Catégories:“紀行”

Catégories: /

 [amazon]
これはカレル・チャペックが故郷であるチェコスロヴァキアについて書いた本。以前「イギリスだより」「スペイン旅行記」を読んだ時に(感想)、これも一緒に読むはずだったんですけど、イギリスやスペインに比べてチェコスロヴァキアの場合、地名を知らなさ過ぎて... どうも頭を素通りしてしまうので、ちょっと寝かせておいた本。ただ寝かせておいても地名に関する知識は全然増えてないんですけど(笑)、今回は前回に比べれば頭に入りやすかったかな。他の旅行記同様、雑誌や新聞に掲載されていた文章を1冊にまとめたものです。チャペックの死後70年経っているというのに(書かれたのがいつなのか知らないんですが、実質的には90年ぐらい経ってるのかな?)、全く古さを感じさせないどころか今でもとても興味深く読めるのは、他の著作と同様。
大抵はチェコスロヴァキアの牧歌的な風景が紹介されてるんですけど(外国人観光客の見分け方とか面白いです)、ものすごく印象に残ってしまったのは、「プラハめぐり3 そこで暮らす人々」の中の「警察の手入れ」の章でした。あまりに悲惨な人々の生活ぶりは、衝撃的。部屋を開けた途端に襲ってくる恐ろしい悪臭の波。部屋の中にあるのはぼろの山と驚くほど沢山のごきぶり。そしてそのびっくりするほど汚いぼろの固まりの中には何人もの子供たちが重なり合いながら寝ているというんです。1つの賃貸住宅の各小部屋(どのぐらいの広さなんだろう?)には、年配の男女1組と6~10人の子供たちがいるというのが平均的。部屋によっては、1つの小部屋に2~3家族が住んでいたりします。貧乏だから子沢山なのか、それとも子沢山だから貧乏なのか、でも薄い羽根布団が1枚しかなくて、互いに身体を暖め合うしかない人々にとっては、それは必然的な結末なのかも...。綺麗事を言うのは簡単でも、それは全く状況の改善には繋がらないということはチャペックもよく分かっていて、それでもやはり文章で訴えずにいられない気持ちが伝わってきます。この文章が書かれてから随分な年月が経ってるはずだけど、今プラハの貧民街はどうなってるんだろう? 相変わらず同じような状況なのか、それとも強制的に追い出されたりしたのか、それとも...?
もちろん、そんな悲惨な話ばかりではないんですけどね。祖国のいいところも悪いところもひっくるめて、チャペックの暖かいまなざしが感じられる1冊です。(ちくま文庫)


+既読のカレル・チャペック作品の感想+
「ダーシェンカ」「チャペックの犬と猫のお話」「園芸家12ヶ月」カレル・チャペック
「イギリスだより」「スペイン旅行記」カレル・チャペック
「ロボット」チャペック
「チェコスロヴァキアめぐり」カレル・チャペック
「北欧の旅」カレル・チャペック

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: /

  [amazon] [amazon]
戯曲「ロボット」によって一躍国際的名声を得たカレル・チャペックは、1924年にロンドンで開かれた国際ペンクラブ大会に招待され、その時ロンドン郊外のウェンブリーで開催中だった大英博覧会の取材も兼ねて、2ヶ月間かけてイギリス国内、スコットランドやアイルランドまでまわったのだそう。そしてスペイン旅行は、1929年の時。それぞれの旅行で見た多種多様な風物を、チャペック自身の絵入りで紹介した本です。

チャペックがこの旅行記を書いてから、1世紀弱が経とうとしてるんですけど、全然古さを感じさせないのがすごいです。特にイギリス。もしかしたら、当時から全然変わってないんじゃないかしら、なんて思ってしまうほど。
「あらゆる民族的慣習に特別な共感を持」ち、「あらゆる民族的特性を、この世界を極度に豊かにするものと考え」ているチャペックは、自国の習慣をしっかり維持しているイギリス人に、とても好感を持っていたみたい。イギリスの最大の長所は、その島国性にあるとして、イギリスの長所も短所も公平に書いています。この辺りを読んでると、同じ島国だけに、もしチャペックが日本を訪れていたらどうだったんだろう、なんて考えちゃいます。「腰をすえたところにはどこにでも、ブリテン島が生じる」とまで言われるイギリス人ほど、いい意味でも悪い意味でも頑固ではない日本人。きっと自国の伝統をあまり大切にしていない部分が目についてしまうでしょうけど、イギリス人の特性として書かれていることで日本人にも当てはまる部分は、結構あるんですよね。思わず、わが身を振り返りたくなってしまいます。
そして印象に残ったのは、まえがき。イギリスで沢山の観光名所や歴史的な記念碑を見て回っても、チャペックにとってのイギリスは、列車の中から一瞬見えた一軒の赤い小さな家の情景だったんですって。その家の片側では、老紳士が生垣を刈り込んで、反対側では、少女が自転車で走っていて...。同じように、チャペックにとってのドイツは、バイエルン州で見かけた、人気のない古い居酒屋の情景、フランスは、パリの外れの居酒屋で青いスモックを着た農夫がワインを飲んでる情景 ...ああ、なんだかとっても分かる気がします。

