Catégories:“新潮クレストブックス”

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
「停電の夜に」は下でも書いた通り読了済だったんですけど、続けて「その名にちなんで」も読んだので一緒に。
「停電の夜に」は、ピュリッツァー賞、O・ヘンリー賞、PEN/ヘミングウェイ賞、ニューヨーカー新人賞、The Best American Short Storiesなどなど、アメリカでものすごーく高い評価を受けている、ジュンパ・ラヒリのデビュー短編集。「その名にちなんで」は、それに続く2作目で長編。どちらにも共通してるモチーフはインド。ジュンパ・ラヒリ自身はロンドン生まれのニューヨーク在住ですが、両親はカルカッタ出身のベンガル人なのだそうです。すっごい美人!
文章はそっけないほど無駄がなくて、ほんと淡々としてるんですけど、でも実はすごく鮮やかだし、余韻が残るんですよね。それがとても不思議。面白くない人には全く面白くないでしょうし、そういう人も結構いるんじゃないかと思います。でも逆にクセになってしまう人も多そうな感じ。基本的に短編集は苦手な私なんですが、「停電の夜に」はとても良かったし、長編の「その名にちなんで」も言わずもがな。でも色々と思ったことはあるのに、言葉にするのが難しい...。とにかく他の作品もぜひ読みたい作家さんです。早く3作目も訳されないかな。(「停電の夜に」は文庫でも出てるんですけど、クレストブックスの表紙が好きなのでこちらで~) (新潮クレストブックス)


+既読のジュンパ・ラヒリ作品の感想+
「停電の夜に」「その名にちなんで」ジュンパ・ラヒリ
「見知らぬ場所」ジュンパ・ラヒリ

| | commentaire(6) | trackback(6)
Catégories: / /

 [amazon]
鬱病のペンギン・ミーシャと一緒に暮らしている、売れない作家の物語。
ソ連の崩壊後に独立したウクライナの首都・キエフが舞台で、まだかなりきな臭い状態なんですけど、そんな状況の中に、このペンギンがすごく効いてるんですねー。もうほんと、とにかく可愛い。主人公が座っているとその膝に身体を押し付けてみたり、バスタブに冷たい水を入れてる音を聞きつけてペタペタとやって来て、水がたまるのを待ちきれずにバスタブに飛び込んだり。主人公をじーっと見つめてみたり、どことなく嬉しそうだったり。勿論何もしゃべらないんですが、なんだかとっても雄弁なんです。やっぱりペンギンと聞くと、あのペタペタ歩くユーモラスな姿が浮かんでくるのがポイントなんでしょうね。他の動物じゃあ、ちょっと出せない味だ~。
でもそのペンギンは憂鬱症。訳者あとがきにあるクルコフのインタビューによると、ペンギンは集団で行動する動物なので、1羽だけにされると途方に暮れてしまうんだそうです。そしてその姿は、ソ連時代を生きてきた人間にそっくりとのこと。ミーシャは動物園から解放され、人々はソ連から解放されても、最早「自由」に順応できなくなっているんですね。そしてそれは作中でペンギン学者の老人が言う、「一番いい時はもう経験してしまった」という言葉に繋がります。動物園での生活、ソ連にとらわれていた時が「一番いい時」というのが何ともいえない...。
主人公も孤独でペンギンも孤独、一緒にいるからって孤独じゃなくなるわけじゃなくて、孤独が寄り添っているという辺り、分かるなあ。

読みながら、どこか村上春樹作品の雰囲気があるなあと思ってたら、訳者あとがきにクルコフは「羊をめぐる冒険」が好きだと書かれててびっくり! 文章だけの問題じゃないのは分かってますが、それでも日本語をロシア語に変換して(「羊をめぐる冒険」)、ロシア語を日本語に変換しても(「ペンギンの憂鬱」)、やっぱり雰囲気が似てるってなんだかとっても不思議です。(笑)

これは新潮クレストブックスの1冊。やっぱりこのシリーズ、もっともっと読みたいな。(新潮社)

| | commentaire(10) | trackback(6)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.