の歯科医学部を卒業して、ドイツでも開業できるにも関わらず、イランに戻るつもりの青年。理由は、ドイツでは常に異邦人だけどイランではそうではないから。「ビコーズ、イッツ、マイン」という言葉がとても印象に残ります。(こんな風に書いてしまうと、本文の重みが伝わらないのだけど...)
チャドルさえ着ていれば、極端な話、下は裸でも構わないんですよね。ましてやこっそりカメラを持ち込んでもバレることなんてないんです。形さえ整えておけば、中身はどうでもいいの?なんて思ってしまうのだけど、新藤さんはそれをしっかり逆手に取ってます。ちゃっかりチャドルに隠れて人々の生活の中に入り込んで、見るべきものはしっかり見ているという感じ。いやあ、この本は良かったな。そういう風に人々の中に入り込んでるからこそ伝わってくるものが沢山あるし、相変わらずの新藤さんの行動力もすごいですしね。(笑)(新潮社)


+既読の新藤悦子作品の感想+
「空とぶじゅうたん」1・2 新藤悦子・こみねゆら
「青いチューリップ」「青いチューリップ、永遠に」新藤悦子
「エツコとハリメ」新藤悦子
「トルコ 風の旅」「イスタンブールの目」新藤悦子
「時をわたるキャラバン」新藤悦子
「羊飼いの口笛が聴こえる」新藤悦子
「チャドルの下から見たホメイニの国」新藤悦子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
初めての旅から2年後、トルコで暮らすと決意して会社も辞めてしまったフジイセツコさん。トルコ語も分からないまま、まずは3ヶ月の予定でトルコに滞在。そして半年の帰国を経て、再びトルコへ。そして気がつけば5年。友人に送っていた絵日記がきっかけでトルコ暮らしの話が1冊にまとまってしまったという本です。

コマコマとした説明入りのイラスト満載で、イラストが好みならとても楽しい本なんですけど...
スケッチ的なものはとてもいいのに、「ああなって、それからこうなって」的な、順番に読まなければならない絵になると、突如読みにくくなるのはなぜ? ちゃんとコマ割されてるページはともかく、矢印に沿って読んでいくタイプの絵は、どこから始まってどう進めばいいのか分からない&読みにくいー。それに、新藤悦子さんの本はトルコがどこか懐かしく感じられて無性に行きたくなるし、細川直子さんの「トルコの幸せな食卓」は、ものすごーく!トルコ料理が食べたくなったというのに、ついでにいえば高橋由佳利さんの「トルコで私も考えた」も大好きだったのに! この本を読むと「トルコに住むのは、私には無理だな」になっちゃう。楽しいエピソードも沢山載ってるはずなのに、トルコのイヤな部分ばかりが目につくというか... 作者と性格が合わないのでしょうか。逆にその部分が、今からトルコに住んでみようって人にはすごく役立つのではないかとも思うんですけどね。私にしてみれば、トルコの本で楽しく遊ばせてもらっていたのに、すっかり夢がなくなっちゃった感じです。(旅行人)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
20時間近く列車に乗って初めてトルコを訪れ、何はともあれ腹ごしらえをと街に出た時に入った食堂で食べたトルコ料理の安く美味しかったことに感動したという細川直子さん。テーブルに積み上げられたパンはパリッと香ばしく、噛み締めるほどにほんのり甘さが広がり、バットに盛られた料理の中から選んだ野菜と肉の煮込みも、暖かく優しい味がしてとても美味しくて、それでたったの300円。「食べものが安くておいしい国は、きっといい国に違いない」と感じた細川さんは、その後イスタンブールの旅行代理店に勤務しながら10年以上暮らすことになり、今もトルコと日本を行ったり来たりの生活なのだそう。「トルコのなにがそんなに気に入ったの?」という問いに「食べもの」と答えるほどの食いしん坊・細川直子さんのトルコ案内。

