Catégories:“ハヤカワepi文庫”

Catégories: / /

 [amazon]
あまりの出来の良さから盗作が相次いだという「あなたの年齢当てます」に始まり、「わたしを見かけませんでしたか?」「話し手の言い分」「聞き手の言い分」「ヒモをためてますか?」などなど全19編のエッセイが収められた本。夜中に台所で僕は本を読みたかったのkeiさんが、先日のたらいまわし企画「"笑"の文学」で挙げてらした本です。(記事

なるほど、こういうユーモアだったんですね~。全部読み終えてみると、やっぱり「あなたの年齢当てます」が一番面白かったです。冒頭はこんな感じ。

このごろの建物の会談は、むかしより勾配がきつくなったように思う。けこみが高くなったのか、段数が多いのか、なにかそんなことにちがいない。たぶん一階から二階までの距離が年々伸びているせいだろう。そういえば、階段を二段ずつ登るのもめっきりむずかしくなった。いまでは一段ずつ登るのがせいいっぱいだ。

もうひとつ気になるのは、近ごろの活字のこまかさである。両手で新聞をひろげると新聞がぐんぐん遠くへ離れていくので、目をすがめて読まねばならない。
つい先日、公衆電話の料金箱の上に書いてある番号を読もうと後ずさりしているうちに、気がついたら、ボックスから体が半分外へはみだしていた。この年でめがねなんて考えるだけでもばかばかしいが、とにかく新聞のニュースを知りたくても、だれかに読んで聞かせてもらうしかなくて、それではどうも物たりない。最近の傾向なのか、みんながひどく小声でしゃべるので、よく聞き取れないのだ。

こんな調子でどんどん進みます。この「あなたの年齢を当てます」にだけ、味のある挿絵が入ってるのが、またいいんですよねえ。淡々とした語り口の中には、実に皮肉っぽいユーモアがたっぷり。やっぱりこの「淡々とした」というところがポイントでしょう。(笑)
他の章も悪くないんですけど、やっぱり「あなたの年齢当てます」がずば抜けてるかな。この場合、読み手である私が男性じゃないというのも関係ありそうですけどね。世の中の奥さん連中を題材に取っている、「全く女ってやつは」という文章が多いので。男性、それも既婚の中年男性が一番楽しめそうな気がします。(ハヤカワepi文庫)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
伝説のチャンス姉妹、ドーラとノーラは、認知こそされていないものの、著名なシェイクスピア俳優サー・メルキオール・ハザードの娘。ハザード家は演劇一家であり、彼らとは離れて育ったドーラとノーラもまた、10代そこそこから舞台に立ち、ショービジネスの世界で生きてきていました。そして今日はドーラとノーラの75歳の誕生日。父親のメルキオールも同じ日が誕生日で、こちらは100歳の誕生日。当日になってドーラとノーラにパーティへの招待状が届きます。

わー、面白かったです! 物語は、ドーラが自叙伝を書くために誰かに話を聞かせているという形式。とにかく終始テンションが高くて猥雑な雰囲気だし、「この男のことはお忘れなく」「○○については適当なところで説明するつもり」「もうすぐわかります」とか言って、ドーラの気分次第で話がどんどん飛ぶし、双子が5組(!)も登場するせいで、ただでさえ多い登場人物はさらにややこしくなってるし、その上演劇一家らしくそれぞれの愛憎関係が複雑かつ華やかなので、読み始めは、もう大変。
でも一旦ペースを掴んでしまいさえすれば大丈夫。ショービジネスの世界らしい華やかさが満載で、楽しかったです。かなり長い作品なのに、一気に読んでしまいました。フレッド・アステアやジンジャー・ロジャースといった実在したスターたちが話の中に登場するのも楽しいし、ドーラの語りにシェイクスピアからたっぷりと引用されてるのも、雰囲気満点。当時のファッションについても、ばっちり分かります。そしてロンドンの演劇界の中心であるハザード一家の歴史を紐解けば、それはそのままロンドン演劇界の歴史なんですねえ。この人たち、誰かモデルがいるのかしら? 到底架空の人物とは思えない存在感なんですけど!
浮き沈みの激しいショービジネスの中で、決して良いことばかりだったとは言えないはずのドーラとノーラなんですが、終始パワフルに人生を生きていて、苦労も苦労と思わずに笑い飛ばす力強さがいいんですよねえ。もちろん75歳になる今もお洒落心は忘れず、「今でも年のわりにはちょいと悪くない脚だと思うわ」と脚を引き立てる服装を選ぶところも可愛いところ。でも、ドーラとノーラが望んでいることは、本当はただ1つ、実のお父さんであるメルキオールに娘だと認めてもらって、お互いに抱きしめあうことだけなんですよね。お父さんの前に出ると、いつもの毒舌ぶりから一転して、10代始めの少女に戻ったようになってしまう2人も可愛いかったな。最後の最後まで、いや、ちょっととんでもないんですけど... お見事でした。(ハヤカワepi文庫)


