Catégories:“百花繚乱”

Catégories:

今年最初に咲いたのは、原種チューリップのリトル・ビューティでした。写真を撮ったのが遅かったので、花びらの先っぽが既にしおれかけてますが。

tulipe_littlebeauty04.jpg

去年原種チューリップが5種類ほど咲いたんですけど( タルダ去年のリトル・ビューティとウルミエンシスライラック・ワンダーリトル・プリンセス)、植えっぱなしにしていてまた咲いたのは、このリトルビューティだけでした。原種は植えっぱなしで大丈夫という話だったんですけどねえ。やっぱり本当は掘り上げないとダメだったのかしら。

今年... というか去年の秋に植えたチューリップは、百合咲きと八重だけ。もっと色んな種類のが咲くかなあと思ってたんですが、いざ咲いてみると百合咲きは3種類だけでした。ということで、まず百合咲きのチューリップです。オレンジのがバレリーナなのは確実なんだけど... ピンクのが多分コンプリメント。黄色と赤のはアラジン? うーん、分からないっ。

tulipe01.jpg tulipe04.jpg
tulipe02.jpg tulipe03.jpg tulipe05.jpg

ピンクのが沢山咲いてます。うしろにぼんやり見えてるのが水仙。

そして八重咲きのは2種類。白いのがマウントタコマで、紫のがブルーダイヤモンド。こっちの名前は間違いないです。(ほっ)
百合咲きも八重咲きも本当は4月の下旬~5月の今頃に開花するはずなんですけど、今年の冬が暖かかったせいか、随分早く咲きました。どちらも4月上旬。
八重咲きって大好きなので楽しみにしてたんですけど、球根を植えたところの日当たりが良くて近所のトラ猫くんのお昼寝場所になってしまい... 地上に出ようとした芽がことごとく潰されてしまったようで、その場所だけぽっかり空いたまま終わってしまいました。ざんねーん。

tulipe_mount_tacoma.jpg tulipe_blue_diamond.jpg

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories:

百花繚乱をなかなかアップできないうちに、どんどん季節が過ぎていっちゃいます。デジカメの中には、写真がいっぱい溜まってるんですけどねー。ということで、前回予告した水仙。まずは2種類。どちらも八重咲きなんですけど、名前が分かりません。上がダブルファッションで、下がホワイトライオンかなあ、と思うのですが。

narcissus01.jpg narcissus02.jpg
narcissus03.jpg narcissus04.jpg

どちらも2色の花びらが交互に重なってる感じです。

そしてこちらも水仙。左がアクロポリスで、右がフラワーレコードかと。うーん、多分、ですが...^^;
アクロポリス(多分)の方は上の2種類みたいに2色の花びらが重なってるのではなくて、白い花びらの内側にいくにつれて、ほんのり黄色がかってる感じ。そして右の方は比較的水仙らしい花の形ですね。

acropolis01.jpg flower_record01.jpg

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories:

春ですねえ。先週は満開だった桜も、うちの辺りではもう葉っぱが出てき始めてしまいましたが、みなさまのところはいかがでしょう。百花繚乱は、なんと去年の10月以来の記事です。いや、写真は時々撮ってたんですけどね。PC に取り込むのが(+画像ソフトを立ち上げるのが)面倒で...(おぃ)
銀木犀とか、いくつか逃しちゃった花もあって残念。
いっぱい並べると、1つずつの印象が薄くなるし、画面的にも色がバラバラになってイマイチなんですが、ようやくやる気になったので、一気にアップしちゃいますね。

まず今うちで咲いてる花がこちら。

lavande04.jpg rosemary01.jpg vinca_major_02.jpg
spiraea03.jpg  rose_oldblush01.jpg

左から順番にラベンダー(No.029)、ローズマリー、蔓日々草(No.024)、下の段は雪柳(No.008)、椿(No.010)、薔薇のオールド・ブラッシュ(No.037)。
ラベンダーとローズマリーは冬の間からずっと咲いていて、雪柳はもうほとんど終わりかけ。椿は枝光。この大きさだと色が暗くてどうも冴えないので、大きな画像にもリンクしてます。良かったらクリックしてみて下さい。少しはマシな画像がポップアップ画面で出ます。薔薇は、妙に気が早いですねー。例年なら月月粉(ユエユエフェン)が一番で、この薔薇は2番手になることが多いんですが、今年は一番乗りでした。
このほかに、クリスマス・ローズも各種取り揃えて咲いています。クリスマス・ローズに関しては去年の記事をどうぞ♪