「スペイン旅行記」は光と影の国、情熱の国スペインの魅力がたっぷり詰まった1冊。スペインらしい闘牛とかフラメンコ、そしてスペイン絵画の巨匠についてもたっぷりと書かれているんですが、私が一番惹かれたのは、セビーリャの女性の美しさを褒め称えた章。ここで描かれてるセビーリャ女性たちの魅力的なことったら! 読んでいるとものすごく羨ましくなってしまうし、ものすごーくセビーリャに行ってみたくなります。王冠か光背のように髪を飾る螺鈿細工の竪櫛、その上からかぶる黒や白のレース製のマンティーリャ、重い房飾りのついた大きな薔薇の刺繍のあるショール、欲ーしーいー。(それがあったからって、セビーリャ女性になれるわけではないのだけど)

これともう1冊チェコスロヴァキアの本があって、こちらも合わせて読もうと思ったんですが、私、チェコスロヴァキアの地名を全然知らないんですよね。あまりに聞いたことのない地名ばかりなので、読んでてもアタマの上を素通りしてしまう... ので、もうしばらく置いておいて、ちょっと熟成させてみようと思います。(ちくま文庫)


+既読のカレル・チャペック作品の感想+
「ダーシェンカ」「チャペックの犬と猫のお話」「園芸家12ヶ月」カレル・チャペック
「イギリスだより」「スペイン旅行記」カレル・チャペック
「ロボット」チャペック
「チェコスロヴァキアめぐり」カレル・チャペック
「北欧の旅」カレル・チャペック

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
「小説すばる」に連載されていたエッセイ「slight sight-seeing」の24編のうち14編と、旅日記「屋久島ジュウソウ」が同時収録されたもの。本来おまけだったはずの「屋久島ジュウソウ」が40~50枚の予定から150枚に増えたため、こちらがメインとなったのだそうです。屋久島旅行のお供は、森さんの本の装幀も担当されている池田進吾さん、そして3人の編集者さんたち。

森さんを始めとする5人の楽しそうな様子や、九州最高峰だという宮之浦岳を登る大変さは十分伝わってくるんですが、読んでいても、屋久島の魅力があんまり伝わって来ないような...(ウィルソン株の中には入ってみたくなりましたが)、武田百合子さんの「富士日記」に倣って各自の食べた物が詳細に書かれているという部分も、それほど面白く感じられなかったです。(魚肉ソーセージのせいかしら...) 恩田さんの「黒と茶の幻想」も大好きだし、いつかは屋久島に行ってみたいと思ってる私なんですが、むしろ後半の短い旅エッセイの方が好きでした。ホリー・ゴライトリーに憧れた時代の名残りの黒い鞄の話、トラベル読書術、サハラ砂漠の入り口に位置する町・エルフードで出会ったハッサンのエピソードなど海外での様々なエピソードが楽しかったです。

ちなみに「屋久島ジュウソウ」の「ジュウソウ」とは、「縦走」のこと。「重曹」「銃創」、重装備の「重装」など、ジュウソウにも色々ありますが、ここで「十三」を思い浮かべたアナタは立派な大阪人!(←私のことだ) 大阪以外の方に説明すると、十三というのは、映画「ブラックレイン」のロケ地にもなった、大阪の繁華街です。(集英社)


+既読の森絵都作品の感想+
「いつかパラソルの下で」森絵都
「にんきもののひけつ」「にんきもののねがい」「にんきものをめざせ!」「にんきもののはつこい」森絵都
「あいうえおちゃん」「流れ星におねがい」森絵都
「ぼくだけのこと」森絵都
「いちばんめの願いごと」森絵都
「屋久島ジュウソウ」森絵都
「風に舞いあがるビニールシート」森絵都
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森絵都
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(2)
Catégories: /

 [amazon]
画像は、より入手しやすそうな平凡社ライブラリーのものを使ってますが、私が読んだのは東洋文庫版です。
明治11年、47歳の時に日本を訪れ、日本人通訳である18歳の伊藤と共に約3ヶ月に渡って北関東から東北、北陸、そして北海道を馬と徒歩で旅したイギリス人女性・イサベラ・バードの本です。旅先から彼女の妹や親しい友人たちに宛てた手紙を主体にまとめたもの。中島京子さんの「イトウの恋」はこの本を基に書かれていて、LINさんに面白かったと教えて頂いたんですよね。普段、紀行文にはあまり興味がないのですが、でもこれは確かに面白かった!

