Catégories:“たらいまわし”

Catégories:

tara46.gifたら本に参加します。
今回のたらいまわしの主催は 時々、読書感想文 の菊花さんで、お題は「つい、うっかり」。

本が自己啓発の手段? とんでもない! 菊花さんが仰るように、私にとっての読書は「単なる趣味」であり「習慣」です。物心ついた頃からそう。三度三度のご飯を食べるように、本を読んでいるだけのこと。
でも世の中の読書信仰には、結構根強いものがありますよね。「本を読んでる=真面目ないい子」という誤った認識はどうにかならないものでしょうか? いや、自分の親がそう勘違いしてくれてたら、それはそれでいいかもしれないんですけど...(笑)、うちの親も祖父母もデフォルトで読書してる人たちで、その辺り全然騙されてくれなかったしー。しかも本をいくら読んでも、国語の成績がアップ!なんてこともなかったし。せいぜい漢字が色々読めるようになるぐらいですかね?(読めても書けないんだけど・笑)

第46回「つい、うっかり」 本にまつわる貴方の「つい、うっかり」なエピソードまたは、「つい、うっかり」が描かれている本を教えてください。

例えば、
本を読んでいたら電車を乗り過ごした。表紙だけ見て本を大人買いした。アマゾンを見ているだけのつもりが購入ボタンをクリックしていた...。そんな「つい、うっかり」エピソード。
あるいは、
「裸足でかけてく、陽気な♪」彼女など、「つい、うっかり」なトボケた登場人物は、小説やマンガの物語を転がす重要なキャラクターとして人気者。そういった人物や事件が登場する本の紹介でもOKです。

この企画に興味をもたれた方は、ぜひ参加なさって下さいね。
初めての方も大歓迎です。ブログに記事を書いて菊花さんの記事にTBしましょう♪
(もちろん、ここの記事にもTBをお待ちしております^^)

| | commentaire(12) | trackback(6)
Catégories:

tara41.gifたら本に参加します。
今回のたらいまわしの主催は -scope の時鳥さんで、お題は「ご老体本。」

ご老体本ですかー。元々渋いオヤジが大好きな私ですが、本の中のご老体ってどんなヒトがいたかしら。...としばし考えてしまいました。でもいましたいました。一度思い浮かぶとどんどん出てきて、我ながらびっくり。案外沢山いるものですね。長い人生を生き抜いてきてるだけに酸いも甘いもかみ分けてるご老体。そんじょそこらの若者にはちょっと真似できない存在感を見せ付けてくれてたりしますね。

今回のお題は、「ご老体本。」です。
本に出てくる魅力的なご老体、また、ご老体の書いた本、ご老体のための本、これからご老体になる人のための本、などなど、老人や老犬、老猫、老木、ほか、年老いたものに関する本をご紹介ください。

この企画に興味をもたれた方は、ぜひ参加なさって下さいね。
初めての方も大歓迎です。ブログに記事を書いて時鳥さんの記事にTBしましょう♪
(もちろん、ここの記事にもTBをお待ちしております^^)

| | commentaire(18) | trackback(6)
Catégories:

tara41.gifたら本に参加します。今回のたらいまわしの主催は、GREENFIELDSの美結さんで、お題は「種子を蒔くもの、花と緑の物語」。
なんて美結さんらしいお題なんでしょう! more trees を支援したくて決めたんだそうです。「種子を蒔くもの」とは、美結さんの大好きな「戦場のメリークリスマス」の楽曲名でもあります。戦メリ、いいですね。私も楽譜を持ってます。

お題は「種子を蒔くもの、花と緑の物語」
◆植物が登場する本
◆花の情景描写が印象的な本
◆植物の息吹、生命力を感じる本
◆植物といえば農作物もOK。あくまで田畑での話で。
◆植物の利用方法
皆様のインスピレーションにお任せします。

この企画に興味をもたれた方は、ぜひ参加なさって下さいね。
初めての方も大歓迎です。ブログに記事を書いて美結さんの記事にTBしましょう♪
(もちろん、ここの記事にもTBをお待ちしております^^)

| | commentaire(12) | trackback(8)
Catégories:

tara41.gifたら本に参加します。今回のたらいまわしの主催は、おかぼれもん。のpicoさんで、お題は「音とリズムの文学散歩」。これはまた楽しそうなお題ですね! 音楽関係のお題って、そういえばまだ出てなかったんですねー。私も小学校から高校卒業の頃までずっとピアノを習ってたし、大学時代はロックバンドに参加していたし、今はアルト・サックスを練習中。これはぜひ参加させて頂かなくてはいけません~。
...が、実は私、今すごい風邪をひいていて...
いえ、咳以外の症状はほとんどないと言っていい程度なんですが、咳が酷すぎて夜も満足に寝られない状態なんです。連日の寝不足で頭が若干朦朧としてるので、とりあえず記事はアップしてTBもさせていただきますが、皆さんの所にきちんとお伺いするのは相当ゆるゆるペースになると思います。どうぞご了承くださいませ。

●小説に登場した心を捉えて離さない音楽
●または小説の世界に興味を抱き実際に聴いてみた音楽
●好みの音楽が登場して親近感が沸いた小説
●小説に登場する気になる音とリズム、オノマトペ
●文体のリズムが踊り小説自体がすでに音楽と化している
●小説に感化され楽器(音楽)をはじめたくなった