そして既に終わってしまった花がこちら。つい先日まで白木蓮や白椿も咲いていたんですが、写真を撮り損ねてしまいましたー。

crocus01.jpg hyacinth01.jpg daphne03.jpg

左からクロッカス(ジャンヌダルク)、ヒヤシンス、沈丁花(No.007)。ヒヤシンスは、水栽培用の球根を用意しなかったのが良くなかったのか、それともこの冬が妙に暖かかったせいか、あんまり縦に伸びないうちに花が咲き始めてしまいました。香りはいつも通りとても良かったんですけどね。やっぱりきちんと寒さに当てなかったのがいけなかったのかなあ。沈丁花は先月の本当の咲き始めの頃の写真ですね。

百花繚乱としては、クロッカスが百花繚乱No.043、ヒヤシンスがNo.044、ローズマリーがNo.045になります。次回は水仙の予定~。その次がチューリップかな? どちらももう咲き始めてて、にぎやかです♪

| | commentaire(12) | trackback(0)
Catégories:

カメラが壊れてしまって以来お休みしていた百花繚乱ですが、とうとう新しいカメラを買ってしまったので...!再開したいと思います。前のカメラはどうやらレンズがイカれてしまったらしく、修理するにもかなりかかるようだったので、諦めてしまいました。
買ったばかりのカメラには、まだまだあまり慣れてない状態なんですが、初お目見え~。ということで、今回は実を2つです。


ballerina_f01.jpg ballerina_f02.jpg

まずは薔薇の実。これはバレリーナの実です。
左が花が終わった後、6月の時点の実。右は今の状態。いつもは花が終わったら枝を切り戻してしまうので、実はなかなか見られないのですが、今回はいくつか残しておいたんです。なんだかこの右の写真、見てるときゅっきゅっと磨きたくなってきちゃう。(笑)
この実はまん丸ですし、他にもピンクスプレー(写真はまだアップしてないですが、バレリーナとよく似た一重の花)とかキュートイエロー(記事)など、いくつかまん丸の実がなってるのがあるんですが、ローズヒップといえば細長い形の方が一般的ですよね? うちでも月月紅(記事)なんかは楕円の実になります。
ちなみにバレリーナが満開の時の記事はコチラ


myrtus_f01.jpg myrtus_f02.jpg

そしてこちらは銀梅花の実。花が満開になった時の記事はコチラコチラです。うちには葉が緑一色の株と斑入りの葉の株と2つあって隣り合ってるんですが、左の写真の右の方にちらっと見えてる明るい色の葉っぱがその斑入りの葉っぱです。斑入りの方、今年初めて花が咲きました! 緑の葉の株に比べて2ヶ月ぐらい遅かったです。でも花が咲いてくれるのは嬉しいんだけど、この明るい色の葉っぱがバックだと、あんまり花が映えないですね...(^^;。
確かイタリアでは、この銀梅花の実の食前酒があるとか。熟した実をワインに漬けるんだったかな? 今度うちでも何かお酒に漬け込んでみようかしら。この銀梅花、聞いてみると利用法が結構多いらしいんですよね。若葉も花も実もそのまま食べられるそうだし(若葉や花はそのままサラダに入れたりするんですって)、花後の少しかたくなった葉も、肉料理の香り付けに使ったり、乾燥させてポプリにするのだそう。今のところまだ何もしたことがないので、これから色々試してみようと思いまーす。

カメラが使えなかった時期にも、写真を撮りたくなるような実や花があったのに、残念。そちらはまた来年ですね。

| | commentaire(6) | trackback(0)
Catégories:

昨日、帰ってきました。行ってきたのは、岡山の親戚の家です。
大阪に比べると、もう信じられないぐらい過ごしやすかったです! もちろん昼間は、それなりに暑いんですけど、クーラーがなくても全然大丈夫。扇風機だって、なければないで大丈夫なぐらい。朝晩はすっかり涼しくなって、逆に肌寒いぐらいでびっくり。久しぶりにぐっすり眠れました。(山の中なのだ)
逆に大阪に戻った途端、暑すぎて眠れなくなってしまいましたよ。何度も目が覚めちゃうから、朝、起きた時も身体がぐったりしてて、全然寝た気がしませんー。これまで一体どうやってこの暑さに耐えてたんだ? これじゃあ、あっという間にバテてしまいそう。

oshiroibana01.jpg oshiroibana02.jpg
写真を撮りたくなるような場所にも行ったんですが、残念ながらデジカメを持って行くのを忘れちゃったんですよね。でも文字だけだと寂しいので(笑)、代わりにうちで咲いている黄色いおしろいばなを、百花繚乱としてアップしておきます。何年か前に種を蒔いたらすっかり根付いてしまって、今はこれ以上増えないようにするのに必死。そして右の写真も同じおしろいばななんですが、2年ほど前に白く咲いた時の写真。随分色が違う!
そして、行ってた間に読んだ本は↓にアップしておきますね。(旅行前にアップできなかった「夢はトリノをかけめぐる」も) 今回読んだのは、「剣客商売」です。最後まで一気に読んじゃいました。面白かった! 
あ、一気にとは言っても、当然一日中読書してるわけではなく...(笑)
もっぱら朝食前が読書タイムでした。すっかり早起きグセがついてる私、毎朝1冊読み終えた頃に他の人たちが起き出すので、それから朝食の手伝いをするという感じですね。早起きは1冊の得? というより、老人か、私は。(笑) 

