Catégories:“雑記”

Catégories:

サイト(Jardin Soleil)の移転作業がようやく完了いたしました!

いえ、1つ前の記事の時にも、既にサイトのコンテンツの方はほぼ終わっていたわけなんですけども、ブログの方が思いのほか大変で...
まず、旧ブログの記事を一度に全部エクスポートできなかったんです。何度やっても途中で止まっちゃう。ネットで検索してたら分割してエクスポートする方法があったので、1200強の記事を100記事ずつに分けてエクスポートすることができたんですが、今度はその100記事ずつのインポートができない! 何度かやってるうちに、どうやら一度に15記事ずつぐらいしかインポートできないらしいということが分かったので、さらに分割することに。
そんな作業も面倒だったんですが、カテゴリ分けだの何だの細かく調整し直さなくちゃいけない部分も多くて「もうこれでいいことにしちゃおうかな」と何度思ったことか。でも例えば、たら本企画の記事は置いておきたかったですしね。それに大好きなタニス・リーの感想も全部ブログにあるし!(本の感想に関してはサイトの方にも別口で全部アップしてるので、こっちはなくても大丈夫なんですが) あと新ブログの方には百花繚乱の記事が全然なかったし!
そんなこんなで旧ブログの記事はほぼ全部... 雑記に関してはかなり削除してしまいましたが、少なくとも本の感想に関しては、ほぼ全記事、新ブログの方に統合することができました。(オツカレサマ、ワタシ!)

サイトからリンクさせていただいてる方々にもお知らせにまわれたし、これでほっと一安心です。(何年も更新がないサイトさんや、リンク集がなくなってるサイトさんにはお知らせしてませんが、それ以外で抜けがあったらごめんなさい)
リンクのページはもうなくてもいいかなあとずっと思ってて、自分からリンクのお願いにあがることもすっかりなくなってたんですが、ブラウザでブックマークしてるだけだと、PCの再インストールの時などにバックアップの不備でなくしてしまうこともあったので... やっぱりあると安心ですね。だからまだ置いておこうっと。と思いました、マル。

こうやって細々と動いてると「もしや本格始動の日も近いのか?」と期待して下さる方もいらっしゃるのですが、ごめんなさい、そうではないです... 実はここのサイトはしばらくの間2つのサーバを使ってたんですけど、やる気がないのに2つも使うのはさすがにもったいないし、身辺は常にシンプルにしておいた方が性に合うし、ということで今回重い腰を上げて、1つに統合するべく動いていたのでした。
ということで、次の更新がいつになるかは全く不明ですが、どうぞ呆れず暖かい目で見守ってやって下さいませ。(2011・08・17)

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories:

お久しぶりです。相変わらずの開店休業状態で申し訳ありません。

突然ですが、現在サイト(Jardin Soleil)の移転作業中です。
サイトのトップページのURLが変わりました。主なコンテンツも既に移動済みです。
トップの新しいURLは http://relieur.net/ となります。そちらをお気に入りやブックマークに入れて下さってる方、リンクして下さってる方は変更をお願いします。
旧URLは2ヶ月ほどで消滅します。

ちなみにここのブログのURLは変わりません。このブログを立ち上げて以来そのまま放置していた旧ブログのデータを、現在こちらに移している最中です。既に半分ほどの記事を移しましたが... 全部移すかどうかは考え中。まだまだ調整中なのでリンク切れなどの問題もあるかもしれません。

サイトからリンクさせていただいてる方々には、ぼちぼちとお知らせに伺うつもりにしております。が、データの移動で力を使い果たしてしまっているため、少々時間がかかるかもしれません。なにとぞご了承くださいませ。

| | commentaire(0) | trackback(0)
Catégories: /

慮柳涼さんの年賀状ご無沙汰しているうちに、すっかり年が明けてしまいました。お久しぶりです。まだまだ再開という気分にはなっていないのですが、新年なのでご挨拶に出てまいりました。皆さま、お元気でしょうか。旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございました。今年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
右の画像は慮柳涼さんに頂いたお年賀の画像です。これは1/4ぐらいに縮小してしまってますが、クリックすると別画面で本来の大きさの画像が見られます♪