それにしても、通訳がついていたとはいえ、食事はもちろん生活習慣がまるで違う国で、西欧の女性がこんな1人旅をしてしまったというのが驚き。しかもこのイサベラ・バードは、どこまでいってもイギリス式を押し通そうとする、ありがちなイギリス人じゃないんですよね。携帯式のベッドや自分の蚊帳は持ち歩くけれど、それは日本の宿屋につきものの蚤の大群から逃れるためだし、食事や臭いに関してはかなりぶつぶつ言ってますけど、それでも基本的に「郷に入れば郷に従え」。もちろんキリスト教至上主義の西欧人らしい部分もあるんですが、色々なものを素直な目でとても良く観察してるし。イサベラ・バードが感じた景色の美しさや人々の不衛生ぶり、礼儀正しさと相反する物見高さ、そして子供たちの親に対する従順ぶりなどが、冷静な文章で書かれていきます。一体ここに書かれている「日本」のどれだけが、今の日本に残ってるんでしょうね。
そして逆に、明治維新直後の日本についての自分の無知ぶりには、我ながらびっくりです。幕末~明治維新直後の小説からでも、ある程度知ってるんじゃないかと思い込んでいたんですが、これが大間違いでした... 私ったら本当に何も知らなかったのね。西欧文化の影響を受ける直前の日本らしい日本の姿、そしてアイヌの姿がとても興味深かったです。

「イトウの恋」とは、細かい部分が色々と違っていると思うんですが、意外なほど同じ部分もあって、思っていた以上に重なります。となると2冊を読み比べてみたくなっちゃう。今、「イトウの恋」が手元にないのがとても残念です。今度、確かめてみようっと。そして宮本常一さんの「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」も読んでみたいな。(東洋文庫)

| | commentaire(14) | trackback(0)
Catégories: /

 [amazon]
作者の澁澤幸子さんは、澁澤龍彦氏の妹さん。1981年に初めて訪れて以来すっかりトルコに惚れ込み、毎年のように訪れていたという澁澤幸子さんのトルコ旅行記です。本が好き!お気軽読書日記のもろりんさんには「イスタンブールから船に乗って」をオススメされてたんですけど、そちらは見つからなかったので、代わりに見つけたこちらを読んでみました。
澁澤幸子さんって友達を作るのが上手い方なんですねー。もちろん旅行の醍醐味の1つは友達を作ることだし、特に現地の人々と仲良くなれれば嬉しいんですけど、でもここまで気軽に色んな人と仲良くなれるのって凄いです。あっという間に世界各国のバックパッカーたちと仲良くなっちゃうし、イスタンブールでもどんどん現地の友達を増やしていきます。で、家族同然に迎えられていたりして。なんて羨ましい...。もちろん大の親日家だというトルコ人気質もあるんでしょうけど、やっぱりこれは物怖じしない、人懐こい澁澤幸子さんの性格が大きいのでしょうね。まあ、ここまで危機意識がなくても本当に大丈夫なのか?というのはありますが...。
トルコの銭湯のハマムを始めとして、イスタンブールはもちろんトルコ各地の話も楽しいんですけど、この本で一番楽しいのは、やっぱり現地の人々のエピソード。10年以上も毎年のようにトルコを訪れていたというだけあって、そんな人々にも色々な変化があって、それが楽しくもあり切なくもあるところでした。(新潮文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
4巻は「シルクロード」、5巻は「トルコ・ギリシャ・地中海」、6巻は「南ヨーロッパ・ロンドン」編。
ということで、いよいよインドからロンドンへのバス旅行が始まります。まずはインドを出発して、パキスタンからアフガニスタンへ。パキスタンでの乗り合いバスのチキン・レースはほんと怖そう! でもなんだかすごく分かるっ。イギリスに行ってた時のことを思い出しちゃいましたよー。私はあっちの大学の先生の車に乗せてもらってたんですけど、イギリス人は車の運転をすると人格変わっちゃうのか何なのか、普段は知的で落ち着いたロマンスグレーなおじさまがとにかく飛ばす! 他の車も飛ばす! 何もない田舎なので他の車とはそれほど出会わないし、普段なら問題ないんですけど、でも一回、三叉路の交差地点に猛スピードで走ってきた3台の車が危うく正面衝突?!ってことが...。いやー、あれは怖かった。...って、全然関係ない話ですね、すみません。ええと旅の方は、アフガニスタンからイランに入り、そしてトルコ、ギリシャ。ギリシャからはヨーロッパ圏ということで、やっぱり雰囲気がちょっと変わりますね。そして旅の最終地点へ。
1~3巻ではそれほど「行きたい」にならなかったんですが、4巻からは「行きたい」ですっかりうずうずしちゃいました。そしてイスタンブールのハナモチ氏(笑)が言ってた「チャイの国」の話には納得。確かに日本は「茶」だし、そこからトルコに至るまでの他の国でも、「チャ」とか「チャイ」ですものね。そしてこの「C」の茶の国が、私が行きたくてうずうずする国の共通項なのかも。もちろん「ティー」とか「テ」の「T」の茶の国も好きだし、きっと私にはそちらの方が遥かにすんなり楽しめるだろうとは思うんですが、「C」の国の方が細かい所でいっぱい苦労しそうな分、憧れが強まるのかもしれない... なーんて思いながら4巻5巻を読んでたんですが、ギリシャからのヨーロッパ編を読んでると、やっぱりこっちも行きたくてうずうず!(笑) イタリアもフランスもまだまだ見てない所がいっぱいだし、それにスペイン!行ってないんですよねえ。私の第二外国語も、沢木さん同様スペイン語だったのに! そして、「T」の茶の国を通り抜けてたどり着いた、ユーラシアの西端で再び「C」の茶の国となるというのが、なんだか感動でした。ああ、ポルトガルにも行ってみたい... って、結局「行きたい」ばっかりですが...(^^;。
いやー、本当に楽しい旅でした。読んでる間、すっかり自分も一緒に旅してる気になってました。沢木さんは、この1年間でどれだけの人と出会い、別れていったんでしょうね...。やっぱり旅の醍醐味は、新しい土地とそこにいる人々との出会いですよね。楽しかったり切なかったり不安になったり、もちろんいいことばかりではないし、私にできる旅はこれに比べると遥かにスケールが小さいんだけど、でもまたあの感覚を味わいたくなってきちゃいます。それにこういう本を読んでいると、今の自分の殻を打ち破りたくなってきちゃう。本当は色々とやりたいことがあるし、自分のやれる範囲では頑張ってるつもりなんだけど、でも無意識のうちに諦めてるものがどれだけあるか...。なんだか沢木さんの旅行を通して、そんな自分ときちんと向き合っているような気分になりました。...や、だからといって、実際には荷物片手に飛び出したりはできないんですけどね...!(笑)(新潮文庫)