などなど、音楽を感じ音楽を抱きしめた文学を教えてください。春の足音とか、そのオノマトペはどうなのか等のつっこみも大歓迎! 皆さんが体感した『音とリズムの文学散歩』記事を書いて、こちらの記事にTBしてくださいませ。

この企画に興味をもたれた方は、左上の「たら本」アイコンをクリック!
初めての方も大歓迎です。どうぞお気軽に参加なさって下さいね。

| | commentaire(26) | trackback(12)
Catégories:

tara41.gif
2008年度最初のたら本に参加します。今回のたらいまわしの主催は、ソラノアオ。の天藍さんです。
お題は、「私家版・ポケットの名言」。
面白いお題ですね! ただ、私の脳みそはザルなので、そういう記憶はすぐに流れていってしまうのだけど...。今回も「あれってどこに載ってた言葉だっけ?」と何度思ったことか。正確な文章はもちろんのこと、何がどの本に書かれていたのかもさっぱり。いや、たとえどの本に書かれていたか思い出したとしても、果たしてどの場面での言葉だったのか思い出せるかどうか謎なのですが。(汗)

人のこころは不思議なもので、ただ一言に救われることもあれば、ただ一行の言葉にずっと囚われ続けることもある。それは残酷な真実だったり優しい嘘だったり、あるいは何の気なしに漏らされた一言だったりもする。
そういった「ことば」は勿論、話し言葉に限らなくて、汲めども尽きぬ本の海には、それこそこの手に掬いきれないほどの言葉たちがたゆたっているはずです。
本の海から掬い上げた、「打ちのめされた」一言、「これがあったからこの本を最後まで読み通した」という一行、心震えた名文・名訳、名言・迷言・名台詞、必読の一章...、そういった「名言」をご紹介くださったらと思います。
なんでしたら、「今年の自分テーマはこの本」とかでもokです(・▽・;

この企画に興味をもたれた方は、左上の「たら本」アイコンをクリック!
初めての方も大歓迎です。どうぞお気軽に参加なさって下さいね

| | commentaire(20) | trackback(7)
Catégories:

tarahon37.gifちょっと出遅れましたが、たら本に参加します。今回のたらいまわしの主催は、奇妙な世界の片隅でのkazuouさんです。お題は、「夢見る機械たち」。

昔から人間は「道具」や「機械」を使って、生身の体では不可能なことを可能にしてきました。日常生活しかり、移動手段しかり。そして物語の中においては、それらは夢や空想を実現する手段としても使われてきたのです。
今回は『夢見る機械たち』と題して、そんな不思議な「道具」や「機械」を扱った作品を集めてみたいと思います。主要なテーマになっているものでも、印象に残った小道具でもかまいません。漫画やノンフィクションも含めて、いろんな作品を挙げていただきたいです。

「夢見る機械たち」だなんて、とっても素敵なお題です。でも難しい...。特にSFやファンタジーにこだわる必要はないとのことだったんですが、やっぱり道具とくるとSFというイメージが強いですしね。SFあんまり得意じゃないしなあ、うーん、どうしよう、と思ったところに、既にいっぱい作品が挙がっていて、指をくわえて見ているうちに、さらにどんどん沢山の作品が挙がってしまって、ますます難しくなってしまいました。やっぱりたら本は、早目に参加した方が楽ですね。(苦笑)
でも、なんとか思い浮かびましたよー。良かった良かった。

この企画に興味をもたれた方は、左上の「たら本」アイコンをクリック! 初めての方も大歓迎。どうぞお気軽に参加なさって下さいね。

| | commentaire(10) | trackback(8)
Catégories:

tarahon37.gif今回のたらいまわしの主催は、本を読む女。改訂版のざれこさんです。お題は、「犬にかまけて」。

町田康は猫にかまけておりますが、私は犬にかまけております。産まれた時から犬が家にいて当然の生活送ってました。犬は私の人生になくてはならない存在。今も「ホワイト家族」のお父さんにそっくりな犬がいます。かわいいのだ。
そんな犬派の私、「たら本」過去のお題に「猫」がいるのに「犬」がいない。どういうことやねん。ということで単純明快ながらお題にさせてもらうことにしちゃいました。
主役、名脇役問わず、ステキな犬たち、そして犬とともに生活していく人達が描かれた作品、私自身がとっても読みたいと思っています。是非いろいろ教えて下さい。

ben.jpg犬、私も飼ってました。数年前に18歳で亡くなってしまいましたが...。右の写真は、その時飼っていたベン。「あかんべー」してます。随分前、日記をブログにする前だから6年前ぐらいかな? アップしたことがあるので、見覚えのある方もいらっしゃるかも。気持ちとしては、猫の方が好きなんですけどね。今飼ってるのも猫ですし。でも犬も好きです。
前回のたらいまわしの時はとにかく疲れていて、記事を書くだけで精一杯、ろくすっぽコメントなど出来ずに終わってしまったんですよね。今回はもう少しきちんと参加できたらいいなあ、と思っております。

この企画に興味をもたれた方は、左上の「たら本」アイコンをクリック! 初めての方も大歓迎。どうぞお気軽に参加なさって下さいね。

| | commentaire(12) | trackback(10)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.