コメントや掲示板の書き込み、ありがとうございます。少しずつお返事させて頂きますので、しばらくお待ち下さいね(^^)。

| | commentaire(2) | trackback(0)
Catégories:

nenuphar01.jpg nenuphar02.jpg nenuphar03.jpg
昨日書いた「待望の花」とは、この睡蓮のことデシタ!
いやー、睡蓮は3年ほど前から育ててたんですけど、葉っぱはちょろっとしか出ないし、花なんて全然咲く気配もないまま、去年の夏、長期間留守にしてる間に、そのままお亡くなりになってしまったんです。なのでこの睡蓮は2代目。今年の春に、12月の扉の檀さんに頂いたものです。檀さーん、ようやく咲きましたよー。(感涙)
本当はちょっと前に1つ蕾がついてたんですけど、睡蓮は真昼から午後にかけての数時間に咲くようで、留守がちなまま、結局見られないまま終わってしまったんですよね。(←多分... よく分からないまま、蕾が水没してしまいました)
そして気付いたら2つ目の蕾が! 今度こそ花を見るぞー、写真を撮るぞーと意気込んでいたら、私の気合が伝わったのか、昼間に家にいる日に咲いてくれました。(嬉)
陽が射してる状態で写真を撮るのってすごく苦手なんですけど、なんとか頑張りました!

色はほんのり黄色がかった白。午後1時頃咲き始めて、夕方の5時ぐらいにはすっかり閉じてました。夜明けにポンッと音を立てて咲くという蓮のイメージが強かったんですが、睡蓮は、蓮とはまた全然違うんですねー。水中に3つ目の蕾が見えてるので、次の花も見られるといいんですが、今週末からしばらく留守にするので、見られるかどうか...。
この睡蓮は、祖母の家からもらってきた火鉢で育ててます。今のところは株の大きさに合ってるようなんですけど、もっと広いところで大きく育てられたら、花を次々に楽しめるんでしょうね。大きなお庭があるおうちが羨ましいです。

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories:

volubilis01.jpg volubilis02.jpg volubilis03.jpg
volubilis04.jpg saxifrage01.jpg
前回の百花繚乱から1ヶ月半ほどあいてしまいました。花はぽつぽつと咲いてたし、植木鉢のきゅうりが大きくなって何本も収穫してるんですが(美味しいですー)、写真を撮るのがおっくうで... 暑いですしね。

でもでも、とうとう待望の花が咲いたので!(喜)

ええと、その待望の花の方は明日にでもアップしますが、まずは最近咲いていた花を。まずは朝顔。
毎年植えてるのはヘブンリー・ブルーなんですが、今年は普通の朝顔です。各種取り揃え。朝になるたびに違う色の花が咲いていて、その日にならないと何色の花が咲くのか分からない。こういうのも面白いですねえ。上の真ん中の写真はほぼ実物通りの色ですが、右上の写真は本当は紫。ちゃんとした色に撮りたいんですけど、なかなかタイミングが合わずに断念。写真に撮った色以外のも咲いてるんですが、これもタイミングが合いませんー。
一応行灯仕立てにしてるんですが、行灯の支柱よりもすっかり大きくなって、手近な木に巻きついてて、思わぬところで咲いてたりします。とっても元気。種も既にかなり取りましたよー。もう200個ぐらい取れたはず。

そして右下の1つだけ違う花は、雪ノ下です。これはほとんど雑草と同じように繁殖していて、適当に抜いてるんですが、岩の間からこれでもかこれでもかと毎年顔を出してきます。この雪ノ下の葉っぱって、色んなことに使えるらしいですね。けがをしたらこの葉を火であぶって患部に貼るといいとか、葉っぱを揉んだ絞り汁を中耳炎やひきつけの薬として使うとか... 擂り潰したものを漆にかぶれた所に貼るのも効くそうです。さすがに内服するのはちょっと怖いですが(でもこの葉っぱは、食用にもなるらしいです)、漆に効くというのはいいかもしれないですね。

| | commentaire(0) | trackback(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.