さて、去年は11月の半ばに突然感想を書くのをストップしてしまったんですが、それからも本はぼちぼちと読んでおりました。まず感想を書いた本のリストはこちら。そして更新休止以降に読んだ本のリストはこんな感じです。


「はるかな国の兄弟」「ミオよわたしのミオ」「山賊の娘ローニャ」「さすらいの孤児ラスムス」リンドグレーン
「セックスの哀しみ」バリー・ユアグロー
「越境」コーマック・マッカーシー
「三谷幸喜のありふれた生活」1~7 「気まずい二人」「俺はその夜多くのことを学んだ」「仕事、三谷幸喜の」三谷幸喜
「コンクールでお会いしましょう」「ピアニストという蛮族がいる」中村紘子
「ピアニストへの基礎」田村安佐子
「やさしい訴え」小川洋子
「マダム小林の優雅な生活」「マダムだもの」小林聡子
「ビジュアルで楽しむ ピアノの世界」
「CDでわかる ピアノの名器と名曲」
「退出ゲーム」初野晴
「ふじいろの童話集」アンドルー・ラング
「圏外へ」吉田篤弘
「扉守 潮ノ道の旅人」光原百合
「村上春樹」を聴く。ムラカミワールドの旋律」小西慶太
「とらんぷ譚」中井英夫
「ピアノへ 10人のピアニストたちが語る20世紀のピアノの名盤そして私がピアニストになるまで」
「上原ひろみサマーレインの彼方」神舘和典
「冬の薔薇」パトリシア・A・マキリップ
「ソナチネの木」岸田衿子
「ボクの音楽武者修行」「音楽」小澤征爾
「七つの夜」ホルヘ・ルイス ボルヘス
「ペーパームービー」「会見記」内田也哉子
「知ってるようで知らない指揮者おもしろ雑学事典」近藤憲一
「ソロモンの歌」「スーラ」トニ・モリスン
「見て読む本 クラシック名曲はじめてガイド CDつき」ヤマハミュージックメディア
「悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集」コルタサル
「ゆかいなホーマーくん」ロバート・マックロスキー
「少年の魔法のつのぶえ ドイツのわらべうた」ブレンターノ、アルニム編
「木はえらい イギリス子ども詩集」
「本の話 絵の話」「はなうた巡礼」「山本容子のジャズ絵本 Jazzing」「わたしの美術遊園地」山本容子
「ほしのおくりもの」「道」「星月夜の夢がたり」光原百合
「オーケストラは素敵だ オーボエ吹きの修行帖」「オーケストラ楽器別人間学」茂木大輔
「魔術師マーリンI 運命の出会い」サイモン・フォワード
「セブンスタワー」1~6 ガース・二クス
「RDGレッドデータガール」1・2 荻原規子


合計506冊。なんだかジャンルがよく分からないリストになっちゃってますが、去年のラスト1ヶ月半は三谷幸喜さんのエッセイにハマって固め読みしたのと、あとは音楽関係の本を結構読みました。「読む」というより「眺める」タイプの本も結構混ざってますが...(^^ゞ
年越し読書となったのは、ピーター・トレメインの修道女フィデルマシリーズ「蛇、もっとも禍し」の上下巻。

ええと、感想を書かなくていいというのは、予想してたよりもものすごーーく快適で! 本を選ぶのも実際読むのも、なんだかものすごく気が楽で! 感想を書くためにはきちんと本に向き合わなくちゃいけなくて、それはそれでいいことなんですけど... その枷がなくなって、本当に久しぶりに読むことを純粋に楽しめたという感じがします。私にとっての感想は自分のための記録という意味合いが一番大きいし、それもすごく意義があることなんですけど(私ほど自分のサイトを検索してる人間はおるまいという勢いで活用してますから・笑)、やっぱりちょっと重荷になってきてたようです。