もう、なんて美味しそうなんでしょう! フランス料理、中華料理と共に世界三大料理に数えられることもあるというトルコ料理の魅力が圧倒的な勢いで伝わってくる本です。これは、細川直子さんが心底美味しいものが好きな方だからなんでしょうね~。あとがきに「料理研究家ではなくいわゆるグルメでもない私が、トルコ料理のことをどれだけ正確に伝えられるか自信はなかった」とありますが、これだけ美味しそうなら十分でしょう! もうほんと、読んでるとどれもこれも食べたくなっちゃいます。おなかがすいてる時に読んだら、ものすごくキケンな本かも。そしてその食べ物を通して見えてくるトルコの人々も、とても暖かくて魅力的なんですよね。確かに料理の安くて美味しい国には悪い国はないのかも! なんて気になってきます。トルコにはなかなか行けそうにないけど、せめてトルコ料理はまた食べに行きたいなあ。
巻末には代表的なトルコ家庭料理6品のレシピもあるので、試してみるのも良さそうです。(洋泉社)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
トルコの村で絨毯を一枚織り上げた新藤悦子さんは、絨毯に取り付かれたかのように絨毯の産地を巡る旅へ。そして気づいたのは、自分が惹かれるのは何年もかけて精緻に織り上げられた高価な絹の絨毯ではなく、遊牧民が織る伸びやかな絵柄のウール絨毯であること。絨毯を通して遊牧民の歴史を肌で感じるうちに、遊牧地を訪ねてみたくなった新藤さんは、トルコ西部の山にある遊牧民の夏の放牧地で羊飼いに挑戦することに。

遊牧民は本来、夏の遊牧地ヤイラと冬の遊牧地クシュラを往復する生活。現在は定住化政策によって、村で暮らしている遊牧民が多いようですが、それでもヤイラは遊牧民の誇りと憧れなのだそう。でもびっくりしたのは、ヤイラに行きたがってる新藤さんの前では「ヤイラなんて、今はもうないよ」とその存在を隠そうとすること。新藤さんが村の社交場であるチャイハネ(喫茶店のようなもの)に何度も通って親しくなっても、なかなか教えてもらえないんですね。一旦バレてしまえば、どのヤイラに行くのがいいのか話し合い始めるんですが。これは「日本人女性がなんで羊飼いなんかを?」というのもあるんでしょうけど、自分たちの拠り所として大切にしておきたいというのもあるのかな...。そして現実の羊の遊牧は、長閑で牧歌的な昼のイメージとは大違い。なんと日没から夜明けまでの夜通しの作業でした。そりゃ女性にはなかなか難しいはずだわ。
そしてこの出来事と同じように印象に残ったのは、幻の白い天幕(ユルト)を見たいという新藤さんが、「どうせあとで貧しいと馬鹿にするつもりだろう」と持ち主に断られる場面。その裏には、ここ数年でトルコ人労働者がめっきり増えたドイツで、トルコの貧しさを売り物にして悪口を言うようなテレビ番組が増えたという現実があるんだそうです。そして「ユルトにクラスというのもいいものですね」なんていう新藤さんに対するシェヴケットの言葉は、「冬にここに来れば考えも変わるよ」というもの。
ヤイラのことも白い天幕のことも、今の生活を愛しながらも厳しい現実の壁が立ちはだかっているというのが伝わってくるみたい。客人をもてなさないのは恥だと考えているトルコ人にそんな言動をさせてしまうなんて、その裏にあるものを考えてしまいます。きっと興味本位で無神経な客も増えてるんだろうなあ...。(朝日新聞社)


+既読の新藤悦子作品の感想+
「空とぶじゅうたん」1・2 新藤悦子・こみねゆら
「青いチューリップ」「青いチューリップ、永遠に」新藤悦子
「エツコとハリメ」新藤悦子
「トルコ 風の旅」「イスタンブールの目」新藤悦子
「時をわたるキャラバン」新藤悦子
「羊飼いの口笛が聴こえる」新藤悦子
「チャドルの下から見たホメイニの国」新藤悦子

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
豆腐、かまぼこ、泡盛。豚、ビール... 1973年に初めて沖縄に行って以来、沖縄に強く惹かれてしまった池澤夏樹さんは、旧南西航空の機内誌に食材をテーマにした連載を執筆しているうちに、ご自身が沖縄に移住、10年間住み続けてしまったのだそう。食べるものはそのまま文化だという池澤さん。本土とは異なる沖縄ならではの食と文化の魅力を、35種類の食材を通して、同じように沖縄に移住したカメラマン・垂見健吾さんの写真と共に紹介する本。