+既読の沢木耕太郎作品の感想+
「深夜特急」1~3 沢木耕太郎
「深夜特急」4~6 沢木耕太郎

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

   [amazon] [amazon] [amazon]
インドのデリーからロンドンまで乗り合いバスで行くことはできるか?という友人との賭けがきっかけで、26歳の沢木耕太郎さんは仕事も何もかも投げ捨てて、机の引き出しの一円硬貨までかき集めて日本を脱出。結果的に1年以上に及ぶ旅に出ることに。1巻は「香港・マカオ」、2巻は「マレー半島・シンガポール」、3巻は「インド・ネパール」編です。
1巻がいきなりインドの安宿で始まったのには驚いたんですけど、1章の途中でようやく、なぜそこから始まってがのかが分かります。なんとデリーが出発地点だったんですか! でもこれからバスに乗るよってところで、旅の始めの香港・マカオへと戻ることに。マカオのカジノのシーンが特に面白かったなあ。それに対して、2巻はやや低調かも。きっと書いてる本人があんまり楽しんでいないのが伝わってきちゃうからなんでしょうね。読みながら、「なんでもっと楽しまない?!」って何度も思っちゃいました。私だって香港に行った時は凄く楽しかったし、気持ちは良く分かるんですけど、でもタイもマレーシアもそれぞれに楽しい所なのに! なんでこんな風に頑ななのかしら...。もちろん、それだけ香港のインパクトが強かったんでしょうけど、でも本だって読むからには楽しまなくちゃ損だし、映画だって観るからには楽しまなくちゃ。旅行だって他のことだって同じはず。勿体ないナリよ。そして3巻になると、インドのカルカッタとネパールのカトマンズ。ということで、また面白くなります。インドの話ってやっぱり面白いなあ。妹尾河童さんの「河童が覗いたインド」も、椎名誠さんの「インドでわしも考えた」も面白かったし、他の国の話以上に書いてる人間が出てくるような気がしますね。
ということで、次はいよいよ乗り合いバスかな? 楽しみです。(新潮文庫)


+既読の沢木耕太郎作品の感想+
「深夜特急」1~3 沢木耕太郎
「深夜特急」4~6 沢木耕太郎

| | commentaire(3) | trackback(0)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.