そして読書以外のことといえば、去年はまずピアノのレッスンを再開しました。小学校1年の時から高校3年生の時まで習ってたんですが、大学に入る時にやめてしまって、それ以来です。その間も自分で好きなように弾くというのはあったんですけど、それだとなかなかレパートリーも増えないし、練習しててもものすごく効率が悪いんですよね。指も一度鈍ってしまうとなかなか元に戻らないし。で、えいやっと習い始めることにしたんですが、子供の頃はそれほど好きじゃなかった練習が、今は楽しくて楽しくて~。いい先生にも恵まれたし、特にここ数カ月は、暇さえあれば(本より)ピアノだったかも。とは言っても、私もそんなに暇を持て余してるわけじゃないし、楽器の場合は時間的な制約もあるので、それほど練習時間をとれるわけじゃないんですが... 去年一番嬉しかったのは、長年憧れだったショパンのエチュードの10-4がなんとか弾けるようになったこと!(「のだめ」のドラマで、小学生ののだめが弾いてた曲です)
あとサックスは習い始めて丸4年かな? こちらはピアノほどには頑張れなかったんですが、こちらも楽しくレッスンに通い続けてます。なかなか上手くならないんですけどね。ピアノ以上に音が大きいので、レッスン時間を確保するのが大変で。というのは言い訳ですね。いや、サックスも楽しいし大好きなんですよ!


ブログやサイトの更新を休止したら、もう少しネットを徘徊できるなと思ってたんですけど、なぜかそれが全然で... 反省。今年はもう少し積極的にお友達のブログやサイトに遊びに行ければいいなと思ってるのですが、どうなることやら。そうでなくても去年は読み逃げばかりだったので、今年はもっと足跡を残すのが目標です。
こんな私ですが、みなさま、今年1年もどうぞよろしくお願いいたしますね。

| | commentaire(28) | trackback(0)
Catégories:

本を読んでは感想をアップし続けているこのブログですが、思うところあって、しばらくの間更新をストップしようと思います。
復帰予定は未定ですが、とりあえず年内いっぱいはお休みするかと。とは言っても、別に体調が悪くて入院!とか、そういうのではないですので、心配なさらないでくださいね。まあ、サイトももう丸10年休まず続けてきてるので、ここらで一休みしてみるのもいいかなあ、という感じでしょうか。
ネットから消えてしまうわけではないので、その辺りにちょこちょこいると思います。見かけたら声をかけてくださいね。そしてまたここに戻ってきた時は、温かく迎えてやって頂けると嬉しいです~。ということで、どうぞよろしくお願いします。^^

|
Catégories:

tara46.gif新年あけましておめでとうございます~。
年末年始は奈良の祖母の家で過ごしていて、今日(3日)の午後に自宅に戻ります。奈良といえば盆地。子供の頃の私は東京にいたので、盆暮れのたびに訪れる奈良は、夏は暑いし冬は寒いしもう最悪!という感じだったんですけど(笑)、大人になってからはあまりそんな感じがしなくなりました。なんででしょう? 自分が関西に移って、あまり差がなくなったというのもあると思うんですが、それでも祖母の家の方が寒暖の差が緩やかな気がします。昔ながらの家だからかな? 今年もぬくぬくとした、そして賑やかなお正月を迎えることができました♪

さて、2009年に突入ですね。ブログを始めたのは2004年からですが、読書サイトを始めたのは2000年の元旦なので、今年は10年目に突入することになります。この9年間で読んだ本の総数は3729冊。その全部ではないんですけど、多分3600冊分ぐらいの本の感想は書いているということになるんですよね。私に書ける感想は、どう考えてもそんな大したものではないんですけど(卑下してるのではなく)、それでも書き続けてるということ自体は十分胸を張れるのではないかと~。初期の頃とは読書傾向もすっかり変わってしまってますが、それもまた良しということで、前向きに頑張っていこうと思います。
ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