+既読のアンジェラ・カーター作品の感想+
「ワイズ・チルドレン」アンジェラ・カーター
「魔法の玩具店」アンジェラ・カーター
「夜ごとのサーカス」アンジェラ・カーター
「血染めの部屋 大人のための幻想童話」アンジェラ・カーター

| | commentaire(2) | trackback(1)
Catégories: / / /

 [amazon]
1905年。26歳のアインシュタインは、特許庁に勤めながら、博士論文の他に光量子に関する論文やブラウン運動に関する論文など、次々に論文を発表していました。まさに相対性理論を確立しようとしていたアインシュタインが、夜毎にみた不思議な夢の物語。

プロローグとエピローグ、そしてインタールードという章でアインシュタインと友人のベッソーのやり取りが描かれている他は、アインシュタインのみた夢が次々に物語となって展開していきます。それは30編の、様々な時間に関する夢。時間に始めも終わりもない円環の世界、突然時間の流れが変わってしまう世界、時間が空間と同じく3つの次元を持っている世界、機械時間と肉体時間を持つ世界、時間の流れが地球の中心から遠く隔たるほど遅くなる世界、時間が規則正しく着実に流れていく世界、原因と結果が不安定な世界、平穏無事な1日、1ヶ月、1年がひたすら通り過ぎていく世界...。時間の持つ様々なバリエーションの描かれ方は、まるでヨーロッパ映画の一場面のよう。ベルンを舞台にした様々な物語は、1905年という時代を感じさせて、とても優雅で情景的です。そこに展開される様々な人間模様が、短いながらもなかなか良かったんですが... 問題は、私が相対性理論を全然知らないこと! 様々な世界の情景が興味深くはあるものの、結局それらを淡々と目で追うだけになってしまいました。実際の理論と照らし合わせて読めれば、もっと面白かったんでしょうにねえ...。この作品には、ちょっと予習が必要かも。
作者のアラン・ライトマンは、現役の物理学者なんだそうです。訳者あとがきに「現代物理学の仮説を踏まえた時間の性質も巧みにイメージ化されている」とあるので、詳しい人なら楽しめると思うんですが... 私にはその辺りはさっぱり... ふはー。(ハヤカワepi文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
1949年。祖父が亡くなり、牧場が人手に渡ってしまうことを知った16歳のジョン・グレイディ・コールは、親友のロリンズと共に牧場のある町を出ることに。2人は馬でメキシコへと向かいます。途中で彼らが出会ったのは、一見してすごい馬だと分かるような馬を連れたジミー・ブレヴィンズ。ジョン・グレイディはジミーを突き放すこともできず、3人は一緒にメキシコを目指すことに。

しばらく国内作家さんの作品が続いてたんですけど、図書館の予約が回ってきた本も一段落。またepi文庫を仕入れて来たので、海外作家さんの作品に戻ります。
ということで、これは全米図書賞、全米書評協会賞などを受賞し、愛好者の熱狂的な支持を受けた作品とのことなんですが...
うーん、ものすごく読みにくかったです。英語の文体が特殊だそうで、それをそのまま日本語で表すためにと、ろくすっぽ句読点のない長い文章が延々と続くんです。句読点がなくても舞城王太郎作品みたいなパワーがあれば面白い味が出るんでしょうけど、これは読みにくかったですー。会話文には「」がないし、メキシコ人との会話にスペイン語が沢山登場して気が散っちゃう。(ついつい単語の意味を頭の中で確認したり、発音したくなっちゃうので) その上、読んでいても、なかなか状況が見えてこないんです。特に冒頭はもうほんとワケが分かんなくて、読み始めてすぐに、こっくりこっくりしてしまいました...(^^;。
この作品が発表されたのは1992年。確かに、たかだか15年ほど前の作品とは信じられないほど、「カウボーイ」がまだ生き残っていた当時の雰囲気を伝えてくれる骨太な作品だし、ハイウェイを車が疾走する横を2人の青年が馬で旅をする図も面白いんですけど... 読んでいても一向に絵が浮かんでこなかったです。うーん、残念。(ハヤカワepi文庫)