んん~、美味しそう! 「まるで大豆畑にごろりと寝て、全身にその精気を吸い込んでいるような気分になった」豆腐とか、「出来立ては本当においしいもので、一切れもらって口に含んで噛むと頭がくらくらするほど」のかまぼこ。「飲むというよりは口の中をこの特別な液体で濡らすという感じ」の泡盛。ものすごい労力をかけたからといって美味しくなるものではないし、池澤さんご自身も書いているように「機械を使わないからできた製品がうまいと信じるほど単純ではない」けれど、それでもやっぱり圧倒的に美味しそうです。これは池澤さんの表現力もあるでしょうし、写真の良さもあるでしょうし、自分が沖縄に行った時の体験もあるでしょうけど... 作り手の働きぶりの美しさというのも影響してるのかも。紹介される「食」の背後に見えてくる人々の姿やその生活もすごく魅力的なんです。
食べることは、生きていく上での基本。そんな当たり前のことを思い出させてくれる本ですね。昔は今に比べると「食べること」がもっと真剣な行動だったはずだし、他の人と食べ物を分け合うことは、人との絆を作る上で欠かせないことであったはず。そして食べるために他の生き物を殺した時は、常に自然の恵みに感謝して全てを無駄なく食べ、使い切る... そういった原点の力強さが感じられる本でした。(文春文庫)


+既読の池澤夏樹作品の感想+
「南の島のティオ」池澤夏樹
「スティル・ライフ」池澤夏樹
「真昼のプリニウス」池澤夏樹
「夏の朝の成層圏」池澤夏樹
「バビロンに行きて歌え」池澤夏樹
「神々の食」池澤夏樹

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon] [amazon]
トルコに関するフォトエッセイ2冊。「トルコ 風の旅」は、トルコを訪れ始めて10年、行った町や村を西の端から東の端まで紹介していくというもの。そして「イスタンブールの目」は、もっとイスタンブールに特化した本。これまで何度もイスタンブールに滞在しながらも、雑踏の喧騒に疲れ、いつまで経っても観光客扱いにされることにも不満を感じて、実はイスタンブールがなかなか好きになれなかったという新藤悦子さん。カッパドキアの村に居ついてからは、尚更イスタンブールに戻る気がしなくなったのだそうです。しかしそんな時に知り合ったのは、ガイドの仕事をしているイスタンブールっ子の女性。イスタンブールに行った時に彼女のアパートに居候するようになり、美しさも醜さもひっくるめたイスタンブールの混沌を愛しているという彼女の影響を受けるうちに、徐々にイスタンブールの魅力に開眼していったようです。

「イスタンブールの目」は、元々持っている本なので再読。どちらの本も新藤悦子さんが自分で撮った写真を使っていて、自分の足で歩いた場所を紹介しているという実感があるし、旅行者というより滞在者としての視点がとても貴重。トルコのガイドブックは見たことがないんですが、イスタンブールの夏の風物詩だというピクルスのジュースの屋台や、イスタンブールのファーストフードだという鯖サンドについても載ってるのかな? でももしそういうのが載ってたとしても、こんな風に現地の人の声までは伝わって来ないだろうし、見た目も重視して綺麗にコーディネートされながら干された洗濯物のことや、これまた綺麗にディスプレイされた市場の野菜のこと、ソフラと呼ばれるトルコのちゃぶ台のこと、お洒落のセンスと手芸の腕前の見せ所だというスカーフの縁飾り「オヤ」のことのような、トルコの人々の生活が見えてくるような話なんかについてはまず載ってないでしょうね。トルコ式古本屋利用法も! そしてあとはやっぱり雰囲気たっぷりの雑貨。トルコ絨毯やキリム。そしてトルコ料理。「イスタンブールの目」には色んなトルコ料理が可愛いイラストで紹介されて、しかも簡単なレシピもあったりするのです。美味しそう! 