ブログや掲示板への書き込み、そしてメールもありがとうございます。なるべく早くお返事するようにしますので、もう少しお待ちくださいね。そして今年は森山樹さんと慮柳涼さんに年賀状をいただきました。下に載せてるのは小さな画像ですが、クリックすると別窓で大きな画像が開きます。ぜひぜひクリックしてみてくださいませ♪

森山樹さんの年賀状 慮柳涼さんの年賀状


私の年末年始の読書は「イヴの物語」(ペネローピ・ファーマー)、「ヴィクトリア朝妖精物語」(風間賢二編)、「水の家族」(丸山健二)... それと「ソルトマーシュの殺人」(グラディス・ミッチェル)が途中です。
感想はまた自宅に戻ってから順次挙げていきますね。

| | commentaire(8) | trackback(0)
Catégories:

いつも仲良くさせて頂いてるkikaさんが「アリス部」を立ち上げられたので、及ばずながら私も広報をさせて頂こうと思います~。

  

アリス部とは、ルイス・キャロル原作「不思議の国のアリス」を元に作った作品をWEB上で発表し合うことを目的とした部です。
部活は2008年度限定で、第1回が3月1日~3月3日に決定、第2回は5月中旬頃、最終回は10月下旬~11月上旬頃。
「内容はアリスの世界を忠実に再現したものから、インスピレーションを得て妄想街道まっしぐらー!なものまでゆる~くOK」
「作品のジャンルは、web上で発表できる、制作されたものなら何でも!」
とのことですので、興味がある方は、ぜひアリス部のブログを覗いてみて下さいね。(はあと)

という私も参加したいのはヤマヤマなんですけど、どうなるかなあ…
ぼちぼちと考えてみたいと思います♪

| | commentaire(4) | trackback(0)
Catégories:

あけましておめでとうございます。
annee01.jpgいきなりですが、ブログを引越しました。デザインをほとんど一緒にしてるので、サイトのトップから入って来られた方にはあまり違和感ないと思いますが、以前のブログからから飛んで来て下さった方、わざわざ済みません。こちらが新生 Ciel Bleu です。
ブログも記事数が増えてくるとだんだん重くて鬱陶しくなるし、サーバーの関係でうまくバージョンアップできないようだったので、しばらく Movable Type のバージョンが3.1のまま止まっていたんですが、いっそのことクリーンインストール+新しいブログでイチから始めてしまおう!と思って、こういうことになりました。Blog People では既にURL変更を申請してますので、じきに自動的にこちらに飛ぶようになるはずです。(お正月なのでどの程度時間がかかるのか分かりませんが) その他のブログツールでのリンクやお気に入りに入れて下さってる方は、恐れ入りますがURLの変更をお願いいたします。
MTもバージョンが4になると、管理画面も何もかも全然違うのでびっくり。ちょっと慣れると案外面白いんですが、使い勝手という点では以前に比べてどうなんだろう...。見れば分かるようにデザイン的には以前とほとんど一緒で、はっきり違うのは、可変幅ではなく固定幅にしてみたところぐらい。でも、1024x768のモニタでご覧になってらしゃる方には特に変わらないでしょうね。それより小さいモニタの方は、画面に入りきらなくて見づらいかな...。上手く表示されないという方がいらしたら、どうぞ仰って下さいませ。きちんと直せるかどうかは保証の限りではありませんが。(あらら)

旧ブログからのデータの移行の予定はありません。あちらはそのままにしておいて、関連記事がある時などはこまめにリンクしていこうと思っています。去年の最後の記事として、2007年度の年間ベスト本の記事をアップしてますので、よろしければそちらもどうぞご覧下さいね。

そしてお正月なんですが、大晦日から奈良の祖母宅に来ていて、賑やかでちょっぴり慌しいお正月を送ってます。おせち料理もお雑煮も大好きなので、それだけでもお正月ってなんか嬉しい私♪ (うちのお雑煮は白味噌です)
それでは皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | commentaire(36)
 1  |  2  |  3  | All pages »

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.