| | commentaire(0) | trackback(1)
Catégories: / /

 [amazon]
主に、20代後半から30代ぐらいの女性を描いた13の短編。既に若さだけで突き進んでいけるほど元気でもなく、忙しい日々の中で恋も仕事もあまり順調でなくなってきている、ちょっと生活に疲れた女性たちの姿が描かれていきます。描き方がかなりドライなので、読みやすかったんですが、1冊通して読もうとしないで、短編1つずつを別々に読んだ方が良かったかも。元々短編集が得意じゃない私、途中でちょっと飽きてしまいました...。一番短い「初めての地震」という作品のインパクトから見ても、短編的なセンスは十分ある方みたいなんですけどね。
そして読みながらちょっとびっくりしたのは、結構日本について書かれた部分があること。登場する女性が着物を着ていることも多かったし、「日本には、クリスマス・ケーキ現象というのがある。(中略)ところがクリスマス当日の二十五日になったら、東京じゅうを探して歩いても、ケーキはひとつも見あたらない。それまでにケーキは全部捨てられてしまうのだ。無料であっても、ケーキをほしがる人はもういない。日本では、二十五歳の女はクリスマス・ケーキと呼ばれている」ですって!(笑)(ハヤカワepi文庫)


ということで、ハヤカワepi文庫を立て続けに読んできたんですが、手元にあるのはこれでオシマイ。また近いうちに仕入れて来なくっちゃ。これで14冊読んだことになるんですが、全部で33冊あるから、まだ半分も読んでないんですね。まだまだ楽しめそうです~。

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
13歳だった末っ子のセシリアの自殺をきっかけに、自殺に魅入られ始めたリズボン家の姉妹たち。彼女たちが自殺したのは、6月のヘビトンボの季節のことでした。一体彼女たちに何があったのか...。

美しいリスボン家の姉妹たちに憧れていつも見つめていた「ぼくら」がまとめあげたという体裁の作品。実は以前、ほしおさなえさんの「ヘビイチゴサナトリウム」を読んだ時にこの作品のことが出てきて、それからずっと気になっていた作品なんです。なんとハヤカワepi文庫に入っていたとはー。
でも、あまり期待通りではなかったです...。どうにも読みにくくて堪りませんでした。もう本当にこの題名の通りの内容で、一種異様な雰囲気の中で、破滅に向かっていく姉妹たちが淡々と描かれていくんですが... 解説には70年代のアメリカを象徴しているようなことが書かれてたんですけど、その辺りも正直あまりピンと来なかったし...。この作品は映画にもなっているので、そちらを観た方が良かったのかも。
本当は彼女たちを守ろうとしていただけの母親が、結果的にここまで彼女たちを追い詰めてしまったというのが何とも...。反抗しようとしても、結局その呪縛に囚われてしまっていた彼女たち。育てられた歳月の重みを感じてしまいます。(ハヤカワepi文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories: / /

 [amazon]
大学が冬休みに入り、4ヶ月ぶりでニューハンプシャーからロサンゼルスに帰ってきたクレイ。両親は別居中で、家にいるのは母親と2人の妹。毎日のようにコークできめて、友人らとパーティーに繰り出すクレイの日々を描いた作品。

昨日は村上春樹作品かと思ったら、こちらはまるで、村上龍さんの「限りなく透明に近いブルー」! でも「レス・ザン・ゼロ」が発表された当時、アメリカでは衝撃的だったらしいんですが、「限りなく透明に近いブルー」が発表されたのは1976年。「レス・ザン・ゼロ」は1986年。こちらの方が10年も後なんです。それを考えると、「限りなく透明に近いブルー」って、世界的に見ても早かったんですねえ。

ここに描かれているのは、80年代の西海岸の、セックスにドラッグにパーティ三昧の、虚無的で退廃的な日々。プールがあるのが当たり前のような裕福な家に生まれ育ちながらも、全てにおいて投げやりで無軌道な若者たち。常に他人と一緒にいなければ時間を潰すこともできないような彼らなのに、他人と本質的に関わることは避けていて、あくまでも表面的なつきあいだけ。
んんー、悪くはないんでしょうけど...
私はやっぱり「限りなく透明に近いブルー」の方が格上のように思いますね。先に出会ったのがそちらだったというのも大きいのかもしれないですが。...どちらにしても、アメリカの若者の無軌道な話って、あんまり好きじゃないんですよね(^^;。(ハヤカワepi文庫)

| | commentaire(5) | trackback(0)
«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.