「トルコ 風の旅」のあとがきにあった、トルコのどこに惹かれているのかは上手く説明できないけれど「アナトリアの大地を渡っていく風のなかに立つだけで、こころもからだも深く満たされていく」とあって、その言葉がとても印象的でした。私にとってみれば、西と東の文化が出会うところというだけで十分魅力的に感じられるのだけど。
行きたいなあ、トルコ。トルコといえば何となく夏のイメージなんだけど、冬もいいかも。特に雪のカッパドキア。雪のカッパドキアを見るには、雪が降る前からカッパドキアにいなくちゃいけないらしいです。雪が降ったら中にいる人はカッパドキアに閉じ込められてしまうし、外からはもう入れないから。ツアーやパック旅行だと、なかなか味わえない楽しみでしょうね。こういう贅沢っていいな。(東京書籍・主婦の友社)


+既読の新藤悦子作品の感想+
「空とぶじゅうたん」1・2 新藤悦子・こみねゆら
「青いチューリップ」「青いチューリップ、永遠に」新藤悦子
「エツコとハリメ」新藤悦子
「トルコ 風の旅」「イスタンブールの目」新藤悦子
「時をわたるキャラバン」新藤悦子
「羊飼いの口笛が聴こえる」新藤悦子
「チャドルの下から見たホメイニの国」新藤悦子

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

[amazon]
会社を辞めて、学生時代に行ったトルコに再び渡った新藤悦子さん。男性がいない時のイスラムの女性の大らかで人懐こい素顔、魅力的な笑顔に惹かれた新藤さんは、彼女たちの日常が知りたくなります。村に長く滞在するためには、カモフラージュのために絨毯の織り方を習うことだと考えた新藤さんは、カッパドキアのギョレメ村のハリメという女性を紹介してもらうことに。

絨毯を織ることを教えてくれる女性がようやく見つかったかと思えば、あくまでも草木染めがやりたい新藤悦子さんに対してハリメの言葉は「知るもんかい。草木染めだなんて」というもの。彼女たちも一応自分の手で糸を染めてはいるんですけど、安価でよく染まって綺麗な化学染料しか使ってないんですね。しかも羊毛を自分の手で紡ぐことを考えていた新藤さんに対して、ハリメは町の糸屋で工場産の糸を買うことを主張。ピュア・ウールを主張する新藤さんに対して、村中の女性たちが、経糸には毛よりも綿の方が安いし織るのも簡単だと説得しようとする始末。何とか糸を用意して、草木染めをする準備をしても、新藤さんは何度もハリメに約束をすっぽかされるし、絨毯を織る作業に入る前から問題だらけ。
49歳のハリメは、13歳、7歳、5歳の3人の娘と一緒に暮らしている未亡人。長女は既に嫁いでいて、長男は町に働きに出ているんですけど、長男の仕送りではとても食べていける状態じゃないので、現金収入がどうしても必要なんですね。だから貴重な現金収入になる畑仕事やパン焼きを頼まれると朝から出かけてしまう。そんなことが徐々に分かってくるにつれて、新藤さんは徐々に村に馴染んでいきます。
絨毯を織るということがまず中心にあるんですけど、トルコの女性の日常、特に恋愛・結婚事情についての話も面白かったです。とても印象的だったのは、フランス人の女性観光客にせっかくあげた梨を食べてもらえずにがっかりしたハリメの娘たちが、それでも外国人観光客は「綺麗だから」好きだと言う場面。新藤さんにとってみれば、そんな少女たちこそが「綺麗」なのですが...。それとアルファベットやカタカナの文字を見た時の「コーランの文字(アラビア文字)と違ってデザインみたい」というのもハリメの言葉も。私にしてみたら、アラビア文字の方が余程装飾的に見えるのに! 確かにカタカナは絨毯に織り込みやすいと思いますけどね。文字が読めないハリメにとってもそうなんじゃないかと勝手に思ってたんですけど、そうでもないんですねえ。
右のは絵本。今回私は読んでないんですけど、基本的には同じみたいですね。絵や写真があるんなら、あわせて読むのもいいかも~。(情報センター出版局)


+既読の新藤悦子作品の感想+
「空とぶじゅうたん」1・2 新藤悦子・こみねゆら
「青いチューリップ」「青いチューリップ、永遠に」新藤悦子
「エツコとハリメ」新藤悦子
「トルコ 風の旅」「イスタンブールの目」新藤悦子
「時をわたるキャラバン」新藤悦子
「羊飼いの口笛が聴こえる」新藤悦子
「チャドルの下から見たホメイニの国」新藤悦子

| | commentaire(0) | trackback